ここから本文です
  • ひゃまの飛んでもない光論
    • 18,495
    • 2018/06/19 23:43
    一般に光は光波、電磁波とよばれていますが、ここでは光は空間でその振動が光波であり電磁波であるというひゃまの原理を検証していきます。
  • 神は存在するか?
    • 5,044
    • 2018/06/19 07:53
    「神は存在するか?」人類の永遠のテーマです。宇宙は今現在も銀河や恒星を作り続けています。銀河や恒星、惑星が作られるのは宇宙の働きであると考えることが出来ます。宇宙が銀河や天体を造るのなら、太陽や地球も宇宙が造ったと考えてもおかしくはありません。もし銀河や恒星が偶然に成立しているのならば、なぜ偶然に成立するものが、無限に存在しているのでしょうか?地球には人類が存在します。銀河が無限に存在し、そこに人類が存在するなら、銀河が偶然に存在しているという論理は必然的に人類が偶然に宇宙の中に成立しているという考えに結びつきます。偶然に存在する人間が作ったテレビや電化製品も宇宙全体から見ると偶然の存在です。もし誰かがテレビは偶然にも各家庭に一台存在すると、主張したなら誰か納得する人がいるでしょうか?ただし宇宙の働きが銀河を作りそこに存在する人類を作ったと表現が出来てもその宇宙という存在を神と呼んでも差支えがないのか?という問題が残ります。この答えは私は一時保留します。次にわたしの基本的な思想を述べておきます。1 重力宇宙には4つの力が存在しますそのうちの3つ、電磁力などの力をゲージ粒子による物質的力と定義します。残りの重力を非物質的力と定義します重力をDNAと同じ力と考えました。DNAは4つの数値0.1.2,3からなるデジタルの信号です。つまりコンピュータの0と1の二つの数値と同じフォーマット形式。DNAは人の成長に命令を下す力で、重力も物質の形状に命令を下す力と考えました。同様に人間の意識も命令をする力と考えました。つまり重力とDNAと意識は同じ非物質的な力であるという考え方です。重力が天文学的に弱い力である理由です重力子は存在していないと考えます。2 宇宙は無限に存在する宇宙がもし一つしかないのなら、どこかで無から物質やエネルギーが発生する特異点が存在します。宇宙は光の速度が無限に変化して、その数だけ無限に存在すると考えました。ただし始発点が無く終点が存在する片側有限の宇宙です。この考え方ならば、特異点の考え方を回避し、宇宙のエネルギーと物質の総和が常に一定であると考えることが出来ます。宇宙はマザーからチャイルドそこからさらにチャイルドという、生命の細胞分裂のような姿をしており、現在の生命は皆宇宙をモデルとして作られたと考えております。宇宙の発生のつど光速度は加速し、現在の我々の宇宙は光速度が限界まで加速した終末的宇宙。全ての次元の宇宙が3次元の等質な空間と光速度軸の4次元で成立してどの宇宙も同じ物理の法則に支配されます。3 存在とは宇宙に存在するものには時間の制限が課せられるものと考えました。なぜなら太陽も地球もいずれは消滅するからです。その意味夢となんら変わりません。夢も見ている間は存在し、宇宙も夢も同じ原理によるものと考えました。どちらもエネルギーが物質化したものだからです。形さえもてば全て物質。夢も私の人生も単なるイメージであり、いすれは消え去ります。4 たった一つの素粒子宇宙には一つの素粒子しか存在していないと考えました。その素粒子が光の素粒子で、ひかりの速度は停止して物質化します。その速度は質量として提示されます。質量と光速度は等価で、同じ次元の空間では光の速度と質量が等価であるため。光の速度は一定と観測されます。物質を見ているとはいっても実際はその物質に反射した光を脳が物質と判定しているだけです。光を脳は物質と判断します。光=物質なら物質=光であると考えることが出来ます。つまりは宇宙は全て光の素粒子で出来ていると考えております。4霊魂は存在しない死後世界を肯定している私がこんな発言するのは変かもしれません。一般的な死後世界の肯定派は死後肉体が消滅して、意識だけが存続すると考えているからです。私はその意味では否定派です。なぜなら肉体が消滅しても物質が存在する次元が複数存在するので。死が全ての終わりとは考えてはいないからです。常に肉体と意識は1対1.医学的立場で、脳が個性を作っていると考えております。意識の方には個性が無いと考えております私のサイトです「幽体離脱体験日記」http://www.geocities.jp/yoshiyuki2727/この掲示板に参加できる方の条件を限定しておきます1 ここに参加する方は神の存在に対して否定。肯定。態度を保留の3つの態度を必ず明確にしてから参加をしてください2 きたない言葉遣いや、単なる批判だけの投稿はお断りします。他人の意見に反対するのは自由ですがその際は必ずそれに代わる自分の意見を述べて?
