ここから本文です

投稿コメント一覧 (364コメント)

  • >>No. 11968

    >處で、5563ですが
    >そろそろ動き出すんではないですかね。

    そう願いたいと思っております。

    そもそもわし的には、未だに前回の暴落の幅の大きさには驚いているばかりで、その原因とか整合性とかには全く納得できていないのですが、
    その理由がどんなもので有れ、唯々起こった現実に順応しながら対応するより他に術を待たない身であれば・・
    ということで暫し休眠していました。

    所謂情報とかデータとかの類を全く持たない身にして見れば、前回の下げは単純に大口の利食いが働いたものとの感覚が脳内を占めていまして、であれば、業績的には全くと言ってよいほどに下げ要因が無いわけですから、兎に角ジッとしていれば、当初の見込み通りに3000円ラインを越えてキープするものと思っております。

    ここにきて先週辺りから、なんだか動気づいてきたように見えるのが多少なりとも希望を感じさせてくれます。

    他の持ち株の上昇分と相殺しても未だにマイナスではありますが、それも全投資額の1%未満となりましたので、ここらで仕切り直してまいりたいと思っております。

  • 皆様こんにちは

    1月下旬の逃げ遅れ以降、自らの相場勘のずれを払拭すべく季節外れの冬眠に入っていましたが、
    ある人から「団塊さん、東電と板ガラスが吹いたよ、流石やね」と煽てられて、穴から這い出てきました。

    まぁ、確かにその二つの銘柄については期待通りというか予定通りというか、狙いの筋には乗ってきましたが、
    いかんせんわしの主筋は日金属なんで、相変わらずマイナスは大きく、今後の持ち直しも期待は難しいと思っておりますので、
    ちょっとなかなか元気が出ない状態のままです。

  • >>No. 102834

    過去此処に投稿した記事の範囲内で想像すると、ナニちゃんのCPUは多分第3世代か第4世代のはずだから、i5 8400
    に変えると2倍程度の処理能力になるだろう。
    とにかくマザボとCPUとメモリーは三位一体で変えなきゃならんのが、今回第8世代の注意事項だ。
    ケースや電源やストレージは3Dゲームさえやらなきゃ何の問題も無く使いまわしが効くはずだ。
    42インチのTVなら多分フルハイビジョンだろうから、1920x1080で出力できるだろう。但しTVはコントラストがきついから、モニターに転用するときはコントラストを落として使う必要があるぞ。
    たしかそのやり方がネットに乗っていたように記憶しているから調べてくれ。

  • >>No. 102832

    >今はどんなスペックになってる?
    まず、CPUは第8世代 i5 8400以上、マザボはそれが動くインテル370チップセットが乗ったもの、メモリーはDDR4で8ギガ以上、ストレージはSSDで250ギガ以上、OSはWInXてところ。
    予算10万なら上に書き出した下限数字の物でOK、ギリギリおつりが来るだろう。

  • パソコンの館金沢店にWinX対応の内蔵TVチューナーが入荷していた。
    先日、わしが、「最近はどこに行ってもTVチューナーを置いてないね?」と、店員に話したからだろう。
    メーカーはどうやら1社に絞られてしまったようだ。

    税込みで12990円とかなので、購入しなかった。

  • >>No. 102827

    どうやら、まだ間違ってたようだ。
    TVの4kとか8kとかは横軸のドット数の簡易的な呼びであるらしい。
    だから
    >だから4K画面とはフルハイビジョンの1.414倍の縦横比の画面であるらしい。現物は確認してこなかった。
    >結局、8K画面とは3840×2160ドットのことで、其れが分かると8K画面の凄さが改めて実感できた。
    >ちなみにハイビジョンとは1K画面ということになる。
    これは間違いで
    4k画面とは横軸ドット数が4000程度の物を指す。つまりPC的には3840×2160ドットのことで、
    フルハイビジョンの縦横比2倍の画素数となる。
    其れが分かると8K画面はその2倍、7680×4320程度以上の画素数ってことらしい。
    ますますすげえな。

  • 今さらに分かったこと

    これまで全然気にしてこなかったTVの解像度とPCディスプレイの解像度(ドット数)の関係を、
    今日やっとハッキリと認識した。
    ちょっと恥ずかしい気がする。

    PCディスプレイの解像度をドット数表示で認識していながら、
    TVの解像度をドット数表示で認識してこなかったのが穴だった。

    今日、電器屋の展示TVを見ていて気が付いた。
    TVのハイビジョンとは1366×768ドットのことであり、
    フルハイビジョンとは1920×1080ドットのことだと、
    今日まで気が付かなかったとはなんたる迂闊。

    そこで改めて考えてみると、
    フルハイビジョンとは所謂2K画面であり、今日の平均的なパソコン用ディスプレイの最大解像度だ。
    だから4K画面とはフルハイビジョンの1.414倍の縦横比の画面であるらしい。現物は確認してこなかった。
    結局、8K画面とは3840×2160ドットのことで、其れが分かると8K画面の凄さが改めて実感できた。
    ちなみにハイビジョンとは1K画面ということになる。

    近頃のPCショップには8K画面、3840×2160ドットのディスプレイを展示してるところもあるが、
    わしが使ってるOS、Win64ホームはその解像度はカバーしてないから、わしには無縁の物だと、
    今頃ようやく解ったとは・・。

