ここから本文です

投稿コメント一覧 (333コメント)

  • >>No. 50

    ブ、ブ、ブ、豚だなんて!あなた、褒めすぎですよ!
    冷静に観察して、適当な言葉を捜してみると…き、き、寄生虫とか、が、害虫とか…

  • 何時からキャンコクが日本より強くなったのか?

    アジア予選ではまるで駄目だったのではなかったか?

    東アジャパー大会で勝ったら急に株が上昇?幻想?妄想?チントン!

    試合後にベンチから飛び出して来てひじ打ち?あれくらいミットモナイ李老婆を見たことはない。

    アジア最強のテコンドーサッカーチーム、日本選手の足を蹴ることばかりに執念を燃やしていたから地盤沈下した、憎悪の炎に凝り固まっているからサッカーが進歩しない。
    汚い手を使う李老婆の頭ではすぐに憎悪で頭が爆発する、進化が無い。
    憎悪というのは怖いですね、怖いですね!♪

    南ア大会のオランダは汚い手を使っていた、イタリアは昔から汚い手を使う名手、キャーンコクは汚い・臭い手足を使ってばかりいて悪臭フンプン。

    汚い手や足を使うと脳が汚染されてサッカーが出来なくなる、それを容認する国民性がサッカーの土壌を汚染する。

    汚い手足を使うことに脳が反応して、クリーンな技の代わりに汚い手足が勝手に動く、身に付いたその汚い手足、汚染されている脳がサッカーをさせない。

    いつも強国同士の戦いでは反則が少ない、クリーンな試合でこれが本物のサッカーだ!と思っていたものだが…近年そういう試合が少なくなってきたかな?

    オランダのサッカーは汚い、南ア大会の日本との対戦、決勝?オランダのダーティーイメージがますます強くなった、この国は駄目になると予感した。
    私の予感は常に当たる。

    キャーンコク民が日本憎しの憎悪の炎に焼かれている間はサッカーの実力差は広がる!汚辱の沼の上に立っているキャーンコクサッカーはいずれその沼に沈んでいく。

    東アジャパー大会で勝って歓喜しているそうだから…そうさせておけ!

    韓国や中国とは永久にまっとうな試合は出来ない。
    交流試合?何処にそれがあるというのだ!?憎悪に対しては交流なんぞあるわけがない。
    友好・交流試合?チャーンチャラオカシイと彼らは思っているし、日本人もそう思っている。

    日本サッカー狂会だけが友好という幻想・妄想に踊らされている、キャーンコクに汚染されている、どこかなにかがおかしいね?金が動いているのかな?キャーンコク人なのかな?

    誰かその正体を明らかにしてくれないかな?韓国の黒い・汚い魔手が蠢いている気がしてならない。

    私の予感・予想は常に当る。

  • 南北朝鮮の対話再開?
    何の意味があるのだろうか?
    韓国、北朝鮮、中国、ロシアのマフィア連合は対話なんて馬鹿にしきっている。
    対話?話し合い?そんなことが過去に一度でもあっただろうか?

    話し合って慰安婦問題合意!何にもならなかったじゃあないか!
    日本に金を完全に返還してからの話し合いだな!
    それからどうするか?
    自分の胸に聞いてみるがいい!

  • 我プランブリはフアヒンの隣町、小高い丘の上に登って見渡せば緑に埋もれた田舎町。
    排他色が強い田舎町だが、日本は人気がある。
    ヒヒヒ…タイ料理が美味しい。
    軍人の町で、軍人というのは面食いなんだね、美人の奥さんとその娘たち。
    空気が美味しい!緑一色。

    寒いので家を閉め切っていて、最近家に帰ると良い匂いがすると思ったらタバコの匂い。
    心安らぐ良い匂い。
    長寿の秘訣だね!
    PM2.5には汚染されていない。

  • メッシというのは変幻自在で、マークするのは不可能だとバルサの誰かが言っていたが、もちろん不可能ということはない、だが難しいのは事実だ。

    小学校の鬼ごっこみたいに、ボールを無視せよ!1m以内をメッシが走ろうとする方向に少し遅く走る、根気よく走る、止まって体をぶつけてはインターフェアーになり反則となる、走ろうとする方向にわずかにドタドタと遅く走る。

    母校の臨時監督をやった時に、常連の国体出場高を相手にこれをやってまんまとはまった。
    相手は手も足も出なかった。
    相手はいら立ってあちこちで押し倒されていた、反則だあ!!
    しかし、こちらの体力と神経の消耗が激しくて続かなかった。

