ここから本文です

投稿コメント一覧 (100コメント)

  • 新興がセルインメイだね

  • ミクシーじゃなく

    ユナイテッド


    だと思うけど・・・

  • 5桁で売れた人は、神だよ


    そこから先は、博徒の領域でしたWWW

  • アカツキホルダーこそ

    良い迷惑WWW

  • 他銘柄への波及

    必至か?WWW

  • 失われた時価総額600億円WWW

  • まだ気が付いていないのかな?

  • 底打ち反転

    来週から↑


  • 約9兆円に膨らむVR市場!普及のタイミングはやはり?
    ttp://news.mynavi.jp/articles/2016/01/21/bizvr/



    2016年はVR元年になる ?

    2016年は「VR(Virtual Reality)元年」といわれている。米Oculus VRが2012年に発表した「Oculus Rift」の事前予約が始まり、Microsoftも2016年第1四半期に「Microsoft HoloLens Development Edition」の発売を予定。先頃、東京ビッグサイトで開催された第3回ウェアラブルEXPOでも、多数のVR技術を活用したデバイスが披露された。もちろん日本の企業も指をくわえて見ているわけではない。東芝はメガネのレンズ上に情報を表示させる「Wearvue TG-1」を発表し、ソニーも2016年に「PlayStation VR」の発売を予定している。



    ハードとソフトで800億ドル市場の予測も

    VR市場についてはさまざまな意見が出ているが、直近の予測とゴールドマンサックスのアナリストであるHeather Bellini氏の予測を紹介したい。同氏は2025年までのVR市場規模が800億ドル(日本円にして約9兆円)まで成長する可能性が高い、と海外のニュースメディアに述べている。

    内訳としてハードウェア市場が450億ドル、ソフトウェア市場が350億ドルまで拡大する急成長産業として注目しているという。さらにVRおよび「AR(Augmented Reality: 拡張現実)」がビデオゲームやライブイベント、ビデオ視聴など9つの領域に広がり、なかでもゲーム市場は116億ドル規模になると予想した。

  • 【今、この株を買おう】連休に読む5大テーマ(5)AR&VR:ゲームだけでなく建設現場や医療でも実用化が進む


    5月8日(日)16時49分配信 フィスコ
    ttp://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160508-00935001-fisf-stocks


    ARの前提となるVRとはVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略で、仮想現実と訳される。実際にそこに存在していないが、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)などを用いてユーザーの視覚などに訴えることで、あたかもそこに存在しているかのように認知させる技術。航空機のシミュレーターなどがVRに相当する。ARとはAugmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)の略であり、拡張現実と訳される。ARはVRと現実世界を組み合わせることで現実世界を拡張するもの。

    ARは、パソコンやスマートフォン・タブレット端末様々な媒体で利用されている。最近ではカメラを内臓したAndroidやiPhone,iPadなどのスマートフォン・タブレット端末の普及拡大により、多くの人が身近にARアプリを体験できるようになった。スマートフォンをかざすとキャラクターが飛び出したり、有名絵画の説明が表示されたりなど、最近では商品プロモーションや各種イベントでAR技術が使われることが多くなっている。

    米Tracticaの市場予測データによれば、ARを含まないVR市場の規模は、2020年までに約2兆7000億円にまで成長するとされている。そのうち、ハードウェアやアクセサリを除いた「コンテンツ」の規模は約1兆7000億円で、さらに「ゲーム」に絞ると約6400億円規模になるという

  • サイバネットシステムはAR関連銘柄としては一番注目されている銘柄と言える。ともかくAR関連のソリューションが幅広いという点があげられる。

    一つは、「cybARnet(サイバー・エーアール)」というサービスだ。これは、ARコンテンツ作成支援サービスで、開発者は無料お試しが可能だ。有料サービスも月額や従量制になっているので初期費用が抑えられ、申し込みがしやすくなっている。

    もう一つは、「うごくぬりえ」で、これは色付けした、ぬりえ原画にスマホ等のカメラをかざすと、色付けされた3DCGモデルが立体的に飛び出して表示されるようになっているサービスだ。iPhoneを持っている人は、アップストアからダウンロードして利用することができる。

    それと、AR技術の醍醐味のひとつが360度回転させて、パノラマ画像を上下左右から見ることができる技術だろう。パノラマソリューションというサービスも提供していて、スマホを上に上げると、画像を下から見ることができて、下に下げると画像を上から覗いたように見ることができる。

    まるで現場にいるようなリアル感を味わうことができる技術だ。

    その他にもサイバネットシステムは多くのAR関連事業を行っている。イベント向けARソリューションや、バーチャルマネキンなど、ともかくARに特化しているのだ。

    そういったことでAR関連銘柄として再注目されている大本命銘柄といえる。

  • >>No. 484

    >AR&VR:ゲームだけでなく建設現場や医療でも実用化が進む


    ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ
    ttp://www.sony-olympus-medical.com/somed/ja/index.html

  • 【今、この株を買おう】連休に読む5大テーマ(5)AR&VR:ゲームだけでなく建設現場や医療でも実用化が進む


    5月8日(日)16時49分配信 フィスコ
    ttp://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160508-00935001-fisf-stocks

    米Tracticaの市場予測データによれば、ARを含まないVR市場の規模は、2020年までに約2兆7000億円にまで成長するとされている

  • 約9兆円に膨らむVR市場!普及のタイミングはやはり?
    ttp://news.mynavi.jp/articles/2016/01/21/bizvr/



    1. 2016年はVR市場の幕開け

    2016年はVR元年になる ?

    2016年は「VR(Virtual Reality)元年」といわれている。米Oculus VRが2012年に発表した「Oculus Rift」の事前予約が始まり、Microsoftも2016年第1四半期に「Microsoft HoloLens Development Edition」の発売を予定。先頃、東京ビッグサイトで開催された第3回ウェアラブルEXPOでも、多数のVR技術を活用したデバイスが披露された。もちろん日本の企業も指をくわえて見ているわけではない。東芝はメガネのレンズ上に情報を表示させる「Wearvue TG-1」を発表し、ソニーも2016年に「PlayStation VR」の発売を予定している。


    ハードとソフトで800億ドル市場の予測も

    VR市場についてはさまざまな意見が出ているが、直近の予測とゴールドマンサックスのアナリストであるHeather Bellini氏の予測を紹介したい。同氏は2025年までのVR市場規模が800億ドル(日本円にして約9兆円)まで成長する可能性が高い、と海外のニュースメディアに述べている。内訳としてハードウェア市場が450億ドル、ソフトウェア市場が350億ドルまで拡大する急成長産業として注目しているという。さらにVRおよび「AR(Augmented Reality: 拡張現実)」がビデオゲームやライブイベント、ビデオ視聴など9つの領域に広がり、なかでもゲーム市場は116億ドル規模になると予想した。

  • 今日下げるようだと
    マインドが凍るなw

  • えっ?
    割と弱いね

    難しいな

  • 2016/05/07 22:01

    欧州AmazonでPlayStation VRの予約が開始されるも数分で完売
    ttp://www.gamespark.jp/article/2016/03/17/64473.html


    昨日PlayStation 4向けVRデバイス「PlayStation VR」の価格と発売時期が発表され、大きな注目を集めました。欧州一部地域のAmazonでは予約が開始(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア)されたものの、数分で完売となってしまったようです。

本文はここまでです このページの先頭へ