ここから本文です

投稿コメント一覧 (6980コメント)

  • 先発投手が整備されてくれば巨人とCSで対戦する可能性が高まりますね
    リーグ戦でのゲーム差は関係なくなる
    ガチの直接対決で勝ち越せるかがCS突破のカギになりますね
    由伸監督は奇策は打ってこないでしょう
    正面対決の総力戦で勝ちきれるか?の三連戦になると思います

  • 誠也の自打球は骨には異常はないのでしょう
    だから抹消せずにベンチに置いている
    おそらく昨年の安部が骨に異常がないから出場させたが
    内出血が酷くて血を抜く手術をすることになり長引いた経験があるから
    慎重な判断をしているのだと思いますね

  • 連勝で迎えた第三戦、岡田VSガルシアの対決ではやや不利かとの予想もあるが
    大差がつくほどでもない接戦で2番手以降でどうにでも転ぶと思われた試合
    両投手ともに出来が良く締まった投手戦でした

    岡田も予想を上回る好投で中盤まで四球を出さない投球は褒められる内容
    ただそれ以上にガルシアの出来が良すぎました
    7回までノーノーに抑えられるとは思っていませんでしたね
    8回に會澤が必死に食らいついて最悪の結果は回避できたけれども勝利は遠かった

    7回岡田が先頭に四球を出したところで流れが相手に傾き始めた
    やってはいけないという気持ちが過剰反応となって安打で繋がれピンチを招く
    バントで二三塁となった時点でモヤを歩かせ満塁策を取らざる得なかった
    松井との勝負に賭けた判断は誤りではない

    この時岡田の状態をどう判断したか?がポイントでしたね
    肩の疲労度だけでなくメンタル面も含めて続投か否か?
    交代させるにしても一死満塁の場面で自信を持って任せられる投手は居ないでしょう
    これまで好投してきた岡田に預けた判断は仕方がなかったですね
    松井の適時打に続きガルシアにも繋がれて2失点となった時点で勝負あった形
    飯田、アドゥワの失点は相手の流れに飲まれてしまった結果

    すべては1安打に封じられた打撃陣の完敗でした
    勝負に行って負けたのだから悪い負け方でもない

    ただガルシア攻略は次回は何とかしないとね
    膝元に曲がり落ちる球と外に逃げていく球の組み合わせ
    まるで一昨日のジョンソンを敵に回して戦った心境のようでした

  • 昨日はジョンソン、今日は九里と投手は違えども前半から同じような試合展開でした
    先発投手が完璧な立ち上がりを見せ相手打線に狙い球を絞らせない投球内容で
    九里が決して先に先制点を許さず逆に相手投手の失投を見逃さず得点を重ねていく
    笠原にしても大崩れするほど悪い訳でなく大量得点を奪えていないのだけれど
    緊張感を保ちながら中盤まで流れを渡さない試合運び

    相手打線もさすがに3巡目からは九里の攻略方法を見つけてチャンスを広げていく
    5回からはピンチの繰り返しでも九里が粘り強く投げて凌ぎ先発の責任を果たす
    しかし味方も追加点が取れず突き放すことができない
    終盤に差し掛かった7回の攻防で2点差の僅かなリード
    3度目のピンチで球数から九里の体力と精神力が限界に近づく前に
    昨日同様フランスアのカードを切ったベンチ

    まだまだ経験の浅い未知数なフランスアを連日投入する判断に驚きを隠せない
    二死満塁という絶体絶命の危機を三振で切り抜け今日も結果は吉と出た
    どこまで確信を持ってフランスアを送り出しているのか?知る由もない
    ただその選択が可能なカードを手にしたことは間違いないのだろう

    フランスアを二軍で視察し手ごたえを感じて支配下登録を決めた
    緒方監督の素材を見る目は確かなのだろう
    野間を見出したことからも未来が見える直勘を持っているとすら感じる
    それは数か月、数年先に誰もが結果として見えてくるのか解らないが
    カープの強さが一過性ではない理由のようにも感じますね

