ここから本文です

投稿コメント一覧 (1814コメント)

  • 大量保有、機関は現物を換金してるが
    イナゴがジャンピングキャッチで問題無い

  • 廃墟になって
    本当の心霊スポットになるのはまだ先

  • ヤフー中原も150円からずっと売り予想してるがWW

  • 需給状況が分かっていないイナゴが多いが。
    9/10の急騰と、11日の下落で大量の現物が投げられている。
    仕手に便乗し大株主や機関が、ここぞと処分しているのが判明。
    増資に巻き込まれる前に天与の売り場と考えるのは賢明
    5営業日後の大量報告書で12日以降も継続して売っているのが判明するしババ抜き確定なんですよね。

    仕手が売り参戦で往復で抜きにきてる観測も

    株価倍以上急騰はどう考えても高いしWW

  • 山奥まで、気持ち悪いムーミンの着ぐるみ見に逝くとか正気では無い

    飯能市内には市営の美しいムーミン公園が有り、子供の教育にも良い

    しかし子供世代も親世代もムーミン知らないのが問題

  • 山奥に一度行ったとしても、ニ度と逝く必要は無いのが問題

    あまりにショボイ

  • ストッポでも安の方では

    S安でも高すぎ
    80円から120円が定位置

  • レゴランドはショボイけど

    フィンランドのムーミンランドのしょぼさは震えた

    ギャル涙目

  • 近所の無料のムーミン公園が設備良いのが心配

  • 最近のスルガに関係した一連の報道を踏まえて機関投資家がスルガの「企業価値」をどのように判断するかということについて言及した投稿が少ないようなので、ここに投稿しておく。

    【不適切融資の総額が2兆円という報道から推定できること】
     マスコミ報道によれば、全部が焦げ付くことは無く正常な支払がなされているものも多いとのことだが、これは私から見れば預金者を安心させるためのリップ・サービスのように思える。

     この報道を別の視点(救済もしくは買収する側)から見ると違った結果になる。最大の問題はこれらの融資には相当に大量に「生ゴミ」や「う〇こ」が混じっている事だ。
     2兆円の融資の中身のほとんどは1~2億円未満の小口融資で、契約の中には「銀行側の瑕疵」による問題が相当に大量に含まれているとみられる。しかも訴訟リスクを抱えた融資債権も相当に大量に含まれている。反社関連融資も相当に大量にあるようだ・・・つまり融資の中身は2兆円以上の「ジャンク融資」だったという事になる。

     問題融資は当初、シェアハウス向け融資だけと思われたが、実際には5年程度の期間内に爆発する可能性の高い時限爆弾のついたアパート・マンション向け融資が3兆円の融資のうちの2兆円はあるとみられ、これを考慮すると(融資)資産の実態価値(売買価値)が相当に低いことになる。

    【自己資本3000億円を貸倒引当金に振替えてみる】
     こんなに大量の問題融資(資産)をたった10%程度の持参金(自己資本)で買うバカは同業の金融機関にはいないと断言できる。
     スルガ銀行の自己資本はおよそ3000億円あり、リスク資産に対しておよそ10%あるが、それは言いかえれば全額を「貸倒引当金」に振替えても、たった10%の貸倒引当金にしか相当しないことになる。

     賃貸不動産の価格は市況が悪くなれば10%どころか20%や30%はすぐに下がってしまう。しかも水増し価格でフル・ローンどころか、オーバー・ローンも珍しくないと来ている。しかも高属性とされた融資先の中には相当多数の属性偽装者が含まれており、本業以外の収入からの回収も疑問だ。

     おまけにオーナー企業向けの500億円にも及ぶ問題融資債権もある。こんなもののが「処理」されないまま、ここを買うバカはいない。しかも、問題を起こした融資担当職員は300名はいるとされる。自社の職員すら信じられない状況で正確にデューデリジェンスをし、適切に業務が遂行できるとは到底思えない。

     正常債権と問題債権を分離してみたら正常なものが何もなかったという結果にならないとも限らない。

    【買受先はいない】
     仮に1円で買ったとしても、そのあとに下手をすると1兆円に迫るような追加支出が必要になるのなら、だれが買うのかということだ。結論はすでに出ていると思う。
     問題は、その結論に持ってゆく為には様々なプロセスを経てゆくことが必要になると言うことだ。
     重要なのは第三者委員会の結論よりも強制力のある当局の処分とその後に続く上半期の決算。
     おそらく最終章は年末になる事だろう。

  • 2018/09/05 10:04

    最近のスルガに関係した一連の報道を踏まえて機関投資家がスルガの「企業価値」をどのように判断するかということについて言及した投稿が少ないようなので、ここに投稿しておく。

    【不適切融資の総額が2兆円という報道から推定できること】
     マスコミ報道によれば、全部が焦げ付くことは無く正常な支払がなされているものも多いとのことだが、これは私から見れば預金者を安心させるためのリップ・サービスのように思える。