  • ローレンツ変換でのds^2不変とは?
    • 2,014
    • 2018/06/18 20:46
    ○ 特殊ローレンツ変換での ds^2不変式は座標系の採り方に無関係に成立するので、今S系とそれに対し速さvの質点上に原点をおくS'に適用するとds^2=dx^2-c^2dt^2=-c^2dt'^2 ⇒ -ds^2/c^2=dt^2-dx^2/c^2=dt'^2・・?が成立。(各系は唯一通りの時間で統一されており、dt,dx,dt'はそれら座標軸上の目盛で計測した事象dsの計測値)これに dx=vdtを代入整理するとdt^2(1-β^2)=dt'^2⇒ dt'=√(1-β^2)・dt・・?つまりS'時計の遅れを示す?は単に両系時間同士だけの関係なのではなく、既にdx項効果も織り込んでおり,ds^2不変関係と同値とみなせます。(?下段[物理元]は[時間]^2)○ ?で v≠0 なる限り数値上dt'≠dt。ところが相対論では「どの系上の尺度も区別しない」のが前提だから”同一事象ds”の間の両時計の進みも同じ、つまり dt'=dtのはずで、これは?と矛盾。 そこで理論の前提維持のため,S'時計の遅れに関して「Sからみると遅れて”みえる”」という゛危うい”弁明が用意されている。しかしのdt'定義は「S'時計での事象dsの計測値」であり、「S'時計をSからみたときの数値」という意味はなく、どこからみる・みないという視点の関与とは無関係に速さ0,V両系を第三者の目で比較しての結論であって、遅れ(両時計の1秒の大きさ不同)は客観的な事実だと考えます(遅れて”みえる”のは単なるその結果に過ぎず、”Sからみること”が遅れの原因ではない。どの系の1秒も同一視する前提の下でS'時計は一体どちらの速さで進み dt'を得たのか? 先の弁明は dt'の意味を不当に曖昧化することで,矛盾する「遅れ」と「理論の前提」の両立を意図する姑息で的外れな対応に過ぎないのではないか?)。○ 両系上で尺度が違うとする立場を採って?を γ・dt'=1・dt とおきます。不変関係は少なくとも数値上の不変(同一)を意味しているのだから、共通としてきた基準(orS系基準)でのγがS'系では1に縮小→両系単位長1の大きさ不同 とすることで、形式上・数値上の不変関係 1・dt'=1・dt → dt'^2=dt^2 が実現、これが ds'^2=ds^2 に相当すると考えます。 一般相対論でのgによると同様、vによっても各系上の単位長1は不同とすることで、時空はどの局面でも原理上局所性をもって成立していると統一的に考えられることになります(原理上と近似上は別。元々近似処置は当該両局所の不同を前提とするもの)。これは広域や大域の慣性系の否定に通じることにもなります。 ○ 結論:ds^2不変の現行解釈「両系同一単位長1での同一数値」は「各系異単位長1での同一数値」に変更すべきではないか(計量基準の相対化)というのが疑問です(始めに不変とした際のdsはどの系での尺度で計った大きさなのか。速さ0の系での計量基準をvの系にも押し付けていないか。ローレンツ変換はスケールの変換も伴っているのでないか。両系の相対性・同等とは「どちらを基準の系に採っても同じ結論に到達する」というにとどまり、両系上の同等までは意味しないのではないか)。○ ご意見・反論をおきかせ下さい。
  • ド素人 cafea607
    • 130
    • 2018/06/18 14:48
    糞して寝ろ
  • 特殊相対論NOW
    • 9,211
    • 2018/06/17 23:37
     ゲージ粒子がmassを持つとき、光速は速度に依存してもいいのです。 具体的には、強い相互作用では、ゲージ粒子がπ中間子なのでmassを持ちます。 このとき、光速を、C(β)=c/√(1−β^2)と置いていいのです。 すると、どうなるのか・・・見ていきましょう(^^;
  • (^^♪物 理 珈 琲(^^♪
    • 373
    • 2018/06/17 23:22
