ここから本文です

投稿コメント一覧 (40コメント)

  • >>No. 343

    >平成6ねんからずっとですよ

    本当に泣きたいぐらい嫌な思いをしているのですから!!!

  • 2018/12/17 23:49

    >>No. 342

    ④  つづき

    T,A歯科医さんの所で、一年余り続いた治療が終わるころ、
    T,A歯科医さんに治療中、耳元で告られた。

    私はその場で即答でお断りした。
    「ここへは遊びに来ているのではありませんから」と やさしくお断りした。

    T,A歯科医さんは さっとあちらへ行かれた。
    あちらから振り向いて私をじっと見られた。私は逃げ場がなかった。

    その後T,A歯科医さんは私のことを、事実と違うことを言っておられますが、違うことは違います。
    T,A歯科医さんのでっち上げの嘘で、私がリアルでどれ程嫌な目に合ったか分かりますか。

    平成6年からずっとですよ。

  • 2018/12/17 18:55

    >>No. 341

    ③ つづき

    T,A歯科医さんの所で根っこの治療も終わり、いよいよ抜歯をすることになった。

    私は抜歯はS,S歯科医さんが口腔外科専門なので、S,S歯科医さんの所で受けたいから、
    「S,S歯科医さんの所へ逆紹介状を書いてください」と言ったら
    T,A歯科医さんは「治療はこっちで、抜歯はあっちでとなるとややこしいから
    全部こっちでします」とおっしゃり、患者の申し出は断られた。

    そこで、T,A歯科医さんの所で抜歯をしたら、痛いし苦しいので患者が足をバタバタして
    苦しんでいるのに、T,A歯科医さんは、エッヘッヘーと言って笑ってらっしゃる。

    T,A歯科医さんは、ご自分は痛くないから、患者が痛がってるのを見るのが喜びなのか?
    聞きたい。本当に当時を思い出しても腹が立ってくる。

  • 2018/12/17 18:17

    ② つづき

    T,A歯科医さんを紹介してくださったのはS,S歯科医さんです。
    S,S歯科医さんは、「T,A歯科医さんの所へ行って治療を受けるよう」にと言われたのが平成6年。
    私は何故かいつもピーンと感が働くので、直感的にいやだと感じたところへ行くと
    後でろくな事にはならないので、「T,A歯科医さんの所へは行きたくない」と断り
    「お茶〇〇で治療を受けたい」と言ったら、
    S,S歯科医さんは「お茶〇〇よりT,A先生の方が上手だから行きなさい」とおっしゃった。

    私は気が進まなかったけれど、紹介していただく立場で、わがままは言えないと思って
    しぶしぶ T,A歯科医さんの所で治療を受けることを承諾した。

  • テキストリームが終わるので、事実を書いておこう。


    話は変わりますが、私は生まれてから少し前まで、ずっとずーっと幸せ路線を歩いてきた。
    ところがある時を境に、訳の分からない事に巻き込まれた。

    それは平成6年T,A歯科医さんを紹介されて、T,A歯科医さんの所で歯の治療を受けた時から始まった。
    T,A歯科医さんは一般の歯の治療は大変お上手で、めんどくさい根っこの治療を丁寧にしてくださる本当に良い先生なんです。それは感謝です。

    所が抜歯は専門じゃないみたいで、特に麻酔が苦手でいらっしゃる。
    抜歯の時、ちょっと麻酔しては抜歯に取り掛かり、こちらが「痛い」と言うと
    また麻酔を追加して抜歯の続きをし、こちらがなおも痛いので「痛い」と言うと
    麻酔の追加、追加となる。

    抜歯が終わったころに、こちらは意識がもうろうとして、帰り道、駅のベンチで一時間休憩して、フラフラになりながら家路についた。

  • 一気に冬に突入。
    今日は風が冷たく十二月は、雑用や年賀状など年中行事で忙しい。

  • >>No. 334

    今年の四月から十一月下旬まで治療に通ったが、良くならない。

    M,I 歯科医さんは多忙すぎるから、いつもご機嫌が悪い。

    もっと患者を減らせばよいのに。

    機嫌が悪い、いつも怒ってる歯科医さんに診てもらうのは、患者もいやだ。

    そしたら来なければよい?

