ここから本文です

投稿コメント一覧 (5288コメント)

  • >>No. 323

    mei*****さん、うまくやったわね♪

    >これで持ち株は1.5倍に。
    >さてストップ安で買った分はどうするか?

    さしあたりガチホでしょう。
    S安で買った分は、今後爆上げして”お祭り”になったときに高値付近で売り抜けるといいと思うわ。

  • 高値で爆買いして毎日狂ったようにカキコしてたおじちゃんいなくなっちゃったね。

  • >>No. 189

    風と空気さん、うまくやったわね♪

    ちょっとした小遣い稼ぎになったわね。

  • >>No. 115

    うんうん、そんなにIR悪くないのに狼狽売りやってるね。

    ここは買いのチャンスでしょう♪

  • 風と空気さん、こんばんわあああああああああああああ♪

    元気ちてた?
    いろんな株いっぱいもってんのね♪
    ソースネクストガチホしとくと騰がるわよ♪

  • 信用買いや全力買いしたおばかさんはしょうがないけど、高値で買った人は売り煽りに騙されちゃダメよ。

    悪材料が出て将来的に経営がさらに悪化するのでしたら損切りすべきでしょうけど、決算報告をよく読めばそんなに悪くないし、将来的には大いに有望なんですからとりあえず塩漬けにしておけば今年中にはおいしくなるわよ。

    株価がどんどん落ちていく可能性はほんの一時的ならともかく、信用買いした人が投げてもすぐ買いが入って来るから落ちても10%程度。引けでは5%ぐらいしか落ちないと思うわ。

    売り煽り投稿やってる人って安く買おうとしてるだけなのよ。掲示板でいくら売り煽っても株価には全く関係ないのにね。おばかさんなのよw

  • mei*****さん、こんばんわ♪

    >明日は買い場ですね。

    うんうん、株メディアは決算報告を売上や経常などの単純比較だけで評価して内容など吟味していませんからね。投資家もそれを鵜呑みにして騙されちゃうんですよ。決算はそんなに悪い決算ではありませんし、むしろ予想どおりで報告書の内容はポジティブなところがたくさんあります。

    ですから無謀な投資をしてるおばかさんがパニックになってるうちに買うのがいいと思いますね。あの報告内容だと、しばらくするとどんどん騰がっていくと思いますね。期末決算は業績下方修正を出していませんから期待できるだけでなく、同時に発表される来期予想は非常に期待できます♪

    >当方は今日、現物の半分をつなぎで信用売りしました。
    >現物を売ってしまうと、税金で2割以上持っていかれるので、
    >明日下がっても、同数を買い戻せません。

    これは常套手段ですよね。含み益がたくさんあるときは現物を売れば少々株価が下がっても税金を取られるので買い戻せないし、仮に買い戻せても取得コストが上がるから得策ではない。それに株価が逆に騰がれば電車に乗り遅れちゃいますよね。繋ぎ売りだと裏目に出ても売った分だけの損失を払えば取得コストをそのままですから被害は少ないですからね。

    長期ホールドするときは額面取得コストをできるだけ上げないようにするのが大切です。含み益が減る時は100万円減っても実際は80万円弱の損失です。含み損になると損切ったときは、確定申告して3年以内に取り戻せないと丸々損失になっちゃいますよね。

    >みんなが投げるときが買い場です。

    そうそう、おばかさんが投げる時が買い時ですよねw

  • うんうん、みんな悪決算だってわーわー騒いでるけど、決算報告書の内容をよく見てみるとそんなに悪い決算ではないわよ。

    『株探ニュース』など株メディアは売上や経常などの数値を過去と単純比較してデタラメな評価をしてるから、みんな騙されてんのよ。

    ポケトークは日経新聞で新製品ランキング第一位を獲得しているし、通訳専門家の間でも高い評価を得ているし、すでに大量の注文が来て製造が追いつかない状態なんですから。

    ただ、企業や飲食店やホテルなど業務用が個人向けより優先されているし、営業用のばあいは、恐らく無料で一定期間試験的に利用してもらってその後本格的に購入してもらうというようなやり方をやってるはず。そのほうが結果的には売り上げを伸ばせますからね。

    莫大な宣伝広告費用を使ってるし、ソフトやアプリの販売を犠牲にして社員をポケトーク販売に動員させてるはずでしょうから、売り上げや経常利益が減って当然でしょう。

    明日は信用取引や一気買いで無理なポジションを取ってる投資家が「株探ニュース」などのメディアのいい加減な情報や評価でパニックになって大量の狼狽売りをしてくる可能性が高いですね。