    相手に抜かれても相手は常に全力疾走しているわけではないから追いつくのは簡単、ボールを追いかけてはメッシ級だと翻弄される、離される。
    ボールを奪おうとしてはいけない。
    根気よく体を密着していれば自然とボールが転がり込んでくる。

    ボールを追いかけるのではなく、メッシの腰を見ながらを追いかける、これをかわすのは簡単ではない。
    ボールがある時も無い時も密着して離れない、いらだって相手は必ず反則をする。
    ただし、もの凄く体力と神経を消耗する。

    やってみればわかる。

  • セックスというのは手続きも面倒だが、お金もかかる、結婚というのが一番お金がかかる。
    結婚というのは合法的な売春とどこが違う?と言われてもねえ…どこが違うかさっぱりわからない。

    不倫というと馬鹿な新聞がすぐに騒ぐが、フランスでは大目に見るそうだ。
    セックスレスで殺人事件が起きるよりは不倫が進化したほうがよほどましだ。

    気が付かなかったのだが、セックスレスの夫婦というのは極めて当たり前になっている。
    気を付けて見聞きし、観察してみれば、世界中でセックスレス夫婦が蔓延している、どういうことだろうか?

    一夫一婦制の結婚制度がおかしいのではないか?合法的ではない気がする。

    かといって、4人まで認められているアラブ諸国で二人の妻をめとっている男は極めて少ない、限りなくゼロに近い。
    一人でさえ無理ではないかと思えるくらいなのに、二人?トーンデモナイ。
    モロッコで4年近く生活して、たった一度だけ二人の正妻に右往左往している旦那を見たことがあるだけ、鬼瓦みたいな顔をした大男がバスの後ろに座った身動きもしない二人の妻に食べ物や飲み物を運んで走り回っていた、惨め…

    昔からの婚約者と直近の恋人と同時に義理堅く結婚して半年後に回復不能の精神病院入り、悲惨…
    女は強い!

    ラバト県庁で仕事をしていたら面会者、ん?誰?私はあなたを知りません、向こうは毎朝入り口で出会っている、結婚してほしい!ゲッ!もうすでに結婚している…それでは2番目の奥さんにしてほしい。
    毎日のように面会者、もう4人もいて満杯、それでは承知してくれればあなたが気に入らない一人か二人を交渉して追い出していいか?トーンデモナイ、やめてくれ!
    あれは面白がって俺をからかっていたんだな?同僚も隅の方でこちらをハラハラ・ドキドキしながら見ていた、面白がっていた。

    2週間セックスが無いと男も女も気が狂うという事だった。

    それで、クレオパトラみたいな絶世の美女の贈り物、寝ていたらトントンと戸を叩き侵入して着てさっさと服を脱ぐ、同僚3人がベランダの外で「どうだ!?いい女だろう!俺たちの贈り物だ、さっさとやってしまえ!」と大チャント、アパート中の住人がベランダに出てきて大声援、この女もベランダに出てきて手を振っている、歌を歌ってお祭り騒ぎ!
    ナントイウコトダ!
    日本とひどく違う。

  • 中国で仕事をした時、縦よりも横幅の方が広いと思われた同じ42歳の政治局員と気が合った、客先所長よりも力があってミーティングにいつも出てきていた、彼に何度もあなたは奔放に過ぎる、危ない、注意しなさい!と警告を受けた。
    何が?と気にも留めなかったが、今思えば冷や汗物、日本で何でもない行動、言動と思っても気に入らない中国人治安要員はそこら辺に満ち満ちていた。

    今の韓国は遥かにひどい状態だと思われる、反日?憎しみくらい怖いものはない、なんでも起きる、平和ボケした日本人にはそれが分からない。
    鉄格子の牢屋に入れられて後悔しても遅い。
    観光なんてとんでもない危険に満ち満ちている。

    韓国の焼き肉・キムチを喰いたい?と思っても日本で我慢しなさい!
    キーセン?ウム、分からんこともないが…スケベー心は慰安婦騒動に巻き込まれる!

    韓国人と係わらないこと!
    彼らは気が狂っているのだ!

  • 私は本田を悪く言っているように聞こえるかもしれないが、実を言うと本田を誰よりも高く評価している。
    もう少し足が速くてすばしこく動ければ一世を風靡した選手になっていたかもしれない。

    その先が見える頭脳は敬服に値する、実業家として成功するタイプであるが、サッカー選手としては言い訳が出来ない、鍛えれば足がもっと速くなっていた筈だがそうならなかった。
    それは分かっていた筈だ!だが、その努力をしたようには見えない、サッカーを少しなめていた気配がする。
    先が見えすぎていたからね!
    今から努力しても遅くはないが…ウム!足と同様に遅すぎる、絶望的だな?

