ここから本文です

投稿コメント一覧 (526コメント)

  • >>No. 3416

    kaoruさん こんばんは。

    「バーフバリ」は、公開の頃から興味があった作品でしたが、結局「伝説誕生」と「王の凱旋」をTV録画したまままだ見ていません。ってHDDのどこらにあるのかも、よく憶えていません。確かwowowでやったのを録画したと思うんですけど。ボリウッド映画には、基本的に好感をもっているのですが、やたらに長かったりするので後回しになってしまいます。探して鑑賞をしてみます。

    先日、地上波TVでやった「風の谷のナウシカ」の録画を見ました。もう何度見たかも憶えてないくらい見ているのですが、「久しぶりだなぁ」みたいな感覚で、なんとなくまた見てしまうんです。

  • >>No. 3413

    kaoruさん 明けまして、おめでとうございます。もう、9日ですけど。

    うちで新年恒例になっている「紅白歌合戦」の録画をそろそろ見ようかと思っています(←おかしな習慣だと思う)。年々、赤が勝とうが白が勝とうが、どうでも良くなっているのですが、でも今どき合戦なんてやるでしょうか。もっと穏やかに年の瀬をすごせばいいのに。

    「ボヘミアン」は、ゴールデン・グローブ賞を取りましたね。アカデミーでも本命になるのでしょうか。直近では「どうしても劇場」てのが、やっぱりないですね。少し先ならキャメロンさん制作の日本のコミックの映画化「アニータ」やデイミアンさんの「ファースト・マン」あたりに興味があります。


    ここの終了まで、どうにか頑張っていきます。

  • 年末の挨拶

    本年も「シネマの部屋」を偶然にでも、なんとなくでも、その他の理由でも、訪ねてきてくれた皆様に感謝いたします。残り少なくなった掲示板ですが、最後まで張り切って書き込みをしていこうと思っています。・・・たぶん。(←こいつのような姿勢が掲示板終了の原因だと思います。)

    それでは、皆様が、来年以降も「すばらしい映画」に出会いますように。良いお年を♪

  • kaoruさん こんばんは。

    今年もkaoruさんに書き込みいただいたことで、どうにか「ここ」が存続できたように思っております。残り少なくなりましたが、最後の力いっぱいの「ラストスパート」を皆様に見ていただきたいと思っております。(←できるのか?)

    それでは、kaoruさん良いお年を。kaoruさんが、この後も、たくさんのいい映画に出会いますように♪

  • >>No. 3408

    kaoruさん お早うございます。正月に休みがないのは辛いですね。と言っても、私も正月休みだといって、特に出かけるわけでもなく、初詣に行った後、家で飲みながら映画鑑賞するくらいだと思います。って年末の今の時点も、同じことやってますけど。

    そうですね、私は、ここは今年いっぱいでサービス終了になって、閲覧もできなくなるんじゃないかと思ってましたが、最新の情報を確認してみたら、1月28日までは、投稿も閲覧もできるみたいですね。すっかり、皆様との「さよならモード」の書き込みを大晦日に用意していました。新幹線なんかで「さよなら」してから、なかなか扉が閉まらない気まずさを味わうところでした。まぁ、どちらにしても来月終わることには間違いはないんですけどね。

  • >>No. 3406

    kaoruさん こんばんは。

    「アリー」を私も見てきました。後ほど感想を書きます。私も、そろそろ年末恒例のベスト10を決めようかと思います。(←今まで一度もやったことないだろ!)

  • 「ボヘミアン」・・・2度目

    同じ映画を複数回見に行くことは、あまりないのですが、あのライブシーンがまた見たくなって出かけてきました。ただ、1回目と違いライブシーン以外の話のところで、1回目以上に感動してしまいました。たぶん、最初はライブシーンの評価が高かったので、そっちの期待で、途中の話に集中できてなかったのかもしれません。

    マネージャーの口車に乗ってソロ活動を始め、思うように行かない活動に、自堕落な生活をしているフレディーを心配した元妻が、雨の日に訪ねてくるシーンには、1回目に見たとき以上に涙を流してしまいました。



