ここから本文です

投稿コメント一覧 (842コメント)

  • 今日インしたらこれだよ
    全部今ptsで損切りしたわ
    他の利益とんだわ
    増資ばっかしやがって!
    いま流行ってんのかよ?!

  • メガネスーパー社長が初の著書 赤字企業をV字回復させた経営哲学を明かす

    眼鏡専門店チェーンのメガネスーパーを中核企業とするビジョナリーホールディングス(HD)の星﨑尚彦・社長が、初の著書「0秒経営 組織の機動力を限界まで高める『超高速PDCA』の回し方」(KADOKAWA刊)を10月5日に刊行する。

     内容は、倒産寸前だったメガネスーパーの社長に2013年に就任し、16年に同社9年ぶりの黒字化を果たした自身の経営手法や哲学を語るもの。全国400店舗近くを自ら回って改善するキャラバンの熱血指導ぶりや、積極的なM&A(企業の合併買収)による事業拡大はさまざまなメディアで取り上げられた。

     「趣味は会社経営」という星﨑社長は1966年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、三井物産に入社し、スイスIMDビジネススクールでMBA取得。三井物産退社後、スイスの「フラー・ジャコー(FURRER JACOT)」、イタリアの「ブルーノマリ(BRUNO MAGLI)」、アメリカの「バートン(BURTON)」など海外ブランドの日本法人トップを歴任した。アパレルメーカー、クレッジ社長を経て13年にメガネスーパー社長に就任し、17年11月にビジョナリーHDを設立した。同社の18年4月期の売上高は計画比5.6%増の217億円、営業利益は同0.2%増の7億円で、3期連続の黒字化を達成している。

  • 今日はどちらに動くか

    OVERもUNDERも同じぐらい
    均衡が崩れればどちらにでも動く

    買いが死ぬか
    売りが死ぬか

  • 検索数 ランキング1位
    検索上昇率 ランキング1位

    いまだに注目されているのにはどんな意味があるか

    上げか?
    下げか?

  • 抜粋

    取得した周波数帯域は、その30倍(150MHz)であり、CBRSが商用サービスとして利用可能になった時と同じ周波数帯域を使って実験を行うことが可能

    来年の2月16日まで有効であるため、当該免許を使って実験を開始し、免許の有効期限までには商用サービスへと移行できるもの

    本実証実験では、SIMカードの機能等を活用して、セキュリティを確保し、かつ高速かつ低コストでの無線ブロードバンドサービスを提供することを目指します

    既に米国で当社がATM用無線専用線サービスを提供している企業顧客複数社が、具体的なニーズをもって本実証実験に参加することを表

  • 日本通信、米国FCCから周波数免許不要のLTE周波数帯域150MHzの使用許可を取得

  • 上げてはほしいがプラテンはさすがにないと思う

  • 買い機関が勝つか
    売り機関がかつか

  • これだけ材料あって売る方がわからん
    これくらいの動き先見たら誤差も誤差どろ

  • XiaomiとOPPO、5G接続テストを完了。5G端末の登場は間もなく?

    最初の端末は中国勢から出そうです



    山本竜也(Tatsuya Yamamoto)

    1 時間前 in mobile


    次世代の移動体通信規格である「5G」ですが、日本では2020年、海外では2019年にも商用サービスが開始される見込み(カタールでは見切り発車的にサービスが開始されています)です。それにあわせ、各スマートフォンメーカーも5G端末の開発を本格化させており、8月初めにはmotorolaが5G対応のmoto modを発表しています(ただし発売は2019年)。

    Xiaomiに先立ち、日本でも端末を販売するOPPOは、8月末に5Gの接続テストが成功したと発表しています。このテスト、10MHz帯域幅のLTE Band 5と20MHz帯域幅の5G NR n78を連携させた、3GPP Release 15のNSA(Non Stand Alone)規格に基づいて行われたとのこと。端末はOPPO R15に5GモデムX50を組み込んだテスト端末が使用されています。

    なお、3月には5G端末の開発を促進するための業界団体「5G Device Forerunner Initiative」が発足。XiaomiとOPPOもこの団体に参加するメンバーです。他にはSamsungやHUAWEI、Vivo、HTCなども名を連ねており、これらのメーカーからも年末にかけて5G対応のテスト、そして対応端末の発表があるものと考えられます。


    日本では商用サービス開始が2020年ということもあり、まだ先の話と感じていた5Gですが、世界ではもう間もなく商用サービスが本格スタートしそうな勢いです。5Gのスタートに向け、世界初の5G端末をリリースするのはどこなのかも注目していきたいところです。

  • ではとりあえず
    S高でw

  • 「5G」の料金体系も課題

     総務省が大手3社に直接携帯料金の引き下げを強制するのは不可能で、実際に着手できるのは、携帯大手とMVNOの競争促進策が軸になる。

     当面は、MVNOの接続料金の引き下げや、中古端末の流通促進、SIMロック解除など、これまでの方針を具体化させる方向で検討が進むことになりそうだ。

     ただ、従来の議論を繰り返すだけでは解決はおぼつかない。総務省は、端末料金と通信料金の分離を進めるために0円端末の規制に踏み切ったものの、その原資が通信料の値下げに回らず、結果的にユーザー負担が増加するという失策が続いている。

     情通審は、来年12月の最終答申に向けて、携帯事業の競争政策を幅広く議論するが、折しも次世代通信「5G」が20年にも実用化される節目のタイミングに当たる。特に5Gの料金プランを適正な水準に設定することは今後の重要な課題で、そのためにも今の携帯大手の料金高止まり問題には、抜本的なメスを入れるべきだろう。

  • 日本通信

    検索数 ランキング  1位
    検索率上昇 ランキング  1位

  • 高速定額プラン

    今回のニュースで情勢が変わったら


    キャリアと同じスピードがでて
    1980円。
    使い放題。

    どうですか?

  • 検索数
    ランキング2位
    注目されてますね、
    明日動きますね


    売りで入った人は、、、、、、
    まぁ言うまでもないか、、

  • 日本通信 b-mobileは株式会社NTTドコモのネットワークとソフトバンク株式会社のネットワークを利用しています。
    各社のサービス提供エリアでご利用になれます。

  • なにこれ?
    無視リストが連投してる。
    無視してるいみ無くなるからやめてくれ。

  • もし「通信料金が4割値下げ」という事になれば、携帯電話会社はコストであるショップへの支援を辞めていくだろう。すると街中からキャリアショップが減り、いざという時に対応してもらえなくなってしまう。

    つまり、4割値下げというのは、あまりに現実離れした、幻想のような話なのだ。4割下がれば、ショップ網は減り、ネットワークの品質も落ちていくだろう。

    菅官房長官の4割値下げには期待せず、自ら行動を起こして、格安スマホに乗り換えるといった行動に移すのが賢明だ。

  • あと5分でどんな手を見せてくれるのか

本文はここまでです このページの先頭へ