ここから本文です

投稿コメント一覧 (4049コメント)

  • >>No. 138382

    ルイス・バルブエナ。
    キャリアの最初はマリナーズでした。
    インディアンスに移って開花しました。
    気のいいラテンアメリカンで、
    今季エンジェルスでは、本塁打を打った
    大谷選手を最後にハグするのが彼でした。

    冥福を祈ります。

  • >>No. 138300

    びっくりです。
    たいへん失礼しました。
    フィリーズをフォリーズと誤植した
    せいでしょうか。

    ともかくも、
    マリナーズにはイチローがいる
    ということで。この差は大きいですね!

  • >>No. 138281

    またお久しぶりになりました。

    メッツからジェイ・ブルース31歳。
    フォリーズからカルロス・サンタナ32歳。
    二人は一応それなりの働きは期待できると
    思いたいですね〜 年俸高すぎですけど

    そしてゴードンは残ります。
    今季はセンターコンバートが事情含みで半端になり、
    なんとも不本意でした。
    ハニガーも成長しました。日米野球ではいまひとつで
    まだまだと感じましたが、いい方へ考えるしかありません。
    フェリックスも最後に巻き返してほしいし。

    ズニーノ、エレディアの代わりに
    タンパベイからやってきた若い左利きの外野手、
    マレックス・スミスはなかなか良さそう。今年盗塁40個。
    フィリーズからきた若い左利きの遊撃手、
    クロフォードはどうでしょう。ただ若いだけか。

    なんだか去年、マイアミに対しても
    いいところを探すのに必死だったことを思い出します。
    ブリンソンとかぜんぜんダメだったのに
    始まる前は期待してしまった・・。

    いろんな意味で目が離せないし、
    来年東京ドームへ開幕戦を見に行くとき、
    ほんの少しでも愛着感をもって臨みたいものです。

  • 気になったので、元記事にあたりました。

    「過去との決別」というのは、正確には
    前オーナー、ジェフリー・ローリアが決めた
    ユニフォームのデザインとの決別という意味のようで、
    ならば新オーナーの気持ちがわからないではありません。

    「1950年代のマーリンズ参加のマイナー・リーグの
    チームのデザイン」という記述については、
    「Marlins」のフォントデザインはラテンアメリカの文化を
    反映したもので、マーリンズの球団創設時のロゴや
    キューバの球団ハバナ・シュガーキングスの1950年代の
    ロゴとの親和性を感じさせるもの、ということのようです。

    >The styling of the "M" is commonly found in
    Latin-American culture, and the font style may
    look familiar to longtime South Florida baseball fans.
    There are similarities of the M to the original
    Miami Marlins and the Havana Sugar Kings,
    former professional clubs that played in the 1950s.

    ttps://www.mlb.com/marlins/news/marlins-unveil-new-team-logo-colors/c-300802538

  • >>No. 137989

    こおろぎさん、こんばんは。

    ズニーノ放出のシアトル。正捕手として
    リアルミュートを獲りにいく可能性大ですね。

    にしても、古巣マーリンズ。
    チームロゴ、ユニフォーム変更とのこと。
    そのこと自体はよくあることですが
    ジーター氏の発言には違和感が否めません。

    >ジーター氏は新デザインについて、
    マイアミの海や「マイアミのエネルギーと多様性を
    表している」と解説。胸の部分に入った「Miami」
    の文字は周辺のラテン・アメリカ文化の影響を
    受けており、

    >また、1950年代のマーリンズ傘下の
    マイナー・リーグのチームのデザインも参考に
    しているという。

    (1950年代にはマーリンズは存在していない
    んだけど・・)

    >さらに、新時代の幕開けにあたり、
    「過去と決別し、現在・未来に切り替えていく上で
    ロゴやユニフォームは重要」と力強く語った。

    過去と決別って・・
    何をいまさら、よく言うわと正直思います。

    ttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181117-00010003-baseballc-base

  • >>No. 137990

    そして、リアルミュートが語る、
    イチローに教えてもらったこと、2つ。

    1, 準備の大切さ
    >「彼の野球に対する姿勢を見て、大きな影響を受けた。
    日々の準備の大切さ、練習の大切さを教えてもらった。
    正直なところ、あんなに練習するとは思わなかったんだ。
    いつ何時、出番がやってきてもいいように、
    先発する日もしない日も、同じように準備をする。
    彼ほどのレジェンドになっても、若手と変わらず
    準備し続ける姿に、本当に驚かされたよ」

