ここから本文です
  • お気楽に生きる。
    • 1,355
    • 2017/09/23 01:22
    人生の生き方の究極の一つは、お気楽に生きることです。 趣味に生活に、お気楽に生きている方々、生きて行きたい方々の為の投稿欄です。
  • お花畑でひとりごと
    • 37,942
    • 2017/09/22 23:48
    つれづれなるままに。。。
  • 「歎異抄」について、語り合いませんか。
    • 29,912
    • 2017/09/22 22:45
    「歎異抄」について、語り合いませんか。 「歎異抄」について、「彌陀」について、「親鸞」について、語り合える人 メッセージください。
  • 『人生は邂逅』
    • 281
    • 2017/09/22 22:00
    これを、間違えると 偉い事になる。 しかし、選べ無い時も 人生には 多々ある。 そう言う時は、 そう言う時は、、。
  • ☆ みことば ☆
    • 1,349
    • 2017/09/22 21:37
    初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。 ことばは神であった。 この方は、初めに神とともにおられた。 すべてのものは、この方によって造られた。 造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。 この方にいのちがあった。 このいのちは人の光であった。 光はやみの中に輝いている。 やみはこれに打ち勝たなかった。
  • 釈迦力
    • 5,223
    • 2017/09/22 20:37
    私とは一体何なのか?私を支えている不思議な力はいったいどこに在るのだろう?私たちの身体を構成する成分は皆、同じものからできている。私たちの共通した思い(心)の部分は皆、同じように思える。先賢である奇人変人たちの、書き残した文章の中から、それらを共に探っていきたいと思います。
  • 海抜0メートル地帯(2)
    • 72
    • 2017/09/22 19:28
    海の深さが、罪の深さと 、等しいのなら、私達は 冤罪です。 [此方が、気に入っているようで、、。]
  • 神はいるか
    • 110,065
    • 2017/09/22 18:13
    神はいるか 僕は神様はいると思っている者ですが、神様はどの様な神様か?神様はいないと思っている人は、何故そう思うのか?聞かせてください。
  • 予言と宗教
    • 4,642
    • 2017/09/22 05:34
    予言と宗教とについて研究しよう
  • 創価学会の学会員によるトピ
    • 299,722
    • 2017/09/21 20:04
    ここでは、創価学会を中心とした、学会員による学会員の為のトピにしていきましょう。活動報告、体験談、決意発表、質問など、何でもOKです。外部の方に真の創価学会の姿を見て貰えれば幸いです。無論・非学会員の紳士的発言は歓迎いたします。 但し、学会を誹謗・中傷する発言は御遠慮ください。(他トピでどうぞ)
  • なんでも掲示板
    • 569
    • 2017/09/21 18:41
  • 『語り得ぬもの』を語るのも・・・・・・・楽しい\(^o^)/
    • 3,289
    • 2017/09/21 13:39
    善悪や人生や宗教や倫理や哲学などは答えは一つではなく・・・ 社会科学や自然科学とは異なる\(^o^)/
  • 凛々のひとりごと(^-^*)
    • 2,307
    • 2017/09/21 00:47
    恋する凛々は大人になります
  • テスト①
    • 265
    • 2017/09/20 20:11
    テスト①
  • 仏教についてのひとりごと
    • 991
    • 2017/09/20 09:20
    仏陀は本当は何を言おうとしたのか、が私のテーマです。 仏教経典は膨大で、その理論も多岐にわたっていますが 仏陀の真意からはかけ離れていっているように思えてなりません。 仏陀は悟った時に『私が悟ったこの法は甚だ微妙で深遠であり、世の人が理解することはできないであろう。説いても無駄だ。私はこのまま死んでいこう。』と考えました。 そしてその予感は当たっていたと思います。 現在、世界には数多くの仏教経典も著作も宗派も存在しますが 上座部仏教(原始仏教)にしても大乗仏教にしても、どれも仏陀の真意ではないような気がします。 もちろん、私も我流で毎日般若心経も法華経も読誦していますしお経としては華厳経が大好きですが、全く何の宗派や団体にも属さず、何が正しいと言った立場にも立たずに、仏陀の本当に言いたかったことを考えていきたいと思っています。 この哲学思想カテゴリーは、アラシの人も多いようで、私のひとりごとになる可能性が高いので『仏教についてのひとりごと』です。
  • 僕の考えた存在性理論、誰か見てくださーい
    • 100,788
    • 2017/09/17 21:59
    僕の考えた存在性理論、誰か見てくださーい! 私は20年間のクロスタニンの末存在性理論なるものを発見人間の正体は存在性、そして永遠を目指す・・・きっと素晴らしい21世紀の扉を開けるものと考えておりますどうかぜひ御一読のほどよろしくお願い申し上げますhttp://www2u.biglobe.ne.jp/~yuniko37/よろしく〜!
