ここから本文です

投稿コメント一覧 (191コメント)

  • はい、すいません。


    昨夜の代表のニュージーランド戦、小林祐希氏が途中出場で ゴールこそあらねど、その動きが、チームとボールの動きに緩急つけて 前へ向かっていく場面が続くようになって
    チームにゴールも生まれましたし、評判も良いようで、嬉しいですね。




    代表の背番号10は キックの名手、水色の俊さんになればよいのに・・
    むすったれたれしないで、縁の下の力持ち的な働きだってしてくれるでしょうに。

  • >>No. 7698

    はい。

    自分に不相応に急激な速度で強くなったチームは、同じくらいの急激な速度で落ちてゆくもんなのかな? あそこのチームとか こっちのチームとか 国内外を問わず
    なんて ずっと前から なんとなくですけど 思っていましたが

    ここの監督さんも、どこかのインタビュー記事だかで
    同じようなことを言っていたのを どこかで読んだ記憶があります。

    サッカーの事は誰よりもよくわかっている監督さんが、ど素人の私と同じ事 考えてはったんかー あら畏れ多い・・・ なんて かしこまってしまったりして。
    はい。

    ジュビロの強化スタッフは急激なジャンプアップは望んでいないらしい、とか、さるライターさんが書いていた記事もありましたし。

    ユースの成長から、クラブハウスの充実から 、医療環境の整備から、地元からの応援とか、色んなことが地道にでも、良質なものになっていくと良いですね。少しでも、故障者の出にくいチームになっていってほしいものです。

  • >>No. 3655

    デナリでラーメンご飯 は、酔狂で食べてるのではなくて、もちろん、非常食として1番 手頃だからです。生きるか死ぬかのボーダー上で、必死の食事です。
    私の言葉が足りませんでしたのう。
    で、寒さ対策としてバター浮かべて食べてました。

    やはり、バター乗せラーメンて、寒さ対策の必需品なんですね。
    温暖な地方に住む人間が 楽しんで食べるものではないのですね・・・




    どちらかといえば、私は ハリルホジッチは面白がって見てる人間です。

  • 訂正

    平出和之

    平出和也

  • デナリ大滑降 観ました 〜〜
    あれは斜面ではない、絶壁だ。というしかない 絶壁を滑りおりてんじゃないですかー

    昔話の ひよどりごえ とか ロードオブザリングの 二つの塔 の ヘルム峡谷の合戦とか
    ファンタジーの世界の中だけの話かと思ってたものを

    ところが本当に現実にやってのけるひとがいるのですね。


    あそこまでやるもんなんだ。

    あの山で亡くなってしまった人も居るし

    頂上でテント張ってラーメンご飯を食べてから
    スキーで滑り降りる人もいるし
    (大変な苦労をしながら)

    山との付き合い方も 色々いろいろあるのだなあ

    撮影スタッフに平出和之さんの名前がありました。田中陽希のグレートトラバースの撮影でも名前が出てる人でしたね。
    あの撮影した人こそが 凄いことやってのけたってことで、
    とにかく感嘆するばかりです。

  • #12502 は私が 一度 投稿しましたが、どうにも言葉足らずな内容でした。

    お見苦しいことになってしまいましたが、削除しました。



    本当に、このチームは靭帯の妖精から 何か恨みをかうようなこと あったんでしょうか。
    まさに、これからという時にねえ。

  • ここ しばらく 怪我が多いなあと思いますよね。やっぱり。

    なんなんだろう?何が原因なんでしょう。
    それとも、自然発生的な、どうにも避けられないことなんでしょうか。

  • 背番号18 の 小川航基さん。


    うむ。

  • >>No. 7685

    康裕さんは、あの鹿島戦でスタメン復帰して地道に守備も頑張っていて
    またスタメンで試合に出続けられるかなーと期待していた矢先に、負傷してしまった。


    長期離脱かー



    不憫だな。

  • 雪が融けて川になって流れていってしまいますね・・
    北海道産じゃがいも の昨年の不作により、ポテトチップスが消えてしまいそうとか。北海道の農業の行く末も心配ですね。