    一 杯 6 0 5 円 の 珈 琲 は い か が か な ?
  • ユニバーサルフロンティア理論
    • 8,438
    • 2018/06/17 19:47
    ま、狂気の沙汰だとかSFネタだとか好きなように言っててくれって・・。(休憩所に使ってくれて良いよ?)
  • 地球は丸くなかった!!!
    • 18,033
    • 2018/06/17 09:12
    21世紀の新理論として私が科学者として解いた。水や気体の遠心力と大気の力で丸くみえるだけである。海の水は地面では、ないので地球は丸くなかったことが、私の21世紀の初頭の投稿で明らかになっていたのだ。最初は荒らし扱いされたが7年後の今では、重力は一定していないということと共に世界の常識になった。
  • 物理温泉
    • 80
    • 2018/06/12 18:23
    理数に弱いのですが、物理に興味があります。 温泉につかりながらという感じでのんびりと 物理のこと、そのほか(カテずれ含む)思うこと感じること 書ける場所として作りました。 ちょっと疲れた物理好きのゆっくり温泉スレッドです。 ご不満に思うこともあるかと思いますが どうかそっとしておいてください。
  • 拡定理論は定理の扱い
    • 922
    • 2018/06/10 21:46
    其の計算式では未来科学技術の進化度をグラフの記入線の確度として表せる発表後三十年反論が出ていない
  • 高校生でもわかる波動関数
    • 16
    • 2018/06/05 01:46
    ニュートン別冊の“虚数”と言う雑誌を立ち読みしたところ、多くの人が疑問に感じている、波動関数が複素数として表されることの説明がありました。 しかし、正直理解しがたい説明で、かえってわからなくなってしまいました。 そこで、スレッドを立て、波動関数について説明させて頂きたいと思います。 できれば中学生程度を対象としたかったのですが、三角関数・複素数等を使用せざるおえなかったので、高校生程度を対象としました。 しかし、むずかしい数式は一切使用しなかったので、専門的知識がない方でも十分理解頂けると思います。
  • 時空理論
    • 47
    • 2018/05/29 15:09
    今まで、別のスレッドで、時空理論のことを、折を見て紹介してきたが、 新たに、専用のスレッドを設けることにした。 時空理論は、アインシュタインが成し得なかった、重力と電磁気の統一理論である。 電磁ポテンシャルは、従来より、その数学的回転が電磁気であるが、 新たに、電磁ポテンシャルが、実は、重力ベクトルに等しいことが判明する。 すなわち、重力と電磁気は、電磁ポテンシャルひとつに統一される。 これは、極めて単純で、理解しやすい図式である。 さらに、’時空ポテンシャル’という、広い意味の重力ポテンシャルが登場し、 これを5番目にして、時空は5次元化される。 時空ポテンシャルは、物体の固有時/質量/大きさを決定する。 下記で、自由にダウンロードできます。 「時空理論第0章~第5章、他 各pdf」 http://watanabe-japan-miroku.jimdo.com/
  • 主婦でも分かる物理学
    • 5,487
    • 2018/05/27 01:37
    無知ですが物理に興味がある理数に弱い主婦です。 ニュースなどで素粒子や宇宙物理などを読んだり見たりする度に 小さな疑問や知りたい欲求が生まれます。 しかし基礎も無く知識が無いため、ましてや数式なんてちんぷんかんぷん状態なため、 理解したくても理解できない現状があります。 そんな理数に弱いけれど物理を知りたいと思う人間に 知識のある方々に疑問にお答えいただけると嬉しいです。 その都度疑問に思ったことを書いて行きたいと思いますので、 お時間のある方、教えてもいいと思っている方、 よろしくお願いいたします。 *かなり理解力が無いと思いますが、よろしくお願いいたします。
  • 粒子は光速まで加速できるか??
