ここから本文です

投稿コメント一覧 (96コメント)

  • 2016/10/26 14:32

    レーティングアンダーウエイト690円
    →10/25付 三菱UFJ

  • 業界のガリバーは、昨日付で想定価格を690円としてきた。激しく下げたいウィルが明るみになった以上、今直ぐ買う理由はみあたらないな。

  • 2016/10/26 12:06

    あれだけ忠告したんですけどね。。。

  • カツラさん!あっ!いや、うねりさんですね

  • 株価は短期で1,500円から2倍になった。
    今無理やり騰げるよりは1~2週間くらい調整したほうがよい。
    みずほ提携の材料でも3,000円で跳ね返されとるのに、このクラスの材料で高値更新は一般的に無理やろ。

  • 3,000円で上髭があり、上値が非常に重たい印象。
    増し担保、テクニカルを鑑みても、みずほ提携以上の材料が出ないと
    直近高値更新は厳しいと想定。

  • 今回のIR VS 
    ①増し担保(10/26~):信用取引による新規の売付け及び買付けに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)とする。
    ②25MA乖離率:37.6%

  • 騙しあげ⇒下落の繰り返し。
    最後ドカンと爆弾落として、ホルダーは週末地獄へ。

  • >>No. 374

    ここは「介護業者のクラウド支援」のみではありません。
    情報連携基盤を活用した在宅医療・訪問介護連携モデルの実証業務を請け負っており、
    結果、家族が介護離職をせずとも、要介護者がさまざまなサービスを受けられるよう、
    多職種チームの連携が円滑にできるような仕組み・仕掛けを構築してます。

  • 厚生労働省、総務省、東大、国立がんセンター。。。
    アライアンスはこれでもかというくらいガチのガチ。

  • ここはアベノミクス新3本の矢の政策に沿った介護関連銘柄

  • (2) コンテンツサービス
     カナミッククラウドサービスを利用するユーザーである医療介護従事者に対して
    情報を提供するインターネット広告配信等のコンテンツサービスを提供している。
    コンテンツサービスは「インターネット広告サービス」と「ホームページ作成サービス」から構成されている。

    (3) その他サービス
     その他のサービスとして、大口顧客向けカスタマイズ開発、また厚生労働省や総務省事業などの
    プロジェクト請負や地方創生事業におけるコンサルテーションサービスなどカナミッククラウドサービスに
    付随する事業を行っている。
     同社は、総務省の情報連携基盤を活用した在宅医療・訪問介護連携モデルの実証実験に参画し、
    在宅医療・介護分野における効果的かつ効率的なサービスを提供するため、在宅医療・介護等に関する
    情報を当該分野に属する多職種で共有することを目的とした実証作業を請け負っている。

     さらに、この実証実験によって、在宅医療・介護等に関する情報を異なるシステム間で共有・分析することを可能とする情報連携基盤を構築しており、同社が当該実証実験におけるICT統括管理を担当している。

  • (1) カナミッククラウドサービス
     超高齢社会の到来に伴い、介護保険のサービスを利用する要介護者数は年々増加しており、
    今後は「在宅医療」、「看護」、「介護」といった多職種他法人の連携がこれまで以上に重要性を増し、
    それらを実現するためにはプラットフォームとしての情報連携基盤が欠かせない状況となっている。

     同社は超高齢社会に求められる「地域包括ケアシステム」の実現に寄与するために、
    地方自治体や医師会及び介護サービス事業者向けの多職種間連携を可能にする地域連携型の
    クラウドサービスを提供している。同社は、主として自治体職員、医師、看護師、ケアマネジャー、
    介護サービス事業者といった医療・介護従事者にクラウドサービスを提供している。

  • カナミックネットワークは、「超高齢社会の地域包括ケアをクラウドで支える」という経営理念のもと、
    医療・介護・健康情報等を、法人・職種の枠を越えてリアルタイムに「情報共有」+「コミュニケーション」
    +「利活用」ができるICTプラットフォームを提供している。
    患者・家族がより質の高い医療・介護サービスを受けられることを目指して事業を展開している。

     提供するインターネットサービス「カナミッククラウドサービス」はパソコンやタブレット、
    スマートフォンといったマルチデバイスで利用できる『医療・介護連携』『介護業務の効率化』
    『ビックデータなどナレッジ共有』などに着目した、日本の知見を構築するための課題解決型の
    クラウドサービスである。

     同社は医療・介護分野に特化したクラウドサービス事業を主に展開し、それに付随して
    同社サービス利用者に対して介護関連商品等の広告事業を提供している。
    さらに、総務省や厚生労働省の医療・介護関連プロジェクトや地方創生事業にも参画し、
    高齢者支援事業から子育て支援事業まで活用できる幅広いICTのプラットフォームを提供している。

  • PTS拾われてますね。
    国策セグメントですので、キャリアを見てもわかるように、多くの投資家が注目していると見ます。
    2025年には団塊世代が全て後期高齢者の75歳になりますので、医療介護分野は2045年まで
    30年間成長性を見込める企業です。

    介護・医療分野での国のモデル事業にも採択されるクラウドサービスを展開しており、
    高い信頼性と、品質を兼ね備えた企業と評価できるでしょう。
    また、各種技術については、特許権(特許番号4658225)を有していて、当該特許権において、
    医療機関、地域包括支援センター、介護事業者、被介護者、家族等、介護に関するあらゆる団体又は
    人が医療介護情報を共有するシステムとなっています。

    明日は即金明けですし、注目されれば多くの買いが入るでしょう。

  • 2015/03/13 23:00

    【連続最高益】好採算の産業用のパワコンが想定超。材料費の削減も奏功し営業増益幅拡大。
    PERはなんと8.5で電気機器セグメントの平均46.4と比較し非常に割安。
    ROEは驚異の90.9%、通期利益は前年同期比倍増の105億円を見込む。
    しこりもない為、人気化すれば青天井相場へ突入するだろう。

  • 6624 田淵電機
    【連続最高益】好採算の産業用のパワコンが想定超。材料費の削減も奏功し営業増益幅拡大。
    PERはなんと8.5で電気機器セグメントの平均46.4と比較し非常に割安。
    ROEは驚異の90.9%、通期利益は前年同期比倍増の105億円を見込む。
    しこりもない為、人気化すれば青天井相場へ突入するだろう。

  • 【低PER】電源機器と半導体の生産が柱。金属表面処理用電源で国内首位。
    PERはなんと8.3で電気機器セグメントの平均46.4と比較し非常に割安。
    第3Qは対計画達成率が84%、通期見通しは約20億円近い経常利益を見込んでおり、好調な業績を足がかりとした見直し買いは近いとみる。
    ファンド勢もすでに多くの枚数をそろえており、上放れは時間の問題だろう。

  • 6882 三社電機製作所
    【低PER】電源機器と半導体の生産が柱。金属表面処理用電源で国内首位。
    PERはなんと8.3で電気機器セグメントの平均46.4と比較し非常に割安。
    第3Qは対計画達成率が84%、通期見通しは約20億円近い経常利益を見込んでおり、好調な業績を足がかりとした見直し買いは近いとみる。
    ファンド勢もすでに多くの枚数をそろえており、上放れは時間の問題だろう。

本文はここまでです このページの先頭へ