ここから本文です
  • シンプル原理考
    • 18,095
    • 2018/11/13 07:01
    いわゆる量子論的結論から物質は非物質の作用で人の五感で感じられる現象世界を【創造】しているということでしょうか
  • 猫アレルギーって特定の身近な「命」に対しての拒否を正当化するような
    • 6
    • 2018/10/28 07:34
    不気味な理由を医学が片棒を担いで掲げている理由がわからない。 アレルギーでなんでも排除が認められるなら世の中終わりだろwwwww 我慢しろよ、目がショボショボするとかくしゃみが止まらないとか そんなクソみたいな症状!!  呼吸困難になるとか、おおげさにホザいてんじゃねーぞヴォケ!!!!! テメーの気持ち悪い顔見てるほうが、よっぽど呼吸困難になるわwwwwwwwww ドアホ!!!!!!!!
  • 真実のカミは存在する!?
    • 33
    • 2018/10/04 12:18
    『嬉しい楽しい人生を送りたい』…誰もがそう願っているのではないでしょうか? だけど、現実はうまくいかないことばかり。 仕事・恋愛・家庭など、様々なことで悩みます。 かくいう、私もそんな一人。 そんな時、一冊の本に出会いました。 Amazonから電子書籍で出版されている 『誰も知らなかった霊界の真実とカミガミの真実』  ひふみよ いむな著 この本を読んで、衝撃を受けました。俄かには信じがたい内容ですが、 妙に納得できたりして。 そして、今までの“カミ”に対する価値観が変わったような気がします。 是非、一度読んでみて頂けたら幸いです。 また、『霊界の真実…』の他にも出版されているみたいです。 この本に興味がある方は、以下をご利用下さい。 http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1/377-0190867-5734319?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%88%E3%82%88%E3%81%97
  • □ 限界の風景 □
    • 11,400
    • 2018/09/27 19:55
    あなたの限界はどんな風景ですかどうしようもなく 孤独でただ訳もなく 行き止まりで此の世の正義などこの境地には 何も役に立たない足元の暗さに 恐くて前に進めないだけど後ろから 何かが 急き立てる進むの?留まるの?消えるの?待つの?探しに行くの?ps.自分勝手な言葉を綴ると  他の人に迷惑になってしまうから  行き場が無い…という方  独り言でもいい  慰めて欲しいなら そう言って  独りで寂しいなら 声を待って  限界の風景へ ようこそ此処では あなたが あなたのままで...
  • ユング心理学とは
    • 25
    • 2018/08/19 10:49
    ユング心理学って知ってる? 知ってる人は教えて下さい。
  • 心理学の大学院生やってるけど質問ある?
    • 5
    • 2018/07/16 00:25
    某国立大学で心理学の院生やってます。 なんでもこたえます。
  • 心理物理量の研究~よもやまばなし
    • 519
    • 2018/05/20 21:48
    トピズレ歓迎です。自分の好きなテーマに沿って書いて頂いて構いません。(トピ主はネタに乏しいので)
  • みんなちがってみんないいと思う人
    • 3,482
    • 2018/05/05 10:17
    金子みすずのみんなちがってみんないいという言葉が大好き顔も背丈も違って当たり前、世間の枠、心の枠をはずしてみんなの違うをみんないいと思えるお話しまってます。
  • 心理テスト~。
    • 14
    • 2018/03/11 13:28
    これから、心理テストを出します。 答えが知りたい方は是非、返信を下さい。 問1 目が覚めたらベットに見知らぬ異性が!! 貴方ならどうする? A・寝たふりをして、顔を隠した。 B・相手をしっかり抱きしめた。 C・起きて服を着た。 D・挨拶をした。      さて、貴方はどれにしますか?
