ここから本文です
  • この指とまれPART6
    • 2,537
    • 2017/09/21 13:15
    ちょっと事情があつてPARTを立ち上げましたので、よろしくお願いします。
  • ♪男の人って駄目ですねぇ・・・♪パート2
    • 48,493
    • 2017/09/21 06:21
    男の人って駄目ですねぇ・・・・・♪ どう、思われますかぁ・・・・・?♪
  • 私の秘密
    • 54,862
    • 2017/09/21 05:53
    それは、秘密ですよ。
  • ☆天疱瘡☆ お薬ゼロを目指して進もう~♪
    • 116
    • 2017/09/21 02:42
    特定疾患 天疱瘡の患者の方々、ご家族の方々、いろんな情報交換や悩み相談、雑談でも何でもアリアリで交流してください♪  スレぬし【ぽんぽ】ただいまステロイド減量中♪天疱瘡でも絶好調(o^∀^o)
  • 長男の嫁と介護
    • 8,696
    • 2017/09/20 19:29
    どうして長男の嫁に、舅姑の介護が押し付けられるのでしょうか?辛い思い出の多い人の、嫌いな人の、介護なんてしたくありません。とっても辛くて、私がストレスで病気になりそうです。
  • てんかん発作を持ってる人
    • 7,116
    • 2017/09/19 09:38
      私は脳血管腫があり病院にかかっていましたが、てんかん発作が起きるようになり、意識がないちょっとの間に失禁をしていたりすることが度々でとてもはずかしく悩んでいます。 てんかんで悩んでいる方、よければ悩みをお話ください。
  • 心筋梗塞の人集まれ!
    • 7,105
    • 2017/09/16 09:06
    既症歴18年・・・発症当時は落ち込んだ。。。心臓リハビリを通して今は元気ですよ^^皆のお知恵拝借で再発防止に努めましょう      欲坊     
  • もう一度、ケセラ、セラ・・・
    • 7,658
    • 2017/09/14 16:17
    せっかく、知り合えたのに、もう一度話が出来ないかな、、。おはよう。こんにちわ。ただいま。こんばんわ。おやすみ。一日の出来事を気楽に言えるような、場所にしたいね。
  • 母のこと☆
    • 187
    • 2017/09/14 09:48
    今月は父母のお誕生日月♪ 母は86歳に 父は33年前に亡くなりました。 母の事など呟きたいと思います。
  • 禁煙一緒に頑張りませんか!
    • 1,507
    • 2017/09/10 23:40
    はじめまして★このたび12年間吸っていたタバコを禁煙することになりました★一日に45本ぐらい吸っていました・・・禁煙外来に行って、チャンピックスを処方して貰いました(^−^)vまだ、初めの一週間はタバコを吸っていい時なので、吸っていますが、タバコの本数は減っています。禁煙は、一人でやるととても辛いと思うので、頑張っている人たちと励ましあいながら、やれたらなって思っています(*^^*)禁煙で失敗したこと、役立った事、なんでも質問、書き込みして下さいね♪みなで、楽しく禁煙しましょう☆私は、電子タバコも買いました♪煙が出て本物みたいですよ☆ただ、ニコチンが入っていないので、吸った気がしないのですが・・・(^^;)みなで、禁煙成功させましょう(*^▽^*)
  • 乱世こそ【ビジョン&使命・天職】に生きる
    • 508
    • 2017/09/10 15:02
    【ビジョン:理想・夢念・大志】は<最愛の我が子・我が分身>&<人生の旗印>!!皆さん、こんにちは!ようこそ!掲示板訪問を心より歓迎します!現代日本は政権交代も実現して戦後体制があらゆる分野で崩壊しつつある乱世大変革期に突入していると実感します。このような激動の時代に生きる私たちだからこそ、日本の新時代を築くために各自が【ミッション:使命・天職】を体得できる【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて勇進しましょう!私にとって【青春:幼な心&青年の精神】で思い描く【ビジョン:理想・夢念・大志】は<いつも一緒!>の<最愛の我が子・我が分身>です!●国家興隆するときには、理想を以て生活とし、国家衰退するときには、生活を以て理想とす(徳富蘇峰)そして、私の中で活きている【ビジョン:理想・夢念・大志】は、私自身が現実生活で直面する精神的・肉体的・経済的・社会的な<大試練・患難辛苦>に打ちのめされて、<人生のどん底>にあろうとも、常に励まし慰め勇気と希望を与え続けてくれ、何度ノック・ダウンしてもノック・アウトせずに、再起・復活に導く<人生の旗印>となってくれます!●幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。その志を貫くためには、 玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志をまげて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする(西郷隆盛) ★<玉>=価値あるもの[正義・名誉]⇔<瓦>=がらくた[生き甲斐の無いもの]●人生の価値は、その長さとは関係がない。人生の価値とは、どのようにその時間を利用したかで決まるものなのだ。あなたが十分に生きたかどうかは、あなたが生きた年数ではなく、あなたがどのような意志をもって生きたのかで決まる(モンテーニュ)まさに、私たちの【青春:幼な心&青年の精神】に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】とは、【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】であり、<我が道:人生目的・存在意義>である【ミッション:使命・天職】に通じているのだと体感できます!●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい(ピリピ書2−13〜14)●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである(ヒルティ)●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である(シュバイツァー)●素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが壮年になってから実現されることである(A.d.ヴィニー)●青春の夢に忠実であれ(シラー)●この世にあるやすらぎはただ一つ大いなる目標への確信だけです(タウラー)●この動揺する時代に自分までぐらつくのは、ただ災いを増すばかり、おのれの志を守ってゆずらぬ者だけが世の中をつくりあげて行くのだ(ゲーテ) 皆さんの<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢念・大志】を大切に守り育ることで、【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】に出遭って、【ミッション:使命・天職】を体得して、この混迷波乱の大変革の時代に、世界を舞台に活躍されることを心より応援しています!●君が何かを全身全霊で欲した時、君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。それはいつも、前向きな力として働くのだ(パウロ・コエーリョ)●神様は誰にでも行く道を用意していて下さるものだ。神様がおまえのために残してくれた前兆を、読んでゆくだけでいいのだ(パウロ・コエーリョ)皆さんと【ビジョン:理想・夢念・大志】や【ミッション:使命・天職】や【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】について、語り合える事を楽しみにしています!●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三) Good luck & God bless you!
  • あ~とうとう断酒せざるを得ない
    • 125
    • 2017/09/09 13:15
    断酒なんかしたくなかった 私は死ぬまで酒を楽しめるものと信じていた 私にはアルコール依存症なんて無縁だと気にもとめておらんかった 糞~~断酒万歳\(^-^)/ 2017.1.19
  • HELP ME!
