ここから本文です

投稿コメント一覧 (840コメント)

  • アニメ業界どこもそうですがもうすでに制作者や製作者、ライセンシー企業向けには製作情報が
    いろいろ発表になっているのでその辺から知った人もいるのかもしれませんね

  • >>No. 153

    いつもあなたは国分をかなり嫌っているようですが
    なんで30位などという変なところの順位から切り抜くんですか?
    通常なら30位なんて下っ端を表のトップに持ってくるんじゃなく1位から上位じゃないですか?
    かなり作為的だと思います。30位から持ってきた理由をお願いします。

    今の時期よく見る、予備校の目指せ●●大学の広告でも上から30位の中堅大学が例示で張ってあったら失笑でしょ?
    (もちろん学力や地理的、研究テーマ、親戚、就職実績などでそこの学校を選ぶ人はいると思いますが)

    また仮に国の役人よりも金持ち(例えばユニクロの社長や孫正義でもビルゲイツ、ジョブズ誰でもいいです)の方が
    金を増やしたり稼ぐ能力や才能があるなら、
    そちらに金を稼がせた方が国富は何倍も速いペースで増やせるんじゃないでしょうかね?
    稼ぐ能力や商才があるのに仮にそれらの社長から金奪って商売できないようにしてしまったら、
    その方が国の損失だと思います。

  • ここはもうメイン事業をキャラクターグッズの会社にでもして会社名変えた方がいいのではという気もしますね
    もしくは暗号通貨のマイニング?

  • ターゲットをマニアックに絞った書泉ブックマートさんなどの事例じゃないですが
    ここの本屋はあまりにあまりに狙うターゲットが広くて好みをくみ取れていない気がします。
    最もワンダーGOOと同じようにいくらコミックに絞ってリピーターも多い店でも、
    京都長岡京の恵文社バンビオ店や喜久屋書店漫画館京都店のように閉店してしまうこともあるので
    書店経営はむずかしいと思いますが、ネット販売のリアル店舗でAmazonさんとどう差をつけるか、メロンブックスやアニメイト、虎の穴とどう差をつけるか、いかに定期購読してもらうのかとなります。

    ワンダーコーポレーションさんもステーキ屋を経営しているそうですが、
    音楽や声優のライブハウス市場やアニメ、ゲームと飲食系の場合コラボカフェなどの市場は
    日本動画協会、「アニメ産業レポート2018」でも伸びている業界だと書かれていたので
    決してこの業界でも商機がないわけではないと思います。

  • >>No. 453

    俺のよくいく店(茨城県)ではいつも列ができていて販促キャンペーンもすぐに品切れになるくらいなんですけどね

  • 日本最大規模の買い物代行サービス「honestbee」 大手スーパーマーケット「マルエツ」との提携を開始
    2019年12月末までに100店舗のサービス提供拡大を予定!~2018年11月6日(火)よりサービス提供開始~

     シンガポール発祥、日本最大規模の買い物代行サービス「オネストビー」を展開するhonestbee株式会社(以下オネストビー、所在地:東京都江東区、代表取締役:ジョエル・シング・ジウェイ)はスーパーマーケットチェーンの株式会社マルエツ(以下マルエツ、所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:上田 真)との提携を2018年11月6日(火)より開始します。今回の提携により、対象の都内10店舗のマルエツがhonestbeeの買い物代行プラットフォームに追加され、周辺地域でのマルエツ商品の注文が可能となります。

  • ほかにもかなり実験的な店舗の記事ではこんなのもありました
    2018年09月27日
    カスミ/筑波大学キャンパス内にキャッシュレス店舗オープン
    カスミは10月1日、茨城県つくば市の国立大学法人「筑波大学」のキャンパス内に「カスミ筑波大学店」をオープンする。
    新たな取り組みとして、全てのレジでセルフレジを導入し、クレジットカード、電子マネー決済によるキャッシュレス化により、レジ待ち時間を削減し、FREEWi-Fiが使用できるイートインコーナーに、スマホ充電器シェアリングサービスを設置する。

    フルセルフレジ9台を配置し、支払いは、クレジットカード、電子マネー決済による現金を使わない「キャッシュレス」対応とする。KASUMIカード(クレジット機能付)、電子マネーWAONカードなど、各種クレジットカード、筑波大学カードが使える。

    店内に設置したコーヒー販売機のみ現金対応で、レジスタッフは1人のみを配置する。

  • こないだこんな記事が出ていましたね

    日本ユニシス、スーパーで自動走行AIロボを本格運用
    日本ユニシスは2018年11月19日、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスと共同で開発を進めてきた、自律移動型の業務代替人工知能(AI)ロボットの本格運用を始めたと発表した。ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスはグループに、マルエツとカスミ、マックスバリュ関東を持つ。

