ここから本文です

投稿コメント一覧 (9116コメント)

  • 会社もほっとらして、もう、記者会見か、ポジティブ出せないだね!

  • 年安、おめでとう!

  • cisさんが空売りしたぞ

  • cisコメントしたよ

    とある裁判ゲーム株さよならした
    半値リバってほしかったな・・・
    儲からん
    それよりドル円先週の金曜かなり売ってたのに
    もうない!!!!

  • 年明け、日経平均も調整入るな

  • PIMの本懐は、合意待ちのターボチャージャーではなく、その後の次世代半導体における熱伝導率をクリアしながらの耐熱、放熱などの熱処理技術です。EVなどで現状課題になっているのは熱処理問題ですので、それを解決する技術をアテクトが実現しようとしているのは経営陣のセンスの良さが出ているかと。

  • 幾らポジティブ出されても外資薄商い状態、しかも売り越し120万で上がるは、しない、年末年始、トレンドが下がる、年越し持ちならば、見ない方がいい

  • 年末年始、2600円までズルズル落下しますよ

  • 外資120万売り越し、日銀のETF資金支えないと、かなりヤバイ、昨夜 米国のハイテク、半導体、アップル関連ほぼ落下状態、年持ち越しする事でかなりリスト抱いてかければ、ならない

  • 何故米国の減税法案成立を発表直後、米ドルがそんなに上がらない理由は、1.通常減税法案が成立直後、財政の赤字が更に増えるです。国財の赤字増えれば、通貨が強くならない、2.減税法案成立直後、トランプ今一番やり事は、基礎建設でしょう。基礎建設が拡大すれば、更に米国の財政が赤字増える、国も負債多い、米ドルが強くならない理由である、3.海外から2.5兆資金がこれから米国へ戻る、何故米国の通貨が強くならない、海外の2.5兆は、台湾ドルか、人民元か?殆ど欧州米ドルでしょう。欧州米ドルが一回に全て米国へ戻ると言っても、ドルからドルで移るだけ、ドル自体には、あまり上がらない、強くならない、

    トランプの政権で僅か七ヶ月で減税法案成立で大変素晴らしい。この減税法案成立により、今後10年間、米国新世紀へ迎えて最高1.5兆の影響しています。企業税は、35%から21%まで下がり、永久性です。会社の最低税負制(AMT)20%廃止、海外で稼ぎの資金は、通常20%納めなければ、ならないけど、こも廃止される、そうすると企業から米国へ戻る2.6兆ほどあります。個人税は39.6から37迄下がり、7級分けて、其々10%、12%、22%、24%、32%、35%、37%2025年迄適用される。

  • 何故米国の減税法案成立を発表直後、米ドルがそんなに上がらない理由は、1.通常減税法案が成立直後、財政の赤字が更に増えるです。国財の赤字増えれば、通貨が強くならない、2.減税法案成立直後、トランプ今一番やり事は、基礎建設でしょう。基礎建設が拡大すれば、更に米国の財政が赤字増える、国も負債多い、米国が強くならない理由である、3.海外から2.5兆資金がこれから米国へ戻る、何故米国の通貨が強くならない、海外の2.5兆は、台湾ドルか、人民元か?殆ど欧州米ドルでしょう。欧州米ドルが一回に全て米国へ戻ると言っても、ドルからドルで移るだけ、ドル自体には、あまり上がらない、強くならない、

    トランプの政権で僅か七ヶ月で減税法案成立で大変素晴らしい。この減税法案成立により、今後10年間、米国世紀を最高1.5兆の影響しています。企業税は、35%から21%まで下がり、永久性です。会社の最低税負制(AMT)20%廃止、海外で稼ぎの資金は、通常20%納めなければ、ならないけど、こも廃止される、そうすると企業から米国へ戻る2.6兆ほどあります。個人税は39.6から37迄下がり、7級分けて、其々10%、12%、22%、24%、32%、35%、37%2025年迄適用される。

  • 投信実力点検(1)日本株アクティブ型 8割が日経平均の上昇率超え
    ITなど高成長銘柄を発掘
    日本経済新聞2017/12/13 2:30 朝刊 [有料会員限定]

    日経平均株価が26年ぶり高値を付けるなど、世界的に株高が広がり、資産運用の好環境が続いている。個人のおカネを集めて運用する投資信託も成績が上がっている。2017年、個々の投信はどれだけ稼いだか、実力を点検する。初回はプロが銘柄を選んで運用する日本株アクティブ型。一般的にアクティブ型は市場平均になかなか勝てないともいわれるが、今年は違い、8割近い投信が日経平均の上昇率を上回った。(ランキングの詳細を電子版に▼マーケット→株式)

    純資産残高が30億円以上の日本株アクティブ投信を対象に11月末の基準価格(分配金再投資後)を昨年末と比較したところ、全273本の78%にあたる212本が同期間の日経平均の上昇率(18.9%)を上回った。上位は中小型株に特化した投信も多いが、日経ジャスダック平均(39%)と比べても54%が指数を上回った。対象投信では全てがプラスを確保した。