  • 歌はいいねえ。
    • 627
    • 2017/09/17 21:32
    「歌は心を潤してくれる。 リリンの生み出した文化の極みだよ。」と言うわけで、好きなの貼ってみようか。
  • ☆潔癖生活☆
    • 285
    • 2017/09/17 17:04
    目指せ潔癖生活!
  • 懐古趣味
    • 91
    • 2017/09/16 08:46
    古きを尋ねて新しきを知る。 そんなスレッドを立ち上げてみました。 よろしくお願いします。
  • チビクロと聖書を学びましょう。
    • 26,058
    • 2017/09/15 21:07
    「私たちが見たこと、聞いたことをあなたがたにも伝えるのは、あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです」?ヨハネ1章3節このトピを主イエスが祝福してくださいますように。主イエス・キリストの尊い御名を通してお祈りします。アーメン
  • 『語り得ぬもの』を語るのも楽しい\(^o^)/
    • 137
    • 2017/09/12 10:21
    善悪や人生や宗教や倫理や哲学などは答えは一つではなく・・・ 人により価値観によりそれは多種多様であり・・・ それは主観であり客観とは異なる\(^o^)/ そう、その答えは社会科学や自然科学とは異なる\(^o^)/ それでも・・・真理の探究は楽しいものである\(^o^)/
  • 生きる意味
    • 601
    • 2017/09/09 21:53
    なぜ生きるか・・・この講釈をたれる人間も多いが、とどのつまりどうなのよ?
  • ウデスパーと聖書を学ぼう
    • 16,731
    • 2017/09/07 21:03
    福音派、根本主義者、カルト、聖霊バカお断り (わら
  • 暮四茶瓜の厭世的気付き
    • 658
    • 2017/09/07 08:58
    日々だらしなく生き恥を晒しながらも、怯まず、ふん反り返るを善しとする法を求めて…
  • ばっすんが拝む阿呆陀羅経とは
    • 350
    • 2017/09/01 20:42
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BB%E3%81%A0%E3%82%89%E7%B5%8Cばっすんが毎日朝晩欠かさず拝む阿呆陀羅経とは一体何なのか?検証してみたい。
  • 私は創価学会と公明党が大嫌いです。(^^)/
    • 159
    • 2017/08/27 13:02
    創価学会と公明党が大嫌いな皆さん、ここで創価学会と公明党をなぜ嫌っているのかその理由を投稿してください。 創価学会と公明党が大嫌いな人たちと友達になりましょう。 創価学会と公明党が大嫌いな人たちの交流の場です。 (^^)/
  • 死後とはどういうものか、神とはなにか?
    • 1,379
    • 2017/08/27 09:29
    論じてくださいw)
  • 真のエホバの証人を捜してます。
    • 13
    • 2017/08/25 18:50
    93年11月1日32ページを見てね。「収穫の時」です。
  • 間違いだらけのエホバの証人
    • 2,477
    • 2017/08/23 11:44
    輸血を禁止して信者を輸血拒否で死に追いやっているカルト宗教のエホバの証人の間違った教義について思いっきり投稿してください。エホバの証人の聖書解釈の間違いや非人道的な教義で多くの信者が毎年命を落としています。そんな危険なカルト宗教のエホバの証人のおこなっている間違いだらけの行為や教義について論じましょう。あなたの良識でエホバの証人の教義を徹底的に批判してください。
  • 旧約・新約聖書、書き写し
    • 91
    • 2017/08/21 08:01
    どのくらい続くかな?
  • 獣の数字
    • 12
    • 2017/08/19 22:46
    「ここに知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は666である。」 クイズがあったので、解いてみよう。
  • 何故人を殺してはいけないのか
    • 4
    • 2017/08/15 10:44
    安直な話だけど、意見求む。 殺していいことに賛成か反対か。またそれの具体的な理由も込みで。
  • 海抜0メートル地帯
    • 337
    • 2017/08/14 13:43
    海の、深さが 罪の、深さなら 私達は、冤罪です。 【改訂版】
  • 府抜けども、悲しみの愛を見せろ !?