    <今日の一言>
     
    赤いところで育った人が、オレンジ色に変わったんだ。

  • 「来る」

    想像してたよりもおもしろかったです。なんと言っても登場人物が、皆グイグイくる強烈なキャラで、ナイスなキャスティングだなぁと思いました。そして一番怖いのは、本当は「人間の闇」の部分だと思わせる、中島さんの普通じゃない感性の脚本が良かったです。

    ただ個人的には、得体のしれない物を表現するCGや派手な血しぶきのスプラッターなどが意外なほどありきたりで、そこのとこは「わざわざB級なホラーにしなくても」って感じてしまいました。確かに血の演出は重要ですが、もっと中島さんの感性のままの斬新で意外な映像表現にして「やっぱりこの人は違うぞ」って思わせてほしかったです。


    <今日の一言>

    岡田准一の恋人で、松たか子の妹役を「この娘、誰だろ?」って思っていたら小松菜奈でした。こんな役もやるんだなぁって意外な感じがしました。でも、なかなかいいキャラだったと思います。

  • >>No. 3401

    kaoruさん こんばんは。

    ボヘミアンは、できるだけ良い音響でもう一回、見たいです。

  • >>No. 3399

    kaoruさん こんばんは。

    「来る」を見ました。この時期あえてホラーってどうなんだろと思いましたが、中島監督らしい作りで、そこそこおもしろかったです。後ほど感想を書きます。(←でたよ)

    今年の締めは「ガガ」あたりになると思います。

  • 「サーチ」

    すべてPCの画面の中だけで、話が進んでいく斬新さが話題になった作品ですが、近所では上映がなかったので、上映終了になる前に遠出をして見てきました。今どきの普通に多くの人が利用しているPCのツールやアプリの機能を駆使して、行方不明になった娘を探し出す話の展開は、やはり評判通りおもしろかったです。

    話のオチは賛否両論になるかとは思いますが、サスペンスとしての質も悪くないので、レンタルになっても興味を持って見れる作品じゃないでしょうか。個人的にはお薦めします。



    <今日の一言>

    「ファンタビ2」の続きはどうしたの。書けよ!

  • >>No. 3396

    kaoruさん こんばんは。

    その症状は、まだ完全にヤツらの魔法にはかかっていないと思います。助かる見込みは十分にあると思います。闘いましょう。もう一回見るのは、危険な気がしますが、強い意志があれば必ず勝てると思います。(←なんの騒ぎなの?)

  • >>No. 3394

    「ファンタビ2」

    ↑なんだか雑なタイトルの付け方になっていますが、皆さんご存知のように私は「ハリポタ」の一派が、正直、嫌いなんです。親分のJ.Kさんには、ずっと「用心しなけりゃいけない」って気持ちを持っているんです。気を抜いていたら、また長いこと変な魔法にかけられて、のこのこ映画館へ行ってしまうような恐怖を感じるんです。実際にJ・Kさん、最初はひかいめに3部作って言ってたのに、気づいたら、もう5部作やるになっているんですよ。

    さて、「ファンタビ1」は、見る前から否定的な感情のまま見に行ったのですが、予想に反しておもしろかったんです。スピンオフの作品ならこれはこれでありなんじゃないかと思いました。ただ、この先まだまだ「続くよ」みたいな、ローリングさんの呪文が聞こえてくる終わり方なので嫌な予感がしたんです。だから、この2が私にとっては、今後、変な魔法にかかるかどうかの重要な作品になっていたんです。
     
                                      
                                          ・・・続く

  • kaoruさん こんばんは。

    寒いです。でも12月って、普通はこんなものなんですよね。直近では、あの「ファンタビ2」と樹木希林さんが出演されていた「日日是好日」を観に行きました。感想は後ほど・・・。(←この人は、こんなので終わってしまうのでしょうか)

    firmarksのサービスは良いですね。ボヘミアンのいろんな方の感想を読みあさってしまいました。でも、個人的には、どうしたものだかは考えてはいません。基本的に「後ほど・・・」で終わってしまう人ですから。結局、続かない気がします。たとえば「Twitter」を復活してみようかなども考えてみましたが、掲示板を続けてきた方はどうなさるのでしょうね。

