ここから本文です

投稿コメント一覧 (1456コメント)

  • >>No. 50421

    ああ。
    それは御愁傷様でございました。
    24年かあ。凄いものだ。たまらんなあ。
    うーん。僕は面倒みきれなさそうだなあ。
    医療費が壮絶という気がする。
    やっぱ猫は無理だなあ。

  • >>No. 50413

    マカロンかあ。
    オーブントースターで、少ない材料で気軽にできるふんわり系のお菓子はなんだろう?

  • >>No. 50383

    > アメリカ産の食物
    > は女性は食べた
    > ほ~がい~って
    > ことかしら~~
    > ~~~~~ん?

    思春期以前と閉経後の女性は、ホルモンが少なく、バランスが崩れているので、食べたホルモンは蓄積される。
    乳房や子宮に蓄積されやすく、蓄積すると癌ができやすくなる。
    卵巣摘出後にホルモン補充療法をすると、乳癌の発生率が高くなる。

    ホルモン依存性癌=乳ガン、子宮体癌、男性は前立腺癌、精巣癌、性器が小さくなる

    男性ホルモンも女性ホルモンも、下垂体は一緒に認識するらしい。
    すると、もうホルモンは十分だからと、つくらなくなる。

    繁殖用の雄牛には、ホルモン剤は使わない。
    受精率が下がるから。

    EUは、アメリカからの食品輸入を厳しく拒否している。
    消費者の反対運動が激しいから。
    豚肉=抗生物質耐性菌
    穀物=残留農薬
    作物=遺伝子組み換え=腎臓、肝臓、乳房に腫瘍

    そんなことが書いてある。

    (1980年代の事件)イタリアやプエルトリコ、フランスではホルモンの残留する牛肉を食べた幼児に乳房が大きくなったり、体毛が生えたり、初潮の始まりが報告
    http://rate.livedoor.biz/archives/50516970.html
    http://www.sweetnet.com/milk.htm

    『1歳女児の胸ふくらむ、3歳で初潮』恐怖の中国肉【成長促進剤】
    https://matome.naver.jp/odai/2141005909721481301

    しかし、この手の研究は不足している。
    巨大な圧力と共に、人体実験ができないからでもある。
    わからないということは、怖い。

  • >>No. 50350

    > おっそろし~哲学
    > ~~~~~ん

    真実は、人を傷つける。

  • >>No. 50352

    > > 名古屋講演の際に上原元市長に挨拶したら、全国のあちこちにお仲間がいるんですね、と言われた。

    > こっちのほ~~が
    > すんごいことよ~ん

    極左過激派は全国各地に津々浦々に配備されている。

  • >>No. 50353

    > 政治家になったらど~かしら~~~ん?

    たまに言われるのだが。
    選挙や落選期間の生活費を考えるとそう簡単ではない。
    議員生活そのものは、毎日遊んでるようなもので。
    決して労働者ではなかろう。

  • >>No. 50362

    >食料不足から、

    というより、早く出荷できるようにするためらしい。

    今日は、カレー用スパイスをたくさん買ってきた。
    スーパーに普通に売ってた。
    水彩絵の具の混色のようで、これは、はまりそう。
    いかに、中国製やアメリカ製、化学調味料を使わないか。

    ハイミーは好きでじゃんじゃんかけるときがあるけどね。

  • >>No. 50372

    >私のにも今からでもホルモン注射すると大きく育つでしょうか。

    んー。アメリカが使っているのはエストロゲンで。 この場合は小さくなるのではないでしょうか。
    胸は膨らむかもしれません。

  • >>No. 50261

    > 国産量子コンピューターがはじめて開発されましたぁ・・・・(^^♪

    2050年までには開発されると予言されていたが、早かったなあ。
    量子コンピューターでは、1+1=2という計算は、家庭用電卓より遅い。
    量子コンピューターは、1+1と1+0と0+1と0+0を同時に計算するので、答えが4つ出る。その中からどれが正しいか選ばないといけないからである。

    量子コンピューターによって、素因数分解を利用した公開暗号は解読されることになる。
    よって、量子コンピューターのチップは軍事機密となる。
    アメリカに天井知らずの超高値で売るか、日本独自の情報調査機関を設立して世界を牛耳るべき。

  • >>No. 50313

    > ヘルプ嬢とりこ嬢がな、入社試験を受けたんや。
    > ハッピー試験官「2人とも10問中9問正解でしたよ。当社はりこさんを採用します」
    > ヘルプ嬢「2人とも同じ正解数なのに、何故私が落とされるのですか?」
    > さて、どうしてやろか?