  • 坂本が脇腹を痛めて登録抹消との報道
    坂本が居ない巨人打線
    こりゃ3タテもらったな

  • まだ西日本豪雨災害のダメージが色濃く残る中での
    オールスターブレイク明けの後半戦スタート
    思うことは多々ありながらでも選手達は全力でプレイするしかないですね

    アウェイのナゴドでの中日戦はジョンソンの中11日ぶりの先発登板よりも
    不安要素はオールスターに出場しなかった野手の試合勘が遠ざかっていることが心配
    それでも休養組だった丸と松山のHRで先制できたことで心配は解消
    吉見の立ち上がりの制球の悪さを逃さなかったとは言え
    広いナゴドのスタンドに放り込んだ打撃は見事でした

    ジョンソンが三振ラッシュの快投を見せて寸分違わない制球力を披露してくれました
    野手陣も自打球で途中交代した誠也以外は先発全員安打と好調でしたが
    14安打と6四球をもらいながら5得点とは効率が悪いとの指摘も多々あり
    積極的な走塁が裏目に出てチャンスを潰してしまったことも大勝できなかった理由
    特に6、7回の無得点は勿体なかったですね
    野間と西川でチャンスが生まれるから石原とジョンソンに回る打順の巡りもありました
    それでも石原が1安打1犠打と仕事をして打点もあげた貴重な3点目が大きかった

    ポイントは6裏にジョンソンが大島、京田に連打で対応された大ピンチを
    苛立つことなく冷静に1失点で切り抜けたことと
    8回制球難のジャクソンを2死で見切って一三塁でのアルモンテの場面で
    フランスアを送り出したベンチの判断が吉と出たこと

    それ以外の攻撃面でも悪い方に転べば悔やみそうな場面での判断に息を飲みました
    監督はじめ選手個々が冷静に行動したことがもたらした勝利だったと思います
    動じなければ相手の流れを粉砕できるというメンタル力を発揮できた試合
    この勝利は短期決戦に通じる価値ある勝ち方なんではないでしょうか?

  • ジョンソンと岡田は比較的ナゴドのマウンドを苦にしていないのか?
    内容的には結果を出していますね
    雨男の九里は屋根付き球場で久々の登板
    今村が戻ってくるまでリリーフ再編は仕方がないないでしょう
    色んな可能性を試すチャンスでもありますね
    巨人の3戦目が高橋昂か薮田、中村祐かも楽しみですね

  • >>No. 557772

    >その選手の性格にもよるでしょうけど
    >②出身地へのこだわり   も多分に有りませんかね。
    > 郷土愛も有るでしょうし、先々の親の事とか。

    郷土愛が薄い東京生まれの自分には②も理解しにくい面はありますが
    先々の親の事は30代まであまり考えてませんでしたが晩年が近づくほどあるでしょうね
    そういう意味では④は理解できます
    ただレギュラーが保証されている立場で①と③については否定的な考えです
    控え選手の立場での③についてはむしろ行使すべきだと思います

  • 国内FAを決断する理由ってなんでしょうね?
    ①金銭的な理由
    ②出身地へのこだわり
    ③起用に関する処遇
    ④その他家庭や個人的な事情

    海外FAをする理由は①もあるだろうけど挑戦者的なポジティブな要素を感じるが
    国内FAに関しては保身を考えたネガティブな印象を感じてしまいますね
    球団、選手それぞれの価値観に注目したいと思います

  • >>No. 557670

    巨人は優勝を語る以前に20日の自力優勝消滅の危機を
    どうやって回避するか?という状況まで追い込まれている段階
    カープの脅威ではまずないでしょう

  • 黒田が義援金として1000万円寄贈したとの報道
    とんでもない男気ですね

  • >>No. 557514

    今年に関しては巨人とDeNAが2位、3位争いを演じるだろうと置き換えていただいて構いません
    ただカープを追い詰めリーグ優勝となると手遅れだと予想していますので来年の脅威とさせていただきました
    AS明けには巨人の自力優勝消滅が近づいている現状からそう判断しました
    CSの短期決戦は解りませんので日本一は未確定と予想しています

