ここから本文です

投稿コメント一覧 (17コメント)

  • いまさら気づいたのですが、サンバイオが97.85%を占めていました。
    いけると思っていたので買ったはずなのですが、実感が湧かなくて、我ながら「よくやったものだ」と呆れるやら感心するやらです。

  • 二年前から買い進めてきましたが、3,000円台の頃に買い増ししたので1,954円になりました。

  • 岡野先生がインタビューに答える場面や、森社長と横浜市立大学のドクターが会話する場面は日本語で聞きたかったですw

  • 創薬化学者の岡野先生がこの番組のために用意されたインタビュアーから直接質問を受けてそれに答えていましたから無責任なことを言うとは考えづらいですし、北大で自家細胞を使った治験が実施されていることも紹介していましたから、脳は再生するのかしないのか?という疑問に対する答えは研究者の間ではすでにコンセンサスを得られているのではないでしょうか。

    h ttps://www.amed.go.jp/news/release_20171110-01.html

    SB623が脳の損傷に付随する身体の麻痺等に対する治療薬として使えるだけの効果を発揮できるかどうかを治験で検証しているので、統計学的有意差を得られるかどうかだけを見ていればいいと思います。

    番組では岡野先生がパーキンソン病やALS等の神経疾患の治療への可能性についても言及していましたので、これらももちろんSB623を利用した治療を前提とした話だと考えて良いだろうと思います。

  • 今回この番組のために撮影したと思われるインタビューを受けているソニアさんの映像や、横浜市立大学で治験を実施しているドクターと森社長が会話している映像が出てきました。

    自宅だと思わしき場所でソニアさんが料理して、鍋を両手で持って運んでいる映像も出てきました。
    とても脳梗塞で右腕と右足が麻痺して自由に動かすことができなかった人だとは思えない自然な動きでした。

    幹細胞とは何かという一般的な説明と、健康なドナーから幹細胞を採取して培養して脳に直接投与するというSB623のざっくりとした説明があり、ラットを使った実験では脳のシナプスが再生していることを示す映像が紹介されていました。

    さらに、岡野先生の発見によって、これまで信じられていた大人になったら脳の幹細胞はなくなって脳は再生しないという「カハールのドグマ」が否定された経緯も紹介していました。

    脳を再生する薬が登場するかどうかもうすぐ判明します、という言い方にとどまっていましたが、番組の構成を見る限り、番組の製作者は細胞医薬品を使った脳の再生医療に大きな期待を持っており、視聴者にも大きな期待を抱かせる内容だったと感じました。

    自分は結果が出るまでサンバイオ株をホールドすることに対する不安はなくなりました。
    目先の株価に一喜一憂せず、結果が出るのを待ちたいと思います。

  • あと30分で始まりますね。

    h ttps://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/

  • CIRM主催のFBイベントが楽しみですね。
    どんな質問が届いているのか興味津々です。

    You will have a chance to ask questions of both our experts, either live on the day or by sending us questions in advance at info@cirm.ca.gov.

    You can also re-watch the event any time after the broadcast has ended from our Facebook videos page.

    h ttps://www.facebook.com/events/375425429615723/

  • 楽天証券ですが、貸株金利が上がるとのお知らせが来たので、たっぷり空売りが入ったのではないでしょうか。

    いずれ上昇するエネルギーになると思って楽観しています。

  • 自己レス失礼致します。

    上市できたらの話なので、これも妄想ですね。
    上市できることを祈っております。

  • 想像ですが、重粒子線がん治療と似たような制度でとりあえずの運用がなされるのではないかと想像しています。
    ttp://www.hibmc.shingu.hyogo.jp/reception/front.html

    先端医療制度や自己負担金分の貸付制度等、参考になるのではないかと思います。

  • 幹細胞を使った再生医療のマーケットについてのレポートに誘導するための記事です。
    サンバイオは世界に影響を与えるトップ企業の一つとして記事の中に名を連ねていますね。
    レポートは名前等の登録が必要なので読んでいませんが、読めば売上予測等の妄想が捗るかもしれません。

  • ご教示ありがとうございます。
    治験は進行中で、なおかつ治験の新規応募を締め切ったようですね。

  • 興味深いですね。

    Study Status: This study is ongoing, but not recruiting participants.
    Estimated Study Completion Date: September 30, 2019
    Estimated Primary Completion Date: May 30, 2019 (Final data collection date for primary outcome measure)

    h ttps://clinicaltrials.gov/ct2/show/results/NCT02448641

    Last Update Posted Date October 18, 2017と書いてあるけど、どの部分が更新されたんだろう?

  • ここに書いてある内容とそんなに変わりません。「p2で結果出せばRMAT指定されるかも?」と読めるといえば読めますが、p2で確たるエビデンスを出さないとお話になりませんよ、程度の理解でいいと思います。
    ttps://textream.yahoo.co.jp/message/1835646/6d30b95d9c321a636fdf9f7ff81aae26/27?offset=140&rv=0&back=1

  • iPS細胞による再生医療はコストの削減が課題ですね。
    調査の結果、今現在どれぐらいのコストになっているのか注目です。

    "患者1人に1億円かかっていた!?…再生医療のコスト、初の調査"
    ttps://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170210-OYTET50014/

  • 2016/09/26 16:25

    ttp://www.businesswire.com/portal/site/home/search/?searchType=news&searchTerm=SB623&searchPage=1

    バフェットはともかくとして、Businesswire.comはずっとサンバイオのニュースリリースを掲載していますね。
    既出情報ではありますが、アメリカにもSB623に注目している人がたくさんいることの証左だと思います。
    治験が成功して、困っている人の助けになるといいですね。

  • 2016/09/26 15:31

    ttp://www.businesswire.com/news/home/20160921006044/en/SanBio-Begins-Clinical-Trial-Regenerative-Cell-Medicine
    この記事を要約した翻訳記事ですが、英文記事の内容は9/21に発表された適宜開示
    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1402156
    と同じですね。
    ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイが運営する株式ニュースチャンネルでサンバイオのIRが紹介されたようです。

本文はここまでです このページの先頭へ