ここから本文です

投稿コメント一覧 (1488コメント)

  • >>No. 18651

    Camelliaさん、こんばんは。

    寒いというか、もう冬でしょうか。
    こちらは、最高14℃で家では、
    ストーブをつけていました。

    本当に先週12日にはι(´Д`υ)暑いと
    書き込みされていたのに・・・

    まさか、その4日後に、こんな寒さになるなんて
    極端な変わりようです。
    東京も46年ぶりの寒さだったんですね。
    今夜のニュースになっていました。

  • >>No. 18644

    それにしても、物凄い気温の急降下ですね。

    つい3日前まで29℃だったのに
    明日は13℃ですか。
    夏から秋を飛び越えて12月並の冬とは
    これじゃ、身体が追いつきませんね。

    兎に角、お大事になさってくださいね。

  • >>No. 18631

    Camelliaさん、こんばんは。

    今日、日曜日は、朝からハッキリしない天気で
    一日曇りがちでした。最高気温も18℃と
    以前の最低気温のような秋らしい感じでした。

    本当は、何処かへ出かけても良かったんですが
    昨日買ってきた本も読みたかったので
    一日、お昼もカップラーメンをすすりながら
    読み続けていました。

    特にNHKラジオ第二のこころをよむ
    「無意識との対話 身心を見つめなおす」を
    読み終え、ようやくテキスト全体の鳥観図が
    出来たかなと思いました。

    意識と無意識とのバランスが崩れ合理主義の理知を
    中心とした現代において感謝の気持ちを忘れずに
    日本人が得意な直観力や想像力などの無意識
    との対話を深めて行けば、次世代の文明
    の軸になる。人には、そんな無意識の力が
    生まれながらに備わっているという事でした。

  • >>No. 18629

    Camelliaさん、こんばんは。

    今日は晴れたり曇ったりで割と小寒く
    一日中長袖、長ズボンで過ごしました。
    もう、夏の装いは無理になったかなと
    深まり行く秋を感じています。

    午前中は、いつものように掃除、
    買い物等をしていましたが、
    午後3時頃、金港堂とヤマト屋の本屋を
    二軒梯子しました。

    そして、購入したのは、次の通りです。
    ①哲学用語図鑑 田中正人 (著), 斎藤哲也 (編集)
    ¥ 1,944
    ②NHK こころをよむ
    無意識との対話 身心を見つめなおす
    2017年 7月~9月 [雑誌] (NHKテキスト)
    ¥ 823
    そして、帰宅後、本屋には無かった
    ③史上最強の哲学入門
    飲茶Kindle版
    ¥ 740
    ④史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち
    飲茶Kindle版
    ¥ 920
    計4,427円となりました。

    ②は既にKindle版を手に入れていましたが
    本という形が欲しくなって買ってしまいました。
    ③は、哲学の入門書ですが、改めて
    哲学、真理とは何だろうという事を
    考えさせられ面白かったです。
    こうした入門書は、何を取って何を捨てるかが
    問題ですが、これだけ読んでも余り分からないかも
    知れませんが、哲学へのきっかけとしては
    手ごろかなと思いました。

  • >>No. 18626

    Camelliaさん、こんばんは。

    きょう東京は29℃でも
    あす13日(金)から一気に16℃と肌寒く
    なるそうです。
    なんと、一日で13℃も急降下する
    とのことです。

    ジェーソンの13日の金曜日でもあり
    体調管理にご注意ください。

  • >>No. 18620

    Camelliaさん、今夜は、割と涼しくて
    過ごしやすいです。
    といっても、自分は、Tシャツに短パンですけど。
    というか、チョッとこ寒いかなと。

    火山は噴火するし、隕石は落ちるし
    いろんなことが起きますね。

    霧島連山・新燃(しんもえ)岳が約6年ぶり
    今朝午前5時34分ごろに噴火しました。

    4日午後8時過ぎ(日本時間同9時過ぎ)
    中国南部の雲南省に隕石が落下したとのこと。
    中秋の名月を撮影しようとしていた人たちが、
    暗闇が急に明るくなり、大きな火の玉が
    数秒かけて落下する様子を動画や写真に
    収めたらしいです。
    落下の衝撃はTNT火薬540トンの爆発に相当し、
    マグニチュード2・1の地震が観測された
    とのことでリアル「君の名は」ですね。

