ここから本文です

投稿コメント一覧 (415コメント)

  • 米国の金利上昇と日本株の出遅れ銀行株への買いの資金が回り始め、
    地銀株も上昇波動にきている。アップダウンでどこまで「筑波銀行」株も上るのか、
    ここはじっくりの場面ぞよ。

  • ☆祝・「白銅」年初来高値更新 2,588円(1/5 11:27)

    しこりはなさそうだ、とするとこれは青天井への栄光の架け橋だ !
    じっくり行こうぜ右肩上がりで。

  • >>No. 265

    > 軽く越えたねー

    その通りだね、軽く2,500円突破してしまった。

  • ☆祝「白銅」年初来高値更新 2,499円(1/4 13:44)

    いよいよ2,500円の大台突破へ、ここら辺でしばらく揉むのか、
    それともジリジリの右肩上がりとなるのかは関心事。
    11年前のしこりが残っているのか相場が教えてくれよう。

  • せめて2017年の今年、2,017円は付けて欲しかった。
    来年に期待 ! では有るが、1.600円~1,800円のボックス波動を、
    突破して行って欲しいぜよ。

  • 「白銅」日足は再度の株価右肩上がりのシグナル。
    11/10に付けた2,488円突破に向けた波動に乗りつつある。

    この価格帯は2007年1月前後に2,500円付近で半年近く揉んでいる価格帯。
    もしここまで「白銅」持っておられる方がおられたら戻り売りが当然出るが。
    どれほどの方が所有されて来ているかは不明、機関投資家がいるのかどうか。

    ので、2,500円を突破したら上昇は拍車がかかるかも、
    もちろん非鉄金属の相場、産業機器関係企業の設備更新などの動向が「白銅」収益に
    寄与しないとチャートなど絵に描いた餅だが。わしは期待は十分と見とる。

  • 「優先株」が完全償却されないうちはダメだろ。

  • > EDINETに変更報告書が出てるね。提出者は銀行等保有株式取得機構。オリコ株を1.36%処分。
    > これを見て初めて気づいたけど、大株主の日本トラスティ信託口の正体はこれだったんだね。てっきり年金資金だと思ってたのに逆に強烈な売り要因だったとは衝撃。
    > オリコ経営陣はこの残り8.66%を躊躇なく自社株買いすべきだ。そして優先株を少しでも早く消却することで外国人や機関投資家の投資対象になろうとすべき。現状では全く相手にされてないことに気付け。

    p45*****さん、上記引用の情報ありがとうございます。
    それで気になるのは、銀行等保有株式取得機構の買取した株式の処分の要件です。
    HPで見てみると、
    「『買取りした対象株式等(株式、受益権、投資口)の処分』
    以下に掲げる事項を考慮して株式等の処分方針を定め、当機構が別に定めるところにより選定する受託者に、株式等の処分方針の範囲内で処分させるものとします。
    •機構の損失発生を極力回避すること。
    •処分時期の分散に配慮すること等により、機構の対象株式等の処分が対象株式等市場に与える影響を極力回避すること。」とあります。

    ここの中にある「•機構の損失発生を極力回避すること」を単純に受け取ると、
    「オリコ」の株式をこの時期に処分(売却)するのは「損失」を回避することとは、「オリコ」の株価が
    さらに下落する可能性が強いと見て、買い値より下回る前に処分(売却)に動いているのかと、
    どうなるか分かりませんが、黙って自己責任で自分の考えで対応をすればいいのではと思う次第です。

  • >>No. 232

    > >銅を輸入しているからです。
    > >輸入業者は円高時に儲けが大きくなります。
    > >逆に円安時には儲けが少なくなひます。
    > >
    > >輸出業者は逆です。
    >
    > 代わりに回答ありがとうございます。
    > 私もそう考えてます。

    「白銅」の販売品の多くは国内の製鋼所から素材などを購入(仕入れ)していて、それが原価と言えば原価、
    むしろ銅などの国際価格(ロンドンの市場価格と為替の変動)が製品の国内価格に連動して反映されるので、
    先に製鋼所から購入していた在庫の銅、アルミなどの価格よりも市場価格(円安分など含め)が高くなれば、
    「白銅」の収益は増加することになる。

    2017.3月期の「白銅」決算報告書を見ればそのようなことが書かれていると思うが。

    あと、少し前に引用した「神戸製鋼所問題」に対する「白銅」のHPでの発表文見て下さい、
    >神戸製鋼所に 問い合わせたところ 、弊社 が取り扱 っている 標準在庫品 (アルミ板・ 管棒および伸銅品 )につきまして は、 今回報道されている ような 不正は行われていないことが確認できました 。また、 過去に 神戸製鋼所 から仕入れた 製品に関しまて も、 現在までに不正が行われた事実は確認されてお りません。<

    とあるように標準在庫品については不正は行われていないと確認説明している訳で、国内の神戸製鋼所から仕入れていると(それは輸入していないと)分かるのでは。

  • >>No. 226

    どうして円安だと「白銅」の業績がマイナスに動くと思われるのですか?

  • >>No. 221

    > ここは神戸問題大丈夫ですか?
    > 大口取引先だとおもいましたが?