  • こんな寂しい夜は
    • 1,926
    • 2017/07/04 21:06
    こんなに寂しい夜はもう二度と味わいたくない泣きたくても泣けなくて苦しいともいえなくて最近、ヤフーの無料占いでよく言われる「あなたの気持ちの持ちようで人生の運がつかめる」ってでも、今までそんなに自分に正直に生きてきたわけではなく。割と空元気で弱みを見せずに生きてきた。きっと、周りは気付いているでしょうに・・・でも、カラカラと・・・でも、たまには私も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちょっと疲れちゃった。言葉に出したら、きっと壊れる。だから、ここに書く。皆さんも書いてこんな寂しい夜・・夜だけじゃなく。昼も朝も・・・・
  • 意識学的宗教論(哲学と心理学の完全なる乗り越え)
    • 2
    • 2017/06/10 12:05
    保護猫活動を実践することで、あらためて、この宇宙論的とも言い得る超難解な 概念<三位一体>の全貌が明らかになってきた。 われわれは、この宗教的思考の中心概念をハチャメチャな解釈(主に哲学と心理 学によるもの)によって冒涜し続け無価値化し、宗教をただの麻薬的なものにま で貶めてしまったのである。 この主に哲学者が先導した宗教批判は、もともと無宗教な思惟性しかもっていな い日本国民のスポンジのような脳ミソには水のように浸透していった。 その結果、何が起こったか・・・・・。 ほとんどの日本国民が、20歳までに【精神死】を迎えてしまうという悲惨な 状況が蔓延してしまったのである。 あの尾崎豊という歌手が、(心を)殺されたくない!!と叫ばねばならない その状況を当然のように受け容れている憐れな日本国民の姿は わずか2~3歳の平均寿命で、ドブネズミの走り回る下水道の中で死なねば ならない運命を受け容れている野良猫たちの姿にダブってしまうのだ。
  • 恐れるな友よ!!
    • 3
    • 2017/06/06 22:28
    汝の使命を果たすべし。
  • ハマるとは?
    • 9
    • 2017/06/02 09:28
    ex. *ハマってしまったマンダラのカラーリング。    *ハマりやすいジグソーパズル。     *ハマる定番スマホ。    *その他
  • 「心理」は「心状」の言い間違いでした
    • 1
    • 2017/03/19 11:40
    こういう心理が「排除」「殺し合い」「破滅」をもたらす こういう心理が〝共存〟〝助け合い〟〝繁栄〟をもたらす 上記のスレにおいて不注意にも「心理」というクソみたいな用語を使用してしまった ことを深くお詫びします。m(_ _)mスマン 「心理」とは、心の状態を物理的条件で理由付けるクソみたいな方法論のことであり 筆者が言わんとするところは、単に「心の状態」のみであったわけです。 なので、上記のスレの該当箇所を「心の状態」すなわち「心状」と訂正させていただ きます。 こういう心状が「排除」「殺し合い」「破滅」をもたらす こういう心状が〝共存〟〝助け合い〟〝繁栄〟をもたらす ということで、よろぴく。
  • こういう心理が〝共存〟〝助け合い〟〝繁栄〟をもたらす
    • 1
    • 2017/03/19 09:52
    相手が〝それでいい〟なら自分も〝それでいい〟と思う。 典型的な〝男性的思考〟というやつ。 たしかに〝男性的思考〟は全体主義的傾向をもつのかもしれない。しかし、全体主義も 他国に対して「排除」的に「女性的思考」で振舞うのでなければ、けして悪いわけでは ないのだ。 そういう意味で、アメリカ合衆国はレディーファーストの国だと言われているが、現状 「排除」的な「女性的思考」が優位な感じがしないでもないのである。
  • こういう心理が「排除」「殺し合い」「破滅」をもたらす
    • 1
    • 2017/03/19 09:23
    自分が「気に入らない」から相手なんか「どうでもいい」んだ。 典型的な「女性的思考」というやつ。
  • まるで「作家」「出版社」「マスコミ」が一体となって偏執者を養成しているかのようなアニメ界
    • 1
    • 2017/03/18 12:36
    この構図は、「バカ親」「森友学園」「政府」が一体となって「国家の道具」となる 人材を養成しようとしていたことに酷似している。