    買いのチャンスですけど、信用買残りがこんなにあれば、買い方はあせって飛びつくようなことはやらないでしょう。「特売り」になれば指値をどんどん下げていって無謀な投資で高値掴みしている連中を締め上げて十分安くなってから一気に買いを入れて作戦に出ると思いますよ。

    買いのタイミングがむじゅいですけど、明日は特売りで株価は最初は下落していくでしょうけど、買いが入って来る後半はどんどん上昇していくと思いますね。

    終値は500台後半ぐらいになってると思いますよ。たぶんね。

  • しきちゃんが言ったとおりでしょ♪
    株価が騰がると決め込んで無理な”一気買い”や”全力買い”、”信用買い”をやればひどい目に逢うかもしれないって。。。。

    今回の決算報告はそんなに悪くはありませんし、当然予想される結果だと思いますね。
    セキュリティソフトなどに期待して購入したなどという投稿もありましたけど、ばかげていますね。

    ソースネクストはポケトークのIRで株価が3倍になったのです。ですから今後の株価の行方はポケトークの売れ行きにすべてかかっていると言っても過言ではないのです。

    会社側も当然ポケトークに社運を賭けて全力投球してきたわけですから、PCソフトやスマホアプリの販売実績が落ちるのは致し方ないことです。

    それに会社初のハード製品の販売で、販売後に致命的な欠陥が明らかになったりしてリコールのリスクがありますから、一度に大量に製造すると産業廃棄物の山になる可能性がありますから、少しずつ販売量を増やしていくしかないのです。

    それに販売は法人や飲食店などの組合などが優先されますし、販売先もまずは試験的に購入して使い勝手をみてから大量購入するでしょうから、すぐに大量の注文がでるわけではありません。

    今回のIRの内容をよくみれば、ポケトークの発売は大反響になって注文が殺到して製造が追いつかないということが書かれていますから報告書はポジティヴに受け止めるべきです。

    ソースネクストは100人程度の小企業ですからポケトークの販売促進に多くに人手を使い、広告宣伝費用で多額の出費つまり投資をしているのですから、経常利益の低下をネガティヴに受け止めるべきではありません。

    しかし市場関係者、とりわけ個人投資家は売り上げや経常利益ばかりで判断する人が大部分です。多くの企業が売上高や経常利益を伸ばしている中で、売上、経常ともにマイナスだとネガティヴに受け止められてしまうのは仕方ないことです。

    しかしそれは無理な投資をしないならば底値付近を狙って押し目買いのチャンスです。

    あたしは分割前に@721円で50,000株購入して800円台後半で20,000株を売却してリスクを軽減して現在分割前で@652円で30,000株、分割後で表せば326円で60,000株保有しています。さらに購入したときはキユーピーをダブルスコアにしてそれを売って買ったのですから、実質の購入株価は@181円ぐらいなのです。ですから株価が暴落しても安心して保有できますし、底値付近で買い増しするチャンスを狙っています。

  • ”禁煙ファシズム”で現在では「喫茶店」が全面禁煙なのが当たり前の時代。喫煙者に対する非喫煙者の目線はまるで「薬物常習者」のようで犯罪人扱いですね。

    企業だって喫煙者は差別的扱いをされて居づらくなり仕事に支障を来して禁煙を余儀なくされている人たちもたくさんいます。それにタバコにかかる税金も狂ったように騰がっている。

    ですからJTの経営が悪化するのも無理はありませんよ。

    そこまで愛煙家を冷遇、排撃、嫌悪するのはまさに”禁煙ファシズム”であんまりだと思いますね。

  • 株探ニュースが『利益成長”青天井”銘柄リスト第二弾』として39社を挙げ、しぐマクシスを第5位に位置付けています♪
    -----------------------------------------------
    上振れ率トップは耐火物メーカーのヨータイ <5357> 。10-12月期(第3四半期)は世界景気の回復を追い風に、鉄鋼や非鉄、電子部品向け耐火物の受注が大きく伸び、経常利益は前四半期の過去最高益を94.6%も上回る13.3億円に急拡大して着地。業績好調を踏まえ、通期の同利益を2.4倍も上方修正し、従来の減益予想から一転して過去最高益を更新する見通しとなった。