    10/10に「白銅」は下記の内容をHPで発表しているよ。
    >この 度は、神戸製鋼所から発表がありました品質データ不正 問題に 関して ご心配 をお掛けしてり 、誠に申し訳ございません。 神戸製鋼所に 問い合わせたところ 、弊社 が取り扱 っている 標準在庫品 (アルミ板・ 管棒および伸銅品 )につきまして は、 今回報道されている ような 不正は行われていないことが確認できました 。また、 過去に 神戸製鋼所 神戸製鋼所 から仕入れた 製品に関しまて も、 現在までに不正が行われた事実は確認されてお りません。今後も 引き 続き同社からの 情報の収集に努めてまいります。< 引用は以上。

    神戸製鋼所の問題に関係無いのは明確のようだ、
    「白銅」株価の右肩上がりはもう暫くは行くんでないの。

  • 「筑波銀行」9.12からの株価ジリ上げ基調は11/1に年初来高値417円を付けた。
    今日(11/2)は利食いもあり少し下げているが、暫くは上げ基調が続くかも。

    米国の利上げムードもあるが、地銀のこれからの在り方が問われている。
    「筑波」がどう生き残るか株価は何かを暗示して上げに入っているのかも。
    暫くは持続一貫。

  • 今日(10/18)の「小野薬品」このニュースで上げたのね、

    >(10/17 モーニングスター) 小野薬品工業 <4528> が反発、一時61円高の2648円まで買われた。17日、FDA(米食品医薬品局)がオプジーボの適応を拡大するための生物学的製剤承認一部変更申請を優先審査の対象として受理したと発表し材料視された。
    今回の生物学的製剤承認一部変更申請は根治切除後の再発リスクが高い悪性黒色腫(しゅ)患者の治療薬として行われた。オプジーボが優先審査の適用を受けるのは今回で7度目。< 引用は以上

    「オプジーボ」の適応拡大は今後日本、米国、欧州などでどんどん進むと思う。
    ロイヤルティ収益などで小野薬の増収、増益が続いて行くことを期待だ !

  • >>No. 870

    おっしゃる通りですな、但し「米朝戦争」のリスクはやめて欲しいが、
    貴殿の言う選挙期間のお決まりの上げの後の調整気配濃厚ではある。

    それに加えて今日始まった中国共産党大会が終わると、景気刺激のために行って来た
    不動産投資や投資資金の供給などが減り景気減速の可能性が言われていて、中国の景気動向も気になるし、
    日本市場では、ヘッジファンドなどの年後半の45日ルール(つまり12月中旬前の45日頃からの益出し売り)
    と言われる時期に同時に入ることになる。

    わしは総選挙後の10/23の週からの調整があると思い、今年最後の買い場かもと
    身構えておるぞな。但し北朝鮮リスクは偶発の可能性ありでいつあるかは分からん。
    いずれにしても「スバル」調整の後の株価頑張りに期待しとるのよ。

  • ☆祝・「白銅」本日(10/17) 年初来高値更新2,243円(9:38)

    達成後利食いに押されているが、いよいよ新たな高みに進むことだろう。
    ここは暫くは持続一貫 !

  • > 2億7千万円の買いインパクトとは、
    > どれほどのものでしょうか?
    > 今日、現在までの売買金額、約2億3千万円強ですね。

    9/15から15日間平均金額で市場から普通株を買い上げていれば、ご指摘の通りの金額に。
    2億7千万円の買いインパクトはこの間の「オリコ」の株価の動きの通り、
    15日間で計150万株程度(1日平均では10数万株程度)の影響はあまり無いのでは。

  • 「白銅」の株価は「13週移動平均線」と並行的に上昇して来ている。
    株価の上昇が早いと反動が大きいので、少し調整して(一休みして)から
    さらなる高みへの株価上昇、というのが望ましい。

    ここのところはエネルギーを溜めている所といえる。
    年初来高値更新はこれからだ。

  • 「オリコ」は8/25日に「業績連動型株式報酬制度」の詳細決定を発表。
    9/15~10/6までの期間に株式給付信託(BBT)として市場から普通株式を取得する。
    取得資金として信託金額 270,000,000円 (2億7千万円)
    取得株式数の上限 1,680,000株

    その期限がいよいよ明日 10/6だ、前に指摘している方もいるが、単純計算では平均株価は約160円、
    この期間そこまで株価は低下していないが、低空飛行はしている。
    もしかすると、そのくびきから解放されて反転上昇に行ったりしたら、実に分かりやすいチヤートになる。
    そうしたら、やってくれるね「オリコ」君 ! だよ。

  • やはり1,800円が近づくと株価跳ね返されとる。
    しかし、そのうち売りが一巡んすれば1,800円突破して2,000円を伺うように
    なるかも。上期の決算発表と期末の見通しが予想を上回ればいよいよでは、
    それまでは我慢の子よ。

  • 「塩野義」本日(10/3)の株価上昇は前場右肩上がり、いい調子だ、
    そろそろ「インフルエンザ薬」のニュース出る頃ではある。

本文はここまでです このページの先頭へ