    • 125
    • 2018/05/22 18:03
     特殊相対論が書き直され、運動方程式が、mdv/dt=F√(1-β^2)になると、 粒子は、時刻T=mcπ/2Fに、x=mc^2/Fにおいて光速に達します。 ただし、電場を使った線形加速のみの場合に可能になるのです。 ここでは、この加速に伴う、様々なご意見をお待ちしています(^^;
  • アインシュタインのミス
    • 145
    • 2018/05/21 05:09
    アインシュタインは、物体系で運動方程式md^2ξ/dτ^2=Fを立てました。 しかし、時計τは物体に対し、恒等的に静止しているので、dξ/dτ=0なのです。 0を微分しても0にしかならず、0=Fとなって、この式は間違いなのです。 さて、それでは、正しい運動方程式はどう求めたらいいでしょうか?? 皆で一緒に考えてみましょう(^^;
  • 量子力学は相対論の子だ!
    • 217
    • 2018/05/19 06:16
    量子力学的波動の本質とは確率波であって実在を表示する手だてとは異なり、ゆえに量子力学こそ「素粒子などの動き方に関する学問」という意味において特殊相対性理論と驚くほど似かよっているのであるし、だから量子力学的混ざりといった術語には言語矛盾が含まれているのではないかという危惧が付きまとうのであろうw)
  • 雑談
    • 165
    • 2018/05/19 00:06
    雑談。
  • 静止空間
    • 1,608
    • 2018/05/18 19:20
    量子的粒子は飛躍しなければ移動できない。静止しなければ存在できない。連続して移動するなら、まず初めにどの位置へ移動するのか?初めに異なる点へ移動するしかないが、異なる点へ初めに移動すると、出発点と異なる点には差が必ずあり、そこを通る事はできない。原点から数直線上を進む時、初めにaという点に進むと、その間で存在できない。原点とaの間を通れば初めにaに進んだ事にはならない。飛躍しなければ移動できないのである。飛躍する時に存在できないので、静止している時間がなければ量子的粒子は存在できない。連続的に移動するにしても、飛躍と静止の連続で、移動して存在できるのである。時間の変化も不連続である。時刻0から時刻bに不連続に時間は変化して、時間bの大きさだけ時刻は変化する。時間が静止すると0の時間経過する。時間の静止している時間は0秒である。時間は静止しないだろう。静止速度は、ベクトル場の慣性座標系で座標によって異なっている。このベクトル場を粒子は飛躍と静止によって移動するのである。速度には二つあり、一つは静止速度、もう一つは静止と飛躍による速度である。ベクトル場で異なる座標に異なる静止速度の異なる粒子があると、連続して移動して見えるが、一つの時刻に一つの座標が一つの速度で移動するので、座標に対して、粒子が連続的に移動している事にならない。慣性座標系の各座標は異なる静止速度で飛躍と静止をほとんど同じ位置で短時間短距離で行うために、ほとんど止まっている事になる。ほとんど同じ位置で振動していて、飛躍と静止による速度は0であるが、静止速度はあるという事になる。そのため量子的粒子は、座標に対して連続して移動している事にはならない。粒子の速度も連続的には変化できないのだから、静止速度は?t秒間同じ速度で、粒子の速度が変化する時飛躍する事になる。同じ点で二つ以上の速度があると、連続して移動する事になるので、一つの時刻に一つの点では一つの静止速度であり、異なる速度になるためには異なる点に飛躍しなければならない。座標は振動しているために、同じ座標であっても「何時でも同じ点にある」という事はない。静止速度のベクトル場が、位置や時間の変化で滑らかに変化するのであれば、ほとんど同じ時刻で同じ位置ならば、静止速度は同じである。座標と一緒に移動する空間を「静止空間」と呼ぶ事にする
  • ブラックホールは、本当にあるのでしょうかね?
