ここから本文です

投稿コメント一覧 (7061コメント)

  • CS自体を存続させるのならばリーグ戦のゲーム差で
    アドバンテージを増やせば良いでしょう
    5ゲーム差で1勝、10ゲーム差で2勝、15ゲーム差で3勝のアドバンテージ
    4勝勝ち抜けならば20ゲーム差で開催中止

  • 守備の面において田中と菊池の二遊間に代わる戦力は持っていない
    だからオーダーからは外せない
    彼らの打撃面のマイナスをどうやってカバーするか?
    打順の配置でどうやって得点減に繋がらないように対応するのかが今年の攻撃面のテーマになってしまいましたね。
    復調することを期待しつつも好転することなくこの時期まで来てしまいました
    そして投手力も安定しているとは言い難い
    野手の失策が命取りになってしまうリスクも恐れるところ
    守りを度外視した超攻撃型オーダーも組みにくい
    短期決戦で攻撃が最大の防御と割り切る考えに踏み切れないのが今のチームの悩みでしょうね
    だからこそ序盤からの流れが大切
    僅差でも中盤までリードを保てれば勝てるイメージは持てる
    しかし劣勢で終盤まできた時に逆転のカープが発動できるか?
    上位チームの強力リリーフ陣を攻略することは容易ではない
    控え選手の攻撃力の厚みに期待するしか勝利が見えてこない
    だから劣勢の傷口を広げてはならない
    最少失点での継投判断も重要になってきますね

  • 敵地の神宮でのヤクルト最終戦は目下CSでの対戦を意識せずには戦えない
    されど16勝5敗で10ゲーム差を引き離した相手であることを安堵することなく
    4連勝で5割を超えて貯金を作っている勢いを過剰に脅威に感じても仕方がない
    平常心で試合と向き合うことが大切

    岡田の対戦成績が良くないことよりも本来のストレートの球威と
    制球力の安定という課題に取り組むだけのこと
    今日の投球はストレートで押し切ることができたと思います
    打たれた球種は抜けた変化球だけでタイミングを外す以外の目的で使わなかった
    それが良かったんだと思いますね
    今日は會澤が岡田を上手くリードしたと思います
    MAX151キロのストレートが走ってることで内角攻めが有効だったこと
    ボールが先行したら真ん中に構えて岡田が投げやすい環境を作っていたこと
    ヤクルトの打者の攻め方を熟知した配球が上手くハマっていたと思いますね

    ただプロ初打席の村上にはデータがなく手探りだった為か決め球が打たれ
    初HRを献上してしまった
    高卒1年目の村上は末恐ろしい選手になる予感を感じました
    スイングの鋭さと緩急についてこれる対応力は並みの新人ではないですね
    解説者が筒香タイプと言ってましたが納得でした
    筒香と同じ攻め方をしないと抑えられない気がしました
    敵ながら天晴です

    試合は初回に味方の失策で動揺した高橋圭の立ち上がりを攻め
    バティスタの3ラン含め4得点しましたが以降スライダーを打ちあぐね5回まで無得点
    続く大下ー梅野ーハフからも得点できず
    隅4でカープの必勝リレーで勝ってしまった試合
    決して楽な勝利ではありませんでしたね
    やはりCSの相手だとヤクルトへの意識が過剰だったのかも知れませんね
    でも隙を与えることなくキッチリ勝てたことでナイスゲームなのかな?

