ここから本文です

投稿コメント一覧 (1678コメント)

  • >>No. 20185

    Camelliaさん、こんばんは。
    それにしても驚きのニュースが
    飛び込んできましたね。

    アイドルグループ「TOKIO」の山口達也容疑者
    による強制わいせつ事件を受け、テレビCMを
    放映する企業や自治体などはCMの中止を決め、
    福島県はPR用ポスターを撤去。

    山口君の芸能活動の無期限謹慎も決まっており、
    影響は相当長引きそうです。

    言葉だけでも今の時代辞任しなければならないのに
    実力行使に及んだとなればダメですネ。

    我が家の母も山口君のファンで応援していたのに
    超ガッカリというか、見せる番組が減っていきます。 

    神の怒りなのか26日午後6時15分ごろ、
    硫黄山周辺で噴火が発生し、噴煙が火口から
    200メートルの高さまで上がったとのことです。

    なにか嫌ですね。

  • >>No. 20181

    Camelliaさん、こんばんは。

    アンドレ・ジッドといえばマタイ福音書第7章第13節

    「狹き門より入れ、滅にいたる門は大きく、
    その路は廣く、之より入る者おほし。」

    神への愛か人への愛かに思い悩む「狭き門」ですね。

    信心深いアリサの生き方を感慨深く受けとめることが
    多いと思いますが、そのために死んでしまうなんて
    本当に信仰心だけだったのかなと疑いたくなります。

    私は、曼荼羅や法華経の様に愛とは突き詰めていくと
    平等で広がりと思いやりのある心だと思います。

    自己中心的な生き方ではない他者を思いやる生き方
    神への信仰を持ち続けることこそ狭き門だと思います。

    なので、感謝するばかりです。

  • >>No. 20176

    結局、法華経の真髄は、原始仏教の「平等思想」
    に立ち返るべきこと、老若男女の対立を超えて
    皆が仲良く平和に暮らすべきこと。

    この平等思想の「法華経」教えを釈尊の入滅後、
    誰が広めていくのか。
    すなわち、滅後の弘教の付嘱の問題がありました。

    「弘教」は、仏の教えを広めること。
    「付嘱」とは、師から弟子に弘教を託し委嘱すること。

    以前は、「法華経」とは、中身のない経典だと
    揶揄されたこともありましたが、実は皆が仏に成れる
    とする原始仏教からの平等思想なのだと思いました。

  • >>No. 20172

    Camelliaさん、こんばんは。

    今日は、小雨が降り続くぐづついた
    天気となりました。
    天気予報では、東日本では25日昼前にかけて、
    1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るらしいです。
    土砂災害や浸水、河川の氾濫に警戒が必要なようです。

    それから、100分de名著 法華経は
    とうとう最終回となり「“人間の尊厳”への讃歌」を
    録画していたので見ました。

    指南役は 仏教思想研究家の植木雅俊さんです。
    それから戦国時代の絵師 長谷川等伯の生涯を
    描いた歴史小説で直木賞を受賞した作家の
    安部龍太郎さんでした。

    物語のクライマックスは等伯が国宝の
    「松林図屏風」を描く場面です。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9E%97%E5%9B%B3%E5%B1%8F%E9%A2%A8

    「法華経」を実践する場所なら
    どこでも尊いと釈尊は言うのです。
    更に 最終章「嘱累品」では「地涌の菩薩」以外の
    全ての菩薩にも付嘱がなされます。

    付嘱とは仏滅後の娑婆世界において「法華経」の
    弘通(布教)を委嘱することの意味です。

    全ての菩薩たちに付嘱がなされると
    分身の諸仏たちも元いたところへと戻っていきます。
    そして、すべての菩薩たちは
    「釈尊の教えの通り実行いたします。
    ご心配はいりません」と力強く誓願しました。

    改めて 「法華経」を今読む意味とは何か。

    比喩に満ちて楽しいし「人間はありのままで尊い」
    と発見することだと。原始仏教の平等思想すらも
    釈尊の滅後に権威主義・形式主義に変化して
    本末転倒になったりするような事がありました。

    人類の歴史も 時とともに改ざんされたり
    書き換えられたりですね塗り替えられたりする事が
    あると思いますけれどもそういった事に対して
    本来の姿を忘れてはならないと「法華経」は
    教えてくれる。そういう智慧が込められてる
    ということでした。

    なかなか速足でしたが奥深い講座でした。

  • >>No. 20169

    Camelliaさん、こんばんは。

    こころの時代~宗教・人生~
    「古(いにしえ)の大和へ」を観ました。

    春日大社の権宮司を勤め、
    40年近く奉職し、明治以降に失われた
    古い儀式の再興などに尽力。
    奈良の古文化への深い造詣をもち、
    大学でも教鞭をとる岡本彰夫先生。