    もしも、再びワールド杯の選手に選ばれて、再び本田のリズムとなったら致命的にハリル日本代表の欠陥となってしまう、本田の出番はもうないのだ!

    なんとかならないものか?と思ってもどうにもならない、ハリルさんは本田を使うべきではない。
    コーチとしてどうか?これも、ん…?となる、選手兼コーチ?どうも逆の結果になりそう。

    本田の生きる世界、これは限られている、実業家としてはきっと大物になる。
    頭が鋭い!
    日本サッカー協会の会長に推薦!?これも疑問符がつく、セルフィッシュな曲者だからねえ!それも必要かもしれないが、自分の好きなようにする専制的な皇帝になる可能性が強い。

    魑魅魍魎が横行している実業界では、あの金髪のギョロ目の威光が輝くに違いない。
    あの金髪のギョロ目には誰もが萎えてしまう、イタリア人も降参していたね!?
    いつもあのギョロ目を隠すサングラスをかけていてほしいね!

  • 韓国や中国に観光に行く人の気がしれない。
    30年前に中国で仕事をした時に、官憲の気に入らないことをしたら、いつでもスパイに仕立てられて無実の罪で一生牢屋暮らし、下手したら銃殺されるかもしれないと思ったものだ。

    今の異常に反日に狂っている韓国に行ったら何をされるか分かったものではない。
    竹島を占領している韓国!敵国だぜ!

    君子危うきに近寄らず!

    どうして国交断絶しないのだろう?
    経済最優先?
    国民の命はどうでもいいのかな?

    日本国民の安全のためにも国交断絶!
    観光禁止!

  • 最近よく思うことだが…本田が日本代表監督にピッタリのような気がする。

    選手としてはあまり目立ったところはない、本田並みの選手はいくらでもいるが、ACミランの10番まで持って行ったところは凄い、結局駄目だったということになったが…

    その智謀(策略?)は深謀遠慮、なかなか計り知れないところがある、先を見抜く力がある。
    先の「どんな言い訳もできない。」といったのが監督が駄目なのか選手が駄目なのか?意識してそう言ったのかな?あの鋭い頭脳が東アジア大会の無意味さには触れていない、ナルホド!?
    意識してそう言っただけなのならば、これは並の人間ではない。

    ウム!ハリル監督が駄目だというのなら、ホンダが次期日本代表監督の有力候補!
    今のところハリル監督には遠く及ばないけどね。

    先の見えない選手としての能力に見切りをつけて監督修業を始めたらどうかな?
    ノロノロとした鈍足は決定的な欠点、現代サッカーには通用しない、ミランで通用しなかったのは結局その点に尽きる。

    だが、監督業というのは本田にとって魅力ある職業ではないのかもしれない。
    誰にとっても魅力はない。
    CR7にとってはクソクラエ!だ。
    メディアにウンザリしている選手には監督業は呪われた職業でしかないが、ホンダはメディアを操る能力がある、あの金髪でね!(金髪やめたのかな?)
    ナント、ナント!底知れない頭脳だな、ナルホド!?

    誰もあのギョロ目の金髪には勝てないものね!

  • 高校選手権は面白いね。
    東福岡と青森山田は優勝候補だったのではないか?
    意外性がある、それがサッカーだ!

    半世紀以上も前からEUのサッカーを見始めたのだが(アイスランドのレイキャビクで初めてTV中継を見た)、90分間走り続けなければいけない過酷なサッカーになると30年前に思った。
    究極を突き詰めていくと、こうなるのが必然だ!というのが次々と予想通りに現実のものとなっているのが今の世界のサッカー。

    体力と知力の限界への挑戦となる。
    個人の技術の限界はすでに現実のものとなりつつある。
    多くのメッシが現れてきている。

    90分間ますます休みなく走る、というのが過激になる、走力も当然問題になる、攻守の切り替えが休みなく繰り返される、ということになる。
    ではどこに限界があるのだろう?

    攻守の切り替えの究極は、個人のどのポジションでも同じように均等にこなして攻守の切り替えに対応するしかない、それしか体力を節約して限界に迫る!挑戦する!他に方法が無い。

    ポジションチェンジは常に流動的に上から下まで右左と目まぐるしく変化していく。
    必然的だ!

    10年くらい前にそうなるに違いないと予想した。
    突き詰めていくと自然にそうなると考えられた、必然的であったし、将来も必然的にそうなる。

    つまり、どのポジションでもこなせるスーパーマンの数が何人いるかで、そのチーム、国の力が決まってくる。

    昔からどのポジションでもこなせるスーパーマンはいたけどね!