  • 今日解ったこと
    1、PC用TVチューナーカードはほとんど売っていないようだ。
    2、最近の地デジTVは充分にPCディスプレイの代用に成り得る。
    3、地デジTVをPCディスプレイの代用にした場合、録画はあくまでもTVのHDDに行われ、PCに録画することはできない。
    4、地デジTVを代用した場合、1920*1080が上限になるらしい。

    ・・てことなんで、3台目のディスプレイは24型地デジTVか・・・
    ・・AQUOS24あたりが良さそうだ。

  • 色々調べてみると、この5年足らずの間に変わったところが見えてきた。
    SSDにM.2とかいう新しいものが生まれて、マザボに直接挿して使うらしい。シーケンシャル読み込みで従来SSDの4~6倍速いらしいが、ランダム読み込みでは僅かな向上しか望めないらしいので導入候補からは外した。
    メモリーがDDR3から4に代わってるが、他のパーツに比べて意外に進歩が遅い感じはある。只、その割には価格の高騰が大きい。
    CPU の値段がそれほど上がっていない割には、相変わらずグラボが高価だ。まぁ要らんけど。
    有難いのはグラボと内蔵グラの併用が簡単になってることだ。数千円のグラボさえ挿せば4ディスプレイが簡単にできる。3枚目のディスプレイを購入さえすれば使えるようにBIOS設定をし直した。
    今のPCが実際に壊れるまでは延命するつもりで、税込み3650円のサウンドカードを付けた。カーステレオ並みの音が出るようになった。

  • 今月に入って、新PC購入の為の検討(勉強)を始めた。

    なんでも去年の暮少し前からi5.7が第8世代に変わったそうだ。
    それぞれ6コアになった。i7は12スレッドになった。

    わしのPCは2013年夏に買い替えている。その時のi7は3770だから第3世代だ。5年足らずで5世代すすんだことになる。
    要するに毎年型落ちするってことやな。
    重要なのは今回4コアから6コアに変わったってことだ。

    型落ちしようがどうなろうが、取り敢えずはわしのPCは快調に動いているし、能力的にも今のところ何の不自由もないから、インテルの流れなんぞ気にする必要はないんだが、過去わしの使ってきたPCで満5年を越えて使えたものはない。
    つまり、今のPCが今年の夏を越せるかどうかが心配なわけだ。

    で、そろそろ買い替えの準備ってわけだ。

  • >>No. 11776


    >皆様は どのようになったとき二番底とお考えでしょうか? お聞きしたい。

    お答え致します。
    どのようになったとき2番底とか、そんなことは考えもしません。

    株価が崩れた時は只じっとして回復を待ちます。回復基調を確認するまで動きません。考えません。

    前の投稿に書いた通り、値崩れする前の金曜日に、直感が働いたにも拘わらず逃げる行動をとらなかった。自分にとってはその事実が全てで有って、その以後にたとえ2番3番と崩れることが予想できるとしても予想は立てません。只ひたすら回復まで冬眠します。

    長い目で見るとその冬眠期間は良い休養になってます。

  • NYが これだけ大きく下げるというのは やっぱ近々開戦ってことなんでしょうね

    ま こういう時は 当面の損を度外視して見守ります

  • まいりましたね。
    金曜日の引け間際、「・・どうも此処まで調子が良すぎる・・月曜当たりに落とし穴が・・」と、嫌な予感が頭の隅に過ったのですが・・、
    「・・取り敢えず何の裏付けもない只の勘やし・・」と、例の悪い屁理屈で自分を納得させたのが、やっぱり悪い結果につながりました。

    これまで何度も、「当てにならん理屈よりも自分の勘を・・」と、言い聞かせてきたのに・・、
    なかなか自信を持ちきれない自分です。歳は取りたくないものです。

    大和と野村、二つの口座、12月から1月の2か月間の含み益が全部飛んで、含み損に転落です。

    やっぱ、自信は大事です。
    今年は年初から、大きな教訓を体験させられました。

  • ご無沙汰してます
    5491日本金属 予定通り3200突破しました このまま4000圏へ向けての邁進を期待します

  • >>No. 102813

    >みぃ~~んなヨレヨレ・・・

    おいおい わしは元気やがな(笑

  • >>No. 102812

    出たな?(笑
    元気か?  元気なら良い。
    雪はどうか?

  • >>No. 102802

    >カレンダーの裏だと滲みがなくて反対に楽なんじゃ~ないのかしら???

    楽に書けると思います。
    問題は、書は絵ではない(あと繰りをしたり、部分的に修正を加えたりしてはならない)と言うことであって、
    和紙とか画宣紙とかは程良い吸収が有るので、少々の筆致の誤魔化しは効くと言うことです。
    カレンダーの裏は吸収が少なく、乾くと一層のこと筆致が鮮明に残ります。
    筆致の誤魔化しが効かない、見る人が見ると腕の差が歴然とする、と言う点で難しいのです。

    書における滲みは、意図的に滲みをコントロールしようとすれば難題ですが、普通に書く分には滲みが書の障害になるケースは少ないです。
    画宣紙は和紙に比べると滲みが少なく、故に画宣紙なのです。

    画宣紙も、その製造工場の親方の主義志向で工場ごとに滲みの度合いが異なるそうです。

  • >>No. 102803

    >天婦羅、揚げ物の下に敷いてま~~す

    わしも、画宣紙ではない国産の練習紙は、もう使わないので、お坊さんのお菓子の包み紙にしてます(笑

本文はここまでです このページの先頭へ