    そんなこと答えて大丈夫なのか?

  • >>No. 50337

    みんな。この本が凄いぞ。
    これ読んだら、外食ができなくなった。
    読んだ直後、外食で味噌カツ定食を食べたが、気持ち悪くなった。

    昨夜は美少女が遊びに来て外食の予定だったが、外食は気持ち悪いので寿司の出前をとった。
    猫マグでマリアージュフレールの紅茶を飲んでいるのが、その美少女だ。

    しかし、チェーン店の出前専門の寿司屋だったので、危険性は低いとは言えないだろう。
    地元市場で仕入れをしている店を探さないといけない。

    前にアメリカ人のラスティーが、TPPでアメリカから日本に毒が輸出されるのだと言っていて、いまひとつピンと来なかったが。
    既に、抜き差しならないところまできている。
    肉はなんとか避けられるが、小麦が駄目だ。

    餃子を自分でつくるより、出来合いを買ったほうが安いなあと思っていたが、これからも自分でつくるしかない。

  • >>No. 50336

    名古屋ではマンション建設をめぐって、昨年、冤罪逮捕事件が発生し、公判が続いている。
    検察の唯一の物証は、監視カメラのハイビジョン映像。

    先日21日には、映像の鑑定書を書いた法医学者(骨関節専門)がの証人尋問が行われた。
    年間200件ものビデオ鑑定をして法廷に慣れている法医学者だが、何度も「被告人」と「被害者」を間違えそうになって苦労していた。
    事前の打合せでは、法医学者は、暴行したのは被害者のほうではないか、と言っていたのだから無理もない。

    また、物証としての被害の「診断書」は、検察側は証拠提出していない。(提出していたら暴行罪ではなく傷害罪)
    弁護側は、診断書の矛盾等の専門家の意見書を用意していて提出するも、検察側の「不同意」で取り下げている。(ここらが刑事裁判の不可解なところ)
    証拠は被害者本人と目撃者の証言のみ。そして、その証言は、先の証人尋問で、曖昧であることが暴露されている。特に目撃者の証言は証拠価値なしと目されている。

    若い裁判官が、はたしていかなる判決文を書くのか見もの。
    http://hakuryu-mansion.jp/page05.html

  • 元国立市長、上原公子氏は21日、延滞金を含む総額約4556万円を完済した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000011-mai-soci

    僕らがはじめた基金は、後半かなりペースが落ちたものの、市民による「1万人の会」によって到達した\(^o^)/おめでとうございます。
    名古屋講演の際に上原元市長に挨拶したら、全国のあちこちにお仲間がいるんですね、と言われた。

  • >>No. 50312

    > ボ~村長「オチンダ、成人になった証として、3つの儀を執り行わなければならない。
    > あそこにテントが3つある。1つには鷲がいる。その爪を切ってくるのじゃ。
    > もう一つにはライオンがいる。その牙を抜いてくるのじゃ。
    > もう一つには不感症の女がいる。その女を昇天させるのじゃ」
    > オチンダはテントの一つに入ったんや。激しい羽ばたきが聞こえると、オチンダが出てきて、ボ~村長に鷲の爪を渡したんや。
    > オチンダはもう一つのテントに入ったんや。痛がる声が聞こえると、オチンダが出てきて、
    ボ~村長に牙を渡したんや。
    > オチンダは最後のテントに入ったんや。オチンダの呻き声と遠吠えが聞こえたんや。
    > オチンダが出てきてボ~村長に昇天させたことをつげたんや。
    > ところがオチンダが3つの儀を執り行ったにもかかわらず、ボ~村長はオチンダが成人したことを認めなかったんやて。どないしてやろか?