  • 6連敗を止め2連勝と流れを取り戻したかと思われたチーム状態で
    カード負け越しで苦手とは言え地元で迎え撃つ中日との今季最終戦
    エース大瀬良を立てて意地を見せたかった
    前回は連敗の真っただ中で完封を許してしまった笠原に対して苦手意識は持ちたくない
    何とか打ち崩そうと考えたオーダーが新井のスタメン起用と
    敢えて磯村とのコンビを崩して起用した大瀬良&會澤のバッテリー
    會澤が笠原との相性が良く12打数7安打とのことが起用の理由らしい

    大瀬良の立ち上がりを見る限り調子自体は良かったように見えた
    むしろ笠原の方がアウトを取るのに苦しみ3回で75球と球数を要し攻略寸前だった
    しかし先制点を与えてしまったのは大瀬良の方で3回に連打を浴びまさかの5失点
    制球を乱した訳でも失投を投げてしまった訳ではない
    打者の読み通りの配球をしてしまったと感じるほど思い切り振り切られた
    完全なるバッテリーの選択ミスだろう
    特に平田、アルモンテ、松井雅へのインコース攻めは間違いだったと思う
    大瀬良&會澤のコンビは6失点では失敗と言わざるえない

    大量リードされ一時は同点まで追いついた打線は良かったと思うが
    続くチャンスで誠也、新井で笠原をKOに追い込めなかったこと
    バッテリーミスを期待された打撃で取り返すこともできなかった會澤にも残念でした
    結果を出したのは左打者ばかりで総じて右打者が期待に応えられなかった印象

    140球も投げさせアップアップだった笠原に
    みすみす勝ち星を与えてしまったことはもの凄く悔しい気持ち
    大瀬良に油断があったと言ってしまえばそれまでだが勿体ない敗戦でした

    これで防御率が2.37から2.60に跳ね上がり2位の菅野が2.48で抜かれてしまった
    最多勝は残り試合数を考えれば菅野とガルシアに抜かれることはないと思うが
    防御率と完投数と奪三振を菅野がトップなら大瀬良の沢村賞は遠のくでしょうね

  • 田中の不振は前半戦に執拗に内角攻めをされ死球も多かった
    自然と体が開いてしまい踏み込んで外角球も打てなくなったこと
    本人も不振の原因認めるコメントもしてましたね
    他球団の田中対策だったのでしょうが来季は対抗策を考えるしかないですね

    また膝への死球と遊撃手の守備範囲の広さによる足への負担は
    走力の衰えにも影響しないわけはないでしょう
    田中が1番打者を続けていくのも年々厳しくなってきますね
    代わりに1番ができる選手として野間を育てておくことは良いことだと思います
    次に菊池の代役を育てる難題が来季以降の大きなテーマになるでしょうね

  • >>No. 585369

    いえいえ、カープも今の時期から投高打低の傾向に変わってきますよ
    接戦勝率が良いから心配ないでしょう

  • >>No. 585352

    > ほゞ優勝が決まった今、今後のペナント予想ですか?

    と言うより接戦に弱いチームがCS圏内から脱落する可能性も今後の残り試合であり得ると思う次第です

  • >>No. 585344

    分かりにくい表現でしたかね?
    涼しくなってへばっていた各チームの投手達が復調しだすとロースコアの投手戦が増え出すと言う意味です
    大勝大敗から接戦に移行する戦いとなれば良い投手の頭数が多いチームに有利ではないかとの予想です

  • 今日は先発の野村が好投し6回を無失点で約一か月振りの7勝め
    昨日の九里の6回1失点の好投に続き投手の踏ん張りで2連勝
    ようやく気温が25℃前後まで下がり夏が終わったことで投手達が復活してきた
    8月の投壊現象も山を乗り切った状況ですね
    それだけに一番苦しい時期を18試合登板で救ってくれたフランスアに感謝

    これから先は打高投低から投高打低に各球団ともに移行していくでしょう
    野手が今までのようにやすやすと打てなくなる貧打の試合が多くなるでしょう
    それだけに1点が重くなる
    しっかりした先発の枚数と安定したリリーフ陣を抱えたチームが浮上する
    おそらくCSも投手戦となると勝ち残れるのはどこか?