    • 1
    • 2017/09/09 07:37
    ( ゚▽゚)/コンニチハ 私はまさと申します。 愛知県名古屋市在住、36歳独身1人暮らしです。 私は、重い病を患っており名古屋市名東区の杉田病院に通院しております。 今度、多額な治療費が必要となるのですが自分では到底支払えません。その額は300万円にものぼります。その一部でもかまいません、どうか助けて下さい。 余力のある方はどうか下記口座まで振込をお願いします。 【振込先】 三菱東京UFJ銀行 相模原支店 普通 0581261 ハラダマサノリ
  • ガン予防
    • 228
    • 2017/08/30 11:19
    ミツバチが生成するプロポリスは厳密にはハチミツではなく、ハチの巣を作る時に出される分泌物です。 ブラジル固有の植物アレクリン・ド・カンポという木の樹脂を吸い取ったミツバチが生成するプロポリスには、アルテピリンCという物質が多く含まれており、強い抗菌作用があることが確認されました。 その後、アルテピリンCは抗ガン作用があることが研究によって発見され、世界に知られるようになります。 マウスをつかった実験では、マウスにアルテピリンCを投与したところ、ガン細胞が壊死するという研究結果が得られました。 アルテピリンCの臨床試験では、試験管に培養した人の肺ガン、喉頭ガン、悪性網膜腫、胃ガン、悪性リンパ腫、悪性組織球性リンパ腫、リンパ性白血病、単球性白血病、悪性黄色腫、前骨髄性白血病など、15種類のガン細胞にアルテピリンCを直接投与したところ、3日以内にほぼ全てのガン細胞が死滅することが分かりました。 しかし、人への薬として実用化できるようになるまでは、法律で定まっている様々な条件をクリアしなければならず、長い年月がかかり、それまでの期間は薬事法により、人体への薬効を開示することは禁じられています。 ブラジル産のプロポリスは中国のプロポリスと比べて、アルテピリンCが7500倍も多く含まれており、サプリメントの中で一番良いと言われ、ガン予防や再発防止に期待が持てると言われています。
  • 尋常性白斑の人いませんか♪
    • 2,374
    • 2017/08/30 08:20
    尋常性白斑の人〜手を上げてくださ〜い^^この病気に27歳の時にかかり病院に行ったり漢方を試したりと色々していますがなかなか改善されず悪戦苦闘中の大阪人です(^^;普段の生活で白斑の方を一度も見かけた事がなくなんとかして白斑の方とお友達になりたいなぁ〜なんて思ったりしてます。。。白斑の事はもちろん、それ以外の話題でもなんでも気軽にお話したいです!白斑の人よろしくぅぅぅ
  • 40代・独身・いいんじゃない?
    • 16,368
    • 2017/08/27 20:44
    私は 40代の独身です。歳を取ると だんだん友人が・・・結婚すると 子供のこと 家のことと だんだん話の内容が変わってきて友達が減ってしまった様に感じていませんか?ちょっと そちらにいらっしゃる 独身さん!さぁさぁ こちらにいらっしゃる 独身さん!寄ってらっしゃい カキコしてらっしゃい!友達に なろうよ!!ってゆ〜か なってよォ!(お願い!!)仕事の愚痴 趣味 楽しかったことなど 何でもOK!そぅそぅ 年取ると 健康のことも大切だ!40歳前後の方、カキコお待ちしていま〜っす!!注)下品なトピにしたくないので、     「そこのとこ よろしく〜」(矢沢風に)←ちょっとオヤジはいってますぅ              −空ー でした。
  • みんなで作るサプリメント図鑑★
    • 1
    • 2017/08/17 22:15
    サプリメントの紹介や使用感想を書きましょう。雑談は控え目で。画像つきだと◎ ①商品名②効果③使用感想 ←最低でもこの3つは書きましょう。
  • 危険な食べ物や薬品などについて語りましょう(etc)
    • 12
    • 2017/08/15 20:47
    食べすぎるとよくない食べ物、体に使うとよくない薬品、薬等について皆さんろいろいろお話しましょう。実際健康被害になられた方はどんなものか教えて下さい。
  • 腰痛の悩み
    • 43
    • 2017/08/15 15:36
    脊椎管狭窄症から始まり腰椎すべり症、椎間板ヘルニアと それぞれに対して手術したが、尚結果がよくありません この様に腰痛で悩んでる方の話を伺いたいと思います。 宜しくお願い致します。
  • 安楽死を社会的に認めよう
    • 29
    • 2017/08/04 09:01
    今の世界で安楽死を法的に認めているのはスイスだけだという。だから、西欧では安楽死のためにスイスへ行く人が多いと聞く。「もはや、知るべきこともやるべきことも無い」という老人が多くいる。それだけならば、安楽死の必要はないだろう。しかし、年齢を重ねると健康上どうしょうもない病におかされ前途の希望を失って、家族や社会に迷惑をかけるだけになる。それでも生きよというのはキリスト教の教義だと聞くが、これは妊娠中絶と同じくきわめて非現実な教えである。 社会をみよ。福祉財政の悪化、老人の横溢で若年者が如何に苦しんでいるか、老人もまた、生き続けねばならない負担に如何に苦しんでいるか、喜んでいるのは福祉産業、医療関連産業だけである。日本医師会、こんな団体が社会の世論を牛耳っているのであろう。それとエセ人道学者、それに乗っかっている政治家。これらの面々が苦しんでいる人類をエサにして生きているのだろう。 困ったことだ。私自身、もう生きているのが飽き飽きしている。
  • 頻脈(100回毎分)が気になるのですが。大動脈弁閉鎖不全症含む。
    • 3
    • 2017/07/30 11:07
    最近、脈が速く、なってきました。 ・50歳くらいの時、85. 76歳の現在は、安静時96~100. どんどん進むのでは、と心配しています。5年前に、大動脈弁閉鎖不全症と循環器科で、言われました。 手術は、するつもり、ありません。日常生活は、息切れくらいで、他に支障ありません。 長持ち、させる方法を知りたいのですが。 同じ症状の方、情報交換を。
  • リハビリテーション期間限定は病弱障害者苛めの法律。
    • 1
    • 2017/07/28 16:25
    最近は、昔と違い責任医療と言うものは 無くなり、アフターケア(治療上のアフター サービスと同等のもの)は、無くなってしまい ました。結局、大病院でも手術の失敗があっても 3ヶ月過ぎれば、責任逃れができる様な有様です。 でも、ちょっとやっていることと、現実が違う面 も、出ることが多くなりました。それは、リハビリ 等続ければ良くなることでも、期間限定の法律を 設けたことで、悪化する病気がリハビリで、良く なりつつあっても、終了すると再び悪化することも 有り得るということもあり、医療費削減でリハビリ を削ると、再び入院が必要となって、より医療費が 必要になることも有得ます。これでは、反対に医療費が 増加するわけです。 世の中には、「カエルの子はカエル」という言葉が ありますが、馬鹿げた行政の後は、また、同様の馬鹿 げた日本の状態が続くと、私は考えます。
  • 2017-2022年全球 と日本市場呼吸器作用薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢
    • 1
    • 2017/07/27 13:00
