ここから本文です

投稿コメント一覧 (1958コメント)

  • セックは上がらんけど、大暴落は考えられないから、変わらずが安心だね。ホットリンクは良いけど、以前ホールドしてた新興銘柄株は大暴落、まるで嵐だね。おー怖いねー。セックは好材料のデパートで、増収増益、配当アリ。優良ファンド保有、優良アナリスト高評価。買い理由ありまくり、売る理由全く無し。俺の褒め買いあおりの掲示板に、そう思わないがたくさんつくのがなお良い。損霧貧乏人が多いのが良いね。今日もいい天気なんで、しっかり汗かいて頑張ります。

  • 勿体無いね。今の29万が100万になるかもしれないのに。

  • トヨタ傘下のVC、ロボット分野で企業支援プログラム/本日の物色テーマ
    【ディープラーニング】トヨタ<7203>は米国の人工知能(AI)研究子会社が設立した
    ベンチャーキャピタル(VC)を通じ、ベンチャー企業支援のプログラムを始めると報
    じられている。テーマを決めて協業先を募集し、有望な企業に最大200万ドル(約2億
    円)を投資するほか、実証実験などを検討していくと伝えている。
         しかし セックが一番買われていいはずだが、株は分からん。    
    リアルタイムソフトウェア技術に強み。モバイル端末向や防衛分野、ロボットで開発受託
    【単独事業】
    モバイルネットワーク32、インターネット19、社会基盤システム29、宇宙先端システム20 <18・3>
    【堅 調】
    主力の開発受託は宇宙先端システムに注力し順調増。モバイル端末向けも引き合い多数。車両自動走行やロボット向けの好採算案件も豊富。研究開発費や人件費負担こなし、営業増益。記念配は剥落。
    【ロボット注力】
    3月末受注残16億円強と過去最高。実用化に向けた研究開発案件多数。顧客層拡大も続く。米国現地法人を活用し情報収集、当社技術の輸出など積極検討。

  • 良いね、目先売りたい低能がおって。なんの株でもそうだけど、完璧と思われるセックを上がりそうもないと思ったら1円刻みに売り並べてくる。絶対上がる株を売るとは、短気が多いね。まあー毎日1分1秒でも上がらンかったら売ってくるバカばかりが株式市場動かすからしょうがないね。まアー材料ありまくりのセックは、大暴落は考えられんから資金逃がしには良いね、配当あるしフカ押しは買い増し、さーて仕事しよう。今日もホットリンクは上げてるし、アセットマネジメントいつ動くかねー。楽しみ。

  • すいません。東証一部はあまり詳しくないのでわかりません。ファンドでは無く個人なんで気長に持った方が良いと思います。安い日に安く売らなければ、セックはかなりとれるでしょう。かなりの大口大人がいるのは間違いないので、彼らは、株式市場のタイミング見て上げてきますよ。今日みたいなショボ売りは流してるでしょう。何せ毎日上がる株ないか探しまくってる短気が多いですから、今日の売りもそうでしょう。私は掲示板で一喜一憂しながら、上がるまではホールド、フカ押しは買い増しで行きます。気長に掲示板に書きながら待ちます。

  • 今日は午前中時間あるんで掲示板書いてるけど、セックの社長が、    特に、難易度が高く、高い専門性が求められる「IoT」、「AI(人工知能)」、「ロボット」の3つを主要テーマとし、最新の技術を窮めることに注力していきます。他社や大学、国の研究機関などと連携して研究開発を強化するとともに、オープン・イノベーションを実践し、さらなる企業価値の向上と業容の拡大に努めてまいります。     やて、従業員数271人みんな優秀なんだろうね。社員30人50人とかの会社が時価総額300億や500億見てると、超成長してるセックの株価が3000円とかただみたいに見えるね。今年2倍3倍取った株はみんな俺の買いあおりに、そう思わないばかりだったからセックも必ず暴騰するよ、待ちましょう。

  • 3000円切ったら1円単位で100株200株の売りが10個ならんでる。中々見られん光景だね。こんな出来高無い株でAI株ソフトでも使っているのかな。変なの。

  • 優良ファンドが多数組み入れて、完璧な株なんだけど。今日の地合いといい、株式市場が一番好きな旬の事業やってる会社を下げるように売るとは、分からんね。まあー今年は俺が絶対上げると言ったら全部上げたから楽しみだね。フカ押しは買い増し。大体俺高いとこでは買わないから、まだ下げるかも、すいません。ファンドと違い決算がない俺らは待つだけ、安い時は売ったらダメ。でも驚異的に上がるよ。

  • ここにしがみついている糞はなんで5円10円で売り並べるんだろう。まあ-200株300株のショボ売りで下げるのも情けないけど。ここを下げ売りしたい頭の中見てみたいもんだ。