    夏場に先発ローテ5本が解体しなかったのはカープだけ
    リリーフも勝ちパターンが確定しているのもカープだけ
    有利であることには変わらない
    打撃は長打よりも足を使って1点をもぎ取る攻撃で流れを作って欲しいですね

  • どうにか連敗が6で止まりましたね
    九里VS東という対戦はネガティブな意見が多かったけど
    今日は九里が持ち味を発揮して好投してくれました
    會澤の組み立ても良かったですね
    伏兵の細川に一発を浴び先制を許してしまったけど
    6回のピンチを100球超えでも凌いだことはとても評価したい

    東は好投手ですが今日はいつもより四死球が多くチャンスは幾度とありました
    菊池が出塁しお膳立てを作っても期待の丸と誠也が三振で2度も潰してしまう
    6連敗の負の流れを変えられない歯がゆさがありました
    彼らが不調ならばチームを引っ張るのは自分だと菊池が一人で気を吐いて
    自らの一発で同点に追いついてくれたことは大きかった

    そして何より3,4,5番打者の手本となるべく代打に立った新井の粘りと執念
    結果は三振に終わってしまったけど心を打つものがありました
    きっと丸や誠也に伝わったんだと思います
    チャンスでは形に拘らずどんな形でも繋げていくこと
    自分の打撃を追い求める場面ではないことを訴えた元4番の打席だったと思います
    7回の集中打は上手く状況に対応できたと思います

    残念ながら九里には勝ち星はつかず好救援の一岡が勝ち投手で
    決勝打の丸と共にヒロインを受けていたけど
    真のヒーローは4安打4打点の菊池で陰のヒーローが新井だったと思います
    フランスアも期待通りの投球でしたが
    中崎が一発浴びてのゲームセットが少しカッコ悪いが中崎らしいとも言えますね

    ともかく勝てて良かった、ヤクルトも引き分けでマジック7となり
    このままVロードを着実に進んでいって欲しいですね

  • マツダに戻ってきても連敗を止められませんでしたね
    ただマジック点灯した時に残り5割でも十分だと
    無理して疲れている選手を使い続けなくても良いという意見も数多くありました
    勝ったり負けたりではなく7連勝して6連敗、これも5割のペースです
    問題は内容ですかね?

    主力に故障者が出て絶対的な戦力が落ちた訳ではない
    調子の波が低調な時期を迎えているに過ぎない
    残り19試合で貯金22は全敗しても貯金3
    2位以下はいまだに貯金を作れていない現状の中で数字上は圧倒的な有利は揺るがない
    だからそのうち勝つでしょうと楽観視していて問題なし

    さて今日の試合はまずは先発のジョンソンの5失点
    球も走り四球も1個で三振も7個と調子自体は悪くなかったのに
    被安打11で一発も浴びたということは全体に球が高かったということですね
    これは本来の凡打を集める低めの投球ができなかったということでしょう
    108球と球数も多くなかったから7回まで引っ張ったこと
    7回の2失点は結果論ながら交代判断が難しかったですね

    打線もチャンスでクリーンアップで決めきれなかったことが残念でしたが
    野間の3安打2打点と菊池の1安打1四球と出塁できたこと
    チャンスメイクとしては良い方に向いてきていると思います
    本当に絶不調なのは田中だけでかなり苦しんでいますね
    守備の面があるため安易に休ませることもできませんが
    他の選手がカバーして得点を賄っていくしかないでしょう

    あまり連敗をネガティブに意識しない方が良いと思いました
    不要に慌てず基本的なことを確実にこなしていけば結果はついてくると思います
    こんな状態がCSで起きたとしても明日に引きずらないこと
    連敗中でも平常心を保つメンタルトレーニングだと思って戦ってくれたら良いですね

  • ローマは1日で成らずという言葉の通り
    小さなことからの積み重ねで強いチームになったということですね
    2015年までは菊池と丸が3割打ってマエケンが15勝しても
    それだけの戦力では優勝できませんでした
    個々の選手は小さな戦力でしかありません