    • 249
    • 2017/08/12 09:53
    説明は、要りませんね。^^ (知る人ぞ、知る、、。)
  •  十 ひとりごと ☆
    • 4,974
    • 2017/08/11 06:55
    好きなように、思いついたら書く。 メモ、日記、その他。
  • 信仰は、家庭の日常にどんな影響を及ぼすか?
    • 635
    • 2017/08/11 04:08
    西欧の近代文明は、キリスト教・ギリシャ哲学を、2本のバックボーンとして発展して来たから、宗教による世界観は、人々の無意識までもを規定して、社会構造を形成している。 それに対して日本では、古事記に描かれる「文化意志」として、スサノオが美を体現し、ヤマトタケルが悲劇の死を遂げて以来、「悲劇の美」がベースの価値観とされて、判官びいき・忠臣蔵・近松へと受け継がれる。その価値観の上に、思想を形成したのは、聖徳太子からの仏教であり、「受容と寛容」の思想は、和魂漢才・明治維新からの西欧文明の急速な受け容れにつながった。 このように日本では、仏教の宗教観が、いわば無意識の構造までを支配し、利益・法・衆生・知恵etc.は仏教のお経からそのまま採った言葉だから、日本語に深く入り込んでいる。 そんな日本人が、改めて仏教を、無意識から意識レベルに浮上させたとき、その信仰は日常生活にどんな影響を及ぼすのか?事例による、具体的な検証を行ってゆく。
  • 宗教研究(仏教・キリスト教等全般)
    • 389
    • 2017/08/07 09:32
    宗教(仏教・キリスト教全般)を信仰的立場や批判的立場ではなく、客観的、中立的な立場で見るとどうなでしょう。調べて、研究しましょう。研究テーマは月単位で変えていこうと思います。投稿のルール1.投稿はテーマについて書く。 たとえばテーマ「真理のことば」でしたら、NHK出版のテキストと放送を見たり、中村元著の「ブッダの真理のことば」の中に書かれていることについての意見をなるべく客観的に述べる。2.人の投稿に対しての意見は書かない。 人の投稿、考えに対しての批判や、感想などは控える。 テーマに沿って調べるといろんな考えや意見がでるのが常です。 自分の考えと違っても、それはそれで、そのような解釈もあると思って、大らかな気持ちを持ちましょう。以上、ルールに則っての投稿をよろしくお願いします。
  • キリスト教と信仰
    • 34
    • 2017/08/05 14:21
                     キリスト教と信仰 近代から人間とは何かという疑問が当然と考えられ、哲学などが発達しましたが、しかし哲学者で科学者のデカルトや現在でさえ、人間の心の深層である悩み、悲しみ、苦しみ、嫉妬、怒り、盗み、奪い、殺し、復讐し、また考え、楽しみ、喜び、希望、夢を持つということを解き明かせていません。それが紀元前5千年からともいわれ、言い伝えられまとめ上げた聖書のなかに、その全てが解決できるメッセージやヒントがあるようです。また、神とキリストの奇跡が紀元という年号の元をつくり、全世界に広がっていることを認識することは不可欠なことでしょう。   そして、キリスト教が宗教を超えた人間の生きていく真理ということもわかります。その一つに経済の根源もイエスキリストの教えからだったのです。(ヤフー検索で国富論と聖書を参照下さい)。   信仰とは 聖書辞典より  信仰とは、神にたいする全人格的な信頼で、それから当然おこってくる神の約束のことば(神の啓示である聖書)にたいする全人格的な信頼のこと(創世記15:6、マルコ11:2、ローマ4:3-5、ピリピ1:27)その例証としては、信仰の勇者たちがあげられる。(ヘブル11全) これをもう少し詳しく説明すると、次のようになる。 ❶信仰は、自分の無力を知り、主に助けを求めることである。(マルコ9:24) ❷信仰は、神が我々に求めていることであるが、それは神の腸物であって、我々の行為ではない(ヘブル11:2,6) ❸救われるための信仰は「何をすること」(行為)ではなくて、「神の愛を受け入れること」(受身)である(ヨハネ1:12、ローマ3:28、ガラテヤ2:16) ❹救われるための信仰は、我々の為に成し遂げられた十字架上でのイエスキリストの身代わりの贖罪を、そのまま受け入れることである。(ローマ3:24-26)そのとき、義と認められることである(ローマ3:22-30、5:1) ❺ 救われるための信仰は、生きた信仰で、悔い改めを伴うものである(マルコ1:15使徒行伝20:21) ❻生きた信仰は、当然愛の行為となって実際に活動する(ルカ7:47、50ガラテヤ5:6、ヤコブ2:17-26)、これは御霊の実である(ガラテヤ5:22-23)この 御霊の実は、愛、よろこび、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制であって、それを否定する律法はない。 ❼一度神から与えられた信仰は、途中でなくなることはなく、必ず永遠の救いにまで至る(ピリピ1:6、Ⅰペテ5:10) だから世に勝つ力である(第一ヨハネ5:4) ❽信仰は希望を持って、まだ起こらない未知の事柄や世界を見通す(ロマ4:18、5:2ヘブル11:1,2、Ⅰペテロ1:5) だから信仰は、神の祝福を受け入れる器であって(ロマ5:2)それ自身に力があるのではない、それは電源にたいする電線のようなものであって、神に連なっているときに力をもたらす媒体なのである。  尚 聖書辞典によれば宗教という言葉は、聖書には使徒行伝にだけに出ていて、それもユダヤ教をさしているようです。そのほかには宗教という言葉は出ていないようですので、キリスト教が宗教でないと考えられます。キリスト教は哲学、宗教、経済学を超えた生きていく真理だからなのです。それは「イエスが言われた、私が道であり、真理であり命である」(ヨハネ14-6)また「イエスはいわれた、わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」(ヨハネ8章31-32)その他聖書にイエスの真理をついた御言葉が多数あります。  祈りとはイエスキリストを通して神との対話で、自身の日々の罪の許し、悔い改め、感謝、願い等をすることで、その神との対話にイエスキリストが介在するのは聖霊の働きによるもので、創造の神、イエスキリスト、聖霊、が三位一体の神というようです。<BR>  献金は、愛、利他心、慈愛、感謝、それに世の中の平和を願う精神でおこなう自由献金で、利己心からは絶対に生まれない精神です。このことを知らない人は、現在の日本を理解できないのではと、自分は経済学が聖書だと悟りました。下記サイトを参照ください。  後は教会で聖書を学び、愛や平和を将来に受け継ぐ一員として、世に広めることが大事だと考えますが?   以上    関連サイト http://www1.ocn.ne.jp/~tsutomu/
  • 地上から、宗教をなくそう!
    • 46
    • 2017/08/02 14:33
    すべての宗教は、まちがいです。 どんな宗教も、誤りです。 体から離れた心を、神や霊などとして信じることで、宗教は成り立っています。 けれども、これはあり得ないことです。 心は、体の一部、脳の働きです。 体を離れた心の存在を妄想し、確信したことから、人類は、恐ろしい、逆立ちした考えにとりつかれ、無駄な争いと災いの泥沼にはまり込み、もがき苦しんでいます。 みなさん、人間にとって、いちばん大切なものは、何でしょう? もちろん、命そのものです。 命を失えば、人間には何も残らないのですから。 だから、死ぬことは、最大の恐怖、無限の不安を引き起こします。 ここに、体は死んでも、魂は永遠に死なないという妄想が生まれ、人々をとらえたのです。 しかし、死の恐怖や不安は、命を守るために、体が作りだす感情です。 ですから、生き続けられる可能性が全然ない状況では、死の不安や恐怖は、意味がありませんから、起こらないのです! そして、命の源、宇宙に帰る安らぎがやってきます。 これは、自然そのものの働きであって、信仰には、まったく関係ありません。 これまで、神や仏などとして人々が求めてきたものの正体は、生命そのものですから、ほんとうにその名に値するものは、実は、すべての命を生みだし、永遠に活動し続ける宇宙そのものなのです。 詳しくは、『心について』(大学教育出版)をお読みください。
  • スピリチュアル
    • 5
    • 2017/07/15 20:32
    江原啓之さんとかエドガーケイシーに関する本を読み、スピリチュアルなことに 興味があります。また、ユング心理学や夢分析にも興味があります。 イエスの教えやブッダの教えに関する本も読んだことはありますが、今のところ 一番しっくりとくるのはスピリチュアルな話です。 信じるかどうかが前提になるので、議論をするつもりはないのですが、 ゆっくりお話ができる方お願いします。
  • 輪廻転生について考えてみました。
    • 11
    • 2017/07/11 18:43
    輪廻転生について考えてみました。 よかったらのぞいてやってください。 baby-budda.ciao.jpになります。 つたないhpですが、よろしくお願いします。
  • ノストラダムスの予言は当たっていた!
