ここから本文です

投稿コメント一覧 (1626コメント)

  • No.222

    強く買いたい

    気づかれたか… 日本株ニュ…

    2018/07/20 11:15

    気づかれたか…


    日本株ニュース

    セクター情報・輸送用機器=マツダ:西日本豪雨で生産量縮小の広島工場、通常稼働に向けて一歩踏み出す

    モーニングスター - 7/20 11:09


     マツダ <7261> が、年初来安値(1302円、7月11日)を底に戻りを試す動き。

     西日本豪雨の影響で、昼のみの操業としていた本社工場(広島市)について、「来週の23日から被災前の2交代制に戻す。ただ、部品納入の遅れなどを想定し、8月10日までは生産量を通常より抑える。豪雨前の状態に戻るまでにはなお時間を要す」(広報担当)という。

     19年3月期予想の連結経常利益は前期比24.5%減の1300億円。

     市場では、「豪雨による生産量の縮小など、業績への悪影響は避けられないが、最悪期を脱したことで、買い戻しの動きが強まりつつある」(ネット証券)という。

     株価が調整を進めてきたことで、バリュエーション(予想PER10倍台、PBR0.8倍台、予想配当利回り年2.5%台)面での割安さも目立ってきた。

     午前11時6分時点の株価は前日比4円高の1367.5円。(田部正博)

    提供:モーニングスター社

  • >>No. 815

    確実に3,000円オーバーの為値固め中です。次だと思います。

  • 復興の旗頭。頑張ろう、マツダ!



    マツダ、本社工場で23日から昼夜勤の操業再開 生産量は抑制

    ロイター - 7/18 20:15

    7月18日、マツダは本社宇品第1と第2工場(広島市南区)について、23日から8月10日までは生産量を抑えながら昼夜勤の操業を再開すると発表した。写真はロゴ、3月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)

    [東京 18日 ロイター] - マツダ<7261.T>は18日、西日本豪雨の影響で夜勤を休止していた本社宇品第1と第2工場(広島市南区)について、23日から8月10日までは生産量を抑えながら昼夜勤の操業を再開すると発表した。部品の供給や従業員の通勤などに一定の見通しがたったため。

  • >>No. 100

    こんな格安で買えるのは今だけ。そのうち1700円以上行きます!

  • No.76

    強く買いたい

    113円超えましたね。

    2018/07/18 09:28

    113円超えましたね。

  • 理論株価は2,700円超のマツダ。デミオ、アテンザ、これから期待のアクセラ、CX-4とどんどん攻勢に。抑え込まれただけに円安を契機に大幅反発は必至ですね。

  • 2018/07/17 23:45

    円更に急伸。円売られてますね。どういうことでしょう?

  • 日本ライフラインは1円刻みはどうも性に合わない気がしますね。

  • 苦節2か月、なんとかクラウンハイブリッドを返済しました。これからはプラスでお願いします。

  • 2018/07/13 09:05

    底らしいです。

  • 2018/07/13 08:40

    SQだすな。

  • 2018/07/13 08:09

    円は売られますね…まだまだ序ノ口っぽいな。

  • 嬉しいわ!


    マツダ、義援金1億円=呉市には飲料水―西日本豪雨

    21時31分配信 時事通信


     マツダ <7261> は12日、西日本を襲った豪雨の被災地域への義援金として、広島県と日本赤十字社に計1億円を寄付すると発表した。また、同県呉市へは、マツダが災害用備蓄品として保存していたペットボトル入り飲料水約2万3000リットルと、土のう袋1500枚を提供した。
     義援金の内訳は、広島県に8000万円、日本赤十字社に2000万円。その他被災地域に対しては、支援に向けて各自治体と協議をしているという。(了)

  • 円売り加速するかもしれませんね。

  • 2018/07/12 18:18

    円安加速してますね。輸出に頼る割合の多いマツダの株価はトヨタよりも重いのは不思議。いいニュースは増えてきたからね。安値のいま、少しずつ買い増ししてる。期待している。

  • 2018/07/11 20:19

    うぉーっ!こんなときは精一杯応援しないとね!



    マツダ、12日から操業再開 広島・山口の2工場

    ロイター - 7/11 18:35


    7月11日、マツダは、西日本豪雨の影響で生産を休止していた本社(広島県府中町)と防府(山口県防府市)の2工場について12日から操業を再開すると発表した。

    [東京 11日 ロイター] - マツダ<7261.T>は11日、西日本豪雨の影響で生産を休止していた本社(広島県府中町)と防府(山口県防府市)の2工場について12日から操業を再開すると発表した。

    部品供給などのめどがついたため。防府工場は通常通りの操業だが、本社工場は夜勤を休止して昼勤のみの態勢とし、まずは20日まで生産を続ける。21日以降の操業については、あらためて判断するという。

    (白木真紀)

  • 頑張ろうマツダ!

    日経より

    ■マツダ、一部操業再開へ最終調整

    マツダは7日以降、大雨の影響で操業を停止していた本社工場(広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)について、12日から一部で生産を再開する方向で調整に入った。当面は在庫部品をいかして操業する見通しだ。ただ、部品によっては在庫量も異なる。今後も安定的に部品の調達ができるかなどを見極めるため、部品メーカーなどとも調整を進め、11日中に最終的な判断する見通し。マツダの2工場は直接的な被害はなかったものの、交通網が混乱し、部品調達に影響がでる可能性があるほか、出社しにくい従業員もいたため、操業を止めていた。

  • また円安に振れていますね。モルガンのアナリストは追加関税の可能性は低いと言ってます。豪雨被害に負けず頑張れマツダ!

  • マツダやスバルをダメと言い切る投資家は、クルマを見ずにファンダやテクニカルだけ見てるのは容易に判断できますね。私は、マツダのクルマ作りになにかワクワク感を感じますね。会社としても昔のイメージを払拭出来たときに2500円くらいになってるんじゃないですかね。

  • 2018/07/09 19:06

    マツダはタイの売上予想を上方修正した。市場全体の見通しも、1月の前回予想を8万台上回る100万台に見直した。


    【バンコク=小谷洋司】マツダは9日、2018年にタイで前年比27%多い6万5000台の販売をめざすと発表した。小型車「マツダ2」(日本名デミオ)の販売好調などを受け、従来計画の6万台から上方修正した。タイ市場全体の見通しも、1月の前回予想を8万台上回る100万台に見直した。

    2018年の販売目標を6万5000台と発表したマツダのタイ法人幹部(9日、バンコク)

    現地法人マツダ・セールス・タイランドが首都バンコクで記者会見を開いた。18年1~6月の販売実績は3万3593台と、前年同期比41%の大幅増となった。年初に部分改良したマツダ2が52%増の2万1741台に伸びてけん引した。

    主要メーカーでタイ市場の100万台回復を予想したのはマツダが初めて。実現すれば、インラック前政権の新車購入奨励策による底上げ効果が顕著だった13年以来5年ぶりになる。マツダ・セールス・タイランドの安本篤之(あつし)副社長は「バンコクだけでなく、地方でも販売が伸びている」と話した。

本文はここまでです このページの先頭へ