  • 【アニメに執着する人間は犯罪者傾向をもつ】という厳粛な事実
    • 3
    • 2017/03/17 20:04
    アニメを見ることが犯罪に繋がるわけではない。そんなことは誰も言ってない。 「アニメに執着する見方が犯罪者傾向を助長する」のだ。 それは、「動物を虐待する人間が犯罪者傾向をもつ」のに似ている。 動物の命への共感性に乏しく、動物を、おのれの鬱屈した感情のはけ口にしようとする 者は、やがて人間の命に対してもそうすることになるだろうことは十分に予想できるの ではないだろうか。 それと同じように、アニメ作品への共感性に乏しく、アニメキャラを、おのれの鬱屈し た感情のはけ口にしている「変態的な人間」が存在しているのである。 そういう人間は、やがて周りの者たちに対しても、そういう対応をとることになるので はないだろうか。 犯罪者を増やさないためにアニメをなくせばいいという発想は、動物をなくせばいいと いう発想と同じく非現実的であり馬鹿げている。 問題は、「アニメに執着する人間は犯罪者傾向をもつ」という厳粛な事実に、どう向き合 うかだ。
  • タレントのヒロミが「書類送検の不祥事を起こした妻の松本伊代」と離婚
    • 6
    • 2017/02/12 15:31
    するか、またはタレント活動を再度休業するかの選択を迫られているようだ。 自分の思いを電波に載せる人間が、この反社会的行為へのケジメを何らかの否定的形式 をとってつけるのでなければ一般社会への悪影響は計り知れないものとなるだろう。 これ以上劣悪なイメージを垂れ流し続けるなら、いっそ死んでくれ、ヒロミよ・・・・。
  • 書類送検の不祥事を起こした松本伊代が自身のライブの「ついでに」謝罪したそうだ
    • 2
    • 2017/02/12 13:19
    これからも音楽活動を続けて「薄汚れた主観性」を聞いてほしいんだってよ。 >このたびは私の軽率で不謹慎な行動により、多くの皆さまに大変なご迷惑をおかけしてしまいました。 深く反省しております。申し訳ありませんでした >伊代ちゃ~~ん!!   >聞いてください……センチメンタル・ジャーニー >伊代ちゃ~~ん!!   小さな「ヒトラー」健在wwwwww
  • 20歳までに知っておきたい仕事の選び方
    • 5
    • 2017/02/10 13:57
    自分自身の人生設計をする上で知っておかねばならない非常に重要な選択肢がある。 それは、どこの学校に進学したらいいか、どんな会社に就職したらいいかといった 枝葉的な問題ではない。 もっと基本的な部分で、それを知っておかねば(しかも20歳までに)20代以降 のかけがえのない人生を棒に振ることになるかもしれないのだ。 何故そんな大事なことを「学校」では教えてくれないのか? それは「学校」という所が、しょせん枝葉のひとつに過ぎないからだよ。(笑)
  • ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
    • 2
    • 2017/01/30 21:14
    ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  • 「怒り」の心理
    • 4,713
    • 2017/01/12 18:10
    最近何かと「怒り」の感情を抱くことが多くなってしまいました。自分では常に冷静でありたいと思いながらも、「怒り」の感情は事あるごとに沸いてしまいます。「怒り」の心理的構造についてご教示ください。また、怒りの静め方、昇華の方法、考え方などについてもお願いします。具体例をあげられれば良いのですが、とりあえず一般論でお願いします。
  • 人類絶滅の詩
    • 16
    • 2016/12/27 17:48
    おのれ以外の種の生き物たちとの共存を拒み いや拒むだけではなく危害をも加えようとする そんな傲慢な生き物がいたら そいつをどうしたらいい? 他の種を絶滅させる生き物など人間以外にいるだろうか? どうしてこんなキ★ガイじみた存在がいつまでも生存し続けることを許されているのだろうか? 重罪を犯した者の監獄が世界一の核シェルターに守られているとでもいうように どうしてこんな極悪非道な者たちがその命を持続していられるのだろう・・・・・・・・?