     2位のゴールドウイン <8111> は主力のアウトドアブランドでダウンジャケットなどの防寒衣料の販売が好調だった。直営店の売上拡大や発注管理の強化などで採算も改善し、4四半期ぶりに過去最高益を更新した。3位の日本エスコン <889> は分譲マンションなどの販売拡大に加え、私募リートであるエスコンジャパンリート投資法人へ商業施設・用地を売却したことも利益を押し上げた。また、5位のシグマクシス <6088> はコンサルティングサービスの受注増加や外注の内製化で、2四半期連続の最高益更新を達成した。
    ----------------------------------------------------
    こんなニュースが出ると、当然投資家の注目を浴びるでしょう。
    日経先物も上昇してますし、NYダウは現在400ドル以上の大幅急騰♪

    こうなるとこれからどうすべきか悩ましい。。。。
    やはり3月の配当をもらって5月の本決算まではNYダウがもちこたえてもらいたいし、その可能性も大きいですからね。

  • >>No. 835

    Horowitzさんが指摘するとおり、株投資には背反的で両義的な要素が常に存在します。しかも将来的なことで正確なことは全くわかりません。

    ですから個人の経済的な状態にあわせて合理的にリスクをコントロールすることが大切でしょう。
    Horowitzさんは現役バリバリで投資に頼らなくても経済力がありますし、取得コストも低いですからホールドし続けるのは問題ないように思います。

    しかし、あたしのばあいは金融資産の95%が日本株になって明らかに過剰投資状態ですし、年収は株投資を除けばきわめて低いですから、ダモクレスの剣の下でゲームをやるのはあまりに危険すぎるのです。

    現在投資額の総額は額面の取得コストでダブルスコアですから、ここは少しずつ利益確定していって、ポジションを金融資産の3割程度にしていく予定です。

    そうすれば勝利宣言できますし、残りの3割を保有することにしても投資の割合としては一般的にはまだ高いくらいです。またバブルが崩壊しても全く痛くありませんし、強大な資金力を手にできますから暴落後に大量投資できるチャンスにもなります。

    5月の本決算は非常に期待されるだけに非常に悔しいのですけど、安全策を講じたほうがよさそうに思っています。

  • >>No. 832

    >自分も本当にマズイのは、
    >日本のデフォルトリスクだと思っています

    日本のばあいは政府のQE政策でマイナス金利政策で、国債金利も10年債でもゴミ状態。銀行はカネ余り状態で中小企業の社債金利もアメリカと違って低いからQPやΣのような内需株は大きなポジションでない限り大打撃を受ける可能性は小さいと思います。

    しかしアメリカのジャンク株の金利がこんなに高くなると倒産リスクが非常に危ぶまれ、それが日本経済に大きな影響を及ぼすことは避けられません。

    リーマンショックのときは日本の貿易はアメリカに圧倒的に依存していましたけど、現在では中国依存が一番ですから、当時とそのまま比較はできないにしても、米国依存の大企業の株価が大暴落すれば内需中心の銘柄にも影響がでるでしょう。

    Σのばあい気になるのはPBRが高いことです。これだけ将来性があれば当然ですけど、経済危機になると企業そのものの価値が問われますから高PBR株は危険です。同じコンサルでもベイカレントや山田、大日本などと比較すればPBRの高さは明白なリスクです。アベノミクス以前に日経平均が8,000円ぐらいのときは日経平均銘柄の平均PBRは1倍を割っていました。

    リーマンショック前のQPなどの食品銘柄もPBRは1倍ぐらいでした。

    田中宇氏も指摘するように、日本のメディアはYahooファイナンスを含め米経済危機を誤魔化して国民を欺瞞しています。多くの優良企業の決算報告では経常利益を伸ばして一見好調のようですけど、圧倒的大多数の非上場の中小企業が犠牲になっている点は、アメリカとは程度の差はあっても構造的には同じなのです。

    ですからアメリカの中小企業で倒産連鎖が起こればそれが日本の中小企業の倒産を誘発する可能性があります。

  • >>No. 828

    Horowitzさん、あたしは米金融危機のリスクはそれなりに認識してましたけど、これまでNYダウは上昇トレンド高値を更新し続けてましたし、Σも財務状態は非常にいいし、東1昇格してこれからいよいよという時でしたから心配していませんでした。

    しかしダウの急変とΣがあれだけの好決算を出してここまで下落している現実を直視すると非常措置を執らざるを得ない状態と判断しています。もちろんこれは個人的な判断で投資家のみなさんは状況が異なりますから、それぞれ判断されればよいことで、あたしは単に情報提供しているだけで、売り煽っているわけではありません。