    当時のAクラス常連のチームと張り合っていくために
    彼らを始め一つ一つのパーツをはめ込んでパズルを完成させるようなチーム作り
    優勝した2016年以降も今も変わらず続けています
    きめ細かい補強は決して目立つことではないけれど
    組織としては鋼のように頑丈で強いものです
    いつまでもそんなチームであって欲しいですね

  • 4連敗で迎えたナゴドでの最終戦で勝利をしなければ対中日との負け越しも決定
    昨年同様に独走状態での完全優勝を逃すことになってしまう
    日曜日は毎週谷間で実績が浅い投手が二軍から上がってきて登板する低勝率の日

    今日も高橋樹が初先発し危なっかしい内容できたが5回3失点(自責2)は
    評価できる内容であったかは難しいところ
    しかし最近の高橋昂、福井、戸田よりは試合を作れたというべきか?

    中日も鈴木翔が初登板で同様の不安定な内容で打線が捕まえきれなかったことが残念
    全く安打が出ない訳ではないのだけれどもカープ強みでもある『繋ぎ』を失っている
    打撃不振の打者が数人存在することは仕方がないが出塁することには妥協は無いはず
    誰もが出塁と決定力が場面で求められる状況で十分な仕事ができなかったのが敗因

    ソロHRでの加点では『繋ぎ』の考えからは外れている結果であり
    苦し紛れの起死回生に頼る攻撃では厳しいと言わざるを得ませんね
    負の苦しみから脱出したいために結果を焦って粘りを失っているようにも感じる
    基本に立ち上ってやるべきことを忠実にやっていくしかないでしょう

    大きなメンバー変更も必要はありません
    今のメンバーがそのままCSに行くんでしょうから
    失敗して反省できるのも今しかないです

  • 投打がかみ合わずの4連敗
    阪神戦の先発投壊での連敗と中日戦の貧打守乱での連敗とは内容は違いますが
    前半戦に対戦相手にゲームの流れを渡してしまっている自滅的な敗戦は共通している
    今日はエース大瀬良を立て新井スタメンでの必勝体制で臨んだが
    チーム状態を良化することはできなかったですね

    大瀬良の立ち上がりは順調でした
    初回に丸の2ランで先制し良い流れでゲーム運びができるかと思っていましたが
    3回に昨日同様に西川がバント処理での捕球を逸らし失点してしまう
    この後から大瀬良の制球が甘くなり始める
    平田のタイムリーは真ん中のカットボールを打たれ逆転されてしまう
    5回のチャンスで西川、新井で逆転したが大瀬良の制球力は修正されなかった
    磯村が構えたコースとは逆球が多くなり苦しい投球となってしまった
    球数としては100球超えてはおらず疲れによるものではない
    中日に再逆転を許すまでエースを代える判断もベンチとしてはできなかった
    大瀬良の気負いが制球を乱したと言えるだろう
    仮に鉄壁な守備と追加得点が出来ていれば好投していたと思う
    これも連敗による精神状態が悪い方向に導いてしまったんでしょう

    打線で言えば野間、菊池、田中の調子が最悪でチャンスを広げられないのは苦しい
    悪い流れを作ってしまった西川は打撃では貢献していることから代わる選手も見当たらず
    ちょっと打開策が見つけられない状況
    こんなにチームが不調の状態は交流戦依頼ではあるが故障者の影響でもあった
    安部に離脱が攻守において効いてきてしまってる
    マジック点灯してからは育成お試しは終了しベストメンバーでの戦いとなってるが
    野手の疲労が出てきている時期なのだろう
    休養を与える時期は本来優勝が決まってからが望ましいが
    早める必要があるのかもしれないですね

    先に休養を与えたリリーフ陣が久々に登板したが
    一岡、ジャクソン、フランスアはキレを取り戻し完全復活してように感じる
    慌てる必要はないけれど今は我慢のしどころではありますね
    戦う姿勢だけは見せてくれれば問題ないでしょう