  • 心(意識)について・・・根本から徹底的に考えるために。
    • 97
    • 2016/12/24 21:29
    心(意識)についてのこれまでの議論は、ほとんどが部分的・一面的で、的をはずれた、偏ったものばかり。西洋の長い哲学ないし神学の議論も、知性や信仰の自立性・独立性を確立しようとする意図にとらわれ、想像力の極限まで、空疎な推理を展開してきました。 けれども、実際には、ひとはただ自分の心だけを直接知れるだけで、それ以外は、すべて自分の心の働きの想像による拡大です。朝、目覚めると同時に現れ、夜、寝る前に消えてゆく心(意識)は、体によって生まれ、体のために働く生命活動の一部として理解するのがいちばん妥当です。その際、体がそうであるように、心も集団的な生命活動の維持と拡大と存続を目指して働きます。宗教も、哲学も、芸術も、道徳も、すべてこの自然な生命活動の一部としてとらえられます。 (『心について』、大学教育出版、参照。)
  • 【小さな命の詩】
    • 3
    • 2016/12/19 15:24
    大きな命にしてはいけないことは小さな命にもしてはいけない。 人間にしてはいけないことは、犬や猫たちにもしてはいけない。 大小という観念は相対的なもので、いつ自分自身の命が「小」になってしまうかも しれないのだから。 きみが、『犬や猫の命なんか・・・』と思っているその瞬間にも、きみ自身が 「あんな人間なんか・・・」と思われているのだ。 「あんな人間なんか・・・」ただの消耗品だから過労死するまでコキ使ってやれ。 「あんな人間なんか・・・」ただの異邦人だから皆殺しにしていいだろう。 「あんな人間なんか・・・」ただの寄生虫だから即刻駆除するべきだ。 大きな命を優先するとき、そこには小さな命に対する「侮(あなど)り」がある。 小さな命を優先するとき、そこには大きな命に対する〝感謝〟しか生まれない。 小さな命を、まず大切にせよ。 大きな命にしてはいけないことは小さな命にもしてはいけない。 人間にしてはいけないことは、犬や猫たちにもしてはいけないのである。
  • いつから人間は・・・
    • 13
    • 2016/12/18 16:23
    他の動物たちとの共存を拒否するようになったのだろう? いつから人間は・・・ 不潔だからという理由で小さな命を殺処分するような傲慢な神経をもつようになったのだろう? いつから人間は・・・・ 小さな命を憐れむ心を失ってしまったのだろう? いつから人間は・・・ こんなにも同情の余地なく人間以外のすべての動物たちから憎まれるようになったのだろう? 人間なんか滅びてしまえばいい・・・・・・ そうすれば人間以外のすべての動物たちは少なくとも今よりは幸せになるだろうから・・・・・・・。
  • 《電通》の存在を否定できない者のうちに働く吐き気をもよおす心理
    • 3
    • 2016/11/19 21:10
    「他人の価値(意味)を認めない者は自分の価値(意味)も認めてもらえない」 だから 「他人の価値(意味)を認めて自分の価値(意味)も認めてもらおう」 という心理には、但書きがつく。 但し、その他人の価値(意味)が「よほど酷い結果を発生させていない」場合に限る。 ということだ。 自分のクソみたいな価値(意味)を認めてもらいたいアホに限って、この但書きを無視し 今回のような「よほど酷い結果を発生させてしまった」《電通》の価値(意味)すら否定 できないのである。 この但書きを無視して価値(意味)の認め合いをする恥知らずな人間のことを 【価値盲者(かちもうじゃ)】と呼ぶ。
  • 《意識学における公理系の問題§4》
    • 1
    • 2016/10/16 11:58
    <検証例4> >スィートプリキュアみたいなもんだろ 意識のハードプロブレムに躓く者が陥り易いこととして「音楽で人の気持ちを幸福にでき る」という子供じみた他愛のない思い込みがある。 これは、物質的感覚器官に基づく神経反応に「意識」が付随するということを、脆弱なク オリアが片面的自己視点的に捉えた結果現れる認識論的な錯誤である。 これについて、ごく簡単に言及しておこう。
  • 《意識》学における公理系の問題§3
    • 1
    • 2016/10/16 11:51
    <検証例3> >他人を「道具」にしてはならない。それは「目的」とされるべきものである。 これは定言命的な道徳観であると言われるが、内容的にこれだけで意味をもっているとは 到底思えない言明である。 なぜなら、「目的」とされるべきだとあるが、「目的」にしている者は、その他人をどう観 ているというのだろうか? 相手を認識する方法が本人の神経反応装置であるかぎり、そ こに認識されたものは、原理的に神経反応装置に対して「付随的」なものでしかありえな いはずなのだ。  「付随的」なものが目的化されるということは、どういうことなのだろうか? このことは客観的哲学観の限界を示す重要な論点と考えられる。