    最新のハンギョレによれば、11日、ファンド情報業者EPFRの資料から、2月1日から7日まで先進国の株式型ファンドから329億9千万ドルが抜け出し、一週間前(1月25~31日)に180億330万ドルの純流入から急反転したそうです。また、米国の投資銀行BMOキャピタルマーケットは、数週間以内に米国債金利が3%を上回るだろうと予測しているそうです。

    米国債金利が3%を上回れば米国経済にとって壊滅的です。

  • >>No. 824

    フクロウさん、こんばんわ♪

    >先週までが余震。
    >今週からが本震の可能性が高いと思いますよ。

    そうですね。今週から一気にはこないでしょうけど、最大限の警戒が必要だと思いますね。
    米国の中小企業が社債いわゆるジャンク債を大量に発行して、現時点で金利5.37%というのですから現時点ですでに赤信号です。

    こんなのは個人が住宅ローンを金利5.37%で6000万円30年払いで借金したらどうなるかを考えたら明白です。利子だけで毎年322.2万円支払わなければならなくなるし、10年滞納すれば借金は1億円を超えて、その後は利子だけで毎年543万円支払わなければならなくなります。

    だから現在のジャンク債の金利が続けば米国の多くの中小企業は破綻します。ましてや金利が8%を超えれば完全にアウトですよ。金利8%複利で10年後返済の社債は1000万円を10年後に2159万円で償還するというのですから。

    ですから投資家が警戒して株を売るのは当然です。NYダウもまだまだ下がっていくでしょう。

    しかし大暴落が本当に起こるのは、中小企業が破綻してジャンク債が不良債権化したときです。リーマンショックのときがそうでした。リーマン・ブラザーズ社は格付AAAの超優良企業でしたから、破綻するなんて誰も夢にも思わなかったのです。

    莫大なジャンク債を発行している中小企業がバタバタ破綻すれば、中小企業に支えられてきた大企業も深刻な経営難になりますし、銀行も資金を回収できなくなりますから破綻の危機に陥ります。取り付け騒ぎが起こればたちまち国家破綻の危機に一気に進みます。

    ですから日本もだいじょうびだなんて呑気なことを言っていると取り返しがつかないことになりかねません。

    >ただ、焦って売買するのが、一番危険ですよね。

    さしあたりは一気に来る可能性は小さいですから現時点で焦る必要はありませんけど、大暴落するときには一気に来ますから、どんなに焦っても手遅れになります。

    ですから自分は含み益がたくさんあるからだいじょうびだとかΣは経営状態が良くて将来性が抜群だからだいじょうびだなんて呑気に構えているのが一番危険だと思いますね。

  • >>No. 821

    あたしの記事が削除されてしまいました。

    株に関係ないことをカキコしたわけでもないし、ましてや他人を誹謗中傷するような荒らし記事をカキコしたわけでもないのに。。。。

    恐らく一般投資家に知られると困ることをカキコしたから削除したんだと思いますね。

    株投資をやる上で国際情勢を把握することは非常に重要なことです。現在のアメリカ、中国、ロシア、朝鮮半島の情勢について正しく把握しておかないと、いつ株価の大暴落が起きてもおかしくない状況なのですから、このような記述をしたからといって削除することが不当であることは明らかです。

  • >>No. 815

    >しきちゃんは、現金買いだし、キューピーなど超優良株を保有されてるので、この程度では、大丈夫でしょう。ただ、世界的に潮目が変わったなら、株のポジションを下げることは必要です。

    現在は全くだいじょうびですよ。だからこそだいじょうびなうちに逃げるのです。ポジションを3分の1にすれば、大儲けはできませんけど、それだけで勝利宣言ですし、株価が上がれば残りの株だけでも十分利益を楽しめます。

    >トランプは、北朝鮮を限定攻撃する可能性はかなり高いと思っています。

    アメリカが北朝鮮を限定的にしても軍事攻撃すれば、北朝鮮も限定的な報復攻撃に出る可能性が高いです。たとえばグァムや嘉手納基地へのミサイル攻撃を行うでしょう。

    そうすれば報復の応酬となって米朝全面戦争になるでしょう。米朝全面戦争になれば、海外最大の米軍基地がある日本が攻撃対象になる可能性がきわめて高いですし、北朝鮮も日本が「最大の被害国になる」と公言しています。

    さらに言えば、米朝戦争になれば中ロが黙っていないでしょう。とくにロシアは核兵器を10,000発ぐらい持っていると言われ、世界最大の水爆ツァーリ・ボンバはヒロシマ原爆の7700倍の破壊力があると言われています。こんなのが落ちたら日本は瞬時に地図からなくなりますし、アメリカだって廃墟になってしまいます。