    2017-2022年全球 と日本市場呼吸器作用薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢 【紙の印刷版】: 30万円 【PDF電子版(単一ユーザー)】: 30万円 【PDF電子版(多数のユーザー)】: 60万円 【ページ数】:116 【図面数】:131 【出版期日】:2017年7月 【出版社】:JP Research 呼吸器作用薬 研究センター 【連絡先】:Tel: 0081-345704342; Email:sales@qyresearchjapan.com 市場の概要 この文章は世界と日本の市場の呼吸器作用薬現状とび未来の発展趨勢を研究して、世界と日本市場の主要なメーカーを分析することに重きを置く。同時に日本と北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東とびアフリカなどの地域の現在と未来趨勢を比較する。 2016年、世界呼吸器作用薬市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達する、年複合成長率(CAGR)をxx%。 アジア太平洋市場は重要な役割を演じる、世界市場の発展を駆動する、特に中国、インド、東南アジア諸国の急速な成長を役に立つ。 北米は過去数年間、無視できない市場ラベルがあり、予想は今後も安定な発展を維持する。特にアメリカだ、アメリカの変化は世界呼吸器作用薬@の発展に重要な影響をとえる。 日本も重要な地域の一つであり、2016年市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達して、年複合成長率(CAGR)をxx%。 現在の状況から見ると、世界の変化が急速であり、予測もできない。未来呼吸器作用薬業界の発展はもっと多くの変数に満ちている、市場の発展動向に関心を持つ必要がある。 この文章は世界と日本に重要な役割がある主要なメーカーを分析して、これらのメーカーの製品の市場シェア、市場規模、産地分布、市場ポジショニング、製品のタイプとび発展計画を分析する等。主要なメーカーは以下通り。 Advance Pharmaceutical Co.,Ltd AstraZeneca AB BACHEM S.A. CH Vionnaz Bidachem S.p.A. Fornovo San Giovanni Boehringer Ingelheim Pharma KG Bretagne Chimie Pleucadeuc Bright Future Pharmaceuticals Factory CIPLA LIMITED IN Mumbai CSPC INNOVATION PHARMA CO., LTD. CN DAIICHI SANKYO CO.,LTD. EDMOND PHARMA S.R.L. GlaxoSmithKline Australia Pty Ltd Hwail Pharm.Co.,Ltd. Industriale Chimica S.R.L. IT Saronno Lusochimica S.p.A. IT Lomagna LUXEMBOURG MEDICINE CO.,LTD. MARCHING PHARMACEUTICAL LIMITED Moehs Iberica S.L. ES Rubi MOREPEN LAB Ltd IN New Delhi MSN LAB Ltd Rudraram Village MYLAN LABORATORIES LIMITED Hyderabad NATCO PHARMA LIMITED Hyderabad Novartis Europharm Ltd. Orion Corporation PharmaZell GmbH DE Raubling SANOFI CHIMIE FR Gentilly SIEGFRIED PHARMA MINDEN GMBH DE Minden SYNMOSA BIOPHARMA CORPORATION TEVA PHARMA LTD. IL Petach Tikva そして、世界呼吸器作用薬現状と未来の趨勢をもっと全面的に分析するため、同時に日本市場と比較する。またヨーロッパ、北米、南米、アジア、中東とアフリカなどの地域の現状と未来の可能性を分析する。 以上のレポートにはご興味があれば、zhaomengmeng@qyresearch.comまでご連絡ください。
  • 2017-2022 Global and Japan Respiratory system durgs Market Analysis Report
    • 1
    • 2017/07/27 12:52
    2017-2022 Global and Japan Respiratory system durgs Market Analysis Report Hard Copy: 3085 USD PDF Copy (single user): 3085 USD Enterprise wide License: 6170 USD Pages: 117 Tables and Figures: 138 Published Date: July 2017 Publisher: JP Research Respiratory system durgs Research Center Contact: Tel: 0081-345704342; Email: sales@qyresearchjapan.com Summary The global Respiratory system durgs market is valued at XX million USD in 2016 and is expected to reach XX million USD by the end of 2022, growing at a CAGR of XX% between 2016 and 2022. Japan plays an important role in global market, with market size of xx million USD in 2016 and will be xx million USD in 2022, with a CAGR of xx%. This report studies the Respiratory system durgs market’s development status and future trend in Japan, focuses on top players in Japan, also splits Respiratory system durgs market by type and by applications, to fully and deeply research and reveal the market general situation and future forecast. The major players include Advance Pharmaceutical AstraZeneca AB BACHEM Bidachem Boehringer Ingelheim Pharma GmbH & Co. KG Bretagne Chimie Pleucadeuc Bright Future Pharmaceuticals Factory CIPLA LIMITED CSPC INNOVATION PHARMA DAIICHI SANKYO EDMOND PHARMA GlaxoSmithKline Australia Hwail Pharm Industriale Chimica Lusochimica LUXEMBOURG MEDICINE MARCHING PHARMACEUTICAL Moehs Iberica S.L. ES Rubi MOREPEN LABORATORIES MSN LABORATORIES PRIVATE MYLAN LABORATORIES NATCO PHARMA Novartis Europharm Orion Corporation PharmaZell GmbH DE Raubling SANOFI CHIMIE FR 94250 Gentilly Shilpa Medicare limited SIEGFRIED PHARMACHEMIKALIEN MINDEN GMBH DE Minden SYNMOSA BIOPHARMA CORPORATION TEVA PHARMACEUTICAL INDUSTRIES If you want to know more about this report.Please email to zhaomengmeng@qyresearch.com.