  • 今日も短気低能の成り売りスタートだね。         モバイルネットワーク、インターネット、社会基盤システム、宇宙先端システムの4つのビジネスフィールドでリアルタイムソフトウェアを提供している。相場テーマ的にはIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、ロボット、自動走行、セルフレジ、AR・VR(拡張現実・仮想現実)、ITS(高度交通情報システム)、防災、防衛、航空宇宙など、まさに材料テーマの塊ともいえる存在。実際、イノベーションが起きるとビジネスチャンスが拡大する業態だ。    と、株式新聞。でも今日も株式市場は1分1秒でもすぐ上がりそうな株に動く。セックも10000円超えんと活況せんのかねー。今日もやるかも詐欺株中心に動くでしょう。情けない。

  • おいおいナスダックが最高値更新なら、出遅れセックちゃんはストップ高なっても良いだろう。本当に思うよ、セックが新興銘柄なら10000円オーバーでも安い。今日も5円10円売りが大量に出るだろうけど、いい加減目を覚ましてくれ。頼むで。

  • おー堅調だ。と、思ったら5円上がったらすぐ売りやて、5円上って売るってそこまで貧乏人いるのー。情けないねー。

  • 10円20円上げたら大事のように売る貧乏人見てると情けないね。株とは分からん、しょぼ糞決算のHEROZ上げる連中、セックをそこまで上げてくれたら億万長者になるんだが。変だよなー将棋ソフト会社がセックより10倍以上価値ある会社かいな。まアー少し我慢してたら爆謄でしょう。今日もホットリンク上げてるし、アセットマネジメントほんと凄いね。

  • 絶対上がる株を売るあほども。絶対上がる株を3000円以下で売るとは情けない。PER、PBR、事業内容、利益余剰金、有利子負債、配当アリ、優良ファンド株主多数。全てにおいて超安心銘柄、売る理由全く無し。新興銘柄のPER100倍200倍とか、PBR50倍とか、AIやるかもとか、IOT、ブロックチェーンも視野に入れてとか、わけわからん業務提携とか、そんなん株を買い上げるバカ多数。新興銘柄で利益出してないところは、ホンマ怖い。今日もその嘘つき詐欺株ようけ上げてる。おーこわ。まあーセックをいつまでも売る低能が消える事願うよ。さーて本業頑張ろう。アセットマネジメントいつ動くかなー。

  • ◎岩井コスモ証券(5段階・A>B+>B>B->C)

     セック<3741.T>――「A」→「A」、2800円→3500円       待ちましょう。

  • 安い日に安く売る、一番資産亡くす。でも本音は、もっと押さないと買い増ししたくないし、上がって欲しいし、複雑な気持ち。アセットマネジメント大量保有のホットリンクは上げてるから、セックも後場上げるかも。日経平均暴落でもアセットマネジメント保有は強いね。

  • おー上げてる、今日も高値更新。

  • さーて上がったら良し、フカ押しは買い増し、どっちでも良いよ。まアー押しても2800円でしょう。新興銘柄超割高糞株買うより資産減らんから気が楽。材料テーマの塊株、3000円なんてただみたいなもん。アセットマネジメントがいきなり大株主、相当浮動株減ってるね。やはり10円20円でも大量に売るあほがおる今が買いだね。

  • セックの証券アナリスト予想
    総合予想 株価診断 個人予想 証券アナリスト予想
    アナリスト予想(2018/07/10)
    強気買い
    3,950 円
    現在株価との差 +915.0 円
    セックの証券アナリスト予想詳細
    2018/07/10時点における、セックに対する、アナリスト判断(コンセンサス)は、強気買い。内訳は、強気買い1人となっています。アナリストの平均目標株価は3,950円で、株価はあと30.14%上昇すると予想しています。

  • モバイルネットワーク、インターネット、社会基盤システム、宇宙先端システムの4つのビジネスフィールドでリアルタイムソフトウェアを提供している。相場テーマ的にはIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、ロボット、自動走行、セルフレジ、AR・VR(拡張現実・仮想現実)、ITS(高度交通情報システム)、防災、防衛、航空宇宙など、まさに材料テーマの塊ともいえる存在。実際、イノベーションが起きるとビジネスチャンスが拡大する業態だ。

     19年3月期の単体営業利益は6億5000万円(前期比4.7%増)、純利益は4億8000万円(同2.5%増)と連続増益の見通し。前期の業績上方修正の要因となったロボットの研究開発案件を中心とした宇宙先端システム分野の好調が続こう。

     期末配当は38円(前期は東証1部市場指定替え記念配当10円を含む46円)の計画だが、2期続けて記念配当を実施しており、増額期待も出てきそうだ。

本文はここまでです このページの先頭へ