    • 102
    • 2017/07/06 19:15
    あの有名なノストラダムスの予言1999年の7の月空から降りてくるだろう恐怖の大王がアルゴモアの大王を復活させるためその前後マルスは幸福の名のもとに統治するだろう。五島勉の最終解答編で、その予言はイエスの再臨と明言している。
  • 心を持った人工知能は倫理的問題あり
    • 11
    • 2017/07/05 02:31
    心を持った人工知能を作成出来るのは倫理的に正しいのか? クローン人間も遺伝子組換え人間も、許されていない。 心を持った人工知能の作成は許されて良いのか? 哲学的なテーマとして認知科学への、反対を表明します。 ご意見を頂きたく、よろしくお願いいたしますm(__)m
  • 信者の家族や本人を崩壊させる宗教は何ですか
    • 7
    • 2017/07/01 09:12
    私の妻はどっぷり宗教に浸かったエホバの証人です。他の宗教にも深入りすると言えることだと思いますが 妻は一日中 エホバの雑誌を読みふけり集会に行くときはまともに家事をしなく夕飯もテキトーにコンビニ弁当や夕飯抜きで王国会館に一目散で行きます 当然、日常的に夫である私との日常の会話はありません 息子もエホバの証人で時々我が家に来た時は女房と楽しそうにエホバの教えのはなしをしています 側面的に見てもまともな家庭環境ではないとおもいます 他の宗教も深入りして麻薬患者みたいに洗脳されるのでしょうか いろいろな意見を拝見したくおもいます
  • なぜカルトに洗脳されるのか。
    • 1,041
    • 2017/06/25 15:25
    創価学会やエホバの証人、オウム真理教など、いわゆるカルトと呼ばれる宗教にはその宗教にまつわる多くの被害者が存在しています。人々はなぜ危険なカルト宗教に染まってしまうのでしょうか。そしていったんカルト宗教に洗脳されてしまうと、信者となった人々はその人たちのことを心配してその宗教の問題点について教えてくれる人たちに対してなぜ敵対的な態度をとるようになるのでしょうか。このトピでは、そんなカルト宗教に洗脳されてしまった人たちの実例やなぜカルト宗教に洗脳されて問題行動を起こすのかなどカルト宗教団体の問題点について語ってください。なお、カルト宗教団体に在籍されているカルト信者の投稿も歓迎しますが、他の投稿者個人への嫌がらせ投稿やダブハン妄想投稿はお断りします。
  • とにかく大勢訪れる掲示板
    • 112
    • 2017/06/11 03:50
    プラシーボ効果です。
  • 宇宙の大規模構造
    • 3
    • 2017/06/11 00:45
    脳みそに見えないだろうか? 宇宙になぞられ、人間の脳を作りたもうたのかも? 無数の点が一定の法則で関連付けられ、そこに自我が生まれるとしたなら? 脳みそは電気信号で関係づけられるが、宇宙の場合は光や重力で関係すえられる。 もしも、宇宙に自我があるなら、話してみたいものである。 人間の一生のスパンと、宇宙のスパンは長く、対話できないかもしれない。 神様も問題にも、答えが得られるかも?
  • 預言・予想・予知・予感
    • 51
    • 2017/06/11 00:20
    みんなのそれぞれにある、超常的?預言・予想・予知・予感。 宇宙の一大真理と一体になる時・・・・・(^^♪ 超常?オカルト?霊感?英知?覚醒?
  • 天理教とは、なんであろうか?
    • 21,132
    • 2017/06/06 01:11
    親がはまってる天理教なんか変と思うんです。やたら、布教所の先生方が偉くて信者さんが平伏しています。世界一列をとなえているのになんか変。。それとも私の考えが変?
  • 超迷惑な創価学会
    • 191
    • 2017/06/05 19:39
    折伏に応じないと、ドアを蹴りつけて「地獄に落ちろ」などと捨て台詞を残して立ち去る創価学会員。 よく聞く話です。 まさに迷惑そのものですなあ。 そんな創価学会に入って、仏教など身につくはずもなく、創価学会に入ったが最後、財務などと称する寄付金を創価学会に支出することを強要され、身ぐるみ一切はがされて行き着く先は生活保護というイメージが強いのではないでしょうか。 そんな創価学会に他人を勧誘する行為はまさに、人を不幸にする行為と言っても過言ではないでしょう。 創価学会員は不幸をばらまかないで欲しいものです。
本文はここまでです このページの先頭へ