ここから本文です

投稿コメント一覧 (1445コメント)

  • 続いて蛹化ネタ

    3月中旬に29g台で人工蛹室に移動させたDABhトンサ3x3番最後の蛹が色づいてきました。
    恐らくあと5日くらいで羽化すると思われます。
    トンサ3番は羽化不全が多くてイマイチの成績なので最後くらい締まって欲しい。

    2016年8月割り出しのサムチアンテ♂、最大体重だった幼虫がビン底で蛹化したので掘りました。
    昨年12月末に最大体重45.0gだった個体です。
    気になる蛹体重は30.4g、顎がすんなり伸びてるから羽化すると86-87mm弱って感じかな?
    幼虫体重と幼虫期間からすると88mm級(蛹体重32gくらい)を超えてくるかもと思ったのですが、そう甘くはないですね。
    身体全体のバランスは良さそうなのでこれもしっかり管理して完品羽化させたいところです。

  • こんばんは。
    皆さんお忙しいようでトピは滞りがちですが、気温の上昇とともにクワの季節がやって参りました。
    まずは産卵ネタ。

    トンサ3x1番の越冬中ケース(昨年9月セット)その1にいきなり初齢幼虫4頭発見。
    マットに潜ったまま3月に産んでいたようです。
    まだ幼虫は小さいのですが、菌糸発注の都合があるのでとりあえず割り出しました。
    結果:初齢8頭、卵3ケ、累代には十分ですが・・・
    87mm ♂ x 52.5mm♀を使ったサイズ狙いのアウトブリードトンサでもう少しだけ幼虫欲しいです。
    ということで同じマットで再セット。
    メスは元気いっぱい、重さも十分でこれから50くらい産んでもおかしくない感じなので産み過ぎに注意しないと。

    同じく割り残しケースに古くなった希望英菌糸ビンを突っ込んでおいたヒマラヤコクワで4幼虫追加。
    マット内に2頭、菌糸内に2頭という割合で、菌糸内の幼虫の方が明らかに育ってます。
    ヒマラヤコクワは昨年秋の時点で辛うじて4頭しか採れていなかったのでこの4頭は大きい!
    こいつらは羽化した合望山シェンク♀を掘り出した後の使用済み菌糸ビンに投入。

    今年は暖かくて例年よりもクワガタの動きが早いのでペアリングを開始。
    といっても♂の大顎は極細ハリガネで縛ってあります。
    とりあえずガントク、メンリン、ドロカのクルビ3ペアを小ケースで同居させてます。
    ハリガネが外れて不慮の事故が起こらないことを祈る。
    クルビデンスのセットに向けて植菌カワラ材も発注しました。

    GWには上記のクルビに加えてパキスタンクルビ、台湾オオクワのセット組みます。
    トンサ3x1番が採れそうなのでサムチアンテは秋のセットに回すことになりそうです。

  • 皆さんこんばんは。
    今日は山奥の温泉地のバイトで缶詰になっています。
    日曜恒例のクワ仕事はおあずけ。

    昨日は合望山シェンクの♂3本、マクダレインsspの♂2本を交換。

    シェンクは昨年の8月割りだし、1月12日くらいに交換した希望A飼育の奴ら。
    21g → 25.6g、こいつは駄目な奴。
    26g → 32.2g、25g → 33.0gの二頭は例年並みの82-3mmくらいにはなるような気がします。
    今年度のシェンクは飼育温度を少し上げて夏場21℃、冬場20℃で管理したから羽化が少し早い気がします。
    同じタイミングで英爺に交換した奴らはまだ菌糸ビンの底の方で居食いしてます。
    食いは遅いけど、幼虫を見るとそこそこ育っている感じもします。
    でも交換のタイミングが難しそう・・・・

    マクダレインは19.2g → 16.0g、12g → 15.6gで両方ともにそこそこのサイズにはなってくれそう。
    でも最終交換が16gだとギネスは厳しいかな・・・
    マクダレインsspは初齢で落とした個体が多いのが悔やまれます。

  • >>No. 42812

    lomisさん、こんばんは

    引っ越しも無事に終わったようで何よりです。

    >ガントククルビの頭の大きさ!
    クルビデンスで14mm超えっていうのはかなりデカいですね。
    我が家の西シアンは同じ昨年9月割り出しで23.8gでした、ちょっと悔しい(笑)

