ここから本文です
  • +++++ 貴女を想う +++++
    • 65
    • 2017/04/26 22:06
    夜空を見つめ・・・貴女を想う・・・
  • +++++ 夜空を想う +++++
    • 742
    • 2017/04/10 13:49
    夜空を見上げ・・・貴女を想う・・・
  • 。。。
    • 212
    • 2017/04/10 10:02
    つぶやきに 気付いて 。。。
  • …つぶやき…
    • 18
    • 2017/04/10 10:02
    ひっそりと つぶやかせてね
  • ひとりごと
    • 396
    • 2017/04/10 10:01
    .
  • 心の整理整頓
    • 849
    • 2017/04/10 10:00
    いろんなこと 自分なりの答が出るまで の チラシの裏的 な ひとりごと
  • エーゲ海の景観
    • 12
    • 2017/04/10 09:59
    海岸通りでの毎日は羨望に値します
  • 魂を抱きしめる・・・
    • 20
    • 2017/04/10 09:58
    ココニキタラ魂を抱きしめてあげる…。 言葉はなし。 魂をぎゅっとするだけ。 長居は無用。 ぎゅっとするだけ。 魂に性別年齢関係なし。 清く正しく心を込めて…。
  • 現代ギリシャ語のすすめ
    • 10
    • 2017/04/10 09:58
    現代ギリシャ語を勉強してみませんか? http://magradacatalunya.com/barcelona/greek.html 他のインドヨーロッパ系の主な現代諸言語と比べると 古い形態がけっこう残っているので、言語学的にとても 面白いです。
  • プラトンの裔よどこまで腐る?
    • 5
    • 2017/04/10 09:57
    なんということか! これが、国家に殉じたソクラテス、理想国を実現しよう と生涯を賭けた、プラトンの裔のすることか! 返せないほど借金し、それを踏み倒そうともがくとは! 「我々は、今の世界のみならず、遠き末の世に至る まで、世人の賞賛の的となるであろう」 自由と民主政治の国アテーナイを築いたペリクレスは、 こう自賛した。 しかし、今や 「我々は、今の世界のみならず、遠き末の世に至る まで、世人の嘲笑の的となるであろう」 と歎かなければならない。 「仁」を説いた孔子と、その腐敗した末裔、中国共 産党の歴史が重なる。 どんな偉人を生んだ国も、努力してその教えを伝え なければ、極限まで腐敗し、堕落し、悲惨で、下劣 で、理をわきまえぬ凶暴かつ愚鈍な民の国となる。
  • 私は中国人で、よろしくお愿いします。
    • 25
    • 2017/04/10 09:56
    私は中国人をいま、独学で日本语を学び、ひとつ探したい日本人の友达を私が好きな日本の伝统文化の中には、特にアニメが大好きなのだ。友达になりたければ私を探した入ってline . id:1291338498、これからもよろしくお愿いします。
  • ○●○損切り最速ドン子のお部屋○●○
    • 191
    • 2017/04/10 09:55
    ☆Get Money!!!☆
  • 中立の立場で、中国と日本の美点と欠点。
    • 5
    • 2017/04/10 09:54
    。。。。。。
  • 中国・韓国なみの劣等国に堕ちたギリシア
    • 11
    • 2017/04/10 09:53
    ドイツに戦争賠償金をねだるギリシア。 ソクラテス・プラトンの裔が、恥ずかしくのか! すでに賠償金をせしめながら、もっとほしがる とは、恩を仇で返す、中国・韓国なみの下劣さ! 中・韓国よ、自分の国は見えないが、外国なら みえるだろう、よぉーく見るがいい、「タカリ」 がいかに見苦しいか。
  • 韓国をまねた?戦後賠償をドイツに求めるギリシャ
    • 7
    • 2017/04/10 06:13
    2015年5月20日、ギリシャのチプラス新政権が第2次世界大戦中にナチス・ドイツから受けた損害に対する賠償金の支払いを求めて強硬な姿勢を打ち出していることについて、欧米のネットユーザーからは「ギリシャはとうとう自尊心を使い果たした」と突き放したコメントが寄せられる一方、同様の「歴史問題」を抱える韓国のユーザーからも「韓国も日本に同じことをしている。そんな無茶な要求は当然通用しない」との冷静な声が聞かれる。 これに対しドイツは1960年の協定で1億5000万マルク(当時のレートで約97億7500万円)を支払っており、既に解決済みとの立場を取っている。
本文はここまでです このページの先頭へ