     この報道を別の視点(救済もしくは買収する側)から見ると違った結果になる。最大の問題はこれらの融資には相当に大量に「生ゴミ」や「う〇こ」が混じっている事だ。
     2兆円の融資の中身のほとんどは1~2億円未満の小口融資で、契約の中には「銀行側の瑕疵」による問題が相当に大量に含まれているとみられる。しかも訴訟リスクを抱えた融資債権も相当に大量に含まれている。反社関連融資も相当に大量にあるようだ・・・つまり融資の中身は2兆円以上の「ジャンク融資」だったという事になる。

     問題融資は当初、シェアハウス向け融資だけと思われたが、実際には5年程度の期間内に爆発する可能性の高い時限爆弾のついたアパート・マンション向け融資が3兆円の融資のうちの2兆円はあるとみられ、これを考慮すると(融資)資産の実態価値(売買価値)が相当に低いことになる。

    【自己資本3000億円を貸倒引当金に振替えてみる】
     こんなに大量の問題融資(資産)をたった10%程度の持参金(自己資本)で買うバカは同業の金融機関にはいないと断言できる。
     スルガ銀行の自己資本はおよそ3000億円あり、リスク資産に対しておよそ10%あるが、それは言いかえれば全額を「貸倒引当金」に振替えても、たった10%の貸倒引当金にしか相当しないことになる。

     賃貸不動産の価格は市況が悪くなれば10%どころか20%や30%はすぐに下がってしまう。しかも水増し価格でフル・ローンどころか、オーバー・ローンも珍しくないと来ている。しかも高属性とされた融資先の中には相当多数の属性偽装者が含まれており、本業以外の収入からの回収も疑問だ。

     おまけにオーナー企業向けの500億円にも及ぶ問題融資債権もある。こんなもののが「処理」されないまま、ここを買うバカはいない。しかも、問題を起こした融資担当職員は300名はいるとされる。自社の職員すら信じられない状況で正確にデューデリジェンスをし、適切に業務が遂行できるとは到底思えない。

     正常債権と問題債権を分離してみたら正常なものが何もなかったという結果にならないとも限らない。

    【買受先はいない】
     仮に1円で買ったとしても、そのあとに下手をすると1兆円に迫るような追加支出が必要になるのなら、だれが買うのかということだ。結論はすでに出ていると思う。
     問題は、その結論に持ってゆく為には様々なプロセスを経てゆくことが必要になると言うことだ。
     重要なのは第三者委員会の結論よりも強制力のある当局の処分とその後に続く上半期の決算。
     おそらく最終章は年末になる事だろう。

  • 最近のスルガに関係した一連の報道を踏まえて機関投資家がスルガの「企業価値」をどのように判断するかということについて言及した投稿が少ないようなので、ここに投稿しておく。

    【不適切融資の総額が2兆円という報道から推定できること】
     マスコミ報道によれば、全部が焦げ付くことは無く正常な支払がなされているものも多いとのことだが、これは私から見れば預金者を安心させるためのリップ・サービスのように思える。

     この報道を別の視点(救済もしくは買収する側)から見ると違った結果になる。最大の問題はこれらの融資には相当に大量に「生ゴミ」や「う〇こ」が混じっている事だ。
     2兆円の融資の中身のほとんどは1~2億円未満の小口融資で、契約の中には「銀行側の瑕疵」による問題が相当に大量に含まれているとみられる。しかも訴訟リスクを抱えた融資債権も相当に大量に含まれている。反社関連融資も相当に大量にあるようだ・・・つまり融資の中身は2兆円以上の「ジャンク融資」だったという事になる。

     問題融資は当初、シェアハウス向け融資だけと思われたが、実際には5年程度の期間内に爆発する可能性の高い時限爆弾のついたアパート・マンション向け融資が3兆円の融資のうちの2兆円はあるとみられ、これを考慮すると(融資)資産の実態価値(売買価値)が相当に低いことになる。

    【自己資本3000億円を貸倒引当金に振替えてみる】
     こんなに大量の問題融資(資産)をたった10%程度の持参金(自己資本)で買うバカは同業の金融機関にはいないと断言できる。
     スルガ銀行の自己資本はおよそ3000億円あり、リスク資産に対しておよそ10%あるが、それは言いかえれば全額を「貸倒引当金」に振替えても、たった10%の貸倒引当金にしか相当しないことになる。

     賃貸不動産の価格は市況が悪くなれば10%どころか20%や30%はすぐに下がってしまう。しかも水増し価格でフル・ローンどころか、オーバー・ローンも珍しくないと来ている。しかも高属性とされた融資先の中には相当多数の属性偽装者が含まれており、本業以外の収入からの回収も疑問だ。

     おまけにオーナー企業向けの500億円にも及ぶ問題融資債権もある。こんなもののが「処理」されないまま、ここを買うバカはいない。しかも、問題を起こした融資担当職員は300名はいるとされる。自社の職員すら信じられない状況で正確にデューデリジェンスをし、適切に業務が遂行できるとは到底思えない。