  • 2017-2022 Global and Japan Cardiovascular system drugs Market Analysis Report
    • 1
    • 2017/07/27 12:48
    2017-2022 Global and Japan Cardiovascular system drugs Market Analysis Report Hard Copy: 3085 USD PDF Copy (single user): 3085 USD Enterprise wide License: 6170 USD Pages: 106 Tables and Figures: 141 Published Date: July 2017 Publisher: JP Research Cardiovascular system drugs Research Center Contact: Tel: 0081-345704342; Email: sales@qyresearchjapan.com Summary The global Cardiovascular system drugs market is valued at XX million USD in 2016 and is expected to reach XX million USD by the end of 2022, growing at a CAGR of XX% between 2016 and 2022. Japan plays an important role in global market, with market size of xx million USD in 2016 and will be xx million USD in 2022, with a CAGR of xx%. This report studies the Cardiovascular system drugs development status and future trend in Japan, focuses on top players in Japan, also splits Cardiovascular system drugs by type and by applications, to fully and deeply research and reveal the market general situation and future forecast. The major players include Pfizer Inc. Chugai Pharmaceutical Co., Ltd UCB Pharma GmbH Bayer Pharma AG Mitsubishi Tanabe Pharma Factory Ltd. Piramal Enterprises Limited SANOFI-AVENTIS FRANCE Sun Pharma.Mumbai ABBOTT LABORATORIES (SINGAPORE) PRIVATE LIMITED AstraZeneca AB AMRI India Pvt. Ltd. Merck Serono GmbH Hexal AG TAKATA SEIYAKU Co., Ltd. DELMAR CHEMICALS INC. Baxter Healthcare Corporation Boehringer Ingelheim Pharma & Co. KG Alchem International Ltd Swords Laboratories Berlin-Chemie AG MERCK SHARP & DOHMEPty. Ltd. Teva Pharma.Ltd Alkaloids Private Limited INDENA S.p.A. PRODUITS DENTAIRES PIERRE ROLLAND Siegfried PharmaChemikalien Minden PKU HealthCare Corp., Ltd.China ZHEJIANG HISUN PHARMA.CO.LTD Nichi-iko Pharmaceutical Co.,Ltd Sawai Pharmaceutical Co.,Ltd. If you want to know more about this report.Please email to zhaomengmeng@qyresearch.com.
  • 2017-2022年全球 と日本市場心臓血管病のお薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢
    • 1
    • 2017/07/27 12:44
    2017-2022年全球 と日本市場心臓血管病のお薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢 【紙の印刷版】: 30万円 【PDF電子版(単一ユーザー)】: 30万円 【PDF電子版(多数のユーザー)】: 60万円 【ページ数】:136 【図面数】:145 【出版期日】:2017年7月 【出版社】:JP Research 心臓血管病のお薬 研究センター 【連絡先】:Tel: 0081-345704342; Email:sales@qyresearchjapan.com 市場の概要 この文章は世界と日本の市場の心臓血管病のお薬現状と未来の発展趨勢を研究して、世界と日本市場の主要なメーカーを分析することに重きを置く。同時に日本と北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東とアフリカなどの地域の現在と未来趨勢を比較する。 2016年、世界心臓血管病のお薬市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達する、年複合成長率(CAGR)をxx%。 アジア太平洋市場は重要な役割を演じる、世界市場の発展を駆動する、特に中国、インド、東南アジア諸国の急速な成長を役に立つ。 北米は過去数年間、無視できない市場ラベルがあり、予想は今後も安定な発展を維持する。特にアメリカだ、アメリカの変化は世界心臓血管病のお薬@の発展に重要な影響をとえる。 日本も重要な地域の一つであり、2016年市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達して、年複合成長率(CAGR)をxx%。 現在の状況から見ると、世界の変化が急速であり、予測もできない。未来心臓血管病のお薬業界の発展はもっと多くの変数に満ちている、市場の発展動向に関心を持つ必要がある。 この文章は世界と日本に重要な役割がある主要なメーカーを分析して、これらのメーカーの製品の市場シェア、市場規模、産地分布、市場ポジショニング、製品のタイプと発展計画を分析する等。主要なメーカーは以下通り。 Pfizer Inc. Chugai Pharmaceutical Co., Ltd UCB Pharma GmbH Bayer Pharma AG Mitsubishi Tanabe Pharma Factory Ltd. Piramal Enterprises Limited SANOFI-AVENTIS FRANCE ABBOTT LABORATORIES (SINGAPORE) PRIVATE LIMITED AstraZeneca AB AMRI India Pvt. Ltd. Merck Serono GmbH Hexal AG TAKATA SEIYAKU Co., Ltd. DELMAR CHEMICALS INC. Baxter Healthcare Corporation Boehringer Ingelheim Pharma Alchem International Ltd Swords Laboratories Berlin-Chemie AG MERCK SHARP & DOHME Pty. Ltd. Alkaloids Private Limited INDENA S.p.A. PRODUITS DENTAIRES PIERRE ROLLAND Siegfried PharmaChemikalien Minden PKU HealthCare Corp., Ltd.China ZHEJIANG HISUN PHARMA.CO.LTD Nichi-iko Pharmaceutical Co.,Ltd Sawai Pharmaceutical Co.,Ltd. 企業29 企業30 そして、世界心臓血管病のお薬現状と未来の趨勢をもっと全面的に分析するため、同時に日本市場と比較する。またヨーロッパ、北米、南米、アジア、中東とアフリカなどの地域の現状と未来の可能性を分析する。 以上のレポートにはご興味があれば、zhaomengmeng@qyresearch.comまでご連絡ください。
  • 2017-2022 Global and Japan Hypolipidemic drugs Market Analysis Report
    • 1
    • 2017/07/27 12:41
    2017-2022 Global and Japan Hypolipidemic drugs Market Analysis Report Hard Copy: 3085 USD PDF Copy (single user): 3085 USD Enterprise wide License: 6170 USD Pages: 126 Tables and Figures: 158 Published Date: July 2017 Publisher: JP Research Hypolipidemic drugs Research Center Contact: Tel: 0081-345704342; Email: sales@qyresearchjapan.com Summary The global Hypolipidemic drugs market is valued at XX million USD in 2016 and is expected to reach XX million USD by the end of 2022, growing at a CAGR of XX% between 2016 and 2022. Japan plays an important role in global market, with market size of xx million USD in 2016 and will be xx million USD in 2022, with a CAGR of xx%. This report studies the Hypolipidemic drugs development status and future trend in Japan, focuses on top players in Japan, also splits Hypolipidemic drugs by type and by applications, to fully and deeply research and reveal the market general situation and future forecast. The major players include ABBOTT LABORATORIES LIMITED Apotex Fermentation Inc. BIOCON LIMITED IN Bangalore Cadila Healthcare Limited Chunghwa Chem Syn& Biotech Co., Ltd CONCORD BIOTECH LIMITED Ahmedabad Croda Europe Limited Leek DAIICHI SANKYO CO., LTD. JP Dr. Reddy’s Laboratories Ltd DSM Sinochem Pharma India HIKAL LIMITED Bangalore IPCA Laboratories Limited Lek Pharmaceuticals d.d. LUPIN LIMITED Merck Sharp & Dohme B.V. Moehs Iberica S.L. ES MYLAN LABORATORIES LIMITED Nexchem Pharmaceutical Co., Ltd. CN OLON S.P.A. IT Rodano Pfizer Inc. Recordati S.p.A. IT Milano SUN PHARMACEUTICAL LIMITED Mumbai TEVA PHARMACEUTICAL Petach Tikva Zhejiang Jiangbei Pharma Co. Ltd CN If you want to know more about this report.Please email to zhaomengmeng@qyresearch.com.