    これは簡単だ。
    オチンダは、トウガラシを村長に渡したし、
    オチンダは、自分の歯を抜いたのだし、
    昇天したのは女ではなく、オチンダだったからだ。

  • >>No. 50311

    > カミヨ氏「ものすごくやな奴に会ったら、お前ならどうする?」
    > ダテオ氏「無視して逃げるね。そりゃそうだろ」
    > そのあとダテオ氏はなんと付け加えたんやろ?

    ダテオ氏「本当のことを言う奴なんか、信用できるはずがない」

  • >>No. 50088

    > 来年のお年賀は、

    どうせ味なんかわからないんだから、
    気に入らないやつを送るか、
    それとも、良いのから順に送るか?
    ここは、思案のしどころ。
    よくできたのは、あとあと参考になるから残したいのだよね。

    「恭賀新年」のハンコつくって押すだけでいい。
    少し石を彫りはじめたが、ちょっとほったらかし中。

  • >>No. 50057

    > カミヨンはやってきたこと全てがプロといぅのが
    > すごいですねぇ・・・・・(^^♪ 才能の塊ですぅ・・・・♪

    いや。仕事なんてものは、その位置にさえいれば、たいていはできるもの。

    しばらく描いていなかったのだ。
    ハガキに描きだしたのは、つい先月から。

    このところ使っていたのは、アクリル絵の具。
    なんとなく飽きたので、ファーバーカステルの36色色鉛筆を買った。

    これまでは水性色鉛筆が主だった。
    1本買いしてたスタビロのカーブオテロ・パステル水彩鉛筆やカランダッシュの水性12色だった。

    調子こいて、透明水彩もホルベインの18色のを買ってみた。
    これまでは、透明水彩はW&Nの4色のみ。
    僕は、3原色派だが、だんだん混ぜるのが面倒になってきたのだ。
    いろんな絵の具の素材の色を楽しみたいというのもある。

  • >>No. 49899

    > やっぱカメラマンは、絵も上手なんですかね?

    さっき思い出したんだが。
    僕は、イラストのプロだったことがある。
    地方の雑誌の挿絵に、線画や水彩画を描いていた。

    四コマ漫画を描いていたプロが、「デッサンの基本はできてるわねえ」と、のたもうた。
    よく仕事をとられなかったものだと思うが。

    よく考えてみれば、当時はライターとして自分の仕事をとられないように、
    イラストは、1枚2~3千円と言いながら、
    情けないことに、写真やイラストをぶっこみ値段で割安サービスをしていた。

    単独で発注したら、かなり金がかかるところ。
    僕はスケッチブックごと渡して、好きに使えってやってたから、
    編集者は喜んだ。
    しかし、そのうち、その雑誌は廃刊となり、僕は路頭に迷った。

    その雑誌を別の編集者が見て驚いて、
    「これだけの仕事ができるなら、東京に出たら十分に食って行ける」と太鼓判を押した。

  • >>No. 49910

    > 本日は人間ワンワン🐶でした。

    そういやあ。リコは毎年、バリウム飲んだって投稿してるな。

  • >>No. 49932

    > ロールシャッハ
    > みたい~~~ん

    芸術はみな、ロールハッシャテストのような投影によって鑑賞する。
    芸術にかきらず、哲学的には、あらゆるものが主観的なものであると言われる。

    でも、そんな鑑賞者の主観を排除するような空間をみせる芸術がある。
    禅の心というのか。空の心というのか。
    存在の地平を感じさせる作品を、僕は目指している。

    ボー先生がよくご存じだと思うが、
    精神異常をきたしている患者の絵画は、とても素晴らしいものがある。
    これはまた、ちょっと違う感覚が前面に出る。
    感受性が飛び跳ねているというか。

本文はここまでです このページの先頭へ