    ホントいろんなことが起きて衆議院選挙も波乱含みです。

  • >>No. 18615

    Camelliaさん、光に浮かんで幻想的ですね。

    連休最終日の今日は、家事と介護だけでしたが
    天気も良くてリラックスした時間を過ごしました。

    明日からまた仕事ですが気持ちを切り替えて
    頑張りたいと思います。

  • >>No. 18601

    Camelliaさん、素晴らしい向上心に感心いたします。
    ぜひ、初志貫徹にむけて頑張ってくださいね。

    今日は、午前中に買い物へ行った途中で石巻金港堂書店で
    三冊の雑誌を購入しました。
    ①こころをよむ 心の進化をさぐる―はじめての霊長類学
    (NHKシリーズ) ムック 松沢 哲郎¥ 823
    ②大法輪 2017年 11 月号 [雑誌]¥ 940
    特集:真言・陀羅尼・梵字の基礎と実践
    ③週刊 ニッポンの国宝100
    1 阿修羅/風神雷神図屏風[分冊百科]
    (2017年9/19号) 雑誌 ¥ 500

    特に、①こころをよむ 心の進化をさぐるは
    NHKのらじるらじるにアーカイブスがあって
    とても便利です。

  • >>No. 18595

    そうなんです。
    明日から三連休となりました。
    お互い良い休みにしたいですね。

  • >>No. 18591

    Camelliaさん、冬の使者コハクチョウが
    宮城県栗原市の迫川に初飛来しました。

    6日午前7時ごろ、宮城県伊豆沼・内沼
    環境保全財団の研究員が栗原市の迫川で
    羽を休めているコハクチョウ25羽を確認しました。
    コハクチョウの県内への飛来は平年より3日早く、
    去年より1日遅いということです。

    寒さが厳しくなればなるほど、数は増えていくようで
    今月下旬にはオオハクチョウも
    飛来してくるということです。

    伊豆沼周辺では1月のピーク時には
    約4000羽のハクチョウが飛来しています。

    それから、夕方5時ごろに自分のスマホから
    警戒音が鳴りゆらりゆらりと長めの地震が
    ありました。ホントΣ(・ω・ノ)ノ!ビックリしました。

    震源地は福島県沖で震度は2でしたが
    割と長くてマグニチュードも6と、ここ最近にない
    大きな地震だったと分かりました。
    今後、2、3日は注意したいです。

    >選挙、どうなるの❓

    選挙ですが、だいぶ混戦している
    みたいですね。希望の党にも逆風が吹きだしたと
    マスコミは小池都知事を批判する論調ですが
    都議会議員選挙の様に自民惨敗となるかも
    しれませんね。

    ただ、都議会で2議員が離脱したのは驚きましたが。

    今後の行方が気になります。
     「将来を 決めるあなたの この一票」
     「託そうよ 明るい未来に この一票」

  • >>No. 18587

    Camelliaさん、今夜はとても
    月が丸くて大きかったです。

    それから、今年のノーベル文学賞が
    長崎県出身の日系イギリス人で作家の
    カズオ・イシグロさん(62)に決定したようです。

    代表作は臓器移植提供者の悲哀を描く
    「わたしを離さないで」。
    授賞理由は「彼の小説は、偉大な感情の力を
    もって我々の世界とのつながりの感覚が、
    不確かなものでしかないという、
    底知れなさを明らかにした」とのことです。

    イヤー凄いですね。

  • >>No. 18587

    Camelliaさん、10月になって一気に寒くなりました。
    まるで、人の衣替えを見ているかのようです。

    選挙は、分からなくなりました。
    自分としては自民党なのか希望なのか
    立憲はないです。

    それにしても、民主党時代に総理経験や
    幹事長、大臣等を経験した議員が
    こんな待遇をされるなんて、ある意味
    自業自得というか気の毒というか
    とにかく、まだ、時間はあるので
    投票日までよく考えたいと思います。