    2, 野球が好き、という感覚を持ち続けること
    >「イチローはそうじゃないってことを教えてくれた」
    「好きだった野球が仕事になると、いいリードを
    しなければならない、打たなければならない、盗塁されては
    いけないって、すべてが義務のような形になってしまう。
    自分で変にプレッシャーをかけていた部分があるんだ。
    でも、イチローはそうじゃないってことを教えてくれた。
    野球をプレーしている時は、1つ1つの勝負を楽しむこと。
    子供の時に真剣に勝ち負けを楽しんだ、あの感覚を
    持ち続けるべきだって。仕事になっても、野球は好きで
    やっているんだから」

    リアルミュート選手のこれからをずっと応援したいです。

  • >>No. 137984

    ロージーさん、こんばんは。

    日米野球は米国まさかの1勝5敗となりましたが、
    リアルミュートはさすがの実力を見せてくれました。
    名古屋ドームではイチローと広告看板で“再会”。
    イチローとの縁をうれしそうに語ってくれましたね。

    >イチローの顔が大々的にフォーカスされた
    広告看板を指差しながら「あそこにイチがいたから、
    記念に写真を撮っておいたんだ」とうれしそうに
    笑った。

    >イチローが名古屋近郊で生まれ育った話を聞くと
    「ここが彼の故郷だったとは。ナゴヤドームにいる
    イチローの写真も撮ったし、次回会った時には
    『君の故郷に行ってきたよ』って報告するよ」と
    満面の笑みを浮かべた。

    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00250449-fullcount-base

  • >>No. 137976

    イエリッチやりましたね。すばらしい!
    WSにも出場させてあげたかったです。
    これから何度もそのチャンスはあるでしょうね〜

    しかし、
    去年のスタントンは27歳シーズンでMVP。
    今年のイエリッチは26歳シーズンでのMVP。
    2001年のイチロー、27歳でのMVPとだぶって見えます。

  • >>No. 137932

    そうでしたか。
    それはいけませんね〜

    平野投手には
    何の関係もありませんが。

  • >>No. 137920

    祝!大谷翔平新人王。
    イチロー以来17年ぶりの快挙です。

    ナショナルリーグでは
    平野投手に3位票が1票だけ入っています。
    たった1票だけど、貴重でうれしい票ですね!

    ttps://www.mlb.com/news/2018-rookie-of-year-award-winners/c-300589472

  • 今日の試合、
    夜の日テレZERO、スポーツコーナーで
    解説者山本昌氏が興味深いレポート。

    「メジャーの選手たちが試合前に本気の筋トレで
     汗を流していたんです。日本では試合前に
     あそこまでやりません」

    同伴来日でインスタの嵐、遊び半分かと思いきや
    試合前に筋トレ? ソトの天井直撃大飛球もあったけど、
    筋肉信仰がメジャーを再び席巻してるのか。
    日本に来てまで筋トレとは。なんか変。

    それはともかく
    リアルミュートの右中間本塁打は見事。
    あれはパワーだけでは打てない。

  • >>No. 137859

    遅い時間にこんばんは。

    松原聖弥選手、新発見ですね。育成ドラフト出身。
    こういう選手を使ってほしいものです。

    それに引き換え、敵センター、アクーニャ。
    レフトとお見合いは仕方ないにしても
    後逸のあとの緩慢なプレー、フェンス側まで転々と
    ころがるボールをちんたら追いかけて山なりの返球。
    ひどかった〜。NL新人王候補? 幻滅です。

  • >>No. 137833

    やはりパレスでしたね。
    ありがとうございます。

    それにしても、
    メジャーリーガーたち
    行く先々で写真撮ってはツイートで
    行動筒抜け。
    無防備な感じもしますが・・

    時代ですかね〜

  • >>No. 137836

    ロージーさん、こんにちは。
    試合開始時間は未定のようですね。
    (こおろぎさんありがとうございます!)
    2012年はナイターでしたが
    今回はどうでしょう。

    3/20は平日ですので、
    ナイトゲームだと私などは助かります。
    3/21は祝日ですから、
    デーゲームの方がうれしいです。
    (ロージーさんも所用と両立できますね)