     正常債権と問題債権を分離してみたら正常なものが何もなかったという結果にならないとも限らない。

    【買受先はいない】
     仮に1円で買ったとしても、そのあとに下手をすると1兆円に迫るような追加支出が必要になるのなら、だれが買うのかということだ。結論はすでに出ていると思う。
     問題は、その結論に持ってゆく為には様々なプロセスを経てゆくことが必要になると言うことだ。
     重要なのは第三者委員会の結論よりも強制力のある当局の処分とその後に続く上半期の決算。
     おそらく最終章は年末になる事だろう。

  • >>No. 278

    最近のスルガに関係した一連の報道を踏まえて機関投資家がスルガの「企業価値」をどのように判断するかということについて言及した投稿が少ないようなので、ここに投稿しておく。

    【不適切融資の総額が2兆円という報道から推定できること】
     マスコミ報道によれば、全部が焦げ付くことは無く正常な支払がなされているものも多いとのことだが、これは私から見れば預金者を安心させるためのリップ・サービスのように思える。

     この報道を別の視点(救済もしくは買収する側)から見ると違った結果になる。最大の問題はこれらの融資には相当に大量に「生ゴミ」や「う〇こ」が混じっている事だ。
     2兆円の融資の中身のほとんどは1~2億円未満の小口融資で、契約の中には「銀行側の瑕疵」による問題が相当に大量に含まれているとみられる。しかも訴訟リスクを抱えた融資債権も相当に大量に含まれている。反社関連融資も相当に大量にあるようだ・・・つまり融資の中身は2兆円以上の「ジャンク融資」だったという事になる。

     問題融資は当初、シェアハウス向け融資だけと思われたが、実際には5年程度の期間内に爆発する可能性の高い時限爆弾のついたアパート・マンション向け融資が3兆円の融資のうちの2兆円はあるとみられ、これを考慮すると(融資)資産の実態価値(売買価値)が相当に低いことになる。

    【自己資本3000億円を貸倒引当金に振替えてみる】
     こんなに大量の問題融資(資産)をたった10%程度の持参金(自己資本)で買うバカは同業の金融機関にはいないと断言できる。
     スルガ銀行の自己資本はおよそ3000億円あり、リスク資産に対しておよそ10%あるが、それは言いかえれば全額を「貸倒引当金」に振替えても、たった10%の貸倒引当金にしか相当しないことになる。

     賃貸不動産の価格は市況が悪くなれば10%どころか20%や30%はすぐに下がってしまう。しかも水増し価格でフル・ローンどころか、オーバー・ローンも珍しくないと来ている。しかも高属性とされた融資先の中には相当多数の属性偽装者が含まれており、本業以外の収入からの回収も疑問だ。

     おまけにオーナー企業向けの500億円にも及ぶ問題融資債権もある。こんなもののが「処理」されないまま、ここを買うバカはいない。しかも、問題を起こした融資担当職員は300名はいるとされる。自社の職員すら信じられない状況で正確にデューデリジェンスをし、適切に業務が遂行できるとは到底思えない。

     正常債権と問題債権を分離してみたら正常なものが何もなかったという結果にならないとも限らない。

    【買受先はいない】
     仮に1円で買ったとしても、そのあとに下手をすると1兆円に迫るような追加支出が必要になるのなら、だれが買うのかということだ。結論はすでに出ていると思う。
     問題は、その結論に持ってゆく為には様々なプロセスを経てゆくことが必要になると言うことだ。
     重要なのは第三者委員会の結論よりも強制力のある当局の処分とその後に続く上半期の決算。
     おそらく最終章は年末になる事だろう。

  • 600円台さようなら

  • 全員含み損

    投げ連鎖がはじまる需給か

  • 買いの見せ板が頑張ってるが
    リバ厨の心が折れるのも限界近いのでは

    ホルダーも全員が致命傷

  • ライブドアみたく特捜が突入でトップ逮捕のワイドショー叩きで灰汁抜けとの見方も有るが

    不動産融資など営業停止処分で下方修正無配転落で灰汁抜けとの見方もあるが

    管理ポストで上場廃止で灰汁抜けという人も多く

    拓銀お父さんで灰汁抜けもあるのか

    岡野の十数億の公金詐欺をリークさせた金融庁の思惑は
    政権はスルガ潰して正義の鉄槌見せるとの意思表示か

  • ライブドア見たいに特捜が突入でトップ逮捕で灰汁抜けとの見方も有るが

    不動産融資など営業停止で灰汁抜けとの見方もあるが

    管理ポストで灰汁抜けという人も多く

    拓銀で灰汁抜けもあるのか

    岡野の十数億の公金詐欺をリークさせた金融庁の思惑は
    政権はスルガ潰して正義の鉄槌見せるとの意思表示か

  • 2018/08/31 10:27

    ライブドア見たいに特捜が突入でトップ逮捕で灰汁抜けとの見方も有るが

    不動産融資など営業停止で灰汁抜けとの見方もあるが

    管理ポストで灰汁抜けという人も多く

    拓銀で灰汁抜けもあるのか

本文はここまでです このページの先頭へ