    • 2
    • 2018/05/08 10:44
    自分としては、「ブラックホールなどあるものか」となりました。以下は、自説のニュートリノ起因の重力説によります。 > 質点どうしが近づいてゆくと引力は幾らでも大きくなって、ついにはシュワルツシルド半径の境界によってブラックホールになるとのことであるが、実際にそんなことは起こり得るのだろうか。 否、重力の原因として内側から空間が引くとの(従来の考え方)ではなくて、外側からやって来る粒子に起因する新重力理論では、走行する粒子には空間での密度(運動量密度)に上限というものがあり、したがって起こり得る引力にも上限が生じるのであって、ブラックホールなど無いと断言できる 一般相対性理論でのシュワルツシルド半径の導出までは正しいしが、それから先は疑問であって全質量を半径内に閉じ込めることなど出来っこないのである。 おとめ座の巨大楕円銀河M87は中心部からジェットが伸びているが、銀河の中心部にはブラックホールなど無い端的な証拠となる。M87の中心部はブラックホールではなくて超高密度状態であって、寒冷時に水道管が破れるように超高密度物質が光に近い速度で宇宙空間に噴出するのである。 > 詳しくは、こちらのホームページをご参照願います。 http://space.geocities.jp/yamas2018/physics/index.html
  • 誰でも解る地球寒冷化の科学
    • 4
    • 2018/05/03 05:55
    いよいよ地球は寒冷化に突入だがよ・・・・ どーすればいーーんだよ
  • 意識が解明されているのでは、物理学に根拠をおいて?
    • 157
    • 2018/04/27 00:03
    突然ですが、「小説家になろう」という小説の投稿サイトがあって、そこに「意識のはじまり」という小説が投稿されていました。 http://ncode.syosetu.com/n9892dj/ 読んでみたところ、物理学的なことや、意識発生メカニズムなどの、意識に関係するいろいろなことについての斬新な考えや着想がけっこうたくさん展開されているようでした。しかも物理的に説明されていました。ええ? 本当? という感じでした。ただ残念なことに、あの通りなのかどうかはよくわかりません。皆さんはどう思われますか?
  • 予知夢とはタイム・ラグ
    • 2
    • 2018/04/24 04:27
    現実の時間はゆっくり進み、 夢の時間は早く進む。 つまり、 宇宙は光速で膨張・移動し、 宇宙外に存在する心は、静止している。 速度の違いから生まれるタイム・ラグによって、心は未来を見る事が可能なのだと思います。 予知夢という現象が意味するのは、「心のありかは宇宙外」という前提だと思います。 検証よろしく~。
  • 小林=益川模型には疑似科学の疑いが残っております
    • 12
    • 2018/04/14 17:45
    微小領域といえどもエネルギー保存が破れたりするでしょうか?
  • 世の中って何でも娯楽ですね?