  • ☆★本日の心理学的原則・161015-2★☆
    • 1
    • 2016/10/15 21:56
    ☆★☆絶望的な心理状態ほど「置き換えられ」「感染し」「同調され」やすい原則★☆★ 失恋の歌が流行ったりするのはそのためである。
  • ☆★本日の心理学的原則・161015★☆
    • 1
    • 2016/10/15 20:34
    ☆★☆先制攻撃を仕掛けたほうが負ける原則★☆★ この当たり前の結果を、北朝鮮は待っている。
  • 《意識》学における公理系の重要性について
    • 1
    • 2016/10/15 13:29
    数学的命題を解く上で数学的公理の認識が必要であり社会生活を営む上で法律の知識が不 可欠であるのと同様に、人間らしく生きるためには、この公理系についての意識がなくて はならない。 どういう場面において、この公理系が意味をもってくるのか簡単に説明しておこう。 たとえば、セックスの最中に数学的公理は必要ないのだし、朝起きて歯を磨くときに法律 の知識などなくても、まったく問題がない。 それと同じように、感情のまま相手を怒鳴りつけるとき、この公理系は意識されていない のである。 端的にいうとそういうことなのだが、もう少し詳しく論じてみることにしよう。
  • 《意識》学における公理系の問題§2
    • 1
    • 2016/10/15 13:23
    <検証例2> >哲学書を原書で読むことが哲学徒としてのステータスであるかのように思っている。 この(思考現象としての)タイプが、公理系の破綻したものであることは一目瞭然である。 なぜなら、公理系の「主体が客体を観る」ということの客体的認識を記号化し、主体の脳 器官に流入蓄積させ一般的に活用することにおいては正しいのだが、それ以上の公理系に よって検証しうるような何事もそこに見出せないからだ。 仮に、上記の言明が、「哲学」をまったく必要としないような「翻訳機械作業」だけを言っ ているのではないとしても、何故に「哲学すること」の格付けが「哲学書を原書で読むこ と」のみによってなされるのかが公理的に説明できないのである。 このタイプは、往々にして「哲学すること」を、「大きな魚を釣り上げること」や「高空を 飛行すること」に喩えたりする。 そして、大きな魚を釣り上げるためには頑丈な道具が 必要だ。高空を飛行するには科学的に設計された機械が必要だ。 その「道具」であり「機 械」であるものが哲学することに必要な「原書」なのだ。 だから客観的一般的常識的に 考えて、「道具」もなく大きな魚を釣り上げることは不可能だし、「機械」もなく高空を飛 ぶことは不可能であるのと同様に、「原書」なくして哲学することも不可能と言っていいの だ!!(高笑)と「機械的に考えてしまう」のである。 このような異様な思考が何故発生するのかについて論じてみよう。
  • 《意識》学における公理系の問題§1
    • 1
    • 2016/10/15 13:15
    掲示板に現象する、いくつかの思考群を公理系に基づいて検証してみる。 もちろん、これは公理系を鍛えるためであり、検証の対象となった思考主体には何の他意 もないことを予め言っておかねばならない。 <検証例1> >何故なら痛覚という人間全体と共有できるものを持っていて簡単に自分に置き換えて 「感じる」ことが出来るから >これからは解釈が別れてしまう言葉(理論)ではなく身体(感覚)を重視していくことで人間 はもう一歩先へ進めるのではないか 上記の意見の中で公理的に破綻している部分は、 ①「痛覚という人間全体と共有できるもの」 ②「(痛覚的感覚を)簡単に自分に置き換えて「感じる」ことが出来るから」 である。 したがって ③「身体(感覚)を重視していくことで人間はもう一歩先へ進めるのではないか」 という言明には意味が無い。 それが何故かについて論じてみよう。
  • ☆★本日の心理学的原則・161014★☆
    • 1
    • 2016/10/15 00:06
    ☆★☆すべての加害者が自分が経験した加害者と同じに見えてしまう原則★☆★ 子どもの悪ふざけを、まるで連続殺人鬼の所業のように看做してしまう。 こういうのを被害妄想じゃなくて、「加害(者)妄想」とでも言うのだろうか?
  • ☆★本日の心理学的原則・161013★☆
    • 1
    • 2016/10/13 23:16
    ☆★☆禊ぎが済んでない者ほど禊ぎが済んだことにしたがる原則★☆★ 要するに、なにもなかったことにしたいんだろ?
  • +++++ あたしのこころ +++++
    • 172
    • 2016/10/13 15:29
    どんなこころ?
