ここから本文です

投稿コメント一覧 (831コメント)

  • 商船三井<9104.T>は欧州委にカルテルを申告したため、制裁金が免除された。

  • 少しは、トヨタ販売店へ資金を振り向けたらいかがですか。

  • そろそろ、出遅れ銘柄になってください。
    残念です。

  • 出遅れ銘柄にもなれないとは。何とも残念。

  • 黒田日銀のゼロ金利やマイナス金利があるから、なんとかなっているのに、理解できない方々が多いな。
    銀行は、護送船団方式で過去に十分な利益をあげていたはず。その時に、規制があったかもしれないが次の準備を怠ったことが経営の失敗。行員がかわいそうだ。

  • 欧州の価格カルテの制裁金、大丈夫か?

  • 相変わらずですな。

  • 決算を好意的に受け止めているメディア

    IHIは増収営業増益を見通す。北米で遂行中の液化天然ガス(LNG)プラント建設で工事費用が増加するが、航空機エンジンの採算改善や為替の好転などが寄与する。エンジン事業を手がける航空・宇宙・防衛セグメントの営業利益は17年11月予想比40億円増の500億円を見込む。

  • >>No. 499

    110億程度の純利益では、陸、海の特別費用であっという間に消滅。Smbcは、信じていないな。
    IHIさん、アナリストの方々に信じてもらえるように
    視界良好になりませんか?

  • 最高益更新おめでとうございます。
    アルファード、ヴェルファイアハイブリッドの
    密かな値上げは、やめてください。
    安全運転支援は純正ナビをつけないと最高の機能
    がつかえません。ハードもソフトも並列で開発し標準装備するのは当たり前の時代です。ソフトは、常に最新ファームウェアのアップデートで顧客満足度を上げます、IT技術は、トヨタさんは、弱いので開発の価格転化はやめてほしいなというユーザーの声は聞こえませんか?

    世界No1に返り咲いてくだされ。

  • >>No. 485

    資産売却益で、配当金を増やせば株価は上がるでしょう。そういうことすると、これ以上の特損は、発生しないと市場に印象つけられるとともに視界良好となるんだけど。

    もう、売却する資産も4年前と比較してかなり減っているでしょう。

  • 前日比-80円まで戻した時は、決算発表の方法が上手くなったのか感心しました。蓋を開けると前日比-165円です。日経も1500円の-から1000円に戻した。

    後は、レーティングで左右されるでしょう‼️

  • >>No. 473

    儲けないといけない機関が売ってもうけているのでしょう。一旦、さげないとことしの仕込みができないんじゃないの。決算まで240円以上下げる目標は達成。

    早く売っていれば、良かったと思う人も多いとおもいます。先読み先読み

  • ニューヨークを見ると何で下げるかわからない。
    いずれにせよ、視界良好な決算をお願いいたします。

  • トヨタさん、新車やマイナーチェンジする度に30万近く値上げをするのは、やめていただきい。
    安全運転支援は、当たり前です。

    世界販売3位に転落は、ユーザーがどう思うかを基準にしてください。

  • >>No. 449

    当初の期待が。。。海への挑戦が。。。
     ジャパンマリンユナイテッド(JMU、東京都港区)が津事業所(津市雲出鋼管町)で約7年ぶりに液化天然ガス(LNG)運搬船の建造に着手した。4月末にも1番船を進水し、2018年にかけて計4隻を順次引き渡す。数十億円規模の設備投資に踏み切り、リスク管理にも万全を期す。タンク製造を担うIHIと全面的に協力し、LNG船の“玉成”に取り組む。

     700トン吊(つ)り門型クレーンを備える津事業所の新造船建造ドック(長さ500メートル、幅75メートル)。東京エルエヌジータンカー、商船三井から受注した貨物槽容積16万5000立方メートル級LNG船1番船の巨大な船体がその姿をみせつつある。

     所内では2、3番船の鋼材加工、ブロック建造も急ピッチで進み、岸壁の大型ばら積み運搬船を引き渡した後は当面、LNG船一色になる見通しだ。14年春の設計開始から事前検討に2年以上を費やし、建造に備えてきたJMU。

     15―16年度にかけて塗装工場2棟4ブースの新設や、独自のLNGタンク用防熱パネル自動搬送装置などを導入。さらに「将来起こりうるリスク項目を100以上リストアップ」(津事業所所長の小松康夫常務執行役員)するなど工程管理にも細心の注意を払う。