    • 11
    • 2018/04/09 19:53
    物理学だって本当はそうなんじゃありませんかw
  • スポーツ物理学
    • 89
    • 2018/04/02 18:21
    人間は所詮物体なのでスポーツは物理学でのみ解析可能です♪
  • 重力粒子
    • 64
    • 2018/03/30 10:21
    万有引力の謎が解けた。 それは宇宙から等方向から等質に降り注ぐ重力粒子であった。 無重力状態とはその重力粒子が等方向かつ等量に降り注ぐ粒子のバランスが0であるからだ。 では万有引力とは。 私は地球の上に立っていられる、空から落ちれば地面にぶつかる。 それは地球という物質を重力粒子が貫通する際、減少する、地球の分子に衝突するから減衰する。 そして私に地球からくる重力粒子が減少している。 即ち上から、宇宙から来る重力粒子の方が多くなり重力バランスが崩れる。 地球に押し込まれるのだ、これが万有引力の正体だ。
  • 人工知能
    • 16
    • 2018/03/20 20:23
    人工知能について。
  • あなたは作用反作用則に疑問を持ったことは無いですか?
    • 100
    • 2018/03/15 03:11
    ご意見をお聞かせくださいw
  • 物理学のあり方が政治の腐敗の反面教師となっているじゃないか!
    • 9
    • 2018/03/12 19:59
    標準模型を擁護するあまりに、実験結果の書き換えを含んだ活動などが目立って困りますw
  • 過去の写真は撮れるか?
    • 8
    • 2018/02/23 09:05
    量子もつれによる写真を撮影することに成功したらしい。 これは空間ばかりでなく、時間的に異なっていても可能らしい。 果たして過去の写真の撮影には成功するだろうか? もし不可能だとしても空間的には成功しているのだから、 例えば1000光年先の光を量子もつれを利用して撮影すれば、 1000年前の日本の写真が撮れることになるだろう。 もしそれが成功すれば、全人類にプライバシーがなくなってしまうという、 恐るべき事態に発展するだろう!!
  • 物理学において権威というのは本当に上だろうか?
    • 38
    • 2018/02/23 04:51
    標準模型は正直に叩き台を務めたほうが上じゃないだろうかwww
  • やまかずのなんでもない物理学
    • 262
    • 2018/02/22 07:24
    自然科学としての物理学を探求していきます
  • 神の数式は存在しないという可能性が出てきた!
    • 55
    • 2018/02/17 08:06
    ユニバーサルフロンティア理論によれば、宇宙は0と1の起源から始まっており、そこから 神の数式は存在しないという可能性が出てきた!
  • 光の速度は約30万㎞よりも速いと思う
    • 17
    • 2018/02/15 08:29
    太陽の巨大フレアの画像を見ていて思ったのだが、太陽直径の約10分の1くらいの部分が一瞬で閃光に包まれているのだ。 太陽の直径は約140万㎞であるから、10分の1だと役14万㎞となる。 一方光の速度は約30万㎞なので、太陽直径の約10分の1の距離を飛ぶには、約0.5秒かかるはずだ。 しかし動画を見る限り、光は一瞬でその範囲を包んでいるように見えるのだ。 したがって光速=約30万㎞説にはどうも誤りがあるとしか思えないのだが…
  • 物理学はアメリカこそが世界の敵だw)
    • 74
    • 2018/02/06 07:36
    大統一理論をはじめ、そうじゃないかな?