    アベノミクス相場で株高基調だった過去2年でみると、日経平均を上回った投信は5、6割にすぎず、今年の健闘が目立つ。ファンドマネジャーの腕次第で差がついた年だったといえる。

    成績上位に並ぶのはIT(情報技術)分野など高成長の銘柄を選んで銘柄数を絞って投資するタイプだ。日本経済は低成長だが、個別の伸び盛りの企業を見いだしたことが高成績につながっている。もっとも成績の振れも大きく、1年では上位でも3年では稼げていない投信もある。

    首位の「JPMジャパン・テクノロジー・ファンド」は成績がほぼ2倍となった。半導体資材大手のアテクトや水晶部品関連の昭和真空など、投資先を約70銘柄に絞る。

    2位の「MHAM日本成長株オープン」の組み入れ銘柄数も約90と少ない。組み入れトップは、建機向けフィルター大手で業績が好調なヤマシンフィルタだ。上位3本は運用歴が17~18年と長く、経験も生きたようだ。好成績の投信の多くは銀行など低成長銘柄を避けたことも大きい。

  • 台湾人が基本的6か、8が好きです。6の数字は、順調の意味、8は、発という同じように発展、大きくになる、その拘りの訳がある

  • [ エレクトロニクス ]
    検証2017/東証1部復帰のシャープ 鴻海、業界再編に虎視眈々

    日刊工業新聞2017/12/14 05:00

    高精細で曲がる有機ELディスプレーを12月下旬に出荷予定

    7日、東京・兜町の東京証券取引所に「カーン」と鐘の音が響き渡った。シャープの東証1部復帰を祝う式典だ。戴正呉社長は「就任以来の目標を果たした」と喜んだ。

    シャープは2016年3月末に債務超過となり、同年8月、2部に降格。同月には台湾・鴻海精密工業の傘下となり、鴻海が送り込んだ戴社長の下で経営再建を進めた。鴻海の力を得て業績を急速に回復し、1年数カ月で1部に復帰した。特にディスプレー事業の復調は顕著で、鴻海がシャープ製テレビを安値で拡販する政策が奏功したようだ。

    鴻海はメーカーとして飛躍するため、日本企業の高度な技術を求めており、シャープ買収の狙いもそこにある。今後、シャープを基点に日本で業界再編を仕掛け、日本企業の囲い込みを狙う。

    12月下旬には、シャープはスマートフォンメーカーに、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネルの試作品を提供する。顧客から評価を得た上で、この技術をテコに、有機ELパネルを手がけるジャパンディスプレイ(JDI)との技術提携に持ち込む考えだ。

    鴻海はJDIなど日本企業への出資にも意欲を燃やす。以前は経営難の日本企業に出資する手法に限定されたが、シャープを介することで技術提携する手段も加わった。かつて鴻海による買収には日本の産業界に警戒感もあったが「経営のスピード感は日本企業の参考になる」(清田瞭日本取引所グループ最高経営責任者)と和らいでいる。

    ただ、シャープの再建は道半ば。復調してきたテレビ事業の営業利益は「赤字ではないが、利益は少ない」(シャープ財務担当者)。業績回復は、鴻海が得意とする薄利多売手法に支えられている面が大きい。

    シャープは高解像度の8Kディスプレーと人工知能(AI)を組み合わせ、不審者やインフラ劣化の検出システムなどの事業創出も狙う。18年は、こうした新事業を通じた独自路線も求められる。(大阪・平岡乾)

  • 鴻海投資美国直後、インドへ280億元投資、工埸設立


    米国のウィスコンシン州を投資100億ドル(3000億元)直後、インドの政府、工場設立申請、投資金額280億元(相等1051億円)、四万人仕事率が増える予想です


    鴻海投資美國之後 傳向印度投資280億元設廠
    2017-12-14 07:33

    〔即時新聞/綜合報導〕繼3000億大手筆投資美國威州設廠之後,又傳出鴻海已經向印度政府提出設廠申請,預計在孟買附近尼赫魯港(Jawaharlal Nehru Port Trust)的經濟特區內設廠,投資額600億盧比(約280億台幣),占地200英畝;可能創造4萬個工作機會。
    印度《經濟時報》(The Economic Times)報導,印度交通部長Nitin Gadkari在回應此事時證實,鴻海已提出設廠提案,不過,鴻海尚未回應此事。
    Nitin Gadkari並表示,已有來自全家24家業者將在Jawaharlal Nehru Port Trust經濟特區內設廠。

  • 全て材料は、ゼイゼイ16日迄上がる予想、17日から北朝鮮で変化日です。18日新月で米国が北朝鮮へ攻撃したら、全て材料が大暴落です。

  • 半導体、シリコンウェハーは、大暴落中、王様、東エレク8035は、マイナス600超えました

  • 東京エレク8035は、585迄マイナス、もう、大暴落中です

本文はここまでです このページの先頭へ