  • 2017-2022年全球 と日本市場脂質降下薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢
    • 1
    • 2017/07/27 12:39
    2017-2022年全球 と日本市場脂質降下薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢 【紙の印刷版】: 30万円 【PDF電子版(単一ユーザー)】: 30万円 【PDF電子版(多数のユーザー)】: 60万円 【ページ数】:126 【図面数】:158 【出版期日】:2017年7月 【出版社】:JP Research 脂質降下薬 研究センター 【連絡先】:Tel: 0081-03-4570-4342; Email:sales@qyresearchjapan.com 市場の概要 この文章は世界と日本の市場の脂質降下薬現状と未来の発展趨勢を研究して、世界と日本市場の主要なメーカーを分析することに重きを置く。同時に日本と北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東とアフリカなどの地域の現在と未来趨勢を比較する。 2016年、世界脂質降下薬市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達する、年複合成長率(CAGR)をxx%。 アジア太平洋市場は重要な役割を演じる、世界市場の発展を駆動する、特に中国、インド、東南アジア諸国の急速な成長を役に立つ。 北米は過去数年間、無視できない市場ラベルがあり、予想は今後も安定な発展を維持する。特にアメリカだ、アメリカの変化は世界脂質降下薬@の発展に重要な影響をとえる。 日本も重要な地域の一つであり、2016年市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達して、年複合成長率(CAGR)をxx%。 現在の状況から見ると、世界の変化が急速であり、予測もできない。未来脂質降下薬業界の発展はもっと多くの変数に満ちている、市場の発展動向に関心を持つ必要がある。 この文章は世界と日本に重要な役割がある主要なメーカーを分析して、これらのメーカーの製品の市場シェア、市場規模、産地分布、市場ポジショニング、製品のタイプと発展計画を分析する等。主要なメーカーは以下通り。 Croda Europe Limited Leek Merck Sharp & Dohme B.V. DAIICHI SANKYO CO.,LTD. Pfizer Inc. Cadila Healthcare Limited DSM Sinochem Pharma India Dr. Reddy’s Laboratories Ltd. Lek Pharmaceuticals d.d. ABBOTT LABORATORIES LIMITED TEVA PHARMACEUTICAL Petach Tikva SUN PHARMACEUTICAL INDUSTRIES LIMITED Mumbai BIOCON LIMITED IN 560 100 Bangalore CONCORD BIOTECH LIMITED Ahmedabad Chunghwa Chemical Synthesis & Biotech Co., Ltd Apotex Fermentation Inc. MYLAN LABORATORIES LIMITED LUPIN LIMITED Zhejiang Jiangbei Pharmaceutical Co. Ltd CN Moehs Iberica S.L. ES Nexchem Pharmaceutical Co., Ltd. CN IPCA Laboratories Limited OLON S.P.A. IT Rodano Recordati S.p.A. IT Milano HIKAL LIMITED Bangalore そして、世界脂質降下薬現状と未来の趨勢をもっと全面的に分析するため、同時に日本市場と比較する。またヨーロッパ、北米、南米、アジア、中東とアフリカなどの地域の現状と未来の可能性を分析する。 以上のレポートにはご興味があれば、zhaomengmeng@qyresearch.comまでご連絡ください。
  • 2017-2022年全球 と日本市場血糖値測定器研究レポート、現状と未来の発展趨勢
    • 1
    • 2017/07/27 12:30
    2017-2022年全球 と日本市場血糖値測定器研究レポート、現状と未来の発展趨勢 【紙の印刷版】: 30万円 【PDF電子版(単一ユーザー)】: 30万円 【PDF電子版(多数のユーザー)】: 60万円 【ページ数】:120 【図面数】:143 【出版期日】:2017年7月 【出版社】:JP Research 血糖値測定器 研究センター 【連絡先】:Tel: 0081-345704342; Email:sales@qyresearchjapan.com 市場の概要 この文章は世界と日本の市場の血糖値測定器現状と未来の発展趨勢を研究して、世界と日本市場の主要なメーカーを分析することに重きを置く。同時に日本と北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東とアフリカなどの地域の現在と未来趨勢を比較する。 2016年、世界血糖値測定器市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達する、年複合成長率(CAGR)をxx%。 アジア太平洋市場は重要な役割を演じる、世界市場の発展を駆動する、特に中国、インド、東南アジア諸国の急速な成長を役に立つ。 北米は過去数年間、無視できない市場ラベルがあり、予想は今後も安定な発展を維持する。特にアメリカだ、アメリカの変化は世界血糖値測定器@の発展に重要な影響をとえる。 日本も重要な地域の一つであり、2016年市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達して、年複合成長率(CAGR)をxx%。 現在の状況から見ると、世界の変化が急速であり、予測もできない。未来血糖値測定器業界の発展はもっと多くの変数に満ちている、市場の発展動向に関心を持つ必要がある。 この文章は世界と日本に重要な役割がある主要なメーカーを分析して、これらのメーカーの製品の市場シェア、市場規模、産地分布、市場ポジショニング、製品のタイプと発展計画を分析する等。主要なメーカーは以下通り。 ソフォス テルモ(日本)  フリースタイル(日本)  ジョンソン・エンド・ジョンソン(日本) ニプロ(日本) 三和化学研究所 (日本) アボット ジャパン(日本) リーファース(日本) ニプロ (日本) テルモ (日本) SKK(日本) Accu Chek(日本) ARKRAY(日本) One Touch Ultra(米国) Bayer(米国) Accu Chek(米国) OWell(米国) Contour-Next(米国) Bayer Contour(米国) Active1st(米国) Ascensia(米国) SANNUO(中国) ROCHE(中国) Johnson(中国) OMRON(中国) YUYUE(中国) Abbott(中国) SD Biosensor(Korea) そして、世界血糖値測定器現状と未来の趨勢をもっと全面的に分析するため、同時に日本市場と比較する。またヨーロッパ、北米、南米、アジア、中東とアフリカなどの地域の現状と未来の可能性を分析する。 以上のレポートにはご興味があれば、zhaomengmeng@qyresearch.comまでご連絡ください。
  • 2017-2022 Global and Japan Antipsychotic drugs Market Analysis Report
    • 1
    • 2017/07/27 12:22