    「人の役に立ちたい」と思い、
    神様に人々の幸せを祈る神職の道を選ぶ。

    100%満足するような人生はない。
    何かが足りないのが人生の醍醐味。

    最も印象に残る仕事として、
    20年に1度、社殿の修理などを行う
    「式年造替」での古儀(旧儀)の
    再興を挙げていました。

    退職後は、健全な青少年の人材育成を
    目指した取り組みも計画。

    「これからは『死ぬまで必要とされる人生』が
    最大の課題。神様に仕えて得た経験を生かし、
    人にの役に立ちたい」とのことです。

    春日大社は、中臣氏(藤原氏)の氏神を
    まつる奈良県奈良市にある神社です。

    全国に約1000社ある春日神社の総本社で
    鹿が神の使いなのだそうです。

    ご利益は「夫婦円満」と「縁結び」で
    全国で唯一、夫婦の大國様をお祀りしているから、
    縁結びの神様として訪れる人が後を絶たないそうです。

  • >>No. 20161

    羽生選手凱旋パレードには行きませんでした。

    きっと見に行ってもよく見えないだろう
    と思ったからです。

    といっても昨日までは、どうしようかなと
    思案中でしたが、この暑さもあってギブしました。

    明日から再び仕事なんで頑張りたいと思います。

  • >>No. 20156

    Camelliaさん、こんばんは。

    今日の午後1時15分からは、仙台中心部で
    羽生結弦選手の2度目の金メダル凱旋パレードが盛大に
    行われ沿道に集まった大勢の観客から歓声が飛びました。

    羽生選手のパレードは2014年ソチ五輪以来2回目。
    私は、テレビで見たのですが、ホント大勢の人が
    前日から場所取りをして応援していました。

    中には「羽生選手応援グッズ」のTシャツや
    ラバーバンドを身につけた人々も多くみられました。

    それにしても気温が約30℃真夏の陽気となって
    応援している人やスタッフの皆さんも大変だったと思います。

    なんと明日は曇りのち雨で気温も最高が13℃と
    17℃も下がる見込みです。
    こんなに気温の上下が激しいと身体がついて行けませんね。

  • >>No. 20152

    Camelliaさん、こんばんは。

    世界の哲学者に人生相談 第3回「自由」
    は、御覧になられましたか。

    「社畜」「結婚は人生の墓場」。

    そう言いながら多くの人は就職し、結婚します。
    私たちが自由に憧れるのにも関わらず、
    最終的に不自由に向かうのはなぜなのでしょう?

    サルトルは
    「人間は自由の刑に処されている」と
    いったい何を選択したら幸せになれるのか
    というより不幸にならなくて済むのか
    五里霧中なのが人なのだと。
    それに、自由には責任も伴いますよね。

    私たちは自由ではないとき不満を抱いてて
    突然自由を与えられると、全てを自分で
    プロデュースすることはとても難しく、
    あれも決めなきゃこれも決めなきゃと、
    逆に不自由になってしまいます。

    会社を辞めてフリーになると
    舞い込んだ仕事を回す同僚もいないし、
    トラブルがあっても全て自分で解決が必要です。

    会社員だと面倒な諸手続きも会社がしてくれるし、
    細分化された目の前の仕事に没頭できるのは気楽です。

    ただ、共同体であるためにルールが生まれ、
    それに縛られている不自由さが生じます。

    自分で選択したはずの不自由に不満を抱き、
    自由に恋い焦がれるなんて皮肉なものです。

  • >>No. 20146

    Camelliaさん、午後8時42分発生の地震では
    我が家は揺れませんでした。
    震度3 岩手県 普代村でした。
     
    あと、今日の午後3時55分に
    宮崎・鹿児島県にある霧島山(硫黄山)
    で噴火が起きました。

    それにしても、地震に噴火、嫌ですね。

  • >>No. 20142

    Camelliaさん、こんばんは。

    グレーテルのかまどは
    “不思議の国のアリス”のケーキでした。

    チョッと古風なケーキで美味しそうでした。
    なかなか自分でケーキを焼くのは大変だな
    と思ったり、でも、アリスは面白い話なので
    トランプの世界など異次元飛行が楽しいです。

  • >>No. 20142

    Camelliaさん、お疲れ様です。

    そういえば、事務次官や知事の辞任の陰に隠れて
    大分のがけ崩れや各地の震度5以上の
    大きな地震のことは、薄くなってしまい
    今はどうなっているのか
    分からないですね。

    早く政治のドタバタが終息することを望むばかりです。

  • >>No. 20137

    早速職場で嫌なことがあったのですが
    頑張って乗り切りたいと思います。

  • >>No. 20139

    Camelliaさん、こんばんは。

    100分de名著 法華経 
    第3回「“永遠のブッダ”が示すもの」
    録画していたのを見ました。

    講師は仏教思想研究家の植木雅俊先生です。
    朗読が、シンゴジラで 花森防衛大臣役の余貴美子さん
    語りがNHKの元アナウンサーで、現在はフリーの
    三宅民夫さん65歳です。

    今回は女人成仏と仏陀の永遠性がテーマでした。
    平安時代、貴族女性が熱心に「法華経」を
    手に取った理由が女人成仏にあるわけで
    内容に喩えが多く何の意味なのか説明が必要です。