    今からはますます過激なサッカーとなり、攻守の切り替えでもつれて、いつまでも休みなく連続的にプレーが続いて行く、歩いている時間はない体力の限界が試される時代が来る。

    もうすでにそうなっているようなものだが、ますますそれが苛烈になっていく、限界まで?
    マラソンの記録!夢の2時間10分を切ったというのは…遥か昔の事のように思える。
    人間の体は限界が無いのか?

    だが、やがては限界が来る。
    何処が限界かをどのように考えるか?

    次には知力の限界!これも現在進行形ではあるが…どうなるか予測がつかない。

    体力の限界への挑戦は誰にでもできることだが、知力の世界はそうはいかない、予測が難しい、ヤング久保選手は興味深い。

  • 人参ジュースで簡単に治る40肩・50肩、眼底出血、その他出血性疾病。
    そうするとそれら治療専門を看板に掲げていた治療施設、少しも効果が無かった医療施設で働く人は職を失うことになる。

    40肩になった時は絶望的に治療法をインターネットで調べた、無数の治療法、無数の看板、まったく効果はなかった、今思えば実に腹が立つ。
    デタラメではないか!?

    痛みがぶり返すので痛み止めの注射だらけで背中が白ロウ化して死人の背中みたいになっているのを見た時はゾッとした、医者を信じている人の悲惨な結末。
    まあ、まだ殺さなかっただけまし、患者を殺してその数を自慢した医者がいて、それが耳に入った時は陰ながら私は真っ青になった。
    医者は信用できない。

    40肩の苦しみは忘れられない、何か月も寝られない憂鬱な日々、鈍痛に付きまとわれ、時に激痛、という日々。

    それが2回目の40肩でニンジンジュースだけ試みて4日で完治、嬉しかった。
    年月が過ぎていくとともにデタラメ治療が横行しているのに腹が立った。

    医療と称している業界は何をしているのだろう?

    しかし、人参ジュースで簡単に治るというのが普及しないね、どういうことだろうか?
    まあ、私自身が信じられない思いがあるから無理もないかもしれない。

    人は信じたいものだけ信じる、という迷信の世界だから…

  • 結局は使われる選手の頭の構造、理解力の問題。

    世界的に見て日本代表候補選手は体力的、技術的に差があるわけではない、知力の問題に行きつく。
    総合的組織力は見劣りしない。

    どうして勝てない理由があるだろうか?

    攻撃的にも守備的にも足が速い選手をそろえ、共通の理解で、勇気を持って戦う必要がある。

    ペナルティーエリアに近くなったら少しでもチャンスがあれば(無くても!)ごり押しのゴリゴリで相手を抜いてシュート!
    サッカーは何が起こるか分からない!

    ペップのパス回しサッカーは怖くなかった(過去形)、メッシ一人が怖いのだ!
    ゴリゴリの点を入れてやろう選手がどんな形でもシュートを打ってくるのが怖いのだ!
    相手に当たってコースが変わってゴールというのが怖い。

    日本代表のゴール前のプレーは…ナントイウカ…怖くないね。
    選手の勇気が足りないのかな?
    失敗を恐れているのかな?

    あの選手にボールが渡れば…打ってくる!というのが怖い!それが無い!
    何処にパスを出そうか探している?
    ゴールの4隅にパスを出しなさい!

    パスを出すふりしてシュート、シュートと見せかけてパス、当たり前のことを当たり前にやれるストライカーが不可欠だが、日本人は隣に迷惑をかけてはいけない伝統が邪魔をしている。

    シュートのうち100本に1本しか決まらないのだ!惜しいシュートも入らなければ皆同じ!
    コロコロシュートでも何でも入れば千金の価値、試みなければ何も起こらない。

    CR7を見よ!外しまくっているではないか!?

  • 肺癌というのは車社会の発展とともにやって来たのではないか?
    中国の黄砂というのは昔からあったのだが、中国本土の公害がひどくなって煙が日本に流れて来る、そして世界に拡散している。
    肺癌の激増と時期が一致している。

    日本の、いや世界の喫煙者が激減しているのに肺がんは激増の一途。
    禁煙に洗脳されている人も困ったね!

    PM2.5の発生源は、これも激増、人口の増加とともにエネルギー消費も激増、肺癌だけでなくてPM2.5は肺を通過して血液に深く浸透、DNA遺伝子変異に大きく影響して各種癌の原因となっているという研究論文が爆発的に発表されている。
    WHOも苦しいね、過去と決別しなければいけないようだ。

    今は禁煙運動は立ち往生している。
    弁慶の立ち往生!

