ここから本文です

投稿コメント一覧 (968コメント)

  • >>No. 44821

    え???北でまた揺れ???
    地震???それとも・・・・・・

  • >>No. 44820

    ちゃんこですか。
    そういえば、金さんは相撲取りのような体つきでございまするな。
    トランプさんはプロレスラーのようですな。
    相撲取りを懐柔するにはちゃんこ鍋から?

  • >>No. 44816

    習「私は党大会を控えて、今留守にするわけにはいかない。私の足をすくおうとする者もいるんでね」
    白龍「主席、心配はご無用です。プーチン殿も、強がってはいるが経済はかなり厳しい。シリアやウクライナの負担ものしかかっています。国を開けるのは難しいでしょう」
    習「それでは無理ということか・・・」
    白龍は笑いながら言った。
    白龍「習主席、日本に影武者と秀麗を派遣してください。プーチン殿にも影武者と、北とのパイプになっているレナを派遣してもらいましょう。そうして安倍の影武者を入れて、大々的に極東平和会議をぶち上げるんです。この3人が手を取って極東の平和を叫べば、金にもトランプにも大きなメッセージになるでしょう。実務的なことは秀麗とレナ、この白龍で話しあえばよろしい」
    習「う~~む・・・極東影武者会議か、白龍先生はとんでもないことをお考えになる」
    秀麗「中国、ロシア、日本の首脳が集まって平和を叫べば、トランプも金も戦争を始めづらくなるわ。ただ、その後の道筋はどうするつもりですか」
    白龍「それは、お主とレナとこの白龍とで考えようではないか。まずは3人が東京に集まって握手をすることが大事なのだ」
    習「わかった。ここは白龍先生にお任せしよう」

    てな感じで、白龍尊師、よろしくお願いしますよ!!!

  • >>No. 44808

    おお!!!
    茨城で言うところのエグノーベル賞でございますな?
    すごそう・・・・・・

  • 習さんが平和狙いできてくれるといいのですが・・・
    尊師はやっぱり国士無双???

  • >>No. 44802

    待たされること30分、白龍の前に姿を現したのは汪秀麗だった。
    秀麗「白龍先生、先日はいろいろとありがとうございました」
    にこやかな秀麗を見て、白龍はハグしあった金が影武者だったことを確信した。
    白龍「秀麗、いつもワシの前に姿を現すのう。もしかして、ワシに惚れておるのか」
    秀麗「さあ、どうかしら」
    秀麗は悪戯っ娘のような笑いを浮かべた。
    白龍「習主席はご健勝か」
    秀麗「ええ、ただ党大会前でとてもお忙しいわ。麻雀の相手は難しいと思います」
    白龍「なあに、主席は影武者で十分だ。張徳江や李克強などの左遷組は暇だろう」
    秀麗「ずいぶんな言い方ね」
    白龍「ここに来る前にプーチン殿のところに寄ってな、身体を鍛えるのもいいが、頭も鍛えた方がいい。それには麻雀が一番だと言ってやった。遅れてやって来るだろう」
    秀麗「それも影武者?」
    白龍「日本の土浦というところに歌芸武者というモノマネパブがあってな。いろんな奴の影武者が歌ったり踊ったりしておる。影武者どうしの麻雀も一興だろう」
    秀麗「何を企んでるの」
    白龍「どうしたら、そなたを落とせるかと思っての」
    秀麗「あいかわらずだわ。やっぱり先生は影武者じゃなくて本物ね」
    そんな会話が続くうちに、パーティ会場の準備ができ、白龍は案内された。
    そこには、満面に笑みを浮かべた3人の習近平がいた。

  • >>No. 44800

    周ちゃん?周富徳??ん??死んじゃったか・・・・
    弟の周富輝???尊師の大好きな激辛麻婆豆腐を作ってもらう???
    習さんの方は党大会に備えて、かなりかりかり来てるようなんで気を付けた方が・・・
    一応、北に大きな影響力のある張徳江は定年で辞めさせられるんかな?
    辞めると粛清されるかもしれないんで、張さんが金さんを使って一悶着起こそうとしている
    という話も。
    いずれにせよ、金さんを止められるのは尊師しかございませんのです。
    幸運をお祈りしております。