    だから二度と行かない。

  • milafillさんは、村〇春〇さんと、川上未映子という人が、
    憎くて憎くて〇したいほど憎いらしい。

    milafillさんは、ご自分は他人に考えられないぐらい酷いことを書く癖に
    他人がmilafillさんの事を何か大したことではないことを少しでも書いた人には、
    「〇してやると」おっしゃる。

    恐ろしい性格のmilafillさん。

    milafillさんは、村〇春〇に対し、愛と憎しみで気が狂いそうになっていらっしゃる。

    心で村〇春〇を感じつつ、他の男と再婚するカス女 milafill。

  • >>No. 294

    milafillさんは、早く私にあやまりに此処へ来なさいよ。
    そのまま誤りもしないで、ネコババするつもりですか?

    人生で一度も出会った事もない milafill さんのせいで、
    こちらはリアルで大変な目に合ったのですから、その責任は取ってもらわないと。

    milafillさんはカスのカスの最低のカス女。
    こんなカス女で ろくでなしの milafill さんと再婚する男性は
    よほど女性に持てない男性でしょうね。

    以前青森の持てない男性がアニータさんに騙された事件がニュースになっていたが
    milafillさんと再婚する男性も、騙されて利用されて、milafillさんに
    ポイされる身の男性ですね。 お気の毒に。

  • >>No. 317

    鼻つぶしに掛かって来られた時の20分前の受付女性二人の会話。

    受付女子A子さん・・・「これ知らせたら、なにか起きたらどうしよう」

    受付女子B子さん・・・「まさか。大丈夫でしょ」

    名前呼ばれて私は中に入っていった。

    受付女子が二人で話していた「まさか」が的中して、顔面鼻骨つぶしに掛かって来られた。

    と、言うことは、あそこの人達は、鼻骨つぶしする例の人は、
    何か気に入らないことがあると悪事をやる性格の人だということを、
    同じ職場の仕事仲間の人達は知っていたと言うことだ。

    その人は何か勘違いしておられませんか?

    そちらは技術を提供しておられる。
    それに対して、こちらは技術料として、金銭を支払っている。

    無料でやってやっているとは、思っていらっしゃらないと思うけれど
    うぬぼれるのも、度が過ぎていらっしゃる。

    腹立つからと言って、他人の鼻骨をつぶしに掛かる権利は、貴殿にはない。

  • >>No. 330

    リアルで明日予約日だけれど、もう絶対に、あそこには行かない。

    反省なさいませ。

  • ボジョレーヌーボーなんて全然美味しくない。

    本当にコクがあって美味しいのは年代物だ。

  • 毎週楽しみにしているのが、NHKのすてきにハンドメイド。
    手作り大好きだから。

    きれいに仕上げるには、メガネをかけないと
    細かいところが、きれいに出来ているか心配。

    早くメガネが掛けられますように。

    鼻骨痛が早く治りますように。

  • >>No. 326

    鼻が痛くてメガネが掛けられない。

    他の人には気づかれない位置で、こそっと顔面つぶしに掛かって来られるとは、驚きだ。

    顔の怖いお方は、性格も怖いことが、実証された。

  • >>No. 294

    milafillさんは、ここに来て、私に謝るように、以前から言ってるのが、まだ解らないのですか。

    早く私に謝る事ね。

    まさかこのまま、ネコババするんじゃないでしょうね!!!

  • >>No. 327

    私は初対面で、その人の70パーセントはピーンと感じ取れる。
    相手の行動に関係なく、初対面でピーンと感じる第六感が正しい場合がほとんど。

    SS歯科医さんは初対面の時、誠実でまじめな人と感じたけれど
    その感じ方は、今も変わっていない。

    SS歯科医さんが悪人だとは、どうしても思えない。

  • 二十年間、いやがらせ、され続けた。
    そのためモーレツなストレスで、耳が聞こえなくなった。

  • >>No. 324

    遊びに行っているのではない。

    用事で行っているのは、そちらの皆さんも分かっておられる。

    他人が誰も気付かないように、顔面つぶしにかかられるとは、恐ろしい。

  • >>No. 317

    あれから約一週間過ぎたが、まだ鼻の骨の痛みが止まらない。
    鼻骨にひびが入ったか、鼻骨の微小骨折。
    何しろ鼻骨が痛い。

    私に言いたいことがあるなら、はっきり私に直接「これこれしかじかで腹を立てている」
    とおっしゃれば、こちらも誠実に答えられるが、私の知らない捏造話を真に受けて、
    勝手にお怒りになって、私に、だまって攻撃なさるのは、ひどすぎる。

    怒る相手を間違っていらしゃる。

    こちらは信用して行っているのに、もう二度と行かない。

本文はここまでです このページの先頭へ