ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • Hamee<3134.T>は全般相場に連動して下げ基調にあるが、見直し余地の大きな成長株。現在はスマートフォン向けアクセサリーが主力だが、注目すべきは第2の収益柱として育成を進めているクラウド型のEコマース(電子商取引)支援ビジネスの成長性だ。クラウド型であるため収益性が高く、利益額では既に高いウエートを占めている。ストック型ビジネスでもあるため、今後の安定的な利益成長をけん引するドライバーとなっていきそうだ。

     16年4月期の15年10月中間期(5-10月)業績は売上高28億3900万円、営業利益1億4500万円となった。上場初年度であるため前年同期比較がないが、実質ベースでは営業減益で、市場ではネガティブ視されている。これは人員増強による費用増によるもので、会社側の計画に沿う数値。クラウド型のEコマース支援ビジネスは契約者数が順調に増加しており、先行きへの懸念は乏しい。ここからさらに下落する場面があれば、絶好の仕込み場となりそうだ。

本文はここまでです このページの先頭へ