  • カープの3連覇は揺るぎない事として
    敢えて来年の話をするならば
    対抗馬となる球団がどこになるのか?
    その条件としては投打の主力選手の新旧交代が完了するかどうかで判断しようと思います
    これはFAで獲得した選手や新外国人だけでは埋められない問題であり
    如何に生え抜きの若手が覚醒できるかによると思いますね
    攻撃力から言えば岡本と阿部の交代が実現した巨人であり投手力で言えば東を始め若手投手が充実してきてるDeNAですかね?
    他のチームはまだ劣化が進行しているベテランへの依存度が高く新旧交代は再来年以降ではないでしょうか?

  • DeNAも中日に敗れ2位のジンクスを破れませんでしたね
    このチームは先発投手の勝敗数が18勝29敗で11個負け越しが浮上しない理由
    序盤からの大量失点で勝負が決まってしまう試合が多い

    代わって巨人が2位となりカープ戦からリリーフで失点しながらも逃げ切る形が出来てる
    一発攻勢で前半に広げた点差を後半消耗していく展開は良い流れとまでは言えない
    ヤクルト、中日を含めてシーソーゲームをやってるようでは潰し合いは続くでしょう

    明日は今度は巨人が2位のジンクスを破れなかったら
    カープは試合が無くてもゲーム差が変わらないという理想的な結果を期待したいですね

  • 災害を被った直後は人命の確保を第一に考え当面の生活の妨げとなっている原因を除去し都市の機能を回復することが復旧であり
    破壊されたものを作り直すことが復興であるとするならば
    今は復旧段階であるという現実

    被害状況の全貌が把握出来ていない現段階では目処を立てることが困難でライフラインを確保出来てから今後のことが語れることになるのでしょう

    野球の開催が市民への復興の励ましになることはカープの成り立ちから証明されているが
    復旧の段階では野球は何の役にも立たない

    球団関係者も同じ地域の市民の立場に戻り早期の復旧の為に他にやるべきことがあるのだろうと考えていると思いますね

  • オールスターは震災から復興した熊本県民を励ます意義もある
    熊本での開催なんですよね?

  • >>No. 557348

    仰る通りだと思いますよ
    捕手が投手のタイプに合わせたリードをするのが本来の仕事だと思います
    打撃力がある捕手だからと言って投手が捕手の配球に完全服従する必要はないです
    ただベテラン投手であるなら平気で何度もサインに首を振れても若手だと気を遣いますね

    巨人の大城や宇佐美は小林の打撃不振だけで起用された訳ではないでしょう
    両者の打撃は期待したほどでもなくむしろ先発投手に試合を作らせたことの評価が高い

    だからと言って會澤ではなく磯村や石原を使えと言ってるわけでなく
    折角打撃が好調なのだから捕手としての引き出しを学ぶ努力を怠ってるようで残念なだけ
    選手会長に対して選手からそれを指摘することはまずできないです
    ベンチから強く指摘しないとね

  • まずは今回の豪雨による広島地区の被害の大きさにより
    地域の復旧・復興に尽力を尽くさなければならない事情を鑑みて
    球団が異例となる明日からのズムスタでの阪神3連戦を中止とした判断は
    個人的には懸命だったと思います
    おそらく3連戦を観戦予定であった方々のご家族にも被害者がおられるでしょう
    試合を決行した場合に様々な状況下で観戦の有無を悩まなければならない
    躊躇することなく災害に向き合える状況にしてあげること
    それが開催中止という判断だったでしょう
    それと地域に根付いた球団として何か支援すべきことがあるかもしれないですね
    ただ被害を受けた地域は広島だけでなく関西、九州地区にも及んでおり
    阪神、オリ、SB球団にも影響を与えそうな難しい判断であるとは思いますね
    この中止日程が9月以降に組まれるのでしょうか?
    阪神も既に20連戦という噂もありCS、日本シリーズの延期も検討されるでしょう