    2017-2022 Global and Japan Antipsychotic drugs Market Analysis Report Hard Copy: 3085 USD PDF Copy (single user): 3085 USD Enterprise wide License: 6170 USD Pages: 126 Tables and Figures: 139 Published Date: July 2017 Publisher: JP Research Research Center Contact: Tel: 0081-345704342; Email: sales@qyresearchjapan.com Summary The global Antipsychotic drugs market is valued at XX million USD in 2016 and is expected to reach XX million USD by the end of 2022, growing at a CAGR of XX% between 2016 and 2022. Japan plays an important role in global market, with market size of xx million USD in 2016 and will be xx million USD in 2022, with a CAGR of xx%. This report studies the Antipsychotic drugs development status and future trend in Japan, focuses on top players in Japan, also splits Antipsychotic drugs by type and by applications, to fully and deeply research and reveal the market general situation and future forecast. The major players include Pfizer Pharmaceuticals Inc. MSD K.K. Nichi-iko Pharmaceutical Co.,Ltd DAIICHI SANKYO ESPHA CO., LTD. Sumitomo Dainippon Pharma Co.,Ltd. SANWA KAGAKU KENKYUSHO CO.,LTD. 武田テバファーマ株式会社 Teva Takeda Yakuhin Ltd. 共和薬品工業株式会社 GlaxoSmithKline K.K. Astellas Pharama Inc. DAIICHI SANKYO ESPHA CO., LTD. Elmed Eisai Co., Ltd. JANSSEN PHARMACEUTICAL K.K. Kaken Pharmaceutical Co., Ltd. KOKANDO PHARMACEUTICAL CO.,LTD. KYOWA PHARMACEUTICAL INDUSTRY CO., LTD Meiji Seika Pharma Co., Ltd. NIPRO CORPORATION OHARA Pharmaceutical Co.,Ltd. Taisho Toyama Pharmaceutical Co., Ltd. TAKATA SEIYAKU Co., Ltd. TOWA PHARMACEUTICAL CO., LTD. コーアイセイ株式会社 ヤンセン ファーマ株式会社 東和薬品株式会社 高田製薬株式会社 ジェネリック株式会社 田辺三菱製薬株式会社 沢井製薬株式会社 If you want to know more about this report.Please email to zhaomengmeng@qyresearch.com.
  • 2017-2022年全球 と日本市場精神障害治療薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢
    • 1
    • 2017/07/27 12:10
    2017-2022年全球 と日本市場精神障害治療薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢 【紙の印刷版】: 30万円 【PDF電子版(単一ユーザー)】: 30万円 【PDF電子版(多数のユーザー)】: 60万円 【ページ数】:136 【図面数】:148 【出版期日】:2017年7月 【出版社】:JP Research 精神障害治療薬 研究センター 【連絡先】:Tel: 0081-345704342; Email:sales@qyresearchjapan.com 市場の概要 この文章は世界と日本の市場の精神障害治療薬現状とび未来の発展趨勢を研究して、世界と日本市場の主要なメーカーを分析することに重きを置く。同時に日本と北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東とびアフリカなどの地域の現在と未来趨勢を比較する。 2016年、世界精神障害治療薬市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達する、年複合成長率(CAGR)をxx%。 アジア太平洋市場は重要な役割を演じる、世界市場の発展を駆動する、特に中国、インド、東南アジア諸国の急速な成長を役に立つ。 北米は過去数年間、無視できない市場ラベルがあり、予想は今後も安定な発展を維持する。特にアメリカだ、アメリカの変化は世界精神障害治療薬@の発展に重要な影響をとえる。 日本も重要な地域の一つであり、2016年市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達して、年複合成長率(CAGR)をxx%。 現在の状況から見ると、世界の変化が急速であり、予測もできない。未来精神障害治療薬業界の発展はもっと多くの変数に満ちている、市場の発展動向に関心を持つ必要がある。 この文章は世界と日本に重要な役割がある主要なメーカーを分析して、これらのメーカーの製品の市場シェア、市場規模、産地分布、市場ポジショニング、製品のタイプとび発展計画を分析する等。主要なメーカーは以下通り。 アステラス製薬株式会社 第一三共エスファ株式会社 エルメッド エーザイ JANSSEN PHARMACEUTICAL K.K. 科研製薬株式会社 皇漢堂製薬株式会社 共和薬品工業株式会社 Meiji Seika ファルマ NIPRO CORPORATION 大原薬品工業株式会社 大正富山医薬品 高田製薬株式会社 東和薬品株式会社 コーアイセイ株式会社 ヤンセン ファーマ株式会社 東和薬品株式会社 日本ジェネリック株式会社 田辺三菱製薬株式会社 沢井製薬 そして、世界精神障害治療薬現状と未来の趨勢をもっと全面的に分析するため、同時に日本市場と比較する。またヨーロッパ、北米、南米、アジア、中東とアフリカなどの地域の現状と未来の可能性を分析する。 以上のレポートにはご興味があれば、zhaomengmeng@qyresearch.comまでご連絡ください。
  • 2017-2022年全球 と日本市場喘息治療薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢
    • 1
    • 2017/07/27 10:24
    2017-2022年全球 と日本市場喘息治療薬研究レポート、現状と未来の発展趨勢 【紙の印刷版】: 30万円 【PDF電子版(単一ユーザー)】: 30万円 【PDF電子版(多数のユーザー)】: 60万円 【ページ数】:116 【図面数】:131 【出版期日】:2017年7月 【出版社】:JP Research 喘息治療薬 研究センター 【連絡先】:Tel: 0081-345704342; Email:sales@qyresearchjapan.com 市場の概要 この文章は世界と日本の市場の喘息治療薬現状と未来の発展趨勢を研究して、世界と日本市場の主要なメーカーを分析することに重きを置く。同時に日本と北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東とびアフリカなどの地域の現在と未来趨勢を比較する。 2016年、世界喘息治療薬市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達する、年複合成長率(CAGR)をxx%。 アジア太平洋市場は重要な役割を演じる、世界市場の発展を駆動する、特に中国、インド、東南アジア諸国の急速な成長を役に立つ。日本は重要な地域の一つであり、2016年市場規模はXX億ドルに達していた。予想は2022年XX億ドルに達して、年複合成長率(CAGR)をxx%。  現在の状況から見ると、世界の変化が急速であり、予測もできない。未来喘息治療薬業界の発展はもっと多くの変数に満ちている、市場の発展動向に関心を持つ必要がある。 この文章は世界と日本に重要な役割がある主要なメーカーを分析して、これらのメーカーの製品の市場シェア、市場規模、産地分布、市場ポジショニング、製品のタイプとび発展計画を分析する等。主要なメーカーは以下通り。 