  • 投壊で2つ負け、貧打で1つ負けての3連敗
    批判の矛先が毎日変わる負のスパイラル
    そんな時代がありましたね
    昨日の乱入おじさんも昔を思い出す
    まるで若い頃の新井さんの回顧録の映像が流れているようなチーム状態

    冗談はさておき、悪い流れを作り出すのは自分たちの仕業
    投手の四球でもあれば野手の失策でもある
    それ以外に目に見えない細かいミスもあるでしょう
    それは迷いが生じて集中力を欠いてしまっているようにも感じます

    諦めず粘ることができなくなっているということは
    自分たちの野球を信じられなくなっているのではないでしょうか?
    今一度本当の意味で切り替えていくしかないですね
    出来ることをキッチリやって自信を取り戻していきましょう

  • 昨日の大敗を切り替えることができませんでしたね
    九里が四球連発で試合を壊してしまったことを投手陣全員に厳しく戒めたことでしょう
    しかし今度は岡田が四球を恐れてか制球の乱れを置きにいく力のない球を連打され
    結果として内容は違えど大量失点を奪われ連夜の大敗
    共通することは戦う相手が打者ではなく自分との戦いになってしまったこと
    昨日の教訓が間違った受け止めた方をしてしまったと言うことでしょう

    先発がまだ5回満たないピンチでスパッと交代させることも目前の勝負では必要でしょう
    されどカード初戦に延長12回でリリーフを全員使ってしまったことが続投判断させた
    阪神も同じ条件であったのに先発の出来がこうも違うものかと残念に思う
    九里にしても岡田にしてもこの状況なら短期決戦での起用が不安になるのも解る
    されど短期決戦の本番では早い段階で見切りスイッチするだろう
    そう、先発と心中するほど信じてはイケない

    それでもヤクルトが負けてマジックは減っていく余裕がなせる結果かもしれない
    ただ1試合としては見るに堪えない無様な試合を見せつけられた
    乱入するファンの気持ちが物語っている
    選手達が疲れているのは理解できるし無理をする必要もないが
    最低限の負け方というものがある

    振るわなかった打線にも責任は無くはない
    普段通りのプレイが出来ていたのは丸だけか?
    試合展開の流れや雰囲気に飲まれることなく2発打ってベンチでメモを取る姿
    戦意喪失したベンチの中で一番重く受け止めていたのは新井かも知れない

  • 試合前に衝撃が走った新井さんの引退発表
    どれだけの選手たちが予め知っていたのか解らないが
    少なからず平常心では居られなかった試合だったような気がします
    7連勝が粘った末の劇的な勝利が多かったためか
    久しぶりに投打ともに気が抜けたような試合を見たような気がする
    勝ったり負けたりが普通なんだろうけど色んな意味で沈んだ気分でしたね

    試合の方は開始早々に先発九里が3連続四球で3ランを打たれる最悪の出だし
    これを単なる立ち上がりの出来事として片付けたかったが
    4回にも投手に四球を出してから失点し追い上げムードに水を差した感じ
    丸と誠也のアベックHRが出た試合の勝率は高いはずなのに
    全体的に繋がりを欠いたいつもらしくない試合運びでしたね

    劣勢の中でも収穫は戸田が2イニングを無失点で抑えてくれたこと
    ロングリリーフとしては使える可能性が出てきましたね
    しかし今村と佐藤が6失点と誤算で試合が壊れてしまった
    昨日は両者とも3凡で良かったのに九里同様に四球から崩れだす悪い流れ
    昨日の石原との方が相性が良いのだろうか?
    大きく外れる球ではないのはコースを狙い過ぎた會澤の要求ではないかと思う

    いずれにせよ打たせて取ろうという発想ではなく
    信頼できる決め球がない投手に三振を取らせようとする組み立てなら無理がある
    打撃も下降線で9月に入って無安打の状況なので少し休養を取らせた方が良いかも?