  • >>No. 44798

    ということは・・・石炭を持ち込んだ段階で計画をすべて読まれていたということでございまするか?
    となると、ますます難しゅうなりまするなあ・・・
    まあ、とりあえずはプーチン殿と話をして策を練るといったところでしょうか。
    しかし、プーチン殿は何を狙ってレナを送り込んだんでしょうねえ?
    秀麗とは馬が合いそうにないし・・・・・・

  • >>No. 44796

    影武者でござりまするか?
    それとも、本人が危機と感じた瞬間に影に入れ替わるとかいう高度な技???
    いずれにせよ、レナを通じてプーチン殿にも尊師の北での行動は逐一報告されて
    いることでございましょう。
    なかなか難しい局面・・・尊師の腕の見せ所でございまするなあ。

  • >>No. 44794

    たしか、日本列島を核で海に沈めるとか言っておりましたなあ。
    鮟鱇は深海魚なので、もしかして海の底でひっそり、白龍尊師と暮らしたいというサインでは?

  • >>No. 44777

    そ、尊師・・・もしや、電話を通じて八卦の技を使える段階まで達したとか?
    カラオケでマイクを通して、聴いている人全員に技をかけ死に至らしめるとか?
    昔流行った呪いのビデオをはるかに上回る感染力、Youtubeとかを通じても攻撃可能?
    恐ろしや・・・・・・

  • >>No. 44775

    だ、だめだ…立ち上がれない・・・
    尊師、もしかしてネット使って小生に八卦の技とかかけませんでした?

  • >>No. 44773

    そ、尊師、それは別の歌では???
    https://www.youtube.com/watch?v=O9k188aah1I

    猪木さん、外務大臣に会ったりで元気そうですねえ。
    Amazonで薬が届いたのかな?
    ああ、ダメだ、眠い・・・誰かに睡眠薬でも盛られたか・・・
    どろのように眠り込んで、このまま目が覚めなかったりして・・・・・・

  • >>No. 44769

    猪木の依頼はやはり、急性のキレ痔の症状が出て困っているとのことだった。北では薬が手に入らないので、至急白龍に届けて欲しいとのことだ。
    もちろん、これは罠だろう。八卦の技は常人には識別不可能だが、秀麗がいる。イップマン門下で白龍の指導を受けたこともある秀麗は白龍が金委員長に八卦の技をかけたのを見破っているだろう。白龍が北にいる間は委員長がぴんぴんしていたので、問題にならなかったが、秀麗は明らかに白龍を疑っていた。
    猪木に痔の薬を届けに行ったが最後、白龍は生きて北を出ることはできないだろう。

    さあ、どうする白龍???

  • >>No. 44767

    だいぶ飲んだし、腹も膨れてきた。
    そろそろ河岸を変えてカラオケでも歌いに行くかと思い始めたころ、白龍の電話がなった。
    白龍と入れ替わるように北に入ったアントニオ猪木からだった。猪木とは同じ武芸者として何度か立ち会ったことがあった。何となく気が合い、時々一緒に呑む仲だった。
    白龍のスマホに猪木の文字が浮かんだ。猪木が通常使っているスマホを使って架けてきている。北から日本に個人的な電話が架けられるはずはない。猪木が国会議員であろうと、どんな土産を持っていこうと、北の思惑なしに、白龍に電話をすることなど出来るはずはないのだ。
    白龍は録音モードにして、電話に出た。
    白龍「はい、白龍です」
    猪木「おお、白龍ちゃん、ちょっと困ったことが起きてね」
    白龍「猪木さん、どうも。今、どこですか?ちょっと電波が遠いんですけど」
    普段の猪木の話は聞き取りづらい。白龍はとぼけてみせて、はっきりと話させようとした。
    北に入った猪木にどんな困ったことが起きているのか?北は何のために白龍に電話をさせたのか?恐らく、委員長は白龍の八卦の技で数日後に息絶えたのだろう。今、テレビに映っているのは影武者、おそらくは鮟鱇だろう。
    鮟鱇は猪木に自分を呼び寄せさせて、兄の敵を取ろうというのか?それとも、誰かが鮟鱇を操っているのか?