  • 特殊相対性理論と超光速物質タキオン
    • 18
    • 2018/02/03 17:33
    特殊相対性理論は、必ずしも超光速物質タキオンの存在を理論的に否定してはいない。特殊相対性理論によれば、通常の物質(ターディオン)はどんなに加速しても光速に達することはない。それに対し、特殊相対性理論に反しないように仮定された超光速粒子であるタキオンは、以下のようなターディオンとは正反対の性質を持つ。 ターディオンはどんなに加速しても光速を越えることはないが、タキオンはどんなに減速しても常に超光速であり光速以下になることはない。また、ターディオンがエネルギーを与えれば与えるほど加速していくのに対して、タキオンはエネルギーを失えば失うほど加速していく。 タキオンのエネルギーと運動量は測定可能な物理量なので実数であることが期待されるが、上の性質を持つならば、その静止質量および固有時は虚数となる。 ターディオンとタキオンが干渉するような現象については、特殊相対性理論の原理である「いかなる慣性系でも物理現象が同じになる」という前提が崩れてしまうため、特殊相対性理論ではタキオンの性質を記述することはできない。もしタキオンが光速より速い信号を送るために使われてきた従来の局所化可能な粒子であるなら、これは特殊相対論の因果律の破れを導く。ところが、場の量子論の枠組みでは、タキオンは現実の超光速粒子としてよりもむしろ系の不安定性を意味するものとして理解され、タキオン凝縮を用いて扱われる。そして、そのような不安定性はタキオン場によって記述される。****************我々は、この超光速物質タキオンの存在を否定すべきか?それとも肯定すべきなのか?この問題は、以下のように考えることによって解決されるだろう。*すなわち、「超光速物質タキオン」は、実は物質として存在するのではなく「虚数という数式」として存在するのである。このように考える場合、「超光速物質タキオン」の検出は、物質としては絶対に不可能であり、物質世界と数式世界の垣根を壊してしまうので、因果律も崩壊してしまうだろう。「因果律」とは、物質世界に限定される概念なのであるから。そして、「場」とは、数式世界に属するものと考えられることになる。
  • パ プ リ カ
    • 45
    • 2018/01/28 21:46
    私は美術専攻なんですが、 物理学にも興味あります。 専門知識はゼロですが…(>_<) 物理カテのみなさん、 どうぞよろしくお願いします。 m(_ _)m…凛。
  • 物理は意識で、数学は無意識
    • 21
    • 2018/01/28 21:41
    によるのだ!
  • 純粋な学問で何が変わり得るのか?
    • 19
    • 2018/01/28 11:53
    たとえば「科学技術的な世界は純粋すぎる学問で変化しないので理学研究の最先端では現実は変わらないで済む」とする『科学技術信仰』があったとして、その詭弁をどう排除したらいいのだろうか・・。 一つの試みとして、 1)純粋な学問は人間社会の成因一人一人の大脳回路に多大な影響を与え得る 2)大脳回路が変化すれば端的には感覚が甚大に変化し得る 3)経験的には味気無さはニュートン力学とユークリッド平面認識による可能性が高い 4)たとえばアインシュタイン認識に切り替えることによって感覚は多彩に美的に変化する 5)間違った純粋な学問を振興し続けることによって人生は狂うかもしれない 6)純粋な学問は人生のすべてを劇的に変化させる魔法のような存在である 7)ゆえに素粒子標準模型を信仰し続けることは多大な損害を被る恐れがあるので ええ、ですから【ユニバーサルフロンティア理論】に切り替える認識を強くお勧め致しますw)
  • 大統一は対称性の破れを論じておらない
    • 19
    • 2018/01/25 08:17
    物質起源のX粒子はクォークアイソシンメトリーが自発的に破れたゲージボソンであるべきなのに、Y粒子という何も考慮しておらない妙なペアリングをしている・・・。ひょっとして、あの理論は人為的過程が誤りだった場合をまったく考慮しないで造ったのでは?
  • 標準理論は韓=南部模型を内包できない!
    • 131
    • 2018/01/20 16:08
    ゆえに、Not Even Wrong の舌鋒を浴びるのは(もしクォークの整数荷電が正しい場合に)なんと標準理論支持者たちの方である・・・w) これは、長年にわたるユニバーサルフロンティア理論研究の萌芽以来からずーっと感じていたことであるし、研究済みであるとも言えるネタですが?