    昨秋購入した我が家のクルビ幼虫(秋割り出し)♂はみんな蛹化スイッチが入ったしまった模様です。
    ちょっと高めに加温してたし、菌糸の銘柄交換もしたからこんな感じなのかな?
    早い個体は5月下旬羽化、遅い奴も夏までには羽化することでしょう。
    サイズ狙うのは次世代ということにしておきます。

  • 非業務連絡。

    年度末の忙しさもあって最近ご無沙汰気味のミサですが、今夜は出席してます。
    引っ越し後などで忙しいかもしれませんが、お時間あればきてね!

  • こんばんは。
    つい先日まで異様な暖かさで桜が早く咲いたと思ったら急に冷え込みましたね。
    こちら山奥でも早くも桜が散りつつあります。
    クワ部屋も一旦止めていた暖房を17℃設定で再開しました。

    本日はネパレンシス♂を更に3頭交換。
    1月の交換時点で19.1g, 19.1g, 18.6gだった奴らです。
    本日の結果は19.3g, 19.6g, 19.6gと微増。

    身体の色はかなり黄色くなってきて仕上がりつつありますが、ネパレンシスはここから割と長いんですよね。
    割出しは昨年の7月9日と書いてあるのでこの一本を少し食べて6月蛹化、8月羽化くらいで行ければと思ってます。
    我が家の経験上はネパレンシスは幼虫期間がアンテ以上に長くて、ほとんどの♂は13-4カ月かかります。
    ♀は無事にスイッチ入ってくれてるかな~?

  • >>No. 42805

    ec_forestさん

    我が家のFDは今年の年末に車検です。
    10年を大きく過ぎてるからそろそろ色々と壊れそうで心配。

    >YOKOHAMAのフラッグシップ・タイヤ
    ネオー○ですか。
    昔、FC3Sに乗ってる頃は使ってました。
    当時の使用感で言えば ・・・
    グリップ力:横浜 > 石橋
    滑ったときのコントロール性:石橋 > 横浜  ってイメージです。
    FDに乗り換えてからは石橋派になり、最近はS001を使ってます。

    >トータル45諭吉くらいか。
    うわ、結構きついですね。
    ボディコートがかなりするんですね。

  • こんばんは。

    週末はお江戸に行ってました。
    陽気が良いので桜が散り始めてました。
    私のところも例年より10日以上早く桜が咲き始めてます。
    そろそろブリードの準備に入らなきゃかな。

    tefapapaさん、お久しぶりです。
    アチェはかなり期待できそうな幼虫体重ですね。
    スマトラの60g台後半ってデカいなぁ

    我が家のクワチェックではクルビデンスの♀が3頭、合望山シェンクの♀が1頭羽化しているのを発見。
    いずれも早めの個体なのでサイズは大したこと無さそうです。

    年末に31.5gでビン交換した合望山シェンク♂が1頭蛹化、ビン底蛹室なので露天しておきました。
    気になる蛹体重は21.2g・・・81mmくらいにはなるのかな?
    今の感じだと羽化は5月末とみました。
    割り出しが8月初旬なので羽化まで10カ月弱、最初の♂にしては上出来です。

    次いで1月20日に28.8gで希望Aに入れ替えした合望山シェンクが菌糸を食い尽くしていたので交換。
    32.9gのかなり長さを感じる幼虫が出てきました。
    まだ白いので即蛹化という感じではありません。
    こいつはなんとか85mm級まで伸びて欲しいところ。

    合望山シェンクは10本くらい農場英爺菌床の奴らが居ますが、こいつらは総じて食いが遅いです。
    暴れずに居食いしているので上手く育ってくれると良いのですが・・・
    ただ、英爺は希望のエノキと比べると菌糸の持ちはかなり負ける感じですね。
    慣れない菌糸なので交換タイミングが難しそうです。