  • 蛇足ながら、
    チリノス選手親子が今日チェックインしたホテルは
    おそらくパレスホテル東京と思われます。
    窓からの眺め、右に皇居・二重橋、左に丸の内、
    正面奥の奥に東京タワーの先っぽが覗いてます。

  • >>No. 137823

    そして、2019マリナーズ東京ドーム開幕戦。
    まだチケット販売の情報は出ていません。
    2012年は2月に入ってからローソンで
    予約販売でしたので、今回もそのあたりでしょうか。

    何にしても、3月20,21両日。
    万難排してドームに行くつもりでおります。

    日本での開幕ロスターは28人という特別枠で
    そこに入ったとしても、米国再開幕で本来の25人に
    絞られます。そこに残れるかどうか、2月ピオリアでの
    スプリングキャンプで見えてくると思います。
    ディポトさんの言でいえば「招待選手として参加する」
    招待ということはつまり、キャンプ参加時点では
    ロスター外ということで、試合で結果を残し
    サバイバルを生き残っていく必要があります。
    今後外野の補強をどう進めるかも気になりますが、
    2月まではイチローの動向を見守るしかありません。

  • >>No. 137827

    東京ドームでの3連戦チケット残り僅少で、
    立ち見席1,000円or2,000円か、
    ネット裏プレミアム席15,000円、
    両極端のどちらかしか残っていないようです。

    広島のマツダスタジアム1試合は全席完売。
    ところが、名古屋ドームの2試合はまだだいぶ
    余ってます。・・この差は何なのでしょう。

    松井の一塁コーチ楽しみ。
    アトランタのルーキー、
    アクーニャをひと目見ておきたいけど
    まぁ、TV観戦で。

  • >>No. 137826

    完全採録ありがとうございます!
    資料的価値の高いインタビューでした。

    大谷くん、NHKで「ユンケル」という
    商品名を出してしまいました(笑)

    「バット1本持って、家にお邪魔して」
    というあたりが大谷くんらしいです。
    謙遜はしても物怖じはしない。
    技術的な話、明かせないと思いますが、
    興味あります。

  • >>No. 137814

    もうひとつの心配は・・
    菊池雄星の代理人に決まったらしい
    あの男。

    よりによって。

  • 懐かしい名前に会いました。ジェレミー・リード。

    マリナーズでイチローとチームメイトだった、あのリードが
    エンジェルスの打撃コーチに就任。ブリュワーズでマイナーの
    打撃コーディネーターを務めたのち、今季エンジェルスでも
    同様のポジションで信頼を得ての昇進とのことです。

    現役時代、シュアーな打撃の外野手としてせっかく光るものを
    もっていたのに、才能を開花しきれず不完全燃焼に終わった
    印象ですが、長い下積みで若手指導の能力を高めたのか。
    大谷選手への指導に期待します。

    ところで、ここから先は私の邪推・・。
    05年から07年ごろ、長く低迷していたマリナーズの現状を憂いた
    イチローが、このチームには試合前に準備もせずポーカーに
    うつつを抜かしている選手がいる、と非難したことがありました。

    それは暗にこのリードを指していたのではないか。
    実際、メジャーの悪習としてクラブハウスでのトランプは
    リードのみならず多くのプレーヤーが当たり前の振る舞いとして
    いた気配があり、そういうものに一切興味を持たない
    イチローを煙たがる一部の選手がいたのは確かだと思います。
    05年シーズンに24歳の若さでセンターのレギュラーに抜擢され、
    それなりの成績を残しながら翌年低迷し、結果だけ見れば地位に
    安住し努力を怠ったせいと見えなくもなかったリード。

    08年のイチロー排撃の黒い噂のさなか、シアトルタイムス紙の
    例のジェフ・ベイカー記者にそそのかされ、デマゴギーとして
    手先になった疑惑もあった。その年を最後に、JJプッツら
    他の数名と共に放出され、その後浮上できず。30歳で引退・・。

    そんな過去の因縁。ウソかマコトか。
    限りなく黒に近いグレーだったと私はいまだに考えています。

    大谷の未来に何もしてくれるなとただ願うばかりです。

    https://full-count.jp/2018/11/03/post241446/

本文はここまでです このページの先頭へ