  • 相対論・量子力学・素粒子
    • 51
    • 2018/01/12 09:00
    このテーマによって大学で一講座持ちたかったw 我が人生で夢に終わったことの一つです・・。
  • 湯川秀樹を偉人とする世界を
    • 24
    • 2018/01/08 08:44
    いろんな意味でね、核兵器廃絶の意味でもそーだけど、他にも、ね!
  • 太陽が消えてなくなれば重力波が約八分後に訪れるだろうか?
    • 45
    • 2017/12/29 10:31
    僕は「そもそも重力源は姿かたちを変えようとその重力質量は厳しく保存されるから重力波は出ない」と思うけど?
  • ★ Aharonov–Bohm効果はエネルギー保存則を破る
    • 15
    • 2017/12/22 09:44
    これは、大事なことなので、ひとつのスレッドとさせてもらった。 ● 導線の中を電流が流れると、 導線の中には、電流と同方向に、電磁ポテンシャルAiが作られる。 電流の自由電子は、このAiの場の中に、置かれることになり、 アハラノフ・ボーム効果によって、この自由電子の物質波の位相はずれ、波長λも変化する。 今、波長λが、小さくなる場合を考える。 ド・ブロイの関係式  λ=h/p によって、波長λが小さくなれば、運動量pは大きくなる。 ( Diracは p → p-qA と置き換えるらしい。) 自由電子の運動量pの増大は、電流の増大となるだろう。 ここで、とんでもない現象が見えてくる、次の連鎖である。   電流増大 → Ai増大 → 電流増大 この連鎖によって、電流は、どんどん大きくなるに違いない。 これは、電磁気学の体系外の出来事である。 電磁気の体系内でエネルギーが保存されるならば、これは、保存則外になる。 % この現象を実現する、回路とコイルを実際に作った。 下記のサイトで、誰でも自由にダウンロードできます。 フリーエネルギー実現回路1.pdf ~ 他 http://watanabe-japan-miroku.jimdo.com/
  • 元平和主義者の戦争関与としてアインシュタインの場合
    • 8
    • 2017/12/17 18:56
    1939年 当時のアメリカ合衆国大統領であったフランクリン・ルーズベルト宛ての、原子力とその軍事利用の可能性に触れた手紙に署名。その手紙は「確信は持てませんが、非常に強大な新型の爆弾が作られることが、十分に考えられます。この爆弾一つだけでも、船で運んで爆発させれば、港全体ばかりかその周辺部も壊すことができるほどの威力を持っています」という内容だった。 1940年 アメリカ国籍を取得。1943年、アメリカ海軍省兵器局の顧問に就任。魚雷の起爆装置の改善に尽力。 1945年 広島市への原子爆弾投下報道に衝撃を受ける。9月2日に第二次世界大戦終結。連合国の一員であるアメリカは戦勝国となったが、アインシュタインは「我々は戦いには勝利したが、平和まで勝ち取ったわけではない」と演説する。
  • UFO実在の可能性
    • 44
    • 2017/12/13 06:59
    これは私自身はあり得ないと思っている・・、が ユニバーサルフロンティア軌道が存在したらUFOだ?
  • はたして神は超優秀な物理学者にこそ匹敵するのだろーか
    • 12
    • 2017/12/13 05:12
    超難解な数式を扱い、この宇宙を開闢させて、現世の礎を築いたのが神であるって本当でしょうか?
  • 物 理 は も う す ぐ 発 狂 す る
    • 37
    • 2017/12/11 04:26
    結局、人間の営みの中では負けること、負けさせられることの一つなんだよ、きっとw
  • 物理法則が停止する日
    • 18
    • 2017/12/08 06:10
    エネルギー保存則は迷信だ。 不確定性原理によりエネルギーは不確定で保存する方法が無い。 エネルギー保存則が破れて、宇宙が無から生まれる。 物理法則は永久機関だ。永久運動とエネルギー保存則は両立しない。
本文はここまでです このページの先頭へ