ここから本文です

投稿コメント一覧 (741コメント)

  • 翌四半期以降に検収が予定されている仕掛案件の中に特に大型のものが2件含まれており、この分の収益が当四半期においては未反映であるために売上高および利益は前年同期の値を下回っておりますが、受注金額においては事業計画値通り推移しております。

  • 日経


    働き方改革の切り札として、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)に注目が集まっている。PCを使った定型的な作業を、ソフトウエアのロボット(ソフトロボ)によって自動化する技術だ。

     当社でも米オートメーション・エニウェアのRPAツール、Automation Anywhereを使ってソフトロボを導入し、PCの定型業務を自動化。現在までの取り組みでは、人事総務部門で130時間/月、財務などの間接部門で300時間/月のPCの定型作業を削減することができた。現場担当者は、社員が働きやすくするための企画業務など、本来取り組みたかった仕事により多くの時間を割り当てられる成果を得ている。

  • 現在のRPAの進行状況は5段階のうち第2段階

     今後の展望として高見氏は、RPAの拡大が5段階で進むとの見方を示した。第1段階は「PoCとパイロット運用」であり、既に一巡した状況にある。現在は第2段階の「適用対象の拡大」が進行中で、効果を見ながらRPAの適用業務を拡大していくとともに、トレーニングを通じて、社内人材の育成・確保を図っている。

     早いところでは、第3段階の「複数部門・複数会社展開」に進行している。ここでは、ガバナンスやセキュリティ、運用体制などが主要な論点になり、業務・IT横断的な組織と、取り組みがより求められる。

     第4段階は「RPAの確立」で、グループ内におけるRPAの安定稼働のプラクティスが確立され、OCR(光学文字認識)など他のテクノロジとの組み合わせにより、業務自動化の領域拡大を図る段階であるとした。その先の第5段階は「Virtual Workforce」になり、さまざまな業務の中にRPAが組み込まれ、内製化・ロボットの中央管理とともに、人間とRPAとの協業が進むという。また、この段階が一般的になる頃には、「Robotic-as-a-Service」の提供、RPAと人工知能(AI)の組み合わせなど、RPAサービスや機能の進化も実現するとした。

  • まあとりあえず無視リストにして
    表示しないようにした
    しゃべり方がキツクてかなわん

  • おさるがいなくなれば
    上がるから
    いなくなるだけでいい

  • おさるが出ると下がる
    喋りかたもキツい

  • >>No. 211

    ナイス!
    rpa導入企業は爆発的に増えている。
    という、うちの会社も検討中。

  •  4時間前 ニュース 


    長時間労働の改善に向けての取り組みも。水産加工品製造のスギヨ(七尾市)は一日の生産予定量を実際の生産量が大きく上回ると残業時間が増えると分析。部門間の連携強化やITツール活用などで計画通りの生産を目指す。繊維機械製造の津田駒工業(金沢市)は、定型の事務作業をソフトウエアが代行するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)で間接業務の削減を検討する。

  • 第一生命HD、2100人分の事務業務を削減へ

    2018年04月07日 19時54分

     第一生命ホールディングスは、2022年度までの5年間で約2100人分の事務部門の業務を削減する。

     契約者の名義変更など3000業務の入力作業を自動化する。人員削減はせず、成長分野に配置転換することで競争力を高める。

     18年度から実施する新たな中期経営計画に盛り込んだ。「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」と呼ばれる業務効率化ソフトを営業成績の作成など約90業務に導入したが、対象業務を大幅に拡大する。

     自動化によって浮いた人員は、保険と情報技術(IT)を組み合わせた「インステック」や、海外事業などに再配置し、成長性の高い分野を強化する。

    2018年04月07日 19時54分

  • 単純作業を7割削減、リクルート RPA導入拡大 

    日経産業新聞 2018年4月6日

    リクルートホールディングスはデータ入力などの単純作業を自動化する「ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)」の導入を拡大している。

    自動化する作業の種類を2018年度末までに現在の1.5倍に増やす。RPA導入で単純作業にかかる時間を7割減らせると見込む。従業員は創造性の高い仕事に集中できるようになる。外部企業からの引き合いがあれば販売も検討する。

     ウェブマーケティングなどを手掛ける子会社のリクルートコミュニケーションズ(東京・中央、リクルートCO)が中心となってグループのRPA導入を推進する。18年3月末までにグループ各社の約90の業務を自動化した。これを19年3月までに1.5倍の130~140に拡大する。社員を創造性の高い作業に集中させるほか、残業の削減など「働き方改革」にもつなげる。

     導入するRPAでは自分が使いたいシステムを選びクリックすると、インターネットを経由してリクルートCOのサーバーに接続。要求した作業がサーバー上で完了する。作業時間は人手の場合と比べて7~8割削減できるという。サーバー側でシステムを更新するため、従業員は常に最新版を利用できる。

     RPAはソフトウエアの一種で、データ入力などの定型作業を指示通りにこなす。リクルートHDでは複数のソフトウエアで形式の異なるデータを、表計算ソフトなどに打ち直す作業のほか、収集したデータからグラフなどを用いた経営リポートを作成する際にRPAを導入している。文章校正や名刺管理にも活用している。

     RPAは膨大な単純作業を正確に素早くこなせるため、働き方改革の手段として注目されている。リクルートCOの小路聡マネジャーは「小さな手間の積み重ねを無くすことで、クリエーティブな作業に集中してもらえる環境をつくる」と話す。自社グループでの効果を検証し、将来は外販も視野に入れる。

  • 損切り大切

    泥沼は底がない

  • 今頃返答きた

    お世話になります。
    お問い合わせの件につきましてご回答いたします。
    現時点においてTCSホールディングス様との関係に変更はございません。
    また、この開示につきましては、内容をTCSホールディングス様に
    ご確認いただいた上で開示を行っておりますことを申し添えます。
    今後につきまして、変更がございましたらすみやかにお知らせいたしますので
    よろしくお願いいたします。

    株式会社ジェクシード IR担当


    IRで出た通りの回答だがな

  • ちょっと上がると倍下げられる
    しかも無理やり

  • 資産-12パーセントやられた
    くそ株

  • もう耐えられん
    売り

    お疲れさまでした

  • ビープラッツよるなよ
    売らなきゃドンドン上がるんだから
    ホールド

  • 今日からまた買うか
    そろそろきそうな動き出そうだし

  • 日本におけるRPAの市場規模は5年後に1000億円程度になると見ている。

     1000億円というと、ERP(基幹業務システム)やマイクロソフトオフィスなどのデスクトップ製品と同程度の市場規模だ。RPAはこれらと同レベルの重要な経営基盤ツールとして企業に浸透し、さらにAIなどと連携することでその市場規模は加速度的に成長していくと考えている。

本文はここまでです このページの先頭へ