GlaxoSmithKline AstraZeneca AB Chiesi Farmaceutici S.p.A. Orion Corporation Novartis Europharm SANYO CHEMICAL LABORATORY Otsuka Pharmaceutical ABC Farmaceutici VAMSI LABS Boehringer Ingelheim Pharma SYNMOSA BIOPHARMA CORPORATION Newchem Bright Future Pharmaceuticals Factory Laboratorio Italiano Biochimico Farmaceutico Lisapharma MEDA Pharma GmbH & Co. KG Unimark Remedies Limited Morepen Laboratories Merck Sharp & Dohme B.V. Hanmi Fine Chemical CIPLA LIMITED Industriale Chimica S.R.L. IT Saronno MYLAN LABORATORIES TEVA PHARMA Lusochimica AVIK PHARMACEUTICAL LIMITED ZHEJIANG TIANYU PHARMA MELODY HEALTHCARE PVT EVONIK TECHNOCHEMIE GMBH DE Dossenheim MSN LAB PRIVATE Ltd Rudraram Village OHARA Pharmaceutical そして、世界喘息治療薬現状とび未来の趨勢をもっと全面的に分析するため、この文章は同時にヨーロッパ、北米、南米、アジア、中東とびアフリカなどの地域の現状と未来の可能性を分析する。 弊社のレポートにはご興味があれば、zhaomengmeng@qyresearch.comまでご連絡ください。
  • 2017-2022 Global and Japan Antiasthmatic drugs Market Analysis Report
    • 1
    • 2017/07/27 10:16
    2017-2022 Global and Japan Antiasthmatic drugs Market Analysis Report Hard Copy: 3085 USD PDF Copy (single user): 3085 USD Enterprise wide License: 6170 USD Pages: 117 Tables and Figures: 138 Published Date: July 2017 Publisher: JP Research Antiasthmatic drugs Research Center Contact: Tel: 0081-345704342; Email: sales@qyresearchjapan.com Summary The global Antiasthmatic drugs market is valued at XX million USD in 2016 and is expected to reach XX million USD by the end of 2022, growing at a CAGR of XX% between 2016 and 2022. Japan plays an important role in global market, with market size of xx million USD in 2016 and will be xx million USD in 2022, with a CAGR of xx%. This report studies the Antiasthmatic drugs market’s development status and future trend in Japan, focuses on top players in Japan, also splits Antiasthmatic drugs market by type and by applications, to fully and deeply research and reveal the market general situation and future forecast. The major players include GlaxoSmithKline Australia AstraZeneca Chiesi Farmaceutici S.p.A. Orion Corporation Novartis Europharm SANYO CHEMICAL LABORATORY Otsuka Pharmaceutical ABC Farmaceutici SPA VAMSI LABS Boehringer Ingelheim Pharma & Co. KG SYNMOSA BIOPHARMA Newchem S.P.A. Bright Future Pharmaceuticals Factory Laboratorio Italiano Biochimico Farmaceutico Lisapharma S.P.A. MEDA Pharma GmbH & Co. KG Unimark Remedies Limited Morepen Laboratories Merck Sharp & Dohme B.V. Hanmi Fine Chemical CIPLA LIMITED Industriale Chimica S.R.L. IT Saronno MYLAN LABORATORIES LIMITED Hyderabad TEVA PHARMA LTD. IL Petach Tikva Lusochimica S.p.A. IT 23871 Lomagna AVIK PHARMACEUTICAL LIMITED ZHEJIANG TIANYU MELODY HEALTHCARE PVT. EVONIK TECHNOCHEMIE GMBH DE Dossenheim MSN LAB PRIVATE OHARA Pharmaceutical If you want to know more about this report,please email to zhaomengmeng@qyresearch.com.
  • 精子バンク
    • 3
    • 2017/07/24 08:50
    宮廷医学部卒医者 運動部で県選抜候補だったことあり 持病なし 希望の方はコメントをください。
  • 脳幹梗塞発症後 ご存命の方 お話しませんか
    • 1
    • 2017/07/11 14:25
    私2015年9月に脳幹梗塞と診断され入院しましたが 現在でも一人で生活できる運動機能があります 過去に二度の脳出血の経歴もあり 軌跡の人と 医者もどこか真剣に向き合ってくれません レアケースなのでしょうが他にも そんな方がいらっしゃったらお話してみたいです よろしく お願いします
  • 発毛実践体験
    • 6
    • 2017/07/08 17:28
    髪の毛が薄くなってきて、発毛をいろいろ試した結果効果があった方法、効果がなかった方法など実体験を投稿してください。
  • 嗅覚、味覚障害です
    • 1
    • 2017/07/02 13:02
    情報交換したいです。お話ししていだだけませんか?お願いします
  • 狂った男
    • 5
    • 2017/06/29 21:45
    あの旅は楽しかったとても わたしも若かった Natsuko も私も若かった 旦那さんと言われて嬉しかった もうあの風は吹かないか 身体も脳みそも歯もガタガタになってきた もう私にはNatsukoしかいない ほかの掲示板もわけのわからんこと書いてるようだ まだそんなに老いぼれていいるわけでもないのに このままではまずい 私の狂いようは尋常ではない 自分でも怖い・・・ いまNatsukoに愛想つかれたら本当に終わる どうしようもならない ・・・・・・・・・・ おととい私はNatsukoに何もかも話した 頭のなかに化け物がいるみたいだ。
  • 夏の暑さに負けない体作りをするには、いつ何をどうすれば良いのか。
    • 1
    • 2017/06/20 14:13
    年々歳々と暑さ寒さには弱く苦手な感じがして来た。これからもっと厳しい気候になると聞けば、不安を覚えてしまいます。 夏の登山は初めは暑くて暑くてたまらないですが、中腹から上に行けば汗をかくのにも慣れてきます。かつてはその様な登りのために自主的な訓練もしていたけど、病気してからは、その様な持続性の確保が難しいので、困っています。梅雨に入る前から危機感を覚える体力不足で、何とかしないと室内に閉じこもりになってしまいそうです。買い物に行くのが外出する機会になっているくらいで、積極的に何かをする気力がないみたいです。
  • 聴覚障害の人宜しく
    • 1
    • 2017/05/21 17:59
    音は聞こえる人何と話しているかハッキリわからない人来て
  • ★★YOPPARAI★★の吐露部屋
    • 22,791
    • 2017/04/28 05:46
    ここは無礼講で、思ってても言えなかった事を言ってもらい、それを肴にもっと飲もう。上品な会話に肩が凝った人荒らしとの対決に疲れ果てた人癒しの部屋へようこそ。。。
  • 私は類人猿だ!人間になりたい!