  • ☆★本日の心理学的原則・161012★☆
    • 1
    • 2016/10/12 21:34
    ☆★☆自分の脳機能に無関心な者ほど自分に出来ないことがあるのを許せない原則★☆★ クソ教育者の餌食・・・www
  • ☆★本日の心理学的原則・161011★☆
    • 1
    • 2016/10/11 22:10
    ☆★☆生を諦め死に抵抗する者をゾンビと呼ぶ原則★☆★ 生きてる者の勝ちだ、とかホザいてるやつって間違いなくゾンビだね。
  • ☆★本日の心理学的原則・161010★☆
    • 1
    • 2016/10/10 20:22
    ☆★☆ゾンビの好物は二匹目のドジョウである原則★☆★ イエスが生き返らせたのは〝意識〟のないゾンビじゃないんで、お間違いなく。(笑
  • ☆★本日の心理学的原則・161009★☆
    • 1
    • 2016/10/09 20:51
    ☆★☆ストーカーの「夢」は相手と幸せになることではなく相手を殺すことである原則★☆★ まさに心理学が生んだ怪物wwwww
  • ☆★本日の心理学的原則・161008★☆
    • 1
    • 2016/10/08 19:37
    ☆★☆なんでも一人でできちゃう奴にかぎってエライ後悔するハメになる原則★☆★ プロに頼めプロに。 そういうことかよ(笑
  • ☆★本日の心理学的原則・161007★☆
    • 1
    • 2016/10/07 22:02
    ☆★☆携帯の着信がウザいときは安全運転モードにする原則★☆★ ちょっとイライラしてたもんで、つい・・・・(反省)
  • 心理学完全撲滅論
    • 1
    • 2016/10/04 21:27
    心理学には、他者が存在できない。 心理学が掲げる、ありとあらゆる《原則》は、すべて徹頭徹尾「自我」の拡大のために のみあるからだ。 たとえば、狭いゲージの中で飼育されるブタを見て、それが《個体性維持の原則》によ っていると考えるのが心理学である。生命を生命として〝意識〟するのではなく、そこ で行われることは「生命をものとして扱うための《原則》」の発明なのだ。 《希少性の原則》にしろ《返報性の原則》にしろ、心理学が人間存在を規定する仕方と いうのは何もかもが「自我」を拡大し「生命をものとして扱う」やり方の推奨に過ぎな いのである。 私は、このような罪深い心理学的方法が、一刻も早く地球上から消滅してくれることを 願いつつ論じ続けることを決意した。 これは、心理学に対する宣戦布告である。
  • 《対象性回帰の原則》がもたらす心理学的茶番劇
    • 1
    • 2016/10/04 19:35
    では、この現実に悲劇的結末しか用意されていない茶番劇を破棄するには、どうすれ ばいいのだろうか? 回帰してくる対象性を肯定しないということは、実は、かなりの困難を伴う。 それは、長い旅から戻った我が子を突き放すようなことだからだ。 しかし、それでも、この対象性(我が子)を、親の主観性によって肯定される存在で ある、としてはならないのである。 なぜなら、親の主観的〝意識〟の中には、そもそも対象化されない我が子が、つねに すでに〝意識〟化されていなければならないからだ。 回帰した(戻ってきた)対象化されている(そこに見えている)物象(子供の姿)に 囚われるのではなく、主観的〝意識〟の中に他者とともに居る我が子こそ、わが子と 呼べる存在なのだから。
  • ■■■原発問題と心理学■■■
    • 2
    • 2016/10/04 18:28
    「原発」という人類を滅ぼしかねない世にも恐ろしい物象を、ある種の人間はなぜか 否定し切れないでいる。そして、いつまでもそれに未練たらしく恥も外聞もなく縋ろ うとしているのだ。 こういった、少なくとも自分には想像を絶した「人間の空恐ろしい思い」が何故生じ ているのか・・・・・皮肉にも、そこに《心理学的原則》が働いていることに気付く のである。 「原発推進者」という怪物たちを衝き動かす《心理学的原則》とは、次のような文言 で表現できるだろう。 《対象性回帰の原則》 この原則を簡単に説明してみよう。 《対象性》とは、たとえば原発施設を客観的に観察した場合の、その指示された施設 のことをいう。 この《対象性》にとり憑かれた者は、その客観的に観察可能なものにしか関心が向か なくなるのだ。人間の哀しみとか苦しみとか喜びなどといった不可視な主観性に対し ては一切配慮をしなくなる。 そして、その(対象的観察による)失敗を永遠に繰り返す(回帰させる)のである。 このことが生じるのは、その観察者が主観的〝意識〟のないゾンビのようなものだか らというよりも、主観の本質である〝肯定的気分〟だけが、客観的思考の中に紛れ込 むことによっているものと考えられている。
  • ン発生場所一
    • 1
    • 2016/09/05 20:42
    ン発778生場所一
  • も経ち、ところどころ
    • 1
    • 2016/09/05 19:31
    も経ち、ところどころ
  • 心理;こころの理。こころと論理。こころと言葉。
    • 6
    • 2016/04/18 06:44
    こころについて考えます。 つまり、脳について考えます。 つまり、身体と脳の関係でしょうか?
本文はここまでです このページの先頭へ