  • >>No. 3389

    kaoruさん こんばんは。

    Firmarksは新興のサービスにしては、評価が高いですね。興味を持ちました。「ファンタビ」は、最初のは予想していたよりもおもしろかったのですが、基本的にこの人達は「2匹目のどじょう」どころか、ヘタをしたら10年ぐらい平気でシリーズを続けるので、気をつけなければいけないと思っているんです。今回つまらなかったら「きっぱり縁を切る」くらいの覚悟がいると思うんです。

    「カメラを止めるな!」の感想は、後ほど書きます。(←今年中に書けよ!)

  • >>No. 3387

    kaoruさん こんばんは。お久しぶりになってしまいました。今年はいろいろあって映画館に行く機会が少なかったです。ただ、劇場でどうしてもって映画も少なかったように思います。個人的には、なんだか年々そんな傾向になっているような気がします。

    今年の話題作のひとつだった「カメラを止めるな!」が少し前、うちのところでも特別上映したので見に行きました。おもしろかったです。後ほど感想を書きます・・・たぶん。(←こんなヤツがいるから、掲示板は終わってしまうのかもしれませんね)

  • 「ボヘミアン・ラプソディ」

    当時のブリティッシュ・ロックが好きなので、CDを持ってたりします。実家にはレコードもありました。個人的には、F・マーキュリーもいいですが、ブライアン・メイのギターも好きでした。でも、なんで今、Queen(F・マーキュリー)の伝記映画なんだろって思っていましたが、Queenを知らない若い世代にも、興味が持てるような作りになっていて、評価が高のもわかる気がしました。ラストでの「ライブ・エイド」の会場でのライブシーンは圧巻でした。Queenに興味がない人にも、これはお薦めです。



    <今日の一言>

    また長いこと、ここを休んでいたら、なんと今年でYahoo!の掲示板は終わってしまうんですね。長い歴史でしたが時代的な役割はもう終えたってことなのでしょうか。時代とともに「配信の場」や「交流の場」はより進化していくもだと思いますが、逆にそういう時代にシンプルなテキストだけのやり取りの場も残しておいてもいいと思うのですが、仕方がないですかね。残り少なくなりましたが、どうにかラストまで、頑張って書き込みをしていこうと思っています。

  • kaoruさん こんばんは。

    最近、映画館には行ってませんね。というかこの猛暑の中、最悪の夏風邪をひいてしまって、咳が止まらず苦しんでいます。気づいたらトムさんもまだ行ってません。いろいろ疲れてしまって「もう、いいか」みたいな気にもなっています。

    「カメラを止めるな!」は話題になっているので、見に行こうかと思いましたが、うちのところでは、どこもやっていません。「もう、いいか」って感じです。

    原田さんの「検察側の罪人」も見ようかと思ったのですが、演者に厳しくしたんだろうなぁってシーンがたくさんありそうで、この暑い中、見に行く気がなくなってしまいました。

    とりあえず、この先も見たいのがありません。少し涼しくなってら、なにか考えてみたいと思います。

  • >>No. 3381

    kaoruさん こんばんは。

    トムさん、撮影中に骨折しましたよね。町山さんが(←誰?)言うには、トムさんのような大物の主役が、自らスタントに挑戦することは、保険会社に止められるので、本来はできないみたいなんです。でも、トムさんは「スタントをやりたくてしょうがない人」だから、自ら保険金を払って保険会社には口を出させないみたいです。それで、怪我してるんだから困ったものですよね。波平も敵わないわけです。(←張り合ってはいないけど)

  • >>No. 3379

    kaoruさん こんばんは。暑いですね。

    恐竜は、なんだか脚本にケチをつけたくなりました。恐竜だけでなく最近の映画はみんなそうですけどね。そろそろ時間を忘れるくらい熱中できる映画が見たいです。トムさんに期待をしていいのでしょうか。

    台風は予想外になにもありませんでした。なぜか、ほぼ無風状態でした。よかったです。

本文はここまでです このページの先頭へ