    それから今日のゲームにも触れておきたいと思います
    岡田VS今村の両投手ともに調子が良いとは決して言えない中での
    序盤のロースコアでしたが4回に岡田が踏ん張り切れず5失点してしまい
    終盤カープ打線が粘りを見せ2点差まで持ち込みましたが力及ばずでした
    敗因はまずは岡田の出来がすべてでしょう
    あと1アウトで4回を投げ切る場面で吉川に逆転打を打たれ岡本の2ランで突き放された
    勿論、西川の不味い守備もあったけど気持ちがぐらついてしまったには変わりはない
    替え時を問う方もおられるかもしれないが先発投手が4回を投げ切れない自体が問題
    内容的には連続四球で崩れたわけではなく9安打も打たれてしまったこと
    今日も外一辺倒の配球で出し入れできるような制球を持たない岡田にとって
    生命線は150キロ超のストレートで力で押すピッチングしかなく
    今日の岡田のストレートは走っていなかったですね
    単調にならざる得ない当然のKO劇でしたが
    2-4の時点で5回代打は決定してたんだろうけど岡本からの被弾が余計でしたね

  • 昨日の大瀬良VS菅野の現エース対決は見ごたえはあったものの
    残念ながら菅野に軍配があがってしまいましたが
    今日は野村VS内海の対戦で言葉は悪いが元エース対決という構図
    どちらも二軍から這い上がってきた復活を目指す登板でしたね
    野村は復帰後は好投が続いており前回の巨人戦で初回大量失点で沈んだ
    嫌な記憶を払拭して欲しいと期待していました
    結果は丁寧な野村らしい投球内容で7回0失点で期待に応えてくれました
    内海も大崩れはしなかったけどストレートが135キロと随分遅くなった印象
    当然変化球でかわす投球でしたが誠也、丸から浴びたHRは力のないストレート
    制球力も野村には及ばなかった結果でしょう

    さて野村と會澤のコンビの配球について注目していましたが
    相変わらず外一辺倒の組み立てに対し狂いなく投げ切る野村の制球力は見事
    相手打者もコースを外に決めているのに球種を変え緩急差に捉えきれていなかった
    今日の内容であるなら下手に内角で長打を浴びるよりは外一辺倒で正解だったと思う
    しかしそれは球種が豊富で制球の良い野村だから言えること

    ジャクソン、中崎に対してはストレートとスライダーの2種類しかなく
    コースが外に限定されると決め打ちが可能であることが失点に繋がったと思います
    球種が少ない投手はコースも変えなければ狙い球を絞られてしまいます
    2人が二塁打を打たれた球は決して失投ではありませんでした
    打者の狙い通りに打たれた結果だったと思いますね
    そこは會澤には今後は内角も混ぜるように工夫が欲しいですね

  • 巨人が浮上するためにはこの3連戦が最後の戦いだと覚悟していたでしょう
    初戦の菅野の鬼気迫る投球がすべてを物語っていたと思います
    投手としての技術的な要素も最高レベルであるのは勿論ですが
    絶体絶命のピンチを断ち切るメンタルの強さが現役投手の中ではずば抜けていますね

    しかし大瀬良だだって負けてはいない3安打しか許していない敗戦であり
    得点に繋がる失投があったか否かが菅野との僅かな差でしょう
    味方の失策も絡んでの2失点はQSとして評価される内容であっても
    相手が上回る内容であれば高い水準での評価をしなければならなくなる
    大瀬良が更に伸びしろを持つ投手であるなら大いに参考になる菅野の投球だったでしょう

    得点圏に何度も進めながら攻めきれず無得点に終わった野手に対しては
    真っ向勝負では今日の菅野には力が及ばなかったということでしょう
    小細工を使ってでもどうにかしようとするほど負けられない大切なゲームでもないから
    しっかり相手のエースとの対戦結果を受け止めて次回に繋げてくれたら良いと思います
    大瀬良の失投を見逃さなかった坂本も含め巨人の意地を見せてもらいました

本文はここまでです このページの先頭へ