    米ロが全面戦争すれば地球が破壊されますから、米朝戦争が起これば、朝鮮半島と日本列島を戦場にした米vs中ロの局地戦になる可能性が高いのです。そして朝鮮半島と日本は完全に破壊されてしまいます。

    >その対応策は、取っておくべきと思います。

    このようなことを防ぐ唯一の対策は日朝国交正常化と日ロ平和条約の締結です。そして日本はドイツを見習って戦犯国家を卒業してアジア諸国と真の友好関係を結ぶことですね♪
    そのために日本国民がやるべきことは、歴史を正しく学び、安倍政権を含め現在の自民党やその母体の日本会議のような連中を選挙で当選させないことです。

  • 田中宇(たなか さかい)さんが『田中宇の国際ニュース解説』の中で次のよう述べています。有料記事ですので無料で読める部分だけ紹介します。
    -----------------------------------------------
    世界株価急落の行方
     【2018年2月6日】 投資家の株式購入の原資となっているジャンク債の利回りは上昇傾向が続き、しだいに急騰になっている。今の世界的な金融バブルは、オモテの中銀群のQEと、ウラの米国ジャンク債の大発行が組み合わさっている。現在5・37%のジャンク債の利回りが8%以上にまで高騰して下がらないと、史上最大の巨大なバブルが崩壊し始める。
    -----------------------------------------------
    田中宇さんはたまにおかしなことを言ったり予想をはずすこともありますけど、いい加減なことをいう人ではありませんし、このサイトは多くの人に読まれていますから、この記事を読んで手仕舞いした投資家もかなりいるのではないかと思います。

    それから彼は以前から、『アメリカの経済はすでに危機的状態で、QE(量的緩和政策)をやらないと経済が持たない状態だから「利上げをやる」という政府の発言はブラフであって、そんなことをやったら経済が破綻してしまう』と主張してきた人です。

    また経済とは関係ありませんけど、アメリカ大統領選でトランプが勝利する可能性が高いということを多くの事実を分析して発言してきた人です。日本では首相官邸ですらヒラリーの勝利を確信していた頃ですから大したものです。

    また、テロとの戦いではロシアの支援のもとでシリア政府軍がアメリカを打ち負かすと主張してきてそのとおりになりましたし、ウクライナ問題でもアメリカが反政府勢力を軍事的、経済的に支援して選挙で正当に選ばれた親ロ政権を転覆さえたクーデターであることを正しく報道した人です。

    ですから決していい加減な人ではありません。もちろん経済がどうなるかは誰にも正確にはわからないことですけど、リーマンショック級の大暴落が起こるリスクも一応念頭においておいたほうがいいと思いますね。

    リーマンショックでは日経平均は直近高値の60%下落しました。ですからリーマン級の大暴落が起これば日経平均は10,000を割ってしまいます。また、万一アメリカが破綻したら日経平均は5,000を割るかもしれませんし、朝鮮有事が起これば最悪のときは2,000を割るかもしれません。

  • >>No. 802

    kaw*****さん、こんばんわ♪

    今回のダウと日経平均の暴落についていろいろ情報収集して分析してますけど、結果的にkaw*****さんの利確は正解になる可能性がありますね。

    危機を煽るつもりはありませんけど、やはりリスク管理は非常に重要です。
    現在はあらゆる株を購入するのは危険な状態ですし、ポジションを小さくしてリスクに対応できるようにしておいたほうがよさそうに思います。

  • >>No. 808

    >【本震は終わったが】

    いやいや、この程度はM6レベルの地震で前震かもしれないわよ。
    熊本地震だって最初の一撃で専門家を含めみんな【本震は終わった】って言ってましたよね。

    リーマンショックも最初のサブプライムローン問題で暴落したとき投資家の多くが『本震は終わった。ここまで落ちたんだから買いの絶好のチャンスだ』って思って無謀な買いをやったあとリーマン・ブラザーズ社が破綻して多くの投資家が樹海へ逝ったのです。

    今回だって今後M10レベルの超特大の本震が襲う可能性が無いとは言えませんよ。
    トランプのやってることをよ~く調べてみるとよくわかりますよ。

    アメリカが経済破綻すれば、経済を立て直すのには特大の戦争をやるしかなくなります。どこで戦争が起こる可能性が多いかと言えば朝鮮半島です。万一朝鮮有事が起これば日本はただでは済まなくなります。株どころではなくなりますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