    • 3
    • 2017/04/24 17:03
     現在解決に向けて難渋しております。症状としては全く正常な舌に対し、矮小化した顎の骨格(特に上顎の)、特に舌が言語の発声時当たったり、動かす時に必要な空間が極端に小さいため、ろれつが回らず、言葉コミュニケーションに苦労しております!  そして2つの事実が問題解決に向けての障害となっているのです!一つは私の症例が恐らく前例がないということ!普通人間は未知の事象と遭遇すると、戸惑い目をそむけ、それから逃避してしまうものですね!残念ながら今まで助けを求めた全ての専門家の方々がそのような行動に出てしまわれる状況なのです。  もう一つはこの事象の問題点を専門家からの提言ではなく、患者の立場たる私からの提言であるということです!専門家たるお医者様と患者の間にはまだまだ深い溝があり、それにより患者からの専門的分野への自由な提言などは無視されるわけです!  しかし言わせてもらえるなら我が60年にも及ばんとする人生でこの事象に否が応でも取り組まざるを得ず、紆余曲折の後ようやくたどり着いた分析及び結論なのです!                                  ”御医者さんに診てもらえばどういう診断結果になるのだろう一度診てもらおう?”という段階ではないのです!  故に解決及び”言葉の大切さ”への理解を普及させるため、世界を網羅するネットワークを構築したい!                                  私が問いかける対象とすべきは地球上の全ての人々です!全ての人々に問いかけたいのです!”言葉、其れに依るコミュニケーション”とは人間の根源に関わる問題です!ある地域、ある人種、ある嗜好、ある思想を持った人々といったものに限ったものではありません!  私のホームページ(https://yoshimasada.jimdo.com/)を見ていただければ全ての謎が解けます!そして私の理論に同意し、納得共感して頂けるはずです!理論といっても就学前の子供でも解る単純明快な事なのですが!しかしそれが反って専門家のプライドを傷つけることになってしまっているのかもしれません!
  • 国民保険や社会保険等の医療保険は見直す時が来た。
    • 1
    • 2017/04/16 16:41
    医療関係者の診療報酬が減る法律を自民政府が 作った為、3ヶ月以上は日本国民は入院できず おまけに、最近は1ヶ月以上は医療ミスでもない 限り、入院できないという有様。 それなのに、大病院への国の支援は、無くならない。 これはどういうことだろうか? 日本国民の医療費の約9割は、診療報酬等として 各種病院(各種大病院、開業医、薬局等)に入金 される。それなのに、「各種大病院」への支援は 税金の無駄と言えるのだ。昔は、入院期間が長く 入院患者も多かったが、訪問看護制度を国が作り そうとう重症の寝たきりの人迄、ヘルパー等に 任せて、入院をさせない様に、画策している。 こんなセルフケアが、日本は常識化しつつある のに、何故、大病院への国からの支援は必要 なのか?これは、おそらく裏では、医師団体から 自民党等が献金してもらっている為に、手心を 加えている可能性が大だ。 税金は日本国民全員の者なのに、私物化している 保守政党の代議士達は、人間のクズと言っても、 過言ではない。
  • 苦しいです
    • 1
    • 2017/04/16 08:55
    嗅覚と味覚を失くしました、同じ障害の方ささえあってお話ししていただけませんか?お願いします
  • 【神経内科医の方、お友達になってくれませんか?】
    • 1
    • 2017/03/30 08:32
    26歳女性です。 私は医師ではないのですが、4月から少し関わるお仕事を担当します。無知でバカな私に優しく教えていただける方はいませんか?真面目なスレですみません。 友達も少ないので、飲みでもパシリでも愚痴を聞くだけでもなんでも付き合います! ご連絡お待ちしてます♪
  • 親の介護をなさってる方々へ
    • 7,535
    • 2017/03/02 14:45
    私は、今田舎にいる母を看るために、東京と行ったり来たりしています。母は、時々寝たきりになります。介護の仕方を習う暇なく私は退職し、今に至っていますので、慣れない介護に疲れます。でも今母は脊椎圧迫骨折で、入院しました。痛みが取れると退院しますのでその間がつかの間の私の自由な時間です。息子が買ってくれたパソコンを始めましたので、どなたかアドバイスやおしゃべりをお願いいたします。
  • みんなさんが口腔洗浄器を使っていますか?
    • 2
    • 2017/03/02 14:06
    この前、歯の洗浄を歯科にしてもらいました。歯医者が健康のために、年に二回歯の洗浄しなければとアドバイスしてくれました。ネットで家庭用口腔洗浄器というものを知ったんです。歯垢を簡単に流し落とすとの宣伝です。口腔洗浄器を使った人がいますか?ご体験談を話してもらいますか?
  • 花粉症の対策
    • 3
    • 2017/03/01 16:02
    私は、20年来の花粉症です。 色々な健康食品も試しましたが、これといったものがありませんでした。 でもこの前、じゃばらを使ったサプリを試したところ劇的に効果がありました。 ただのミカンの皮だそうですが、ちょっとびっくりです。 皆さんもぜひ試してみてください。 私だけなのか?また、薬があってきたのか?ちょっとわからないのです。
  • 「少食」をめざす人
    • 61
    • 2017/02/28 06:35
    「少食」で生活できるのなら、「飢餓で死ぬ人なんていない」、主張する人もいます。 一方で「不食」かそれに近い超微食で、健康に暮らしておられる方が大勢おられるのも現実です。 一体「少食の人」と「餓死」の間になにがあるのか、とても興味があります。 私は少食実践者をめざして、日々試行錯誤しながらの生活をしていまが、 実際に少食を目指しているいないは別として、いろいろな反対意見などを語り合えたらうれしいです。
  • 心配していた骨髄検査は痛くありませんでした。
    • 1
    • 2017/02/19 11:13
    小生の場合は腰骨の上方部から骨髄を少量抜取る検査を受けました。 緊張のあまり血圧が165/90まで上昇。いざ始まってみると 殆んど痛みは無く嘘の様でした。時間も麻酔注射~事後消毒まで 3分位で短く今まで考えすぎだったと思います。 これから受ける患者さんにこのことをお伝えしたく投稿致しました。 安心して受けて下さい。
本文はここまでです このページの先頭へ