  • >>No. 42793

    ec_forestさん

    >この春に予定していた自宅への引っ越しがなくなりました。
    あらら・・・
    自宅があるのに戻れないのは辛いですね。

    >温度管理がテキトーでもOKで、飼育スペースを取らない種類…精々3種類
    種親の入手難度も考慮すると私ならシェンク、メンリンクルビ、サキシマヒラタですかね。
    シェンクとクルビはサイクル長いから、次世代をなんとかつなげばその次は自宅やれる可能性も出てくると見ました。

  • 本日のクワネタ。

    幼虫買いしたインドクルビ(ラチラ)の♂30g幼虫の蛹化を確認。
    21℃の管理温度なので2カ月弱で羽化する予定です。
    9月末に2齢で菌糸に投入された(恐らく8月末頃の割り出し)ので幼虫期間はちと短く感じます。
    幼虫体重自体は30gまで行った個体なのでなんとか75mmはクリアーして欲しい。

    1月2日に入れ替えたネパレンシスの♂4頭を菌糸ビン交換。
    割り出しは昨年7月9日、カワラ菌糸飼育の奴らです。
    17g →19.2g、19.6→20.7g、18.4→19.6g、21.1→21.7gとかなり良さげな感じです。
    今までの我が家の実績からすると羽化しさえすれば75mm超えはほぼ確定、21.7gの奴は77-8mmを狙う資格はあると見ました。
    この交換で暴れたり落ちたりせずに無事に羽化して欲しいものです。

    ネパレンシスはまだ10頭くらい♂が居るので順次交換していきます。
    最終的にカワラと希望Aのどっちが大きくなるのかも興味があるところです。

  • 本日の定期エサ交換で脱走兵が出たのを確認。

    よりにもよって大事なインドクルビ(ガントク)の♀がHR-1のフタを持ち上げて2頭とも脱走していました。
    ガントクは今春の1軍なので頑張って探したところそれぞれ別々の温室の裏に隠れているところを確保。
    こいつらのためにわざわざ温室動かして大掃除並みの苦労をしました。
    でも確保出来て良かった~

  • こんばんは。
    あまりにもネタが無くてプチご無沙汰です。
    こちら山奥地方もすっかり春めいてきました。

    今夜のクワ部屋探索で♂幼虫が2頭暴れているのを発見したので入れ替えました。
    合望山シェンク♂、アルナーチャル西カメンクルビ♂です。

    合望山シェンクは1月24日に入れ替え、28.4g →本日27.7g。
    西カメンクルビは1月2日入れ替え23.4g → 本日24.3g。

    シェンクは辛うじて80mm、西カメンはあわよくば75mmといった感じでしょうか?
    2頭ともこれが最後の入れ替え(入れ替え直後に蛹室作るかも)なので暴れずにすんなりスイッチ入って欲しいものです。

  • 本日は山奥に出稼ぎ中。
    良い天気だったのに一日ネットして過ごしました。

    昨日のエサ交換時にインドクルビ(ラチラ)の♀が2頭、蛹化しているのを発見。
    ラベルは見ていませんが、ラチラ♀は11.5g ~12.5gくらいに収まってたはず。
    昨年9月中旬くらいに割り出しなので、ここまで半年、羽化まで8カ月。
    早期羽化というほどでも無いけれど春の訪れとともにちょっと早めにスイッチ入ってしまった感じでしょう。
    交換時30gだった♂も微妙に蛹室を造ってるぽいです。
    この世代は安全に羽化してくれることが第一なのですが、さすがに♂75mm、♀は45mmくらいは超えていて欲しいところです。

    ついでといっては何ですが、サキシマヒラタの♀も2頭すでに羽化していました。
    こいつらは羽化までが半年という短い期間でした。
    ヒラタの♀は早い奴は本当に早いです。
    ♂は1月末に入れ替えたまま菌糸を食い上がってるみたいです。
    雌雄の羽化ずれがあまり大きくなるとブリードに不安が出てくるので、少し小さ目で早く羽化する♂も出て欲しい。

  • >>No. 42782

    こんばんは。

    >東京は桜の開花宣言が出たようです。
    もうそんな季節ですか・・・
    こちらは日中は春らしいけれど夜はまだまだ寒いです。
    クワガタ達も冬場と変わらず。