  • サッカーは何が起きるか分からない!
    為せば成る、為さねばならぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり!

    日本代表バッシングがしばらく続いたが…日本は最弱?そんなことはないと思うよ!

    1位通過でW杯、これをよく考えてみよう、冷静に結果を考察したら、ハリル監督の采配が光っていたことが分かる。
    どうしてハリルさんがよい結果を残したにもかかわらず批判にさらされているか?
    サッカーを理解していない、枝葉末節をあげつらってのメディアの浮ついた批判が一番罪が重い。
    一つ一つの批判を点検してみると迷信に近い実につまらない感情的な批判を取り上げている、付和雷同!

    関係のない選手の奥さんや恋人、サポーターの女の尻ばかり追いかけるサモシイサッカー記事!真実はどこにあるか?女の尻を追いかけてどうしようというのか?ん?
    ワイワイワイ!と右往左往、つまらんサッカー人格が走り回っている。

    その中でのメディアを見抜いている本田の発言、影響は大きかった、ハリルおろしを画策していたとしか思えない。
    非常に頭の鋭い先が見える頭だから、一つ一つの発言を見ると自分のW杯出場が危ういと早くから見抜いていた、ハリルサッカーとは相いれないと見ぬいている。
    自分で代表候補には適していないと分かっているはずだが…辞退したらどうか?

    過去がどうだったか?は問わない、現実的な最高の状態の選手を選ぶ、とはっきりハリル監督は明言している、代表候補はそれにこたえようとしている。
    どこが間違っているというのだろうか?

    東アジア大会の結果を見て本田は「どんな言い訳も許されない!」と発言、焦って来たな?
    その頭の鋭い狡猾な策略を駆使する本田を使うべきではない、頭に体がついて行っていない、本人ももどかしい事だろうね、危機感でどうしたらいいか分からなくなっている、どうにもナランね。

    ハリルさんがどこまで信念を貫き通すか?これからが正念場!
    汚い水の上に浮く泡のようなメディア、批判的時流に乗った人気取りの解説者、日本サッカー狂会、邪魔者ばかりだが…ハリルさん!あなたしかいないのだ!突き進んでほしい!

    癇癪を起して本音を言ってはいけませんよ!本音を言ったら皆で渡れば怖くない3流以下の日本人は激怒します。

  • 嫌煙・禁煙に洗脳された娘二人がやってきた。
    ムムム・・・こりゃなんとかしないと娘たちの身の破滅になるかもしれない…

    洗脳された頭を元に戻すには正論を言い聞かせるしかない!と、いろいろと言い聞かせたのだが聞く耳を持たない。

    それでPM2.5を学習しなさいと宿題を与えたのだが、ちょっと難しいかな?
    まだ14歳と17歳の頭が飛んでいる時期だからなあ!

    WHOもだいぶ風向きが変わってきて、PM2.5に注目し始めた。
    WHOが洗脳の世界的宣伝の張本人なのだが、間違っていたかな?という気配が感じられる。

    この宣伝元はWHOのある女性高官なのだが、タバコ肺癌説が間違っていたとなったら責任をとって首を吊ってもらおう!或いはあっさり死刑だな、罪が重すぎる。

  • たばこを喫って肺癌になった人はいないんじゃあないかな?
    捏造!?韓国、中国の特技!

    PM2.5が原因というのが統計(?)にはっきり出てきている。
    タバコ肺癌説の統計とはかなり捏造度が違う。

    嫌煙者、禁煙家の洗脳はお気の毒。

  • 韓国の冬のオリンピック、阿部首相が行かない!と表明。
    当たり前じゃん!何しに行くのよ?
    すると、国交断絶のコメント一色、オリンピックに参加するな!のコメント一色。
    ん~~!?努力してきた選手には気の毒だけど…こんな反日に狂っている国のオリンピックに参加したら日本人選手は毒を盛られるかもしれない!前科がある。
    やめた方がイイと思う。
    だいたい、宿泊施設が無いジャン!

    日本で同時期、同時間に代替えの大会を開催!

  • 頭の天辺から爪先までタバコに染まっています。
    PM2.5も敬遠するわな!

    半年前に引っ越してきたとき、家主が雑草をきれいに取り払って土が丸出し、1本の大きなバナナの木に大きなバナナの房。
    今雑草が茂り、バナナの木だらけ、4本にバナナの房が垂れ下がって、5本目も昨日ニョッキリと房の芽、寒い性か実が太くならない、肥料やってみるかな?バナナは食べないんだな、これが!あんなに実をたくさんつけて…

本文はここまでです このページの先頭へ