    ■閉店後の店内を自動走行

    ロボット運用の開始日は、同年11月5日。東京都墨田区にある「フードスクエアカスミ オリナス錦糸町店」が最初の対象店舗になる。AIロボットが、陳列棚などで表示期間が切れる店頭販促(POP)をカメラで発見し、店員に差し替えを伝える使い道で利用する。

  • >>No. 1450

    いえいえ、勝率だけでなくどれだけ大きく当たるか、また大きくミスらないかも大事ですよ、そのミスった1回が致命傷のタイタニックみたいなことになって退場した投資家を多く見てきました

  • 辞めさせたら後々、銀行と無関係になってしまうのでということなのかもしれないが
    馘になった行員はいなかったようですね

  • 私も株主懇親会に出ました。
    私の案内されたテーブルではそんなお菓子などが当然ながらメインではなかったようで

    ずらっとメモを取っただけでも
    経営におけることや進捗、将来の業績の展望などや障碍者雇用、高齢者雇用、経験社員の再雇用、外国人雇用やハラルなどの対応、女性社員の話、他のライバル店の話、ワンダーコーポの話、コンビニとの実験店の話、実験店舗で導入しているロボットでの棚管理、人件費などの事、アレルギー対応、高齢化における内食、消費税増税でのイートインの事、セルフレジ、グローサラントなどの様々な話をテーブルでは相互に話して有意義な対話を行うことができました。

  • 結構高めに出てきましたね
    でも3Q期の決算がどこまで上がるかわからないですが例年と同じくらいかそれ以上には期待したいです

    東映アニメーション<4816>のフィスコ二期業績予想
    2018/11/25 10:20 FISCO
    3ヶ月後
    予想株価
    4,250円

    東映系のアニメ制作会社。プリキュアやドラゴンボール、ワンピースなどの映像制作や版権ビジネスを展開。テレビ向けに強み。海外向け映像、版権も注力。版権収入好調で、19.3期中間期は増収、各利益が大幅増益。

    ドラゴンボール関連のアプリゲームと家庭用ゲームのリピート販売が牽引。3Qは前年度のハードルが低く、増益濃厚。新作映画は、12月のドラゴンボール、来期のワンピースに期待感。株価は高値睨みの展開を想定。

    会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
    19.3期連/F予/48,000/12,000/12,300/8,500/207.70/38.00
    20.3期連/F予/50,000/12,800/13,000/9,100/222.40/38.00
    ※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

  • >>No. 724

    もし過去の知的座員さんも有効活用できる場合、ここの会社は非常に歴史や強力なコンテンツも多くそれらはすごい貴重な財産として使うことができますね、もちろん社員などの人材も講演や書籍、図録、教育、トークショー、ペイントショーなどでもいろいろ活用できる人が出てくると思います。
    昔はアニメ制作過程で破棄されていたような製作途中の資料なども今後の作品制作、展示会などでアーカイブズとして活用されると有効だと思われますね
    (アメリカではディズニースタジオでもアーカイブズが重要なもので活用されている、またルイヴィトンなどでも同じように過去のアーカイブズがある)

  • 特別大きなニュースなのかわかりませんが、
    ここ最近の東映アニメーションのだと明日のナージャやおジャ魔女どれみなど過去の作品(知財コンテンツ)を使って当時のファンの大人向けグッズ、ファッション、コスメなどリメイク、もしくは新規活用して過去のIPを時代を超えて再活用するというのを東映アニメーションはここ数年の流れでは取り組んでいるようですね。
    これは5年前など過去のアニバーサルイヤーでは見られなかった傾向です
    写真はワンピース専門店Favoriteさんと東映アニメーションのコラボのものです

  • もしかしたらライザップでなくUSMH親会社のイオンの書籍部門の未来堂書店などの方が規模を生かしたスケールメリットやシナジーがあったのではないかなとも思ってしまいます

  • 今回のイオングループ食品スーパーの合併だと関東エリアはUSMHが規模が大きいことなどもあり特に動きはなかったですが数年後には関東でも変化がある可能性がありますね。
    (合併当初の長期計画では3社以外将来的にはも加わる可能性もあるということでしたので、いろいろ気になっています)

  • 優待も魅力的ですが他の関東の食品スーパー、エコスやヤオコー、ベルク、いなげやなどの様に私は長期ホルダーとして配当や株価も上昇トレンドで上がってほしいです。(カスミ時代はだんだん上がっていた)
    (しかし短期の株主や優待権利取りの人は株価が下がった方が買いやすい、そして優待利回りが上がるので株価が上がらないのでほしいのでしょうけど)

本文はここまでです このページの先頭へ