    桜は4月中旬、ブリード開始は連休前後ということになりそうです。
    今年はクルビのセットが多くなりそうなので4月に入ったら産卵材を調達しなきゃ。

  • 事務局を仰せつかっていたイベントが終了。
    少し心の余裕が出来ました。
    今日はゆっくりクワ仕事しましたが、あまりネタは無かったな。

    lomisさん

    メガラヤ産クルビ、執念ですね。
    希少個体は落ちるとダメージデカい。
    張り出しはヒマラヤ系のそれですが、典型的なインドクルビと比べると顎の基部が太く感じます。
    このくらいの奴が一番格好良いかも。

    次世代の爆産を祈念しておきます。
    この形で77mmくらいになると凄そうですね。

  • こんばんは。
    相変わらず慌ただしい毎日を送っております。

    昨日のクワ部屋。

    1. 8月6日割り出し、12月末に31.5gで菌糸ビン交換した合望山シェンクの♂が蛹室を作り始めました。
    ちょっと体重乗るのが早いと思ったんだよな~
    例年より飼育温度が高いので幼虫期間も短めになるやもしれません。
    このペースだと6月初旬羽化(羽化まで10カ月)という感じ。
    幼虫体重から考えると80mmそこそこなのかな?

    2. 一昨年の8月割り出し、昨年9月に38.0gでWA菌床からマットに投入したトンサ3x3番が蛹化。
    ここまで17カ月(羽化まで19カ月コース)です。
    蛹の形は超美形、蛹体重は29.2g・・・無事に羽化してくれれば85mmは超えるはずです。
    この血統のトンサは尻がはみ出した奴が多かったので要注意ですが、マットでじっくり成長したのは好材料。
    こいつが無事に羽化してくれれば少しは格好付くかな。

  • >>No. 42761

    こんばんは。
    生存していますが、色々な作業が忙しくて全く余裕なし。
    来週末が終われば少し余裕が出来る。。はず。。。
    クワ仕事が一段落していて本当に良かった。

    schenklingi1965さん

    パラワンはまだまだこれからという感じですね。
    まだ白いし、次の一本で熟成して65g以上になってくれればという感じでしょうか?

  • こんばんは。
    風呂に入っていたら少し遅くなってしまいましたが、一応、ミサには出てます。
    みなさん、寝ちゃったかな?

    lomisさん

    有難うございます。
    喉が痛くないのって素晴らしいです(笑)

    >♂もかなり大きい個体が誕生するのでは!
    幼虫飼育の感じからすると自己ベストの85mmは超えて欲しいなと思ってるのですが・・・
    次の交換までに体重が伸びるかどうかがカギですね。
    90mmはともかく87mmくらいの奴を完品羽化させたいです。

  • >>No. 42754

    こんにちは。
    今日は基本オフなので休養に努めております。
    まだ声がちょっと嗄れてるんですよね。

    ec_forestさん、お久しぶりでございます。

    >オフシーズンということもあり、アホな事に熱中してしまい、
    さてはグランツーリスモでも買いましたか・・・

    >インフルB型になってしまいましたか。お大事に!
    ありがとうございます。
    今年のインフルは長引きましたが、やっと治りました。

    こちらのクワ近況

    1月に交換した合望山シェンクの♀が続々と蛹室を作っています。
    このペースだと3月中旬~下旬に蛹化、5月中旬~下旬に羽化くらいでしょうか?
    割り出しが8月初旬なので、羽化まで9-10カ月、まあちょうど良いペースかもしれないな。
    今季の♀はしっかり体重乗ってるので50mmを超える奴が複数出て欲しいところです。

  • >>No. 42752

    lomisさん、こんばんは!
    私の方はまだ完治しませんがなんとか復活途上です。
    今年のインフルエンザはきついので罹らないように気をつけてください。

    >今週末は北の大地に
    むっちゃ寒そうですね。

    >マルバネ10種が特定外来生物
    見ました。
    思ったよりも少なかったですね。
    国産マルバネに近い種類が指定されたのかな?ほとんどは名前すら知らない奴らでした。
    見た感じだとちょっとだけ飼育してみたかったことがあったのはマキシムスとベラルマトゥスくらいでしょうか。

    まぁ貴重なヤエマル幼虫120頭を落してマルバネ完全撤退した私には縁のない話ではありますが(自爆)

本文はここまでです このページの先頭へ