  • Camelliaさん、今朝は肌寒くて霧が深かく
    宮城県北部の栗駒山1626メートルでは
    既に紅葉が見頃を迎えたようです。
    山頂から山腹にかけて赤く染め上がり、
    登山客の目を楽しませていると
    今朝の新聞にありました。

    昼間になると気温も上がり、すっかり秋晴れとなって
    岩沼、亘理で開催の東北・みやぎ復興マラソン2017
    も無事、スタートを切って選手の皆さんも気持ちよく
    健脚を競っていました。

    東京、お台場の新名所の
    劇場型ショッピングセンターの
    「ダイバーシティ東京 プラザ」。
    ここに「実物大ガンダム立像」の後継として、
    「機動戦士ガンダムUC」に登場した
    「ユニコーンガンダム」の実物大立像を
    展示したんですね。
    ああ、やはり、東京っていろんなものがあって
    羨ましい、行ってみたいです。

    あれっ、10時25分頃地震がありました。
    震源地は茨城県北部で、震源の深さは約10km
    地震の規模(マグニチュード)は4.9とのことです。
    福島県で震度3でした。
    気象庁の緊急地震速報の発表が始まってから
    今日で10年なんだそうですが、見逃しなどもあって
    気象庁は、引き続き精度の改善を進めるとのことでした。
    地震は怖いです。

  • >>No. 18553

    それから、今日、衆議院解散しましたね。
    でも、なぜ今解散したのでしょう?

    きっと、安倍総理は民進党は人気がないし
    「急には小池新党の準備も間に合わないはず」
    と思い、今の時期に衆議院の解散を決めたのかも
    しれませんが、都議会選の件があるので
    安心は出来ないような気もします。

    それに、森友・加計問題の隠ぺい策
    の様にも感じます。

    「自民党には入れたくないけど、民進党もちょっと…」
    という人たちの票は「小池新党」に流れても
    おかしくないです。

    個人的には、消費税を減税して景気回復して
    もらいたいですけど、凍結案はあっても
    減税は無いみたいでチョッとがっかりです。

  • >>No. 18553

    Camelliaさん、こんばんは。

    こちらでも、今日は、雨でした。
    これで、一気に秋が深まったような感じで
    家に帰ると妹はストーブを出していました。

    なのに自分は、今もTシャツに短パンです。
    きっと、頭が暑いからなんですね。〈笑〉

    >10月の名著は歎異抄、再放送でしたっけ
    親鸞の歎異抄です。
    既に録画済みだしリアルタイムで見ることも
    キッとないと思うのですが、歎異抄なら
    「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」
    欲や怒りや愚痴などの煩悩まみれの人間の本質を
    再考出来ていいかなと思います。

    それから、100分DE名著 ハンナ・アーレントの
    「エルサレムのアイヒマン」ですが、
    これを見ていて、ふいに交通標語が浮かびました。

    ~ 交通ルール 守るあなたが 守られる ~

    以前は素晴らしいと思っていましたが、アイヒマンを見て
    これって、本当に正しいものなのかなと怖くなりました。

    結局、アイヒマンは、遵法精神があったがゆえに絞首刑に
    なってしまいましたし、ソクラテスは毒殺されました。

    単純に法律を守って服務規定に沿っていれば守られると
    いうものではないのかなと、いろいろ考えさせられました。

  • >>No. 18545

    Camelliaさん、こんばんは。

    100分DE名著 ハンナ・アーレントの第4回は
    「エルサレムのアイヒマン」についてでした。

    アイヒマンは、上役の「命令」だけでなく、
    「法」にも従順でした。

    アイヒマンは、上に言われたから嫌々ながら
    仕方なくやったのでなく、あくまで法の精神を
    理解したうえで法が命ずる以上のことを
    しようと腐心したようです。

    これって、ソクラテスの「悪法も法なり」にも
    通じる話で、ソクラテスは、そんな順法精神を
    固く持っていたために、陪審員制度によって殺されたのでした。

    アーレントが見たアイヒマンは平凡な官僚で、
    たまたま与えられた仕事を熱心にこなしただけであり
    特筆するような残忍さも、狂気も、ユダヤ人憎悪
    もなかったとのことです。