    敗戦の中でのもう一つの収穫は主戦リリーフ達が登板回避できたことに尽きますね

  • 長らく優勝の味を忘れていたチームとファンに黒田さんと共に夢を見せてくれた新井さん
    今までお疲れさまでした
    お蔭でカープは逞しいチームになりました
    感謝の気持ちしかないですね
    いつまでも記憶に残る選手です
    残り少ない現役生活を悔いの無いように
    黒田さんから託された日本一の栄冠を掴みましょう!

  • 延長12回までリリーフ総動員で良く投げましたね
    先発のジョンソンが制球に苦しみ球数が増え5回で降板し
    失策も絡んで3失点してしまったが自責は1点と最低限試合は壊さなかった
    不調だった今村とジャクソンも復活の兆しを見せてくれて
    どこかで引き分けでも満足してた部分がありました
    フランスアを最後まで使わずに勝ち切りたかったけど仕方がないね
    勝ち投手になれたのだから良しとしましょう

    それにしても12回の攻撃は見事でした
    ドリスの初球を小窪が良く安打で出塁してくれました
    しかし會澤に代打小窪を起用した理由を聞いてみたいと思いますね
    堂林のバントも良い仕事をしたし野間の走者を進める進塁打で繋いだ
    最後の打者の菊池が食らいついてサヨナラ打で決めてくれた
    単なる粘り強いでは説明しにくい結末でしたね

    今日は最大の得点源である丸と誠也がブレーキでしたが
    日替わりでどこからでも得点できるチームを作ってくれて感謝しかないですね
    今日の勝利でかなり3連覇の空気がもうすぐ近くまで漂ってきました

  • 今日はローテの谷間で戸田が2度目の先発
    前回3回1失点でまずまずの内容で降板したのはベンチのプラン
    今回も同様なプランなのか?
    TV中継でのベンチレポートでは5回まで投げて欲しいような情報も聞いたけど如何に?

    ヤクルト先発の石川とは今季2度目の対戦で2連勝中とのことで
    自慢の制球力にカープ打線が翻弄されないか心配だったが
    今日の石川は制球が良くなくカープの打者もしっかり打てる球を見極めて対応してた
    結果、初回からバティスタが甘い変化球を捉え一撃をスタンドにぶち込んだ3ランで先制
    3回にも菊池の2ランの後連打でこの回4点を追加し石川をKOした

    7-0と楽勝ムードの中、戸田が投げやすい状況になったはずが・・・
    何故か打者投手に四球を出し3連続四球で満塁のピンチを招く
    突如ストライクが入らなくなる投手を何人も見てきたが戸田お前もか?と失望しました
    結局、バレンティンと雄平にタイムリーを打たれ降板となる
    2年ぶりの勝利投手どころか2回までの好投もベンチの評価は最悪だろう

    しかし戸田が行けるところまで投げてアドゥワに繋ぐプラン通り
    アドゥワ投入が予定よりも早まったのは少し予定とは違っていたとは思うが
    3回1/3を無失点で投げ切り5勝をマークしたのは高卒2年目としてはマエケン以来か?
    4回以降は両軍のリリーフが踏ん張り0行進でそのままカープの勝利で終わった試合

    戸田の降板以外での反省点と言えば追加点を取るべく先頭打者が再三出塁したのに
    3度のバント機会で2回失敗し決めたのは名手菊池だけ
    チャンスを広げることができず攻めきれなかったこと
    接戦であれば大きく響くことになったであろう

    それとヤクルト2番手の大下、3番手の秋吉を打ちあぐねてしまったこと
    今季両投手からはこれで20イニングで1点しか取れていない
    ヤクルトベンチが広島キラーとしてのデータを信じ起用したのが当たった結果
    CSで彼らに思わぬ苦戦をすることになるので攻略法を見つけなければならないですね

本文はここまでです このページの先頭へ