    この世の娑婆世界は傲慢な輩の巣窟だけれども
    世界で初めて女性の自立と財産権を認めたのは釈尊で
    やはり凄いなあと思いました。

  • >>No. 20133

    Camelliaさん、こんばんは。

    4月も半ばを過ぎたのですが、なかなか
    職場には馴染めません。
    それは、人に対してよりは仕事に対して
    といったほうがいいかもしれません。

    そんな悩み前途多難な自分は、
    こころの時代〜宗教・人生〜シリーズ 
    マンダラと生きる 第1回
    マンダラが現代に生きる私たちに
    語りかけるものとは何かを観ました。

    ユングと世界のマンダラの話があり
    密教のマンダラに限らず人間の無意識に
    マンダラがあるのだというものでした。

    仏教の場合は開祖のブッダ以来
    悟った究極の真理最高の真理は言葉では
    伝えられないっていう大原則があるのだとか。

    それを突き詰めていくとマンダラになるそうで
    ブッダの悟りに到達すべく新たな修行法の開発も
    必要になり、そのための非常に有力なアイテム
    ツールとしてマンダラが生まれてきたようです。

    マンダラは「輪円具足」という意味で
    欠けてる部分がない円くて完璧なもの
    ということだとか。

    マンダラは、大日如来を中央に配して、
    更に数々の「仏」を一定の秩序にしたがって配置した
    胎蔵界と金剛界の2つの曼荼羅を合わせて
    「両界曼荼羅」と称する。

    「胎蔵」は客体、「金剛」は主体表現であると
    されています。

    そして、胎蔵界は、大日如来をあらゆるものを生み出す
    子宮(胎)とみなすところから来ていて放射状に描かれ
    金剛界は、究極の真理の世界を9つのダイヤモンドの区画
    で表現していて2つの異なる世界を一つとして扱い
    生命力を表しているのだとか。
    凄いですね。

  • >>No. 20113

    それにしても最近地震が多いような感じがします。

  • >>No. 20109

    Camelliaさん、お疲れ様です!

    >カシスオレンジ、5杯ほど飲んだ。

    口当たりがいいからついつい飲み過ぎてしまいますよね。
    私は、昨日、久しぶりに仙台へ出張でしたが
    今回は宮城交通の高速バスで往復しました。

    このバスは、石巻営業所→中央三丁目→石巻駅前→
    蛇田歩道橋→イオンモール石巻前→ 石巻合同庁舎前→
    六丁の目駅→仙台駅前→商工会議所前→県庁市役所前→
    東北大学病院前までの1時間37分ほどの行程となります。

    私はこのうちイオンモール石巻前の駐車場に車をとめて
    県庁市役所前まで利用しましたがJR仙石線よりとても楽でした。
    まあ、今から7年前震災直後ガソリンがない中で仙台長町までの
    通勤に利用していたのでしたが、その当時を思い出し
    目頭が熱くなってしまいました。

    当時は、知らない男性から今から新潟東京経由で中国へ
    脱出するとかの話や石巻のパチンコ店で津波の犠牲で
    亡くなった人たちから財布を盗み取る強盗団がいたとか
    いろいろ聞かされたものでした。

    おそらく、震災で気が動転していたみんな誰かに
    しゃべってみたくなったのかなと思いましたし
    服装も今のようなおしゃれな格好をしている人は珍しく
    ズックにリュックの被災者の格好をしていたものです。
    駅のトイレでそういう人はよく洗顔や歯磨きをしていました。

    今となっては、そんな面影もなくなり震災前に
    戻った感じがします。

  • 地鳴りが凄い!そして地震が頻繁です。(>_< )
    こわあい!

  • >>No. 20086

    Camelliaさん、お疲れ様です!

    >慣れません。。。(-_-;)

    同じです。
    きっと、なにか抜けているのかもしれず
    不安は尽きません。

    同じに入った女性職員も日々不安顔を
    していて自分もそう見えるのかなと
    思ったりしています。

    とにかく手抜きせずに一つ一つ頑張りたいです。

  • >>No. 20083

    Camelliaさん、こんばんは。

    新しい職場の環境には慣れましたか。
    私は、なかなか慣れるところまではいっていません。
    でも、あせってもダメなので出来ることだけのことは
    しているつもりです。

    石巻に戻ってきたら昔、小学校のころに
    凧揚げなんかで遊んだお兄ちゃんに会いましたが
    もう65歳くらいになっていて
    始め分かりませんでした。

    でも、なんとか話を合わせることが出来てよかったです。
    今週も明日明後日だけなので頑張りたいと思います。

    特に金曜日は一日、仙台で会議があるので
    きっと視点が変わって良いことかもしれません。

  • >>No. 20080

    Camelliaさん、地震は嫌ですね。

    島根の震度5の地震では断水がつづいているようです。
    地元の人も初めてだそうで9か所で給水だそうです。
    怪我人8人だそうです。

    再び揺れが来るようで安心できませんね。

本文はここまでです このページの先頭へ