     LNG船は海外製を含めて部品点数が多く、複雑な配管・電装工事を要し、塗装や溶接品質も厳しく問われる難工事。受注額が大きい半面、リスクもつきまとう。手がけられる造船所は限られる。

     ガス船建造を得意とする津事業所だが、今回のLNG船は過去最大。ブランクもあることから、ある程度の”授業料“を覚悟の上だが、ひとたび工程混乱や配員ミスなどを引き起こせば負の連鎖が待っている。

     所長を頂点に部やグループ、チーム、職区、班、個人と組織の末端まで日々の指示が行き届くようにし「2時間単位で確認している班もある」(同)。

    海洋構造物工事で苦しむIHIの“救世主”に

     今回異例なのは津事業所だけで完結しないことだ。進水後にIHI愛知工場(愛知県知多市)に曳航し、同工場のドック内で4タンクを搭載。並行して艤装(ぎそう)作業を進め4カ月後に再び津事業所に戻し、引き渡しに向けた工事を継続する。「ピーク時には150人程度を愛知工場に派遣する」(小松常務執行役員)。

     「SPB」と呼ぶ自立角形タンクはIHIとJMUが開発した国産技術。スロッシングが発生せず、任意の液量を積み付けられる。形状自由度が高く、船体に合わせたタンク設計が可能。製造するIHIにとって、海洋構造物工事で苦しむ愛知工場の”救世主“としての期待も大きい。

     JMUに限らず、造船各社の足元需要は厳しい。海運市況低迷は長期化し、需給バランス悪化から船価に回復の兆しはみられない。

     JMU津事業所ではLNG船、スエズマックス型タンカーなど18―19年にかけての仕事量を抱えるが、先行き不安は尽きない。しかし、いかに効率良く高付加価値船を建造できるかが、造船大手が生き抜く条件になる。LNG船はその試金石といえる。
    (文=鈴木真央)
    日刊工業新聞2016年3月10日 機械面

  • >>No. 441

    IHIでは、航空宇宙を空という。後は海と陸などグループでは言われています。空は好調、今回は海がいかがなものか、そして、アメリカの陸がいまいち。
    空以外に海と陸のどうちらか一方がよくなれば下方修正は無かったでしょう。海と陸の改善すれば、毛利家の三本の矢となり、強烈な企業となるでしょう。

  • 阿部首相さんへ
    おなくなりなった、野中さんを顧みて下さい。
    首相への助言は奥様の役割であり、それに耳を傾ける事は名首相への道です。

    それと、原発で戦争以外で国土を失うのは馬鹿げたことです。原子力も、化石資源と同様です。資源に限りがあります。国家100年の計があるのであれば原子力
    ゼロへのロードマップを作ってください。

    有効期限のある資源、この場合はウランですがいつかはなくなります‼️ モンジュなど再生は安全性は確認できていません。また、原子力の安全性は担保できていない。日立製作所も国の担保がなければ、英国に参画しないでしょう。

    小泉さんのいうことは正論です。

    一国を亡ぼす原子力です、東芝という名門企業がぼろぼろになって当たり前ですね。アメリカ、英国は企業事態が消滅、逃げですよ。何も国民の血税を使って担保する必要はありません。弱い国民に使ってください。

    大企業の経営者のほとんどは、原子力を必要悪としか考えていませんよ。

    阿部首相が宣言すれば原発ゼロを実現可能です。

    現状の原子炉を廃炉する技術は、造るよりハードルが高い。廃炉後の放射性物質をどう処理するのでしょうか?。そても決まっていないから稼働寿命の延期でごまかしているに過ぎないことが事実でしょう。

    小泉元首相、細川元首相は、七回阿部さんに助言しないといけません。

  • 消費税導入前にバブリー気味にしないといけないという国策があります。なので、10000円ぐらい行って下さい。製造業、商社など増益、2018年度も好調とのこと、荷動きが鈍いわけないでしょう。

  • 1500円だったら迷わず購入するんだけど。
    大和証券なんで手数料高いので購入に躊躇するんです。消費税アップ前にバブル気味にしないとデフレに逆戻り。国策上、バブル気味にするでしょう。3000円も夢ではない。

本文はここまでです このページの先頭へ