  • >>No. 44763

    白龍が去って10日が過ぎた。
    しかし、ニュースの画面には、アメリカを挑発し続ける金委員長の姿があった。
    そして、CIAは北の石炭の流れが異様なことに気づき始めた。
    中国向けがなくなったのだ。中国が国連の制裁に真面目に強力するはずはない。
    また、中国の一部で石炭が不足し始めた兆候もある。
    おそらくは、中国ではなく、北朝鮮側の都合だろうと思われた。
    あの男が動いたのだ。

    いきなり秋になっちゃって、身体が着いていけません。
    アルコールも呑めなくなっちゃってるんで、熱いお茶でも飲むしかないすね。

  • >>No. 44746

    3pでございまするか。
    小生は、いつも朝食用に6pチーズを用意しております。

  • >>No. 44746

    朝9時、そろそろ委員長の到着時刻だ。
    白龍は一人特別室で待たされていた。中世の大公が家族と食事をとるような豪華な部屋だ。
    豪華なしつらえの楕円形のテーブル端に座っていた。恐らくそこは下座で、反対側に金委員長が座るのだろう。
    昨夜安康から仕入れた情報では、金委員長は最近、KGB、モサド、MI6、CIA等の出身者を雇い入れたそうだ。いわゆる斬首作戦を防ぐためだ。しかし、その連中が本当に金委員長に忠誠心を持っているかは疑問だ。
    そんな中で、委員長の信頼を得ているのが、レナと呼ばれるロシア政府から派遣された美人諜報員だとのことだ。金委員長が中国からロシアに乗り換えようとしているのは明らかだ。
    しかし、昨夜の安康の話には秀麗の名前はなかった。どういうことなのだろうか。
    しばらくして金委員長がレナと秀麗を従えて入ってきた。
    金「やあ、白龍待たせたな。ちょうど水爆の実験があってな、大成功だったよ」
    満面の笑みを浮かべた金委員長が白龍の反対側に座り、レナと秀麗がその両脇に座った。
    その後に、8人の比較的若い軍服姿の男たちがテーブルに着いた。
    金「白龍、さっそくで悪いのだが、近くICBMの発射実験と水爆の実験が控えていて、私は忙しい。要件を聞こうか」

    ということで尊師、この後をお願いいたします。

  • >>No. 44745

    2年前の技を掘り起しでございますか?
    体得した技をとりあえず埋めて隠しておいたけど、どこに埋めたかか忘れてしまったとか???

  • >>No. 44737

    白龍「うわっ???なんじゃこの揺れは!!」
    乙姫「あらせんせ、もう呑み過ぎですか?酒豪のせんせらしくありませんわ」
    さより「しっかりなさって。ささ、お呑みください」
    乙姫とさよりは何とか白龍を酔い潰して、安康から引き離そうとしているようだ。
    白龍「お、おお、気のせいか?はたまた、アンコウ殿の魅力に酔わされたか?」
    安康「いやですわ、せんせ。明日には首領様も視察から帰るでしょうから、今夜はゆっくりおのみください」
    白龍「おお、これはありがたいのう。ささ、アンコウ殿も」
    アンコウにシャトー・ビシュエの1990年物の赤ワインを注ぎながら白龍は確信を得ていた。喜び組が接待に高級ワインを使うことはあるだろうが、シャトー・ビシュエはマニアックに過ぎる。癖があるので、万人向きではない。おそらくはアンコウの好みなのだろう。そうして、「首領様が明日視察から帰る」と断言した。委員長のスケジュールを知りうる立場ということだ。この若さで、この容貌でそのような地位を持つ女、選択肢はかなり狭められる。明日、委員長が帰るとすれば、今日中に落して、情報を得ておかねばならない。委員長が帰る前であれば、誰かが止めようとしても、アンコウには逆らえないようだ。
    白龍は、激辛マーボー豆腐をもう一杯所望した。さすがの白龍も、媚薬や精力剤の力を借りずにマツコデラックスを抱く勇気はなかった。
    しかし、さっきの揺れ、明日には委員長が帰るという話、竜宮城では情報は社団されているが、核実験が実施されただろうことを白龍は確信していた。水爆級の辛いマーボー豆腐を注文しようかとも思ったが、くだらない冗談で警戒させてもつまらないので止めた。水爆級は自慢のジュニアだけでいい。

本文はここまでです このページの先頭へ