    自分等は、道路の速度制限など殆ど守ったことがないのに
    アイヒマンは、ある意味偉いです。

    でも、なぜ、このように素晴らしい順法精神が
    大量虐殺に加担してしまったのでしょう。

    つまり、条件がそろえば誰もが
    アイヒマンになりうるなかで、
    そうならないための対処はあるのでしょうか。

    逆に正義感の強い忠実な人ほど悪のかたまりで
    考えることをやめた人が陥るものだということです。

    考えることに他者の視点・複数の目がなければ、
    自分では考えているつもりでも、数学の問題を
    解くみたいに処理しているにすぎないとのことです。

    ここに、哲学をする意義があると思いました。

  • >>No. 18539

    Camelliaさん、こんばんは。

    パンダの名前決まったんですね。
    何でも一番多かったのが、前回と同様に
    ルンルンだったとか。

    花の子ルンルンでしょうか。
    でも、ルンルンって充てる漢字が
    見つからない事と既に同じ名前のパンダが
    いたからだとか。
    まあ、香香っていいです。
    https://www.youtube.com/watch?v=AfnJMBLAupc

  • >>No. 18519

    Camelliaさん、お疲れ様です。

    今朝は、お彼岸らしい秋晴れとなりました。
    それで、毎回、楽しみにしているETVの
    こころの時代〜宗教・人生〜で、今回は
    「生きる意味とは —ニヒリズムを超えて—」
    として、松塚豊茂島根大学名誉教授の話が
    ニーチェの運命愛の超人思想の様で興味深かったです。

    戦後、生きることの意味を見失っていたときに
    旧制高校時代に出会った親鸞の教えにより
    ニヒリズム(虚無主義)が示す徹底した否定の果てに、
    転じて南無阿弥陀仏に生かされて生きる安心が現れる
    と実感するようになったとのこと。

    「地獄はあると思ってる者には地獄はない。
    地獄がないと思ってる者には地獄がある」

    自分は自分の道をコツコツやるだけ。
    焦って追いつこうとしても、そんなペースに
    振り回されたら結局何もできない。

    だから生きる意味というようなものは
    ニヒリズムを通さなければあらわれてこない
    ということでした。 

    つまり、全否定した先に見えてくる全肯定。
    そういう否定のフィルターを通して初めて
    これでよしという人生に対する肯定が生まれる。

    それは「空」や「無」などの否定による仏教のように
    結果、非常に積極的で創造的なものに導かれるのだと。
    確かに、ニーチェは、創造的な芸術を愛していた
    というのも似ているなと思いました。

  • >>No. 18501

    Camelliaさん、こんばんは。

    >スカイウオークはトイレがとてもキレイ☆彡で驚きました。

    そういうことも非現実的でいいですね。
    綺麗なトイレってパチ店しか思い浮かびませんが。
    綺麗な富士山も見れるし最高だと思います。
    ああ、行きたくなりました。

  • >>No. 18491

    Camelliaさん、お疲れ様です。

    三島のスカイウオークって吊り橋でしょうか。
    だとすると、揺れて怖いですね。
    私も以前、大分県の九重町にある「九重“夢”大吊橋」
    に行きましたが、高いところにあって揺れて怖かったです。

    アーレントは第1次世界大戦の敗戦後ドイツにおいて
    「大衆社会」が本格化していったと指摘しました。
    ワイマール憲法の成立による議会制民主主義が
    社会を大きく変えたのです。
    議会を中心に政治が動くようになりあらゆる人が
    政治に影響力を持てるようになります。
    それは政治に関心がない人たちも「政治」に
    参加できる事を意味しました。

    ところが、皮肉な事に「権利」を求めて戦う緊張感が薄れ
    政治を人任せにしてもよいという受け身の人たちも増える事になったのです。
    それが「大衆」でありそこから「全体主義運動」が生まれるのだと
    アーレントは考えました。

    「大衆」とは政治的な問題、公的な問題に無関心で共通の利害や
    階級意識によって結ばれた「政党」「利益団体」などに属さない集団です。

    それは、何をやったら幸福になるのかがはっきり分からず
    方向性を見失っている人達とも言え「全体主義」は
    そうした「大衆」において発生した動きとのことでした。

    自分自身も明確なビジョンが持ていない人間だから同じですね。
    これって、吊り橋以上に怖い話かなと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