    いや、心配ですね、って人ごとみたいに言ってしまってもなんの役にも立ちはしないですね。


    さて


    おんな城主直人ら直虎は、前回などは逃散とか徳政令とか、銭主とか、日本史中世史の教科書とか
    中公新書の経済史分野に出てくるような用語を使ってみてドラマに作れば、こんな感じよね、て雰囲気の、タイムスクープハンターや歴史ヒストリア再現ドラマみたいな内容でして。
    私はこういうドラマ好きなんですけど、
    しかし大河ドラマぽくないって不満を抱く人も多いのだろうなー視聴率は低いんだろうなーやっぱり
    でしたね。

    私は
    長い目
    (^ _ ^)で見守ろうと思いますけど。


    朝ドラひよっこ にしましても、高度成長期の農村の日常生活を接写した、これまたタイムスクープハンターぽい内容で、私は好きなんですけどね。視聴率は安定していないようですね。

    東京オリンピック称賛の国策ドラマだと言ってしまえばそれまでなんですか、やはりNHKはNHKだし。

    でも、あの頃の時代の光と影、特に影の部分も描いていこうとする方向が無くもないらしく、そこは長い目
    (^ _ ^)
    で見守っていこうと思いますです。


    長い目ってより 横に長い顔 になってるな。


    窪田正孝主演の4号警備ってのがNHKで始まりまして、窪田正孝がアクションかなり頑張ってました。

    昨夜からのCRISISってのでも

    (これはフジテレビではなくて関西テレビ制作です)

    小栗も西島もアクション頑張ってまして、

    別の所で綾瀬はるかもアクション頑張ってたし。

    スタント専門ではなくても、普通にスター俳優の皆さんもアクション

    (アクションのみならず発声もスタイルも表情筋も)

    を努力してくださるってことが当たり前になれば
    というか 事務所が強力だから、ではなく真面目に努力してる役者さんでなければ画面に登場できない。
    ってのか当たり前になれば、国産ドラマはもっと面白くなっていけますかなー
    なってほしいねえ。


    スレ違い話で、お邪魔しました。

    これから来る梅雨と夏の天候が、あんまり酷いことにならないように。
    (ー __ ー)

  • >>No. 7682

    七さん、お気の毒でした。

    って「お気の毒」という言い方は違うか。
    J2の頃に「お気の毒でした」としょっちゅう言ってましたが
    あの頃よりは絶望感は薄いです。


    プロスポーツって、やる方も観る方も大変だな。しんどいな。
    いつか味わえるであろう歓喜を夢見て信じて、はや幾年月・・・

    なんて独りごちてないでー
    長ーい目
    (^ _ ^)
    で見守っていこう。

  • ドラマの話です。

    精霊の守り人の昨夜の放送などは面白かったですよー

    Jリーグタイム見てないし。
    いやはや。さてさて。

    綾瀬はるかと鈴木亮平のアクションが素晴らしかった〜

    八重さんと西郷どん ですな。
    というかNHKも意識的にあの2人の見せ場を作ってるなとは冗談でなく、本当にそう思います。

    綾瀬はるかのアクションが格段に上手くなっていて、なんかのアクションの賞を受賞したとかで。良かった良かった。
    真木よう子もアクション上手いですね。セリフ読みは棒読みで棒読みでまあ、どうしようもないんだけれど・・
    ああいう確実にアクション出来る俳優さん特に女優さんが日本でも増えていって、
    チャーリーズエンジェルみたいなの国産で出来ないかな。とかローグワンみたいなのも国産で見たいですねーなんて願望ですが
    日本ではファンタジーとかSFとかアクションものも、あまり受け入れられないのかな、やはり。あと女性の俳優はなんだか「見下されてる」のかなやはり。
    しかし、国産ファンタジーが映画でもドラマでも、もっと増えてほしいと切に願う
    SFファンタジーおたくの私であります。

    精霊の昨夜の回は変てこな奇天烈な人たちがドドっと登場して、そのキャスティングが面白かったなークリス松村とかサンド富澤さんとか。なにあのバカ息子は〜
    で直虎では脳筋の奥山の息子を演じて居る平山さんが精霊では背中にヒレがあるイグアナ海賊
    (なんだそれ?と思われるでしょうが私は見たままを話しております)
    の造形が面白かったー
    精霊の衣装はデザイン過剰の自己満足って気がしてたんですが
    昨夜の回は
    なんだか脳筋アクションコメディータッチのヒャッハー少年ジャンプ風で受け入れやすくなってました。

    脳筋といえば、真田丸に続き直虎でも三河・遠江の武士は脳筋単細胞集団という描写ですが
    あれ地元から苦情こないんですかね?

    まあ、本当に脳筋単細胞だよなー

    今でも・・・


    もひとつ、NHKの公募シナリオ大賞とかなんとかのドラマ化でイモトアヤコさんの主演の放送してましたが、イモトアヤコって良い役者さんですね。これは将来が楽しみじゃ。

  • もう冬は去りゆき 春が当たり前の顔して隣りに居る。

    私が少し知ってる、ある標高の高い場所に在るスキー場は、毎年ほかのスキー場が雪不足でも、
    そこだけは確実に滑れるってスキー場なのに、それが昨年の初冬には雪不足でオープンが遅れてしまいました。あのスキー場が雪不足だなんて、と今シーズンはどうなることやらと心配でしたが
    急転、大雪強風になったり、まともに積もったといえば積もったんですが
    それが今度は、強力冬型が頻繁にあって、一晩でドサっと積もって除雪圧雪が間に合わない、強風で一部リフト運転休止とか、それどころか暴風雪で全面営業休止とか、それがちょうど土日に当たってしまってとか、
    そんなことが何回かあるシーズンでした。結局のところこの冬を通しての積雪量は例年より少し多いかな、ではありますが
    やはり天候の変化が両極端に触れやすくなってるのかなー?
    という感じです。
    冬スポーツてのがこれから先は「気候変動」とやらで何かと不安定になってしまうかもですね。
    別の、私が少し知ってる、市街地の裏山みたいな場所にある、小学校の課外授業のスキー教室なんてんで賑わう小さなスキー場は

    そこも今シーズンの初めは雪不足でしたが この冬を通してはまともに営業できてました、

    そこは、3月には土日祝日のみ営業になっていて、それもこの連休で今シーズンの営業は終了です。明日までですね。

    過度な雪不足とか雪が降り過ぎ積もり過ぎとか、あまり極端な天候気候にはなってほしくないですね。地方都市の街の生活が成り立たなくなってしまう。

    おろおろ歩き、 鞍掛山の雪ばかりなり。

  • 精霊の守り人の第2期は内容が良くなってるです。色々と向上しています。

    主役のアクションが上手くなってるし、主役の子供時代の、あさが来たの おふゆちゃん がセリフ読みも表情もアクションも良いですねー槍さばきが本役よりも上手いくらい。

    アスラ役の、八重の桜と あさが来た の主役の子供時代やってた子役さんの演技が凄まじいです。ありゃースゲーっすよ。

    ディーンさんと壇蜜さんも、まあまあ良ろし。

    朝ドラと被ってる人が多いのが気にはなりますですけど。



    しかししかし 真木よう子のセリフ棒読み
    あれはなんなんだ〜〜ひどい。

    東出さんのセリフ棒読みが気にならなくなるくらい、東出さんなんてマトモな方じゃんさーと思えるくらいに、真木よう子のセリフ棒読みがひどい。ひど過ぎる。

    アクションと表情は流石に上手いので
    声だけでも、誰か上手い声優さんに吹き替えてもらうとか出来ませんかのう?

  • ボロミアの中の人がニセコに居たんですかー
    え〜えええ〜〜驚き桃の木・・気になる木

    ボロミアの中の人は王立演劇学校を出ていて スケッチが好きでガーデニングが趣味で
    4回 結婚して
    4回 離婚して

    てなことしか知らんかったな。スキーにニセコまで来る人だったんだ〜


    あの人はドラマの中で、とにかく死んでしまう役が多いと言われていて、で真面目に英国俳優のドラマ内で死んだ役の回数ランキング調べた人が誰かいて、そしたら実はジョン・ハートが1番、途中で死んでしまう役が多かったてのがありましたな。

    それが、本人が本当に亡くなってしまいました。

    こないだ裏切りのサーカスBSプレミアムで深夜に放送してたなーあれはシブい英国俳優の総ざらい棚卸しみたいな映画だった。

    ジョンハート死去のニュースが出た直後の放送で、本当にタイムリーでタイムリーで。悲しくなるから見なかった。

    昔から、なんか映画とかドラマでも観ようって思って、ひとまず英米系のを見ると、いつも何処かにジョンハートが居たな。静かに確実に。

    エイリアンで最初に殺されてしまう乗組員で。

    エルロンドさんがガイフォークスやるやつでも殺されてたっけ。
    ヘルボーイの育ての親の学者さんで、あれも死んじゃってた。
    ジャームッシュの久々の映画で古参のヴァンパイア?!やってた。
    ソンガンホの、列車が雪原を永久に走る映画で裏切り者やってた。どこかでジュピターだかゼウスやってた。
    他にも言わずもがなの、あれとかこれとか。

    で疲れたから、ほのぼのファンタジーでも見ようかとBBCのマーリンなど見てみるか・・・と、そしたらドラゴンの声がジョン・ハートだった・・


    アラン・リックマン(柔らかな美声で)とジョン・ハート(シブい美声で)と、
    どんどん去っていってしまうなあ。



    私は美声に弱いんでして。

    寂しいねえ。

  • ニセコでガイド人とかスキー民宿のオヤジさん。

    twitterとかfacebookとかやってたら、教えてくださいねー




    なあんて、フクロウさんはそのテのは縁がないでしょうね。やってたとしても、こういう場所では公表しないですね、きっと。



    お邪魔しました。

  • 筑波大学の三年生の中野誠也が加入内定
    て、

    香川真司に顔が似ていて

    磐田の下部組織出身で、もう磐田に来るんだろうなーって本人もそれ以外も思ってたでしょうけど、でも早いですねー
    まだ三年生なのに。


    FWの数が足りない〜って文句を言う者どもへの早々に出された答えがこれなのですかいな・・

    プロとしての経験が皆無なのはやはり不安ですけれど、ここは静かにジーッと見守っていくしかないらしいですね。はい。
    黙って見守るです。

  • きのう、ヤマハスタジアムで、JFLヴィアティン三重との練習試合が行われたそうです。
    2ー0でジュビロ磐田が勝ちましたが、連携は本当にまだまだの様子です。

    松井大輔と中村俊輔の2人が並ぶ布陣が最初の最初に
    監督さんが言うところの
    「ファンサービスで2人を並べた」布陣が見られましたが
    監督も俊さん自身も、連携は全然ダメだった、と言っています。
    キャンプで連携を深めていきたいと俊さんの言葉がありましたが、2週間のキャンプ期間で、どこまで連携を深化させられるのでしょうか。

    やはり、俊さん中心のチームにするのでしょうか。そこで固まってしまうのでしょうか。
    誰が中心というのでもない、全員が動いていけるチームにしていけるのでしょうか。

    今は、もちろん、あの中村俊輔が磐田に来てくれた〜♪
    と、とても嬉しいです。こんなにスポーツニュースを見るのが楽しみなのは久しぶり。


    でも、だんだん熱気も冷めて現実が見えてきて、
    それが当たり前のことですね。
    キャンプが始まり終わり、開幕戦も近づいてきます。
    いつまでも浮わついてもいられないですね。

    このチームの出来ること出来ないこと、冷静に見つめていかなければなりません。


    FWは、頭数が少なくないのかなー大丈夫かなーと、やはり不安です。監督は小川航基の成長に大きな期待をかけているようですが、小川は不在の期間も長いでしょうし。
    期待しながらも、不安は拭えません。

  • 新加入さん達の記者会見。


    松本昌也さんは、いいツラ構えしてますね。



    以上です。

  • 訂正

    2代目 邦史郎ではなくて

    普通に、中川邦志朗 さんでした。
    亡き 林邦史朗さんが興したプロダクションを継ぎました。


    